2019年08月31日

長ナスの収穫

今日は、長ナスの収穫をしました。
8月中旬頃から実がなり始め、1株に2〜3個ほど実がつきました。
なかには、長さが30cmほどにもなり、地面に着くほど長いナスもできていました。

収穫時期を迎えた長ナスです。
色艶の良い、濃い紫色をした立派なナスができあがりました!
s_DSC_4654.JPG

長さ15cmほどのナスを中心に収穫しました。
s_DSC_4655.JPG

収穫したナスは、味噌をつけて焼いたり、炒め物にして美味しく頂きました。
とれたてということもあり新鮮で、ナスのみずみすしい食感が食欲をそそりました。
次回は、CMでも話題になっている、無限ナスを作ってみたいと思います。

種からナスを育てましたが、夏の初めに気温が下がった時期もあり、生育が遅れてしまい例年よりも少し遅めの収穫となってしまいましたが、収穫まで育てることができました。
ナスの収穫時期は長いこともあり、秋頃までどんどん収穫できそうです 。

皆さんのご家庭で育てているナスは、たくさん収穫することができましたか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:ナス
posted by ばさわ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月27日

甘九朗トマトの収穫

今日は、大玉トマトの収穫をしました。
8月中旬頃から実が赤く色づき、収穫の時期を迎えました。
s_DSC_4642.JPG

実が真っ赤に熟しているものを中心に収穫しました。
ミニトマト・トマト含めて、たくさんのトマトを収穫することができました。
トマトの大きさも、平均的な大きさで、ミニトマトの方は、たくさん実っていました。
なかには、水の与え過ぎで、実が割れてしまっているものもありました。
s_DSC_4641.JPG

とれたてのトマトを収穫して、そのままかぶりついて食べました。
水分があり、みずみずしく、とても甘いトマトができあがりました!

植え付けの時期が遅れたのと、途中気温が下がった時期もあり、生育が遅れてしまい例年よりも少し遅めの収穫となってしまいましたが、収穫まで育てることができました。
トマトの収穫時期は長いこともあり、これからどんどん収穫できそうです。

皆さんのご家庭で育てているトマトは、たくさん収穫することができましたか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:トマト
posted by ばさわ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月25日

ゴーヤの収穫

今日は、ゴーヤの収穫をしました。
野菜ネットに、ゴーヤのツルが絡まり、グリーンカーテンが完成しました。
ビニールハウス内で栽培してることもあり、温度を一定に保つことができ収穫時期を迎えました。
ゴーヤの収穫時期と収穫方法

ゴーヤの収穫のタイミングとして、 開花から12〜20日ほど経過し、実の大きさが20cmほどになったら収穫時期です。
表面のイボイボが盛り上がり、ツヤがある成熟直前のもを収穫します。

収穫方法は、 ツルを傷めないように注意しながら、ハサミで切り取って収穫します。
収穫が遅れると、過熟果になって、実の着色が黄色くなってしまうので、早めに収穫するようにします。
s_DSC_4637.JPG

実の大きさが20cmほどあり、イボがしっかり盛り上がって、色艶の良いゴーヤができあがりました!
スーパーで売られているゴーヤよりもビックサイズとなりました。
s_DSC_4639.JPG

8月中旬の30℃を超える連日の暑さで生育が良くなり、実が大きく成長しました。
今の時点では実が小さめのゴーヤも、これから大きくなってくると思います。

ゴーヤの栽培は初めてでしたが、20cmほどの大きさの立派なゴーヤを作ることができました。
またひとつ野菜作りのスキルを身につけることができました。
収穫したゴーヤは、ゴーヤンチャンプルーにして美味しく頂きたいと思います。

皆さんも機会があれば、ゴーヤを育ててみてはいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:ゴーヤ
posted by ばさわ at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月24日

パプリカの収穫

今日は、パプリカの収穫をしました。
大きさが8cmほどの、赤いパプリカになりました!
s_DSC_4635.JPG

パプリカの収穫時期と収穫方法

パプリカの収穫のタイミングとして、苗の植えつけから2ヶ月ほどで収穫時期を迎えます。
色が付いて、実の大きさが6〜7cm程度になったら収穫時期です。

収穫方法は、実と枝の間の部分を、ハサミなどを使って摘み取ります。

植え付けから3ヶ月ほどで収穫時期を迎えました。
最初は小さかった実でしたが、徐々に大きくなり。やがて色が付き始めました。
しかし、実が大きくなるに連れて、重さで枝が折れてしまいました・・・・
s_DSC_4636.JPG

完全に折れていなかったため、その後の生育に影響はありませんでしたが、実の量を調整したり、支柱を立てて補強するなどの対策をとるべきでした。

通常のピーマンと比べて収穫するまでの期間が長いのと、実が大きくなり、株に負担をかけてしまい、枝が折れる状況になってしまうのも、パプリカを育てた人が経験する難しさだと思います。
ひとまず全滅という状況を避けることができたので、ひと安心です。

新たに次の実ができ始めてきたので、支柱を立てたり、着果する実の数を調整するなどして、株の補強をしたいと思います。

皆さんのご家庭のパプリカは、収穫できましたか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:パプリカ
posted by ばさわ at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月17日

夏バテ対策に効果があるオクラを収穫

今日は、畑で栽培している、オクラを収穫しました。
気温が高い日が続いたこともあり、オクラがたくさん実りました。
s_DSC_4633.JPG

30℃を超える暑さと、気温が低い日が交互に続いたこともあり、体のだるさといった体調不良になりました。
また、かぜの症状や、疲れも出てきて、お盆期間中は、体調不良の状態が続いていました。
そのため、夏バテに対策に効果がある、オクラを収穫して食べることにしました。

オクラの栄養と効果

オクラには、β-カロテンやビタミンE、カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれています。
特に、ネバネバの元となっている成分である、ペクチンが含まれています。
ペクチンは、タンパク質と糖質からできていて、粘膜を保護したり、細胞の活性化に役立つそうです。

オクラの効果として、肥満予防、便秘防止、夏バテを予防する効果があるそうです。
オクラには、胃の中の粘膜を治したり、保護する働きがあるようで、夏バテになって弱ってしまった胃腸の状態を良くすることで、食欲が出てくるそうです。

夏バテに効果のある野菜を調べていた際に、この情報を知ったので、早速実践してみることにしました。
手軽にオクラを食べられる方法として、カップ納豆に、オクラを入れて混ぜ合わせ、ご飯にかけて食べました。
納豆の粘りに、オクラのネバネバが加わり、美味しく食べられます。
今までこの食べ方が好きで、我が家では、オクラを使った料理の定番になっています。
ほかにも、オクラを使った料理があると思うので、レシピサイトを参考にして、ほかの料理も探してみたいと思います。

オクラが夏バテに効果があるのは知らなかったので、オクラを食べて胃腸の調子を整えて、夏バテを解消したいと思います。
夏バテのだるさで、農作業や日常生活に少し影響が出ているので、1日も早く元気になりたいです。

まだ暑い日が続くので、皆さんも夏バテにならないように、オクラをはじめとした夏野菜を食べて栄養をつけて夏の暑さを乗りきりましょう!

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 19:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月11日

カリフラワーが発芽しました!

連結ポットで栽培している、カリフラワーが発芽しました。
種まきから、おおよそ1週間ほどで発芽しました。
発芽率を上げるために、連結ポットの1マスに2〜3粒ほど種をまきましたが、思っていたよりも発芽率が高く、1マスに種をまいた分の芽が出ていました。

このままでは生育が悪くなるため、カリフラワーの芽を間引いて、1本立てにしました。
s_DSC_4618.JPG
カリフラワーの発芽日数と発芽適温

発芽日数:2〜3日程度
発芽適温:15〜30℃

間引く時期が遅かったようで、既に本葉が出てきたため、近いうちにポリポットに鉢上げしなくてはいけなくなりました。

カリフラワーの栽培は初めてなので、発芽させるところから失敗するかもと不安でしたが、思っていた以上に発芽率が高かったので安心しました。
今後の作業として、本葉が全体的に生え揃ってきた頃に、ポリポットに鉢上げをしたいと思います。
また、小さいうちに害虫に葉の芯を食べられてしまうと致命傷となるので、防虫ネットをかけるなどして対策したいと思います。
秋が近づくに連れて害虫は減ってきますが、まだ8月ということもあり、モンシロチョウの幼虫をはじめとした害虫が多い時期なので、虫との闘いがしばらく続きます。

皆さんは、どのようにして害虫対策していますか?

おすすめのカリフラワーの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月10日

フルーツトマトの収穫

今日は、ビニールハウスで栽培している、ミニトマトの収穫をしました。
先週前半頃から実ができ始めてきましたが、30℃を越える連日の暑さで赤く色づき、収穫時期を迎えました。
全てではありませんが、徐々に赤く色づき始めてきました。
実っている箇所は、株元あたりが多い感じでした。
s_DSC_4610.JPG

収穫したミニトマトです。数は少ないですが、これから順次実ってくると思います。
s_DSC_4611.JPG

収穫したミニトマトを収穫してみると、とれたてということもあり新鮮で、フルーツトマトの特徴でもある、甘みがあって美味しかったです!

現時点では、一部の株から収穫できる感じですが、実が青いトマトも、これから赤く色づき始めてくるので、8月下旬頃にはほとんどのトマトから収穫できそうです。
毎日トマトの収穫ができるのが楽しみです!
とれたてのトマトを食べることができるのも、家庭菜園の魅力だと思います。

皆さんは、ご自宅で栽培している、ミニトマトの収穫をしましたか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月03日

ジャガイモ掘り

今日は、ジャガイモがちょうど収穫時期を迎えたので、ジャガイモ掘りをしました。
ジャガイモの枯れた茎を目印に、手で土を掘ってみると、土の中からたくさんジャガイモがでてきました。
なかには、5cmほどの大きなジャガイモもありました!

全体的に大きく、ゴロゴロとしたジャガイモが収穫できました。
s_DSC_4583.JPG

今年から、「サッシー」という海外品種のジャガイモを植えました。
初めての栽培だったため、収穫まで育ってくれるか不安でしたが、期待していたよりも大きく、収穫量も多めでした。
小さめのジャガイモは、種用に保管して、来年畑に植え付けたいと思います。

収穫したジャガイモは、夕食にフライドポテトにして美味しく頂きました。
食べた感想は、ジャガイモの中がほくほくしていてやわらかく、甘みもあって美味しかったです。
ちなみに私の場合、圧力鍋でジャガイモを蒸して、蒸したジャガイモに、マヨネーズをつけて食べています。
ジャガイモのほくほくとした感じと、マヨネーズの味がマッチするので、最も好きな食べ方です。

今の時期がちょうどジャガイモの収穫時期となるので、皆さんも、ご家庭で栽培しているジャガイモを収穫して味わってみてはいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



タグ:ジャガイモ
posted by ばさわ at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月01日

カリフラワーの種まき

今日は、カリフラワーの種まきをしました。
知人から、カリフラワーの種をいただいたので、そちらを連結ポットにまきました。
s_DSC_4382.JPG

カリフラワーの種まき時期

  • 寒冷地:3月中旬〜4月上旬
  • 中間地:2月中旬〜3月下旬。7月中旬〜8月中旬
  • 暖地:2月中。7月下旬〜8月中旬

※種まき時期は、あくまで目安となります。詳細は、種袋裏面の種まき時期を確認してください。
カリフラワーの種のまき方

事前準備として、連結ポットに培養土を入れ、水をたっぷりかけて、土全体を湿らせておきます。

事前準備が完了したら、カリフラワーの種をまきます。
1.土の表面に指を使って、1マスに2〜3個ほど窪みを作ります。
2.先ほど作った窪みの中に、発芽率を上げるために、種を2〜3粒ほどまきます。
3.種をまき終えたら、土を軽くかぶせ(1cm程度)水をたっぷりあげて完了です。

設置場所は、ビニール温室や、ビニールハウスなど、温度を保てる場所に置いて育苗します。
発芽したら段階的に間引いて1本立ちにし、本葉5〜6枚になるまで育苗します。

種まき自体は、ほかの野菜と変わらないので比較的スムーズにできました。
育苗作業についても、ビニールハウス内で育苗する予定なので、温度の心配はありませんが、発芽後に、害虫に葉を食べられる心配があるため、防虫ネットをかけるなどして対策したいと思います。

カリフラワーの栽培は初めてですが、育て方は、ブロッコリーと基本同じようなので、ブロッコリーを現在栽培していることもあり、知識も比較的身に付いているので、問題なく育てられそうです。

種の種類にもよりますが、今の時期が、カリフラワーの種まき時期や植え付け時期となるので、秋の収穫にむけて、皆さんも、カリフラワーを育ててみてはいかがですか?

おすすめのカリフラワーの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!




[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索