シミをUVケアで防ぎ老化を抑制する

UVケアは知っているけど、正しいケアを行っていない方は多いようです。

シミの大敵は紫外線だとわかってても、紫外線について正しく理解していないと老化を早めてしまうのです。

紫外線を受けてもシミは肌表面にすぐには現れてきません。

UVケアの本来の目的は、シミを防止すると同時に、老化を抑制することなのです。

正しいUVケアとシミに悩まされない肌作りを紹介する前に、紫外線の知識を知っておきましょう。



シミを作る紫外線とは?

紫外線は肌の表面にダメージを与えるタイプと内側にダメージを与えるタイプがあります。

シミはどちらのダメージを受けても作りやすく、UVケアは正しいものを選ぶことが大切なのです。

UVケア製品に記載されてるSPFは肌の表面を保護し、PAは肌の内面を保護してくれます。



UVケアはこまめに使用すること

最近では男性もUVケアを取り入れてる傾向のようです。

UVケア製品を選ぶときに高価な製品だからって安心してる方が多いようですが実は間違いなのです。

シミを防ぐには出かける前だけ少量使用しても効果は期待できないのです。

使用量の目安は顔全体で500円玉くらい。使用量が少ないと効果は低下してしまうのです。

シミや老化を抑制するためには適量を守ることが大切でしょう。



ファンデーションでUV対策

紫外線から肌を守るファンデーションは人気が高まっています。

ファンデーションの中でもパウダリーファンデーションは紫外線から防いでくれますし、肌の弱い方でも安心してUV対策ができるため人気のアイテムになってるのです。


美容トレーナーがおススメするお尻の黒ずみとザラザラを解消するとっておきの方法

お尻の黒ずみやザラザラは、角質層のターンオーバーの乱れから現れてきます。

年齢をかさねるとターンオーバーが遅れてくるため、お尻を手で触った時にザラザラと感じてしまうのです。

この記事では美容トレーナーがおススメするお尻の黒ずみとザラザラを解消するとっておきの方法を紹介します。


これからお尻のトラブルに悩まないように、まずは原因を理解しておきましょう。



お尻の黒ずみとザラザラを調べる女性

加齢によりお尻が黒ずみやがてザラザラ感を感じるようになる

30代からお尻の黒ずみやザラザラ感が気になる傾向が多く、お尻のケアをあきらめてしまう方が多いようです。

加齢により肌の新陳代謝は遅れがちになり、古い角質層が留まって黒ずんだりザラザラを感じるのです。



お尻の肌の乾燥が進みザラザラ感を感じるようになる

お尻のザラザラを感じる多くの方は、乾燥も気になります。古い角質には潤いが感じられません。

乾燥が進行してしまうと乾燥ニキビを作ってしまうケースも見られるので注意を払いましょう。



座ってることが多いと黒ずんでくる

デスクワークが長時間続くとお尻が黒ずんでくるケースがあります。

特にお尻の骨がでている肌周囲には集中して負担がかかり、黒ずみを抱えてしまうのです。

加齢や乾燥、そして座ることでお尻がダメージを受け、黒ずみとザラザラを感じるのです。

ターンオーバーの乱れは食事から取れる栄養不足が考えられますし、お尻のダメージは椅子に座る以外に、床に直接座ることも原因の一つでしょう。

お尻の黒ずみとザラザラを解消するため、以下に紹介する3つは重要なことなのでしっかりと理解しましょう。



お尻のターンオーバーは正常に戻すこと

角質層が厚いと黒ずみも濃くなってしまいます。

古くなった角質を十分取り除いて、新しい肌が生まれ変わる環境を作りましょう。

角質ケアにはスクラブを思いつく方が多いのですが、肌への刺激が少なく、傷つけることの無いようにケアすることが大切です。



潤いを与え十分な保湿を保つ

女性の肌は年齢とともに乾燥肌へと傾きがちです。お尻の肌が黒ずみやザラザラを感じるのは乾燥が進行するからなのです。

スキンケアと同じように十分な保湿を保つためには、ボディシャンプーの質や入浴後にかかせないお尻の保湿ケアにも気を配りましょう。



クッションをお尻の下に敷いて座る

薄いクッションより厚めのクッションでお尻を刺激から保護し、黒ずみを作らないようにすることが大切でしょう。

お尻は柔らかくデリケートですので刺激には弱く、ヒジやかかとなどと同じように黒ずみができやすい部分。

刺激を受け続けたお尻は黒ずみ、やがてザラザラ感を感じてしまうため、お尻はクッションで保護してあげることが大切でしょう。


皮脂が酸化し角質や汚れが取れない鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみは、新陳代謝の遅れで古い角質がつまったり洗顔で皮脂を良く洗い流さないことが原因でしょう。

汚れの初期段階でイチゴ鼻といわれ、そのままの状態が続くと黒ずみとなり、ブツブツがさらに目立つのです。



黒ずみを吸着して改善

毛穴の黒ずみを洗顔料で吸着して洗い流す方法です。一般的に洗顔は顔の表面に付いている余分な皮脂や汚れを落としますが、吸着効果を利用することにより効果的に黒ずみが解消されることでしょう。

吸着とは、洗顔料が毛穴の汚れを取ってくれること。

鼻の黒ずみをとる方法で良く愛用されるのは炭と泥。

炭や泥が鼻の黒ずみに効果的な洗顔料に含んでいることが多いのは、毛穴に負担がかかりにくいため、愛用されている方が多いのです。


鼻の黒ずみを吸着する成分その1:炭

炭には多数の小さい穴が存在し、穴に黒ずみなどの汚れを吸着させる性質を持ってるのです。

この性質を利用して、洗顔料以外にも浄水器や空気清浄機にも多く利用されています。

鼻の黒ずみをとる方法以外にも炭には、ニオイを吸着してくれる優れものなのです。


鼻の黒ずみを吸着させる成分その2:泥

海の底に堆積してできた粘土質状の泥。この泥が鼻の黒ずみを効果的にキャッチしてくれます。

泥のツブツブが大きいと小さいな鼻の黒ずみの汚れは浮き上がりにくく、小さいほど鼻の黒ずみを効果的に吸着してくれるのです。

奇跡の泥といわれている海の泥はツブツブが5um(マイクロメーター)以下と非常に小さいので、鼻の黒ずみ解消効果が期待できるといえるでしょう。

またツブツブが小さいことで、肌に負担が少なくマイルドで優しいということになるでしょう。


※5umは1000分の5mm。PM2.5の粒子2個の大きさに等しい。



まとめ

鼻の黒ずみをとる方法を理解したうえで、美肌作りにベストなケア製品を選ぶことが最も大切でしょう。忘れてはいけないのが鼻の黒ずみケアを継続する大切さ。

鼻の黒ずみケアは健康維持と同じように、継続が大切です。

鼻の黒ずみは毛穴を押し広げ、やがてたるみ毛穴と導いてしまうでしょう。

毛穴に負担をかけない鼻の黒ずみをとる方法は未来のアンチエイジングにつながり、最終的に相乗効果として心のケアにもつながります。ぜひ心がけるようにしましょう。


乱れた食生活が目の下のクマを引き起こす?クマを解消する食品栄養素6つ

毎日の食生活は乱れてませんか?好きなものばかりを摂取してると肌のターンオーバーはくずれ、やがて目の下にクマを作ってしまいます。

バランスのとれた食事や食材に気を使うことは目の下のクマ解消に良い影響をあたえるのです。

今回は目の下のクマを効果的に解消する食品栄養素6つを紹介します。




イチゴやブルーベリーに含まれるポリフェノール

イチゴやブルーベリーにはクマに効果的に作用するポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは肌の老化がもたらすクマを抑制する効果に優れているため、目の下のクマがない年齢を感じさせない肌へと導いてくれることでしょう。

また、ポリフェノールは目のクマの原因であるメラニンを抑制する効果が期待できることでしょう。

目の下のクマに効果的な美白作用をもたらすポリフェノールはイチゴやブルーベリーに多く含まれています。



紅鮭やすじこ、甘エビに含まれるアスタキサンチン

特に天然の紅鮭には、多くのアスタキサンチンが含まれています。

抗酸化に優れてるアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍程の抗酸化効果があるといわれ、肌に必要無い古い角質を落とす効果が期待できます。

特に目の下の茶クマにはアスタキサンチンの作用のもと、茶クマの原因であるメラミン色素を抑制する効果が高いといわれています。



ピンクグレープフルーツや柿、ケチャップに含まれるリコピン

目の下のクマに期待できる果物にはリコピンという微量栄養素が含まれてます。

このリコピンには目の下のクマに影響をあたえる活性酸素を抑制し、美白効果に期待がもてるといわれてるのです。

また果物に含まれてるビタミンCも美白作用に期待がもてる成分といえるでしょう。

ビタミンC+リコピンは、目の下のクマの抗酸化作用に期待がもてる複合成分といえるでしょう。



鶏肉やサンマに含まれるL-システイン

L-システインの作用により、肌の代謝時にシミは速やかに解消されることでしょう。

平均28日周期で行われる肌の代謝が乱れてしまうと、目の下のクマを作り出す原因になります。

目の下のクマにお悩みのかたには、肌の代謝を正常化に整えるL-システインはおすすめでしょう。

目の下のクマの原因であるメラニンの発生を抑制してくれますし、またクマ原因メラニンを無色にしてくれる優れた成分L-システインなのです。

鶏肉やサンマに含まれてるL-システインが角質にこびりついたメラニンまで作用し、目の下のクマ解消に速やかに作用してくれることでしょう。



ブロッコリーやかぼちゃに含まれるβ-カロチン

β-カロチンは必要に応じてビタミンAへと変化します。

紫外線により肌の酸化が進行するのですが、β-カロチンが足りてると酸化の進行を抑制してくれるため、クマへの効果に期待がもてるのです。

β-カロチンは肌の代謝を促進しクマの原因であるメラニン色素を速やかに排出してくれることでしょう。



たらこやアボカドに含まれるビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用に優れてますので、紫外線のダメージを受けた目の下の皮膚を守る作用に期待がもてます。

ビタミンEはリコピンと組み合わせで摂取することで、目の下のクマを抑制する効果が向上することでも知られています。



ピーマンや焼きのりに含まれるビタミンC

ビタミンCには活性酸素を抑制する作用があり、目の下のクマから肌を守ってくれます。

目の下のクマ独特の色素沈着を抑制し、クマを目立たなくしてくれる作用に期待ができます。

また目の下のクマの原因メラニン色素を緩和させる作用を持っているので、目立ってるクマの解消にも期待ができることでしょう。



ちくびの乾燥をさけるために注意したいライフスタイル

ちくびの乾燥がひどい場合、皮がむけてしまうことがあります。

ちくびの乾燥を避けるためにライフスタイルを見直すことから始めてみましょう。

ちくびの乾燥は保湿が足りないことが多いので保湿を徹底的に行いましょう。



ちくびの乾燥を抑制する食材を選ぶ

ほうれん草に含まれているセラミドは乾燥から肌を守ってくれます。

一年を通して購入できるほうれん草は、冬がもっとも栄養価が高いのです。

旬の野菜だからこそ、乾燥しやすい冬に摂取したい食材の一つなのです。

また納豆などのたんぱく質が豊富な食材は乾燥を抑制し、しかも潤いを補ってくれることでしょう。

肌に十分なたんぱく質が行き渡っていることで乾燥しにくい体質へと導いてくれることでしょう。



ちくびの乾燥を引き起こさない肌着や下着を選ぶ

衣類の素材により乾燥が進行し、かゆくなった経験をお持ちの方もいることでしょう。

特にブラジャーの材質は、肌に優しいコットンを選択しましょう。



バスタイムにはちくびの乾燥を防止する保湿を取り入れる

バスタブのお湯を気にする方は少ないようですが、お湯の質に注意を払うことで乾燥を抑制することができるでしょう。

お湯には塩素が含まれてるため、肌を刺激してしまいます。

皮膚が弱いちくびは、塩素に触れることで肌のたんぱく質が分解され乾燥を招くのです。

ちくびの乾燥が気になる場合、肌に優しいお湯でバスタイムを過ごすことが大切でしょう。



ちくびの乾燥は男性も要注意!

女性だけがちくびの乾燥に悩ませられるわけではなく、男性も悩む方がいるのです。

男性は女性より脂性肌が多いのですが、意外にちくびやちくび周辺が乾燥する経験を持ってるかたがいるのです。

ちくびの乾燥が進行すると割れることがありますので入念にケアを取り入れましょう。





カテゴリー
最新記事
人気記事

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索
 
プロフィール

star light
人間は約60兆個の細胞でできています。 その細胞を外面、内面の双方からサポートする・・・一番理想のケア方法です。 永遠の美しさ、肌の命に着目したスキンケアを行い素肌を咲かせてみてはいかがですか。
http://fanblogs.jp/beautiful--everlife/index1_0.rdf