ズボンの股が臭いはじめた場合のボディケア

年齢を重ねるごとに、ズボンの股から臭いを感じる方は多いようです。もしかするとすそがの可能性も否定できません。

ズボンの股が臭い原因は、肌のアポクリン汗線から分泌される成分が菌により分解されて異臭を放つことも一つのようです。

微臭なすそがはフェロモンの役目もありますが、ズボンの股が臭うほどであればボディケアを取り入れましょう。


デリケートゾーンのニオイ対策【フロプリー】

ズボンの股に臭いをつけないボディケア3つ

ズボンの股の臭いは良く洗っても落ちにくいのが特徴の一つ。

臭いが繊維にしっかりと絡み付いてるため、なかなか落ちてくれません。

ボディを清潔に保ち臭いを抑制することで、しだいに股の臭いも解消されることでしょう。

入浴後や朝起きたら、陰毛の周囲肌を手で擦ってみて変な臭いがするか確認してみましょう。



洗ったはずのズボンの股の臭いに悩む女性


1:アンモニア臭を低減する

股のニオイはアンモニアと混ざると独特なニオイを発生させます。

尿の臭いは毎日の食事や体の水分不足によりきつくなることがあるようです。

こまめにお水を補給したり、ニンニクなどのにおいがきつい食べ物は控えるようにしましょう。

またストレスを受けてると代謝が低下してしまうため股からいやな臭いを発生させることがあるようです。



2:菌をしっかりと洗い流す

Vゾーンといわれる股周辺は湿気が多いので菌が発生しやすい部分。

股にはニオイ【すそが】の原因であるアポクリン汗腺が発達しています。

陰部のワキガですので強烈な臭いの場合にはズボンに付着してしまうことがあるのです。



3:菌の抑制をおこなう

アポクリン汗腺から分泌される汗を好む菌が増加し、やがて股が臭くなっていくのです。

菌が増加しないように蒸れにくい素材のズボンを選ぶことも対策の一つでしょう。



まとめ

ズボンの股の臭いの原因はカラダから発生しているのです。

根本的なボディケアをしっかりと取り入れ、ズボンに臭いが付着しないように注意しましょう。

ある程度の匂いはフェロモンの役割を果たしてるため、過剰に敏感にならないように心がけることも大切でしょう。


ワキガを解消してほしい男性へ贈りたいケア製品のチェックポイントとアドバイス

ワキガを治したい男性は多いのですが、しっかりとしたワキガ対策を取り入れてる男性は少ないようです。

また男性は女性と異なり、ニオイに関してあまり関心をもたない方も多いようです。

男性自身がワキガを気にしないため、女性がプレゼントするケースは比較的多いのです。

この記事では男性ワキガのケア製品を選ぶときにチェックすべきポイントを紹介します。


ワキガを気にする男性


柿渋の強力な消臭効果が男性ワキガのニオイに作用

柿渋に含まれてる柿タンニンが、ワキガの強烈なニオイを効果的に消臭してくれます。

また柿タンニンは、保湿効果にも期待がもてるでしょう。

殺菌抑臭成分の代表的な柿渋が配合されてることがポイントになるでしょう。



保湿はワキガ独特のにおいを穏やかに解消する

脇の乾燥は皮脂を過剰に分泌させ、皮脂とワキガ成分が反応して腐敗臭を発生させてしまうのです。

肌と同じように適度な保湿により、脇汗の分泌量を抑制することが大切でしょう。

保湿成分が含まれてるかが大切なチェックポイントになります。



男性のワキガ臭の菌を抑制するイソプロピルメチルフェノール【シメン-5-オール】

抗菌剤として知られてるイソプロピルメチルフェノール。

ワキガに対して抗菌力や殺菌力に効果が期待できる成分。

また、収れん作用にも期待できる成分でしょう。

イソプロピルメチルフェノールは効果的に菌の発生を抑制してくれるので、ワキガ独特のワキガ臭が速やかに解消されることでしょう。

イソプロピルメチルフェノールは高い殺菌力のために、ニキビケア製品に配合されてることも多い成分です。



ワキガを拡散させる汗を効果的に抑制するパラフェノールスルホン酸亜鉛

フェノールスルホン酸亜鉛は発汗を抑制する効果が期待できるのです。

収れん作用にも期待ができることで、スキンケアの発汗抑制剤としても利用されています。



ワキガを解消したい男性に食生活改善や運動を勧める

ワキガを効果的に解消する製品を利用してもらい、内面ケアの大切さも教えてあげましょう。

個人差はありますが、ケア製品だけ頼ってはNGの場合もあるのです。

ワキガ臭を放つような食事、香辛料や辛い物そして脂っこい食事は控えるようアドバイスしてあげましょう。

食べ物の刺激は脇の汗腺を刺激し、汗を過剰に発汗させてしまいます。

また、汗をかく運動を取り入れることでワキガ臭も穏やかに解消されることでしょう。

ワキガの男性は汗がべとついてるケースが多いので、汗をかく運動やトレーニングはニオイの無いサラサラの汗へと穏やかに導いてくれるでしょう。



まとめ

ワキガの男性は裾ワキガ【陰部の臭気】の可能性がありますのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

ワキだけだと思ってますが、意外と脇以外の部分【陰毛周辺や肛門周囲、乳輪】からも臭いを発してることが多々あるようです。

ワキガを解消するケア製品に「医薬部外品」と表示されている製品は作用が穏やかに効き、効能や効果が期待できる成分が入っている製品です。

またすぐに解消したいと思ってゴシゴシお手入れしてしまうと、ワキが黒ずんだり、色素沈着になることもありますので優しくケアするようにアドバイスすることが大切です。


ダイエットに欠かせない食事に取り入れたい酵素-継続は大切-

食事制限を取り入れたダイエットに挑戦してみたけど結局続かなかった。

このような経験を多くの方が体験されてるようです。

ダイエットで食事制限を選んだ結果、さらにリバウンドを経験した方も多いのです。

食事制限のダイエットは、さらに肌トラブルや髪トラブルを招くでしょう。

今度こそダイエットを成功させたい方は食事の質にこだわり、リバウンドの無い体型を作りましょう。


ダイエットを食事で行った女性


ダイエットに欠かせない食事はゆっくりペースで

スローフードを聞いたことがありますか。人は食事をしてから満腹中枢が働くまで30分ほどかかるといわれています。

出された食事や作った食事を早食いしてる方は、カロリーを過剰に摂取することが多いため、太る傾向が多いのです。

ダイエットに失敗しリバウンドを受けてる方は、食事時間が短い傾向があるようです。

ゆっくりと時間をかけて食事をとることにより、満腹中枢が優しく満たされます。

空腹感がゆっくりと解消されることで、カロリーの過剰摂取が抑制されるのです。



ダイエット中は食事に酵素をしっかりと取り入れる

私たちの体内には酵素が2000〜3000種類ほど存在するといわれています。

レシピの好き嫌いにより、ダイエットに必要な酵素が不足ぎみになっているのです。

ダイエットと酵素は切っても切れない関係があるのです。

ダイエットに必要な代謝を促進する酵素は、毎日の食事でしっかりと摂取しましょう。

食事の質にこだわったダイエットは効果が期待できるでしょう。




ダイエット中の質の良い食事は継続が大切

補給する酵素が多いほど、代謝が活発になりやすいのです。

食事の時に摂取したエネルギーを、消化酵素が効果的に代謝してくれるのです。

酵素は熱に弱いため、生の食材を食事に取り入れることが大切でしょう。

刺身や生野菜、そしてフルーツには酵素が豊富に含まれています。

毎日の食事にプラスすることを意識しましょう。



80以上の酵素が摂取できるフルーツ青汁

食事に酵素をプラスすることは、ダイエットに効果的なメニューを取り入れてることに。

1か月で約2kgの体重減少が確認できれば、ダイエットの効果が期待できるでしょう。

飲みやすさを考えて多くの方が愛用しているフルーツ青汁。

ダイエット専門家が監修してることもあり、モニターの96.2%の方が実感されてます。



80種の植物酵素一覧

アサイー、アニス、アセロラ、アボガド、小豆、赤カブ、アマチャズル、ウイキョウ、えんどうマメ、エジプト豆、オレンジ、オーツ麦、大麦、カボチャ、キャベツ、カムカム、カシューナッツ、ガジュツ、カツアバ、ガラナ、カルケージャ、キウイフルーツ、キビ(黍)、黒ブラジル豆、キャッサバ、キャッツクロー、グァバ、クダモノトケイソウ、黒胡麻、グローブ、玄米、ごぼう、コウベマンティガ(青菜)、昆布、サツマイモ、椎茸、シャペウ・デ・コウロ、シナモン、生姜、スターフルーツ、スイカ、すぎな、ステビア、大豆、チコリ、トマト、とうもろこし、大根、ドライプルーン、 ニンジン、のり、パイナップル、パパイヤ、パタ・デ・ヴァカ、ハトムギ、パフィア、バナナ、ピーマン、ピカオプレト、ブラジル豆、ペトラ・ウメカー、ポップコーン、マテ、マンジョッカ、マンゴー、ムイラプアマの葉、紫イベ、紫ブラジル豆、メロン、綿実(メンジツ)ヤーコン、洋ナシ、ライ麦、リンゴ、レモン、レーズン、レモン・グラス、レンコン、レンズ豆、ローズマリー、わかめ


お尻のザラザラやごわつきの原因と解消法

入浴中に気付くことが多いお尻のザラザラやごわつき。

少し前までツルツルのお尻だったのに、いつの間にかザラザラ感やごわつき感を感じるのでしょうか。

お尻が黒ずむ前に、ザラザラやごわつき感を作ってしまうありがちな原因から滅多にない原因と、解消法を紹介します。


お尻にザラザラがない女性


下着のサイズが合ってない

サイズが合ってない下着を着用し続けると、お尻に負担がかかってしまいます。

負担がかかった細胞は危険を察知し、外的な刺激から守ろうとして角質を硬くするように働き出します。

生まれたばかりの赤チャンのかかとや肘は、外部と接触していないので柔らかいのです。

しかし締め付けてる部分(おむつで締め付けやすい脚の付け根部分)は、次第にザラザラやごわつきを引き起こしてしまいます。

同じような現象が、締め付ける下着によって起こってしまうのです。

ヒップと脚の付け根周囲はタイトストッキングの締め付けで、ザラザラやごわつきを発生させることがありますので十分注意を払いましょう。





過去にかきむしったことがある

お尻にあせもができたり、吹き出物ができたりすると描いてしまうことがあります。

経過とともにお尻の皮膚は外敵から保護しようとし、徐々にザラザラ感を感じてしまうのです。

過去にかきむしった場合は、肌の細胞が破壊されてる場合があります。



ボディタオルがお尻を刺激する

ナイロン系のボディタオルはお尻を常に刺激しているのです。

お尻の皮膚はナイロン系のボディタオルにより刺激を受けると、お尻を守るために皮膚を硬くしていくのです。

刺激はお尻にとって大敵。

絹タオルに切り替えることはお尻に優しいソフトタッチを与えてくれます。

ボディタオルはお尻のザラザラを抑制する材質を選択することが大切です。



硬い椅子に座ることが多い

学生やディスクワークをしてるかたに多くみられる傾向です。

硬い椅子はお尻にとって大敵です。

クッション性の高いクッションをお尻の下に敷くことでお尻のザラザラを抑制することができるでしょう。

作業効率が悪いので、変えてもらう提案をしましょう。



二人に一人はお尻のザラザラやごわつきで悩む

お尻のザラザラやごわつきは20代から増加し、30代以降では約50%の方が悩んでいるようです。

お尻は隠れてる部分ですのでケアをしてない方が多く、またお尻のケア製品を見つけられずに普段使ってる乳液で代用してるかたがいるほどです。



お尻のザラザラやごわつきの解消法

お尻は本来柔らかい部分。

お尻のザラザラやごわつきを気にせずにいるとやがて黒ずんでしまうことも。

お尻のザラザラやごわつきにはうるおいを十分保つケアを取り入れましょう。

お尻は意外とストレスを抱えています。

クリームやジェルタイプの製品はお尻に優しく、お手入れの時に刺激や摩擦による黒ずみの心配は少ないでしょう。

毎日のお風呂上りに、マッサージとともにお尻ケアを取り入れましょう。


目尻の色素沈着を作ってしまうNGケアと期待できる美白成分

以前より目尻が黒ずんできたら色素沈着を疑いましょう。

日々の正しいと思ってるケアには、意外と落とし穴があるのです。

目尻の色素沈着を引き起こしてしまうケアを理解し、次回から正しいケアを取り入れることでこれから色素沈着を作らないように心がけることが大切です。

すでに気になってる目尻の色素沈着には、美白成分でしっかりとお手入れすることが大切です。



目尻の色素沈着を引き起こすNGケア-お手入れがNG-

過去に目を強調するメイクや、インパクトを与える為に目尻のメイクを集中的に取り入れてた方は目尻に負担がかかり、後になって色素沈着に悩まされる傾向があるようです。

また目尻のメイクを落とす時に過剰なほどの擦りすぎや、質の悪いコットンなどでメイク落としをしてると色素沈着に悩まされてしまいます。

クレンジング時にメイクをしっかりと落とさないといけない余りにゴシゴシと肌をこすってしまうこともNGケアに。

目尻を刺激しすぎることにより色素沈着してる細胞が連鎖し始め、色素沈着が目尻から目の周りへと広がってしまうのです。



目尻の色素沈着を引き起こすNGケア-紫外線対策をしていない-

目尻の色素沈着の原因の多くは、ほぼ紫外線いっても過言ではないのです。

目に見えない紫外線に対して無防備な方が意外に多いため、目尻の色素沈着に後で後悔する方が多くみられるのです。

紫外線の浴び過ぎは肌へ悪影響を与えてしまうので、メイク以上に紫外線ケアはしっかりと行うことが必要なのです。

少しの紫外線は肌を守るための大切なメラニンを作ってくれるのですが、必要以上に浴び過ぎると過剰でできてしまったメラニンの排泄作用が間に合わなくなり、やがて色素沈着として定着してしまうのです。

20代を過ぎたら紫外線ケアを取り入れ、目尻の色素沈着を作らないケアを取り入れるべきでしょう。



目尻の色素沈着を効果的に解消する美白成分

選ぶときに【美白】と記載されてる製品には注意が必要でしょう。

効果が期待できる美白成分が含まれていないことがあります。

キャッチフレーズで選ばずに、美白成分がしっかりと記載せれてるか確認をすることは非常に大切です。

美白成分の代表格、肌の透明感を導き出すハイドロキノン。

目尻の色素沈着を消しゴムで消すような感覚で、肌を透明感へと効果的に導いてくれるでしょう。