広告

posted by fanblog
美容 美肌 美スタイル専門街 >  色素沈着 > ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア

2014年03月28日

ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア

摩擦などの刺激を受けるたびに、目の周りの表皮はダメージを受けてしまいます。

クマの種類は3種類あり、茶クマ、青クマ、黒クマに分類されています。

どの種類のクマでも老けて見られてしまうため、日々美肌を求めてる方達はクマ改善に専念していることと思います。

色素沈着や茶クマが悪化してシミを作ってしまう前に、美白に効果的なハイドロキノン(HQ)成分を活用しましょう。



目の周りの色素沈着


目の周りの茶クマの犯人は色素沈着

茶クマはくすみやシミが形成される原因と同じですので、目の周りや目の下にできてしまうのが特徴です。

犯人は色素沈着ですので、皮膚を指で引っ張っても薄くならないのが特徴です。

色素沈着にならないように、必要以上に力を入れたクレンジングや洗顔、マッサージなどは控えましょう。

ポイントメイクはアボガドオイルを利用して肌の汚れをやさしく落とす方法で。

シミのかたまりといってもよい茶クマは、紫外線やかぶれ、摩擦が引き金となって慢性的な色素沈着になるということでしょう。

色素沈着や茶クマ解消には、シミに着目しているスキンケアを選ぶことが正しいといえるでしょう。


摩擦やかぶれ、紫外線のダメージが引き金となった慢性的な色素沈着=「シミグマ(茶グマ)」は、いわば“シミのかたまり”。 シミと同様にメラニンコントロールのケアが必要です。


色素沈着が点でできた状態がシミ。

点が増えてかたまりとして面になると茶クマやシミグマに呼び名が変わると言ったほうがみなさん理解しやすいようです。



茶クマができる過程
第一段階【刺激】

色素沈着が原因の茶クマは紫外線や外的な刺激から発生してきます。


肌は刺激を受けると肌を守るためにメラニン色素の生成を促します。


しかし過剰に生成してしまうと、色素沈着した細胞は肌の内部でどんどん増加してしまうのです。



第二段階【代謝】

メラニン色素は肌を守るために作られ、規則正しい代謝が行われていれば、自然と茶色くなった細胞は剥がれ落ちていきます。


ところが代謝サイクルが遅れてくると、古い細胞が肌にずっと残っていることになり、やがて茶クマとして表面に現れてくるのです。


茶クマはシミ解消と同じだということなのです。


肌表面の茶クマは効果的に解消されるのですが、肌内部の茶クマはスキンケアでも薄くすることが難しいでしょう。


茶クマケアは早期改善が好ましいといえるでしょう。



無意識に目の周りを擦っている

目の周りをこするクセ。クセという行動は知らないうちにやりがちです。

最近目の周りがくすんできているような気がするかたは要注意です。

乾燥肌のかたは睡眠中に乾燥によるかゆみで無意識に掻いている可能性もあります。

入浴後の保湿はしっかりと行いましょう。



応急的に色素沈着(茶クマ)を隠す方法

一般的に色素沈着を隠す方法としてはコンシーラがお勧めでしょう。

カバー力の高い固形コンシーラであれば目の周りの負担は少なくて済みますし、ナチュナルにカバーできるでしょう。



目の周りの色素沈着(茶クマ)はハイドロキノン(HQ)で美白UP

ハイドロキノンやビタミンC誘導体など、改善効果が期待できる美白成分が含まれている製品でケアすることが必要です。

アメリカやヨーロッパでは、【ハイドロキノン=美白】といわれるほど人気の高い美白成分なのです。

肌への刺激や負担があるということで2000年までは日本国内では使用が禁止されていた成分でしたが、2001年の規制緩和により、スキンケア製品への配合が可能になったことで各メーカーが採用しています。

ハイドロキノンはチロシナーゼの抑制効果が期待されている人気成分ではあるものの、高濃度ですと肌が弱い方は目の周りへの刺激が強すぎてトラブルが起きることもあります。

理想は1から2%程度。



美白成分は肌質により肌に合う合わないがある

私達の肌は十人十色といわれるように、美白成分との相性があることも知っておきましょう。

ご自分の肌で利用する際は、試しながら確認していくことが大切です。

最初は低濃度のサンプルやトライアルキットなどを利用してみることをお勧めします。



ハイドロキノン以外の成分

ハイドロキノンの利用にはどうしても抵抗がある方にお勧めの美白成分は、ビタミンC誘導体。

ビタミンC誘導体がメラミンの生成を抑制し肌を美白へと導きだします。



周囲が気付く色素沈着のお手入れ方法とは?

小さなシミが無数に集まってできた状態が色素沈着。


多くの女性たちが利用している色素沈着のお手入れ方法が、皮膚の専門家が開発した 美白ケアトライアルキット


薬用美白美容液がメラニンをブロックし、スポット集中美容液が透明感あふれる肌へと導きます。

メイク落としと洗顔料、化粧水、薬用美白美容液、スポット集中美容液、美容乳液ゲルの豪華6点セットで今までにない特別なスキンケアが手に入ることでしょう。

美白って大丈夫なの?と心配される方でも、新安定形ハイドロキノン配合のラグジュアリーホワイト HQトライアルキットなら安心してご利用できます。

肌の回復力は18歳から低下傾向ですので、色素沈着や茶グマを見つけたら早めにシミに働きかけるハイドロキノン(HQ)を取り入れることが大切です。



更新:20170202







posted by 神埼 優衣 at 00:41 | Comment(0) | 色素沈着
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

最新記事
記事ランキング
  1. 1. ハイドロキノンが目の周りの色素沈着を効果的に改善!茶クマもケア
  2. 2. no img 美肌に生まれ変わらせるたんぱく質(プロテイン)
  3. 3. 正しい体の洗い方|ゴシゴシ洗いは禁物
  4. 4. 目の下の色素沈着をつくらない方法2つの基本
  5. 5. no img 美肌を保つための4つの毛穴解消食品
  6. 6. no img スペシャルケアにお勧めする厳選エッセンシャルオイル6種
  7. 7. 簡単に続けられるダイエットはシンプルが一番!お風呂上がりにお手軽ケア
  8. 8. アンチエイジングの絶対条件!プロテインは必須
  9. 9. no img だんだん濃くなる色素沈着の悩みにはハイドロキノンで美白ケア
  10. 10. no img 目の周りの色素沈着はハイドロキノン成分が効果的
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
神埼 優衣さんの画像
神埼 優衣
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。