乱れた食生活が目の下のクマを引き起こす?クマを解消する食品栄養素6つ

毎日の食生活は乱れてませんか?好きなものばかりを摂取してると肌のターンオーバーはくずれ、やがて目の下にクマを作ってしまいます。

バランスのとれた食事や食材に気を使うことは目の下のクマ解消に良い影響をあたえるのです。

今回は目の下のクマを効果的に解消する食品栄養素6つを紹介します。




イチゴやブルーベリーに含まれるポリフェノール

イチゴやブルーベリーにはクマに効果的に作用するポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールは肌の老化がもたらすクマを抑制する効果に優れているため、目の下のクマがない年齢を感じさせない肌へと導いてくれることでしょう。

また、ポリフェノールは目のクマの原因であるメラニンを抑制する効果が期待できることでしょう。

目の下のクマに効果的な美白作用をもたらすポリフェノールはイチゴやブルーベリーに多く含まれています。



紅鮭やすじこ、甘エビに含まれるアスタキサンチン

特に天然の紅鮭には、多くのアスタキサンチンが含まれています。

抗酸化に優れてるアスタキサンチンは、ビタミンEの1000倍程の抗酸化効果があるといわれ、肌に必要無い古い角質を落とす効果が期待できます。

特に目の下の茶クマにはアスタキサンチンの作用のもと、茶クマの原因であるメラミン色素を抑制する効果が高いといわれています。



ピンクグレープフルーツや柿、ケチャップに含まれるリコピン

目の下のクマに期待できる果物にはリコピンという微量栄養素が含まれてます。

このリコピンには目の下のクマに影響をあたえる活性酸素を抑制し、美白効果に期待がもてるといわれてるのです。

また果物に含まれてるビタミンCも美白作用に期待がもてる成分といえるでしょう。

ビタミンC+リコピンは、目の下のクマの抗酸化作用に期待がもてる複合成分といえるでしょう。



鶏肉やサンマに含まれるL-システイン

L-システインの作用により、肌の代謝時にシミは速やかに解消されることでしょう。

平均28日周期で行われる肌の代謝が乱れてしまうと、目の下のクマを作り出す原因になります。

目の下のクマにお悩みのかたには、肌の代謝を正常化に整えるL-システインはおすすめでしょう。

目の下のクマの原因であるメラニンの発生を抑制してくれますし、またクマ原因メラニンを無色にしてくれる優れた成分L-システインなのです。

鶏肉やサンマに含まれてるL-システインが角質にこびりついたメラニンまで作用し、目の下のクマ解消に速やかに作用してくれることでしょう。



ブロッコリーやかぼちゃに含まれるβ-カロチン

β-カロチンは必要に応じてビタミンAへと変化します。

紫外線により肌の酸化が進行するのですが、β-カロチンが足りてると酸化の進行を抑制してくれるため、クマへの効果に期待がもてるのです。

β-カロチンは肌の代謝を促進しクマの原因であるメラニン色素を速やかに排出してくれることでしょう。



たらこやアボカドに含まれるビタミンE

ビタミンEは抗酸化作用に優れてますので、紫外線のダメージを受けた目の下の皮膚を守る作用に期待がもてます。

ビタミンEはリコピンと組み合わせで摂取することで、目の下のクマを抑制する効果が向上することでも知られています。



ピーマンや焼きのりに含まれるビタミンC

ビタミンCには活性酸素を抑制する作用があり、目の下のクマから肌を守ってくれます。

目の下のクマ独特の色素沈着を抑制し、クマを目立たなくしてくれる作用に期待ができます。

また目の下のクマの原因メラニン色素を緩和させる作用を持っているので、目立ってるクマの解消にも期待ができることでしょう。



ちくびの乾燥をさけるために注意したいライフスタイル

ちくびの乾燥がひどい場合、皮がむけてしまうことがあります。

ちくびの乾燥を避けるためにライフスタイルを見直すことから始めてみましょう。

ちくびの乾燥は保湿が足りないことが多いので保湿を徹底的に行いましょう。



ちくびの乾燥を抑制する食材を選ぶ

ほうれん草に含まれているセラミドは乾燥から肌を守ってくれます。

一年を通して購入できるほうれん草は、冬がもっとも栄養価が高いのです。

旬の野菜だからこそ、乾燥しやすい冬に摂取したい食材の一つなのです。

また納豆などのたんぱく質が豊富な食材は乾燥を抑制し、しかも潤いを補ってくれることでしょう。

肌に十分なたんぱく質が行き渡っていることで乾燥しにくい体質へと導いてくれることでしょう。



ちくびの乾燥を引き起こさない肌着や下着を選ぶ

衣類の素材により乾燥が進行し、かゆくなった経験をお持ちの方もいることでしょう。

特にブラジャーの材質は、肌に優しいコットンを選択しましょう。



バスタイムにはちくびの乾燥を防止する保湿を取り入れる

バスタブのお湯を気にする方は少ないようですが、お湯の質に注意を払うことで乾燥を抑制することができるでしょう。

お湯には塩素が含まれてるため、肌を刺激してしまいます。

皮膚が弱いちくびは、塩素に触れることで肌のたんぱく質が分解され乾燥を招くのです。

ちくびの乾燥が気になる場合、肌に優しいお湯でバスタイムを過ごすことが大切でしょう。



ちくびの乾燥は男性も要注意!

女性だけがちくびの乾燥に悩ませられるわけではなく、男性も悩む方がいるのです。

男性は女性より脂性肌が多いのですが、意外にちくびやちくび周辺が乾燥する経験を持ってるかたがいるのです。

ちくびの乾燥が進行すると割れることがありますので入念にケアを取り入れましょう。





シミ解消に欠かせない5つの生活習慣

10代のころ気にならなかったシミ。

特に老人性色素斑とも言われるシミは、加齢により蓄積されたメラニン色素が目の周りや手の表面に現れることが多いのです。

20代前半まで過ごしてきた生活習慣が原因で、今になってシミとして現れるのは後悔しますが、これからのケアでシミを徐々に解消し、シミを抑制することが大切でしょう。

今回はシミ解消に欠かせない生活習慣を5つ紹介します。



日焼け止めは必須

シミの約80%が紫外線によるメラニン色素の蓄積だといわれています。

外出時に日焼け止めを利用するのは当たり前ですが、屋内で一日中過ごす場合でもUVケアを忘れずに取り入れましょう。

今後のシミを作らないために日焼け止めは必要なケアなのです。シミを防止するためには毎日のUVケアが大切なのです。



新鮮な食品を摂取する

肌の健康は摂取した栄養素の質で決まってくるのです。

食べ物は空気に触れる時間が長いほど、鮮度が低下してしまいます。

鮮度が低下した食材を食べ続けてると体内の酸化が進行し、シミを作り出してしまいます。

シミを解消するためにも、新鮮な食べ物を摂取するように心がけることが大切です。



睡眠は十分とる

寝不足は肌の新陳代謝を低下させ、メラニン色素の排泄を遅らせてしまいます。

睡眠は十分とり、肌の代謝を低下させないことが大切です。

睡眠不足が慢性化するとシミが増加する結果も判明してるようです。

睡眠は今日の肌の刺激を安らいでくれる時間なのですが、睡眠不足が続くとポルフェリンが増加し、シミへと導くのです。

夜更かしは絶対にしてはいけませんので睡眠は十分にとるようにしましょう。



肌の保湿を保つ

肌の保湿不足はシミを作り出してしまう一つです。肌の保湿不足が続くとバリア機能が低下し、紫外線の影響でメラニン色素を蓄積してしまうのです。

肌の保湿を十分に保つためにも、シミ解消には保湿を長時間キープしてくれる保湿アイテムを選択することが大切でしょう。



肌を清潔に保つ

肌の表面に余分な皮脂や古い角質、大気のよごれなどが残ってるとシミの原因につながります。

肌の清潔を怠ると時間の経過とともに酸化が進むため肌の代謝が低下します。 代謝の低下は古い角質が剥がれ落ちなくなるのです。

その結果、肌内部に作られてしまったシミが正常に排泄できなくなってしまうのです。

しっかりと肌表面の汚れを落とし、肌の酸化を抑制することが大切なのです。


脂性肌を解消するアンチエイジング成分3つ

肌は加齢により乾燥肌へと傾きます。しか40代や50代でも脂性肌を抱えてるかたが意外に多いのです。

皮脂腺から分泌される皮脂の過剰な分泌により、脂性肌へと導いてしまうのです。

脂性は生活習慣や無理なダイエットにより悪化するケースも見られます。

脂性肌はニキビや吹き出物などのトラブルになりやすいため、アンチエイジングケアには注意が必要でしょう。

脂性肌は混合肌と区別しにくいため、ケアを取り入れる場合は間違いのないように行ってください。


脂性肌を解消した女性

脂性肌の解消には柑橘系の成分が有効

脂性肌に有効な柑橘系のレモンやオレンジは毛穴を収縮させる収れん効果が期待できるのでお勧めの成分なのです。

ただし収れん効果だけでは脂性肌は解消しにくいため、保湿をしっかりと取り入れることが必要でしょう。



脂性肌を効果的に修復する成分リンゴ酸

脂性肌は肌のPHが乱れている証拠。リンゴ酸は肌のPHを安定化させることができる成分なので脂性肌にはおすすめの成分なのです。

脂性肌のコンディションを整えるために、リンゴ酸はすぐれているのです。 リンゴ酸はピーリング効果も期待できるので、古い角質を落として肌の代謝向上にも期待がもてます。

脂性肌で不足がちな肌の水分をアップさせ、シワの予防美容や改善美容にかかせない成分リンゴ酸。

リンゴ酸は肌の炎症を抑制する効果にも期待できるため、脂性肌の悩みであるニキビにも効果的といえるでしょう。



脂性肌を効果的に修復するフラックスシードオイル

食べる美容液といわれるフラックスシードオイル。脂性肌の特徴は肌の皮脂量と水分量のバランスの乱れが原因です。

フラックスシードオイルには、保湿に欠かせないセラミドの材料が含まれてます。

保湿をしっかり保つことで肌の潤いと油分のバランスが整い、脂性肌が解消されるのです。

脂性肌にはフラックスシードオイルが有効な成分なのです。



脂性肌の悩みは化粧崩れと毛穴の詰まり

脂性肌を解消するには少し時間がかかるため、化粧崩れと毛穴に関するトラブルを解消するケアを紹介します。

化粧崩れ

脂性肌で一番のお悩みは化粧崩れ。 化粧が時間と共に崩れてしまい、特に鼻の周辺が化粧が浮いたように見えることでしょう。

鼻の周りで注意したいケアは保湿を重視したアイテムは控えるようにしましょう。

鼻の周りのケアで大切なもう一つのポイントは、美容液の使用量を控えめにすることでしょう。

ファンデーションは皮脂を吸収してくれる物を選びましょう。

毛穴の詰まり

脂性肌は皮脂の分泌が過剰なため、皮脂の酸化量も多く毛穴が詰まりやすくなっています。

多く見られるのが酸化した皮脂の表面が黒ずんでしまうタイプ。 むやみに指で押し出そうとせずに肌の代謝を整え、そしてうるおいを保つことが大切なのです。


シワの解消に知っておくべきシワが形成されるメカニズムと重要な美容成分

シワは目元や口元から現れ、やがて大きなシワを作り出してしまいます。

真皮層にはコラーゲンという丈夫なタンパク質の繊維があるのですが、加齢とともに徐々に硬くなって弾力を失ってしまうのです。

肌は弾力を失うと、もとに戻ろうとする復元力が低下し、シワとなって現れるのです。

またコラーゲンの量も減少しシワができてしまうのです。

シワを解消してる女性.jpg


シワができるメカニズム

表情が豊かな方ほどシワはできやすいのですが、表情を繰り返すたびに同じ場所を皮膚が収縮します。

表情シワとも言われてますが、加齢ごとにコラーゲンが低下し、うっすらと表情シワが残ってしまうのです。

これを繰り返してしまうため、常にシワが存在してしまうのです。



コラーゲンはシワの解消に作用する大切な成分

コラーゲンはハリを保つための大切な成分。

コラーゲンを作り出す繊維芽細胞は20代ころまでは活発に動くので、肌の弾力はしっかりと保たれます。

しかし活性酸素や紫外線によりコラーゲンの生産性が減少してしまうのです。

また年齢を重ねるたびに生産性が低下しシワを作るのです。

シワの原因はコラーゲンの減少に関係があるのです。



シワの解消に有効な成分

シワはコラーゲンの減少によりできてしまうことがわかりました。コラーゲンを効果的に増やす代表的な美容成分を紹介します。


ナイアシン(ビタミンB3)

シワに働きかけるナイアシンは、コラーゲンを合成を促進させてくれる成分。

肌トラブルを心配する方がいるようですが、刺激がほとんど無く美容液に利用されています。

肌に優しくシワを防ぐ効果に期待がもてますが、効果は緩やかですので実感するまでは個人差が生じます。

ナイアシンは小ジワの他、シミや毛穴の開きにも作用します。


レチノール

美容液に利用される成分で、シワのない肌を司るコラーゲンを増やしたり、活性酸素から守ってくれます。

ナイアシンより効果が期待できる成分ですので、まれに肌に刺激を感じる方もいるようです。

紫外線を肌が浴びることでシワに作用する効果が低下しますので、夜に利用しましょう。

ナイトクリームに配合されてることが多いです。



シワの解消に心がけたいこと

シワを作ってしまうのはコラーゲンが減少するからなのです。

紫外線に注意を払い、コラーゲンを増やす成分を利用して弾力を取り戻しましょう。

また睡眠はしっかりと取り、バランスの取れた食事を心がけることも大切でしょう。