2020年06月30日

オクラの苗の葉が枯れた原因と対処法

ビニールハウス内で、オクラを栽培しているのですが、オクラの苗の一部に異変が出ました。
定植から数週間は問題なく育っていたのですが、最近になって、株が倒れかけて、葉が枯れる症状が発生しました。
全ての苗ではなく、1本だけ発生していました。
DSC_5348.JPG

葉が何枚か落葉していたので、早い段階で原因を探って対処しようと思い、色々調べてみました。
ネットで検索して、オクラの葉が枯れる原因を掲載したページなどを調べてみたところ、同じ症状に合致する原因が書かれているページを見つけました。

原因は、水の与え過ぎによる根腐れのようでした。
株元が黄色く変色する場合があると記載されていたので、同じ状態になっているか見てみると、ページに書かれていた通り、株元が黄色く変色していました。
根元を見てみると、水分が残っていることが分かります。
周りの土を少し掘ってみると、土が水分を含んで湿度がある状態でした。
DSC_5349.JPG

対処法として、水たまりができるほど大量に水を与えるのではなく、土全体が湿る程度の水を与えるようにし、基本的に、土の表面が乾いたら水を与えるようにすると良いそうです。

オクラは、熱帯で育つ野菜のようで、トマトと同じく、少し乾燥気味で育てるのが基本のようです。
トマトも根腐れを起こしていたこともあり、私の水の与え過ぎが原因となっていたようです。
水切れを起こさないようにと、つい水を与え過ぎてしまいますが、水をたくさん与える野菜と、乾燥気味で育てる野菜があるなど、野菜に応じて水の量や頻度を変える必要があることを学びました。
葉が完全に枯れていないのと、新しい葉が出そうなので、土から水分が抜けるまで水やりを控えて、様子を見つつ、今後は、与える水の量に気を付けたいと思います。

オクラを栽培している方で、同じ症状になってしまった方は、こちらを参考にしていただけら嬉しいです。

おすすめの根腐れ防止剤はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月29日

トマトの苗の一部がしおれた原因と対処法

ビニールハウス内でトマトを栽培しているのですが、トマトの苗の一部に異変が出ました。
トマト苗の上の部分がしおれている状態です。下の方は、しおれることなく育っています。
全ての苗ではなく、1本だけ発生していました。
DSC_5350.JPG

写真を撮った時は、しおれ具合が少し解消してきましたが、症状が発生した時は、茎の先端が垂れ下がっている状態でした。

水切れと病気を疑ったのですが、色々調べてみると、水切れの場合は、株全体がしおれるほか、病気の場合は、株全体が枯れ気味になるそうです。
予想していたのとは違っていたのですが、原因として考えられるものを見つけました。

原因として最もあてはまるものとして、水の与え過ぎによる根腐れのようです。
つい水を与えてしまいがちになりますが、トマトは乾燥気味で育てるのが基本のようで、水を与え過ぎたことによって根腐れを起こし、結果的に、一部がしおれた状態になってしまうそうです。
「一部がしおれる」と書かれており、今回の症状と合致したため、これが原因だと考えました。

根元を見てみると、水分が残っていることが分かります。
周りの土を少し掘ってみると、土が水分を含んで湿度がある状態でした。
DSC_5351.JPG

原因がおおよそ特定できたので、水やりの頻度を減らして、少し乾燥気味にして栽培したいと思います。
水切れを起こさないようにと、少し過保護になって水やりをしてしまったことによって、根腐れを発生させてしまいました。

野菜は、人のように声を発することができず、見た目から症状を判断するしかないので、常に野菜の状態を観察しながら、症状に合わせて原因を探ったり、対処法を調べたりする必要があるので、ビジネスのPDCAを回すのと似ており、これも野菜作りを行ううえで必要なスキルだと思います。
今回と違った症状が、今後も発生する可能性もあるので、野菜の状態を見ながら、必要があれば調べて対処したいと思います。

トマトを栽培している方で、同じ症状になってしまった方は、こちらを参考にしていただけら嬉しいです。

おすすめの根腐れ防止剤はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月28日

ナスの定植作業

今日は、ナスの定植をしました。
連結ポットで栽培していたナスが、根が張って、窮屈そうになってきたので、畑に定植することにしました。

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
最後に、雑草が生えるのを防止するために、ビニールマルチを張って完了です。
ナスの定植方法

本葉5〜6枚ほど出てきたら定植時期です。
連作障害を避けるために、同じ場所での栽培を、6〜7年ほどあけるようにします。
定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
  1. ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
  2. 土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
  3. 根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。

DSC_5340.JPG

2株以上植える場合は、 株間60cmほど間隔をあけて植え付けます。
DSC_5341.JPG

以上で、ナスの定植が完了です。

全部で10株のナスの苗を、家の前のビニールハウス内に植えました。
温度を一定に保てるため、生育が良くなるので、毎年ビニールハウス内で栽培しています。
連作障害を避けるために、定植する場所を変更しました。

種から育てたナスですが、苗にして植え付けまで行うことができました。
畑に植え付けたことで、根張りが良くなり、生育が良くなりそうです。
ある程度草丈が伸びたら、株が転ばないように支柱を立ててあげたいと思います。
昨年は、たくさんナスを収穫することができたので、今年もたくさん収穫できると良いです。

おすすめのナスの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月27日

小玉スイカの定植作業

今日は、小玉スイカの定植作業をしました。
連結ポットで栽培していたのですが、ツルが伸びてきたのと、根が張って窮屈そうになってきたので、畑に定植することにしました。
ある程度生長した苗を中心に植え付けました。

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
最後に、雑草が生えるのを防止するために、ビニールマルチを張って完了です。
小玉スイカの定植方法

本葉が4〜5枚ほど出てきたら定植時期です。
連作障害を避けるために、同じ場所での栽培を、6〜7年ほどあけるようにします。
定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
スイカは高温を好むので、植え付けは、気温が十分に高くなってから行うと良いそうです。
  1. ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
  2. 土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
  3. 根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。

DSC_5342.JPG

2株以上植える場合は、 株間100cmほど間隔をあけて植え付けます。
DSC_5343.JPG

以上で、小玉スイカの定植が完了です。

小玉スイカの苗が6株ありますが、大きめの苗を、家の前のビニールハウス内に植えました。
温度を一定に保てるため、生育が良くなるので、毎年ビニールハウス内で栽培しています。
残りの苗は、山の畑に植え付ける予定です。

定植の時期が遅れたこともあり、ツルが伸びた状態での定植となりました。
窮屈なポリポットから、畑に移植したことで、根張りが良くなり、生育が良くなりそうです。
昨年は、たくさん小玉スイカを収穫することができたので、今年もたくさん収穫できると良いです。

おすすめのスイカの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月22日

長ネギの土寄せ・追肥作業

今日は、長ネギの土寄せと追肥をしました。
植え付けから1ヶ月ほどたったので、1回目の土寄せと追肥を行うことにしました。
植え付けたときは細かったネギの苗も、少し太くなり、根が張って真っすぐ立ってきました。
長ネギの土寄せ・追肥方法

植え付けの1か月後に、追肥と土寄せを行います。
  1. 長ネギの反対側の畝の肩に肥料を施し、鍬を使って、土と肥料を混ぜ合わせます。
  2. 土と肥料を混ぜ合わせたら、ネギの分けつ部(葉が分かれている部分)の下まで土をかけて土寄せします。

注意点として、ネギの分けつ部に土が入ると、生育が悪くなったり、腐敗する可能性があるので、分けつ部の4〜5cm下まで土をかけるようにします。
DSC_5338.JPG

土寄せは、計4回行います。
1回目の土寄せの3週間後に、2回目の土寄せ+追肥。
2回目の土寄せの3週間後に、3回目の土寄せ+追肥。
収穫の30〜40日前に、4回目土寄せ。(追肥は不要)

以上で、土寄せと追肥が完了です。

ネギは雑草に弱いので、土寄せの際だけでなく、定期的に雑草を取るようにします。

土寄せ後の状態です。
ネギの周りの雑草取りも行いました。
DSC_5339.JPG

土寄せを開始する前は、ネギ畑全体が雑草で覆われている状態だったため、雑草取りから開始しました。
思っていたよりも大変で、土寄せの前から疲れてしまいました・・・・
でも、立派なネギを収穫するためには、こうして手をかけることが大切なので、大変でも手を抜かずに作業しました。
土寄せの方も、分結部に土がかからないように注意しながら、奇麗に土寄せすることができました。
これから、残り3回の土寄せが残っているので、そちらも確実に行いつつ、定期的に畑を訪れて、雑草取りも行いたいと思います。

前文にも書きましたが、植え付け時に細かったネギも、だいぶ太くなりました。
根も張って、真っすぐ立っていたので、ネギの生育が良いのを確認して、モチベーションが上がっています、
ネギに限らず、野菜が順調に育っていく様子を見るのは、とても楽しいです!

おすすめのネギの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月21日

ジャガイモの花摘み

今日は、ジャガイモ(じゃがいも)の花摘みをしました。
ジャガイモを育てる過程で、必ず行う作業ではありませんが、大きなジャガイモを収穫したい方は、花摘みを行うことをおすすめします。
ジャガイモの花摘み方法


ジャガイモの花が咲く頃に、土の中のジャガイモが太りだします。
花に養分がとられないように、咲いている花は見つけたら摘んでおきます。
DSC_5335.JPG

花が咲いている、全てのジャガイモの花を摘んで完了です。
定期的に観察してみて、花を見つけ次第、摘むようにして、花に養分がとられないようにします。
DSC_5336.JPG


私も、これまでのジャガイモ栽培において、花摘みを行わない状態で収穫してきました。それなりに大きなジャガイモを栽培することができましたが、一部のジャガイモは、小さなものもありました。
花摘みをしなかったことが影響しているとは言い切れませんが、ひとつの要因にもなっていたかもしれません。
今年は、花摘みをすることで、花に養分をとれなれないようにするとの説明をみたので実践してみることにしました。
とりあえずは、全ての花を摘み取りましたが、蕾になっている部分もあるので、定期的に観察して、花を見つけ次第、摘み取りたいと思います。

おすすめのジャガイモの種イモはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!






posted by ばさわ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月20日

キュウリの茎が折れた場合の対処法

キュウリ(きゅうり)の定植の際に、誤って茎を折ってしまいました。
根本から折れてしまったため、復活は難しいと諦めていましたが、状態によっては復活できるケースがあるようなので、今回は、キュウリの茎が折れた場合の対処法について紹介したいと思います。
キュウリの茎が折れた場合の対処法

キュウリの状態によっては、復活できるケースがあります。
  • 折れた箇所をテープで補強する。
  • 側枝を育てる。


■折れた箇所をテープで補強する
茎の折れた部分を曲がらないようにまっすぐにした状態にして、テープで補強することで修復できるケースがあります。イメージとして、腕を骨折した際に、三角巾で吊るして固定する感じです。
折れた箇所の茎が曲がっていたりすると、補強がうまくいかず、回復できない場合があります。

■側枝を育てる
子づるが伸びる品種であれば、主茎が折れた場合でも、側枝を育てることで、栽培を続けることができます。
ただし、折れた箇所が親づるの1節目〜5節目くらいまでの場合は、良い側枝が出にくいそうです。

2つの対処法でも改善しない可能性があるため、早めに新しい苗を準備して、定植した方が良いです。

私は、「側枝を育てる」に挑戦してみました。
本葉が出ている状態だと、側枝が出やすいことを教わったので、側枝を伸ばして育てることにしました。

写真のように、茎が根本から折れてしまった状態ですが、幸いなことに本葉が出ていたほか、親づるの1節目〜5節目まで残っている苗もありました。
DSC_5327.JPG

本葉と親づるの間に、うっすらと脇芽が出てきました。
DSC_5328.JPG

本葉が残っていることで、本葉と親づるの間から側枝が出てくることがあるそうです。
主茎が折れたキュウリを復活させた経験が今までにないため、初めての経験となりますが、野菜作りの勉強の一環として、測枝が出るか実験してみたいと思います。
その後の様子は、後日、記事にて紹介したいと思います。

キュウリの茎が折れた場合の対処法について紹介しました。初心者の方には少し難しいかもしれないため、新しい苗を準備した方が良いかもしれませんが、ある程度の株数があったり、実験がてらに、テープで補強や、側枝を伸ばして育てる方法を試してみたい方は、挑戦してみはいかがですか?
私も、野菜の状態に合わせた対処法や、ノウハウが、実際に行ったことで身に着いたことがあったので、まずは挑戦してみることを大切だと思います。

おすすめのキュウリの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:キュウリ
posted by ばさわ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月19日

インゲンの種まき作業

今日は、インゲン(インゲン豆)の種まきをしました。
出荷用とは別に、自宅で食べる用の、インゲンの種をまきました。
畑に直で種をまくこともできますが、今回は、連結ポットに種をまいて、育苗してから定植することにしました。
インゲンの種まき時期

  • 寒冷地:5〜6月
  • 中間地:4〜6月
  • 暖地:4〜5月

インゲンの種のまき方

事前準備として、培養土を入れた連結ポットを用意します。
  • 連結ポットに、1〜2粒ほど種をまきます。(1cmほどの深さになるように、指で種を押し込む)
  • 土を軽くかぶせ(1cm程度)、水をたっぷりかけます。

DSC_5331.JPG

種まきが終わったら、暖かい場所に置いて育苗させます。
以上で、インゲンの種まきが完了です。
インゲンの発芽日数と発芽適温

  1. 発芽適温:23〜25℃
  2. 発芽日数:7日程度

23〜25℃に保温できれば、7日程度で発芽するそうです。
発芽するまでは、連結ポットの上に、新聞紙をかけて、土が乾燥しないようにします。

全部で5個の種をまきました。
少ないように感じますが、定植する畑のスペースが限られているのと、食べるのにはちょうど良い数なので、こちらの個数にしました。
DSC_5332.JPG

ビニールハウス内で育苗することもあり、温度をある程度保つことができるので、発芽を促しそうです。
発芽後は、定植の時期である、本葉3〜4枚になるまで、引き続き育苗したいと思います。

インゲンは、小学校の理科の授業の中でで栽培するほど、簡単に栽培できる野菜です。
プランターでも栽培することができ、ツルが伸びてきたら支柱を立てて絡めるだけと比較的簡単に栽培できます。
ゴマあえや、お味噌汁の具として入れられるなど、料理の具材としても重宝するので、インゲンの栽培に興味を持たれた方は、挑戦してみてはいかがですか?

つるありいんげんKB 種子 たね 品番1454

価格:210円
(2020/6/19 18:51時点)
感想(0件)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月17日

ゴーヤの定植作業

今日は、ゴーヤ(ニガウリ)の定植をしました。
連結ポットで育苗していましたが、ツルが伸びてきたのと、根が張って窮屈そうになってきたので、畑に定植することにしました。
4株のゴーヤの苗全てが、途中で枯れることなく、定植の日を迎えました!

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
最後に、雑草が生えるのを防止するために、ビニールマルチを張って完了です。
ゴーヤの定植方法

本葉が5〜6枚ほど出てきたら定植時期です。
ゴーヤは高温を好むので、気温が十分高くなってから植え付けると良いそうです。
連作障害を避けるために、同じ場所での栽培を、2〜3年ほどあけるようにします。
定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
  1. ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
  2. 土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
  3. 根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。

DSC_5324.JPG

2株以上植える場合は、 株間90cmほど間隔をあけて植え付けます。
DSC_5325.JPG

定植が終わったら、支柱を立てて、ネットを張り、ネットの方へツルを誘引させます。
DSC_5326.JPG

以上で、ゴーヤの定植が完了です。

昨年は、購入した苗2株と、育苗した苗2株の、計4株を定植しました。
今年は、苗の株数は変わりませんが、全て種から育苗しました。
古い種から発芽したものはありましたが、発芽率が悪かったため、新しい種を購入して育苗しました。
1年前の種なので問題ないと思っていましたが、発芽率が悪いことが分かったので、新しい種を購入されることをおすすめします。

昨年、初めてゴーヤの栽培に挑戦しましたが、栽培が比較的簡単で、収穫まで問題なく育てることができました。さらに、グリーンカーテンにもなり、夏の日差しを遮ることができました。
今年も、美味しいゴーヤを収穫するために大切に育てつつ、グリーンカーテン作りも楽しみたいと思います。

ゴーヤは、プランターでも育てることができるので、グリーンカーテン作りや、栽培に興味をお持ちの方は、ご家庭で、栽培に挑戦してみてはいかがですか?

おすすめのゴーヤの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年06月15日

トマトの定植作業

今日は、トマトと、ミニトマトの定植をしました。
連結ポットで育苗していましたが、根が張って窮屈そうになってきたので、畑に定植することにしました。
ホームセンターで売られているトマトの苗は、茎が細めですが、私が育てたトマトの苗は、茎が太く、がっちりしていました。

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕します。
トマトの根は、深く伸びるので、深くまで耕しておきます。
また、トマトは、過湿に弱いので、排水性を良くするために、高さ10cmほどの畝を立てました。
最後に、ビニールマルチを張って完了です。
トマトの定植方法

本葉が8〜9枚出て、1番花が咲き始めたら定植時期です。
連作障害が避けるため、同じ場所での栽培を、4〜5年ほどあけるようにします。
定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
  1. ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
  2. 土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
  3. 根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。

DSC_5309.JPG

2株以上植える場合は、 株間50cmほど間隔をあけて植え付けます。
DSC_5310.JPG

定植が終わったら、支柱を立て、株と支柱を8の字になるように紐で結んで誘引します。
DSC_5311.JPG

以上で、トマトの定植が完了です。

昨年は、株の本数が多く、トマトがたくさん実って、食べきれなくなったので、今年は、去年よりも株の本数を減らしました。
家で食べる分のトマトを栽培することで、種の無駄遣いや、食品ロスにもつながると思います。
また、規模を減らしたことで、水やりの労力も減らすことができました。

雨による、トマトの実割れを防ぐために、ビニールハウス内で栽培しています。
ある程度の温度を、一定に保てるため、トマトの生育に適した状態で栽培することができます。
今後の作業として、脇芽が所々出てくるので、脇芽欠きを行いたいと思います。
この作業をしっかり行わないと、脇芽の方へ養分が行ってしまうので、美味しいトマトを収穫するためにも着実に行いたいと思います。

おすすめのトマトの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索