2018年12月30日

秋キャベツの収穫

ビニールハウスで栽培している、キャベツの収穫をしました。
9月下旬に苗を定植しましたが、ビニールハウス内で温度を一定に保てたこともあり、収穫時期を迎えました。

葉がびっしり結球して、綺麗な玉になりました。
s_DSC_2936[1].JPG

収穫した様子です。害虫に葉を食べられる被害もなく、綺麗な状態で収穫できました。
葉にツヤがあって、日光に当たると綺麗に光っていました。
s_DSC_2937[1].JPG

この状態のキャベツが、10玉以上できていました。
収穫したキャベツは、小屋に運んで保存しました。

寒い時期になると、鍋料理に入れたりと、キャベツがとても重宝されるので、収穫したキャベツを料理の具材に入れて食べたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
タグ:キャベツ
posted by ばさわ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月29日

大きなハクサイ(白菜)になりました!

ハクサイ(白菜)の収穫について、ブログで紹介していなかったので、時期が遅れてしまいましたが、そちらについて書きます。
今年は、ビニールハウス内で白菜を栽培したのですが、畑で育てたものと比べて、温度を一定に保つことができたため、ひと回り大きくなりました。

手で押した際に、葉がびっしりと引き締まった立派な白菜になりました。
s_DSC_2935[1].JPG

収穫した状態です。写真の枠に入りきらないほど大きかったです!
s_DSC_2938[1].JPG

私の顔が隠れるほどの大きさになったので、あまりの大きさに驚きました。
さらに、その大きさの白菜がたくさん収穫できたので、今年は豊作でした。
害虫に葉を食べられる被害もなく、綺麗な状態で収穫できました。
収穫した白菜は、小屋に入れて保存しました。
寒い時期になると、鍋料理を食べる機会が増えるので、収穫した白菜を鍋に入れて食べたいと思います。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
タグ:ハクサイ
posted by ばさわ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月28日

豆苗スプラウト栽培(3日目)

豆苗スプラウトの種をまいてから3日たちました。
生育状況は、種が水を含んで膨らんできて、一部の種から芽が出始めました。
s_DSC_3074[1].JPG

種まきから2〜3日ほどで、種から芽が出てきました!
s_DSC_3080[1].JPG

栽培方法として、芽が出てきたら、毎日霧吹きで水やりを行い、種が水で浸る状態を保ちます。
ある程度、茎が伸びてくるまで、アルミホイルを掛けた状態で管理します。

種まきから、わずか2〜3日ほどで芽が出てきたので、豆苗の成長スピードの速さに驚きました。
種の様子を日々観察できるのも、スプラウト栽培の魅力のひとつだと思います。
また、豆苗は、容器やスポンジなど、身の回りにあるものを使って栽培できるので、家庭菜園初心者でも簡単に育てることができます。
冬場など、外で野菜づくりができない時期は、室内で豆苗を育ててみてはいかがですか?

初心者でも簡単に栽培がはじめられる豆苗の栽培キットのリンクを貼っておきます。
豆苗の栽培キットはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月27日

ブロッコリースプラウト栽培(17日目)

ブロッコリースプラウトの種をまいてから17日目になりました。
生育状況は、茎が7cmほど伸び、徐々に葉が緑色になってきました。
s_DSC_3068[1].JPG

栽培11日目と比較して、大きな変化はありませんでしたが、徐々に葉が緑色になり始めました。
s_DSC_3069[1].JPG

茎が最も伸びる時期に入りましたが、夏場と違い生育が遅いので、ここまで育つのに17日もかかりました。
生育は遅くても着実に育っているので、毎日の水やりをしっかり行って、茎を伸ばしてあげたいと思います。
ちなみに、収穫の目安は、茎が10cmほど伸びて、葉全体が緑色になったら収穫できるそうです。
現時点では、収穫の条件に該当しないので、収穫まで、あと1〜2週間ほどかかりそうです。

栽培していて、なかなか大きくならず不安になりますが、生育が遅くても着実に育っていることがあるので、日々様子を見ながら気長に待ちましょう。

ブロッコリースプラウト栽培キットのリンクを貼っておきます。
ブロッコリースプラウトの栽培キットはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年12月26日

豆苗スプラウト栽培の種まき方法

豆苗スプラウトの種まきをしました。
事前に、容器、スポンジを用意しておきます。
キッチンペーパーでも代用できますが、根の張りが良くならない可能性があるので、スポンジの方が良いと思います。
必要な用品は、100均で簡単に手に入れることができます。
種のまきかた

1.容器にスポンジを入れ、スポンジに水が染み込むほどたっぷりと水を入れます。
スポンジを押したときに、水がたっぷり出るほど、水を入れるのが目安です。
s_DSC_3065[1].JPG

2.スポンジの上に、種が重ならないように均等に種をまきます。
水の量は、種が軽く水に浸るくらいに調整します。
水を入れすぎると、種が腐ってしまったり、発芽しなくなる可能性があるので注意します。
s_DSC_3066[1].JPG

3.種をまき終えたら、発芽するまで蓋をして暗くした状態にします。
s_DSC_3067[1].JPG

以上で種まきが完了です。

スーパーで売られている豆苗を使った再生栽培をした経験はありますが、種から育てたことがないので、どのように生育していくのか、観察するのが楽しみです。
栽培の様子は、記事にて紹介しています。

身の回りにあるものを使って、簡単に豆苗のスプラウト栽培が楽しめるので、キッチンなどに置いて、室内で栽培してみてはいかがですか?

栽培に必要なものが揃った栽培キットもあるので、リンクを貼っておきます。
豆苗の栽培キットはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月25日

ブロッコリーの収穫

9月に苗を定植した、ブロッコリーの収穫をしました。
12月下旬と収穫が遅いですが、ビニールトンネル内で栽培していたこともあり、一定の温度を保てたこともあり、冬でも何とか収穫することができました。
s_DSC_2933[1].JPG

ブロッコリーの収穫時期と収穫方法

株の頂点にできた「つぼみ(頂花蕾)」が、10〜15cmになると収穫時期です。
頂花蕾の下を切り取って収穫します。
切り取った後にも、わき芽が再び伸びてきて、つぼみ(頂花蕾)が出てくるので、1つの株から何度も収穫が可能です。
s_DSC_2934[1].JPG

収穫が遅れると、つぼみが膨らんで弾力がなくなり、味も食感も低下します。さらに遅れると、花が咲いてしまうので注意します。

ブロッコリーのつぼみ(頂花蕾)が紫色に変色する原因

ブロッコリーが寒さに当たると、つぼみ(頂花蕾)が紫色に変色する場合があります。
紫色になる原因として、ブロッコリーが寒さから身を守るために「アントシアニン」という成分(ポリフェノールの一種)を作るために起こる現象だそうです。
自然現象なので食べても問題はなく、茹でれば緑色に戻ります。むしろ、寒さから身を守るために糖度が高まるので、甘くて美味しくなるそうです。

冬の時期まで栽培したため、収穫はできないかと心配していましたが、ビニールトンネルを張って防寒対策をしたこともあり、収穫することができました。
しかし、温度が一定の時期と比べて生育が良くはありませんでした。
ブロッコリーの定植を、早めに行った方が良かったように思いました。
来年は、今回の課題を踏まえて、早めに定植したいと思います。
農業は日々勉強の積み重ねです。

皆さんも、機会があれば、ブロッコリーを栽培してみてはいかがですか?
ブロッコリーの苗を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年12月24日

豆苗スプラウトの種を購入しました!

ホームセンターで、豆苗スプラウトの種を購入しました。
購入した理由は、以前スーパーで豆苗を購入した際に、切り取ったあとに再生栽培に挑戦した経験があり、は種から育ててみようと思い購入しました。
種の価格は、250円ほどで購入できました。

豆苗プラウトの種のパッケージです。
コップ5回分の種が入っていて、約10日で食べられるそうです。
s_DSC_3064[1].JPG

パッケージの裏面には、栽培方法が書かれていました。
s_DSC_3063[1].JPG

栽培方法は、とても簡単で、容器に水を湿らせたスポンジや、キッチンペーパーを入れて、その上に種をまくだけで栽培可能です。
また、室内で栽培できるため、窓際や、キッチンに置いて、好きなときに収穫して食べることができるのも魅力です。
冬場でも野菜づくりを楽しみたい方におすすめです!

豆苗が、どのように発芽して、育っていくのか観察するのが楽しみです。
豆苗スプラウトの栽培の様子は、記事にて紹介していきます。

容器、キッチンペーパーといった、身の回りにある物を使って栽培できるので、皆さんも、豆苗スプラウトを栽培してみてはいかがですか?

アタリヤ農園 スプラウト 豆苗 (とうみょう)メール便対応 B13-051




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 09:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月23日

かぼちゃの煮物を食べました!

朝食に「かぼちゃの煮物」を食べました。
12月22日が冬至ということもあり、家庭菜園でとれた、かぼちゃを使って煮物を作りました。
s_DSC_3061[1].JPG

かぼちゃが大きかったこともあり、鍋に入りきらなかったので、半分を使って煮物を作りました。
食べてみると、かぼちゃの実がホクホクしていて美味しかったです。
さらに、皮も柔らかくなっていたので、皮ごと食べられました。
かぼちゃの皮には、美容や健康に良いとされるポリフェノールが含まれているそうです。
また、動脈硬化や、成人病を予防する効果もあるそうです。
健康に気を使っているので、摂取できて良かったです。
皆さんも、栄養の摂取と、健康維持のために、かぼちゃの皮まで食べてみてはいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月22日

チンゲンサイのビニールトンネル内の様子

チンゲンサイの防寒対策として、12月上旬に作業した、ビニールトンネル内の様子を紹介します。
連日、気温が0℃を下回る日が続いてきました。
ビニールトンネル内の様子は、温度はある程度あるようですが、チンゲンサイの生育はあまり良くありませんでした。
ビニールトンネルを張ったときと比べても、変化がないように感じました。
s_DSC_3059[1].JPG

やはり、ビニールトンネル内の温度が一定の温度を保てないのが原因かもしれません。
また、マルチをせず、土に直接植えたこともあり、土が凍って温度が上がらないのも原因のひとつかもしれません。

良かった点として、生育は良くないものの、チンゲンサイ自体が凍っていないため、小さい状態でも収穫できるかもしれません。
s_DSC_3058[1].JPG

しばらく様子を見て、小さめでも収穫できそうなものがあれば収穫したいと思います。
ビニールトンネルは保温効果があるため、野菜が育ってくれると思っていましたが、やはり気温が高くないと効果が得られないとことが分かり、勉強になりました。
農作業は、実際に作業してみて分かることがあるので、日々勉強をさせられます。
これも農作業の楽しみのひとつかもしれません。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月21日

正月菜とツナの炒めものを作ってみました!(レシピあり)

正月菜が収穫できたので、レシピサイトで、正月菜を使った料理を探してみました。
短時間で、簡単に作れる「正月菜とツナの炒めもの」を作ってみました。
s_DSC_3056[1].JPG

材料
正月菜(1束)
ツナ缶(小1缶)
塩こしょう(少々)
醤油(少々)
ゴマ油(適量)

作り方
1.正月菜をざく切りにします。
2.フライパンに、ゴマ油を入れて温め、正月菜を投入し、その後、塩こしょうを入れて炒めます。
3.ツナを入れて少し炒め、醤油を少々入れて混ぜ合わせます。
4.お皿に盛り付けたら完成です。

作業工程が少ないので、短時間で簡単に作ることができました。
食べた感想は、正月菜の味にツナの味が絡まって、正月菜の青臭さが消えて食べやすかったです。
1人分の量で作りましたが、もう少し量を多く作っても良く感じました。
短時間で簡単に作ることができたので、おかずを簡単に作りたい場合に料理したいと思います。
皆さんも、機会があったら作ってみてはいかがですか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索