2018年07月31日

ナスの脇芽欠き

ビニールハウスで栽培している、ナスの脇芽欠きをしました。
ナスの脇芽欠きの方法

1番花が咲いたら、花の下にある脇芽2本を残して、それより下の脇芽を、剪定ばさみを使って全て摘み取ります。
s_DSC_1731.JPG

脇芽欠き後の状態です。
花の下にある脇芽を除いて、全て摘み取りました。
s_DSC_1737.JPG

脇芽は順次出てくるので、定期的にチェックして脇芽欠きを行うようにします。
以上で、脇芽欠きが完了です。

ナスの下葉欠き

気温が30度を超える日が続いたため、風通しを良くするために下葉欠きをしました。
茎の下の方にある、古くなった葉や、大きすぎて影になってしまった葉を中心に摘み取って、風通しを良くしました。
下葉欠きをすることで、株の中に光が入りやすくなったり、風通しを良くする効果があるそうです。
また、病害虫予防にもなるそうです。

外の気温が上昇するに連れて、ビニールハウス内の温度が高温になったため、汗を流しながらの作業でしたが、全てのナスの脇芽欠きと下葉欠きを終えることができました。
私は高温の中で作業しましたが、熱中症になる可能性があるので、涼しい時間帯に作業するようにしましょう。

皆さんも、栽培しているのナスの1番花が咲いた頃に、脇芽欠きをしてあげましょう。

剪定ばさみを探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月30日

トマトトーン(ホルモン剤)の効果と使い方

ビニールハウスで栽培している、トマトの花が咲いてきたので、トマトトーン(ホルモン剤)を使って人工受粉させました。
トマトトーンの効果

トマトトーンは、トマトの着果を確実にするために使われるホルモン剤です。
自然受粉がうまくできず、着果しにくい場合などに使用します。
http://www.greenjapan.co.jp/tomato_ton.htm
トマトトーンの使い方

トマトトーンは、原液を水に薄めて使用します。

1.水を入れた容器に、トマトトーンを数滴垂らして薄めます。
※薄める水の量はトマトトーンの説明書をご覧になり、用法用量を守ってご使用ください。

2.霧吹きなどを使って、トマトの花房にのみかかるように噴霧します。
確実に噴霧できたか分かりやすくするために、トマトトーンと水を入れた容器に食紅を入れてあげると色が付いて分かりやすいです。
s_DSC_1738.JPG

人工受粉が成功すると、トマトの実がつきます。
s_DSC_1740.JPG

以上で、トマトトーンを使用した人工受粉が完了です。
農薬の一種ということもあり、薬害が発生する場合もあるので、説明書を確認してから使うようにしましょう。
トマトトーンを噴霧する時間帯

トマトトーンを噴霧する時間帯として、気温が30度以上になる日中を避け、早朝や夕方など、気温が下がった時間帯に行うようします。

トマトトーンの効果と使い方について紹介しました。
文中にも書きましたが、トマトトーンは農薬の一種なので、使用方法を誤ると薬害が発生する場合があります。
せっかく育てたトマトが薬害に侵されてしまっては大変なので、用法用量を守って使用しましょう。

トマトトーンの購入方法として、ホームセンターや、楽天市場などのネット通販サイトでも購入することができます。
トマトの実を確実につけるために、トマトトーンを使ってみてはいかがですか?

トマトトーンを探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月29日

ペットボトル水耕栽培プチトマトの収穫

ペットボトル水耕栽培キットで栽培している、プチトマトを収穫しました。
実が綺麗な赤色に色づいて収穫時期になりました。
s_DSC_1726.JPG

連日の暑さで色の染まりが早く、ほとんどの実が赤色に染まってきました。
s_DSC_1727.JPG

染まっている中から、最も熟しているトマトを食べてみました。
水耕栽培ということもあり、土で育てるトマトよりも水分で味が薄いと思っていましたが、さほど変化はありませんでした。
残ったプチトマトは、サラダに入れたり、お弁当に入れて食べたいと思います。

ペットボトル栽培キットを購入してみて感じたことは、ペットボトルがあれば栽培できるという手軽さです。
また、簡単に育てることができ、さらに、野菜の生育の様子を間近で観察できるのも楽しかったです。
皆さんもペットボトルだけで手軽に栽培できる、ペットボトル水耕栽培キットで野菜を育ててみてはいかがですか?

ペットボトル栽培キットの商品リンクを貼っておきます!

ちびまる子ちゃん ペットマト トマト[エーワークス]《取り寄せ※暫定》




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月28日

プランター栽培・ほうれん草の追肥

プランターで栽培している、ほうれん草の追肥をしました。
s_DSC_1703.JPG

元肥が切れて生育が悪くなってきたので、ひと握り分の化成肥料を株元にまきました。
s_DSC_1704.JPG

肥料不足のサインとして、草丈が伸びない、葉の色が黄色になってきたら肥料切れの可能性があります。
その場合は、化成肥料または、液体肥料を与えて生育を良くしてあげます。
弱っているからとつい肥料をたくさんあげてしまいがちになりますが、肥料焼けを引き起こす可能性があるので、適度にあげるようにします。
追肥してから数日で葉の色が濃い緑色になり、草丈も伸びてきます。
皆さんも、ご家庭のほうれん草の生育が悪くなってきたと感じたら、追肥してあげましょう。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月27日

プランター栽培・サニーレタスの間引き

100均で種を買ったサニーレタスが発芽したので、間引きをしました。
全体的に混み合っている箇所を中心に、葉同士が干渉しないように間引きました。
s_DSC_1566.JPG

間引き後の状態です。
葉同士の干渉がなくなり、全体的にすっきりしました。
s_DSC_1559.JPG

最近、野菜が高騰しているという内容のニュースで知ったのですが、レタスの芽は高温に弱いそうなので、弱らないように直射日光の当たらない場所に移動させました。
また、連日の暑さで土が乾き気味になるので、乾燥させないように、朝と夕の1日2回水をあげています。

発芽させたサニーレタスを枯らしてしまうのはもったいないので、定期的に水やりをして大事に育てたいと思います。
ちなみに、連結ポットに種をまいたサニーレタスは、ビニールハウス内の高温に耐え切れず枯れてしまいました・・・・・
皆さんも、サニーレタスを種から育てる際は、高温に注意してください。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月26日

オクラの収穫

ビニールハウスで栽培している、オクラの収穫をしました。
オクラの収穫時期と収穫方法

開花から4〜5日くらいで、長さ6〜7cmほどになったら収穫時期です。
s_DSC_1672.JPG

手で触ってみて柔らかいものを選んで収穫します。
収穫が遅れると固くなってしまい、食用に向かなくなるので注意します。
茎の部分を剪定バサミで切って収穫します。
オクラの下葉欠き

オクラの収穫と同時に下葉欠きをします。オクラの実より下の部分の葉を摘み取ります。
下葉欠きの方法は、こちらの記事をご覧ください。

本日収穫したオクラです。
最初の収穫ということもあり、数は少ないですが、連日の暑さで、どんどん実がで付いてくると思います。
s_DSC_1675.JPG

収穫したオクラは、納豆に入れて、ご飯といっしょに食べました。
オクラ納豆ご飯は、私の好物のひとつで、主に朝食に食べています。
オクラと納豆のネバネバが混ざり合って美味しいです!
皆さんも、収穫したての新鮮なオクラを自宅で食べてみませんか?

オクラの苗を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月25日

スナップエンドウの種まき

春に種をまいたスナップエンドウが、そろそろ収穫の時期を終えそうなので、秋の収穫に向けて種まきをしました。
7月に種をまいても大丈夫か不安になりましたが、私が読んでいる家庭菜園教本では、7〜8月も種まき時期になっていたので、意を消して種をまくことにしました。

培養土を入れた連結ポットを用意し、1マスに1粒ずつ種をまき、連結ポット2枚分の種をまきました。
s_DSC_1680.JPG

種をまき終えたら、土を1cmほどかぶせて、たっぷり水をあげました。
s_DSC_1681.JPG

最後に、土表面が乾燥しないように新聞紙をかけ、新聞紙の上から水をかけて湿らせて完了です。
s_DSC_1682.JPG

茹でたスナップエンドウにマヨネーズをつけて食べるのが好きで、食卓で食べているほか、会社へ持って行くお弁当のおかずにも入れています。
夏のスナップエンドウ栽培はあまり耳にしないので、育ってくれるか心配ですが、水やりなどの管理をしっかり行って大事に育てたいと思います。

栽培の様子は定期的に記事で書いていくので、夏にスナップエンドウを育ててみたい方に興味を持っていただけたら嬉しいです。
これを機に、夏のスナップエンドウ栽培に挑戦してみてはいかがですか?

【春まき・秋まき】トーホク つるなし あまいえんどう プラス 種 (家庭菜園・エンドウのタネ 野菜 たね 種子)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月24日

ナスの支柱立てと誘引方法

ナスの背丈が伸びてきたので、転倒防止のため支柱立てと誘引をしました。
支柱の立て方

支柱は、1メートルほどの農業用支柱を使用します。
株元から5cmほど離して支柱を立てます。
先がとんがっている方を挿すようにします。
株元の近くに支柱を立ててしまうと、根を傷つける可能性があるので注意します。
s_DSC_1650.JPG

同様に、全てのナスの苗に支柱を立てます。

以上で、支柱立ての作業が完了です。

誘引の方法

支柱立てが終わったら誘引をします。

紐を使って、八の字になるように苗と支柱を結びつけます。
s_DSC_1651.JPG

支柱に紐を結びつける際の注意点として、生育するに連れて、ナスの茎が太くなってくるため、きつく結びつけると、茎に紐が食い込んでしまう恐れがあります。
そのため、少し緩めに支柱に結びつけるようにします。
生育に合わせて適宜誘引するようにします。

以上で誘引の作業が完了です。

皆さんのご家庭のナスの背丈が伸びてきたら、株の転倒防止のために、支柱立てと誘引をしてあげましょう。

園芸支柱を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月23日

オクラの葉欠き(下葉取り)の方法

オクラの葉が込み合ってきたので、葉欠きをしました。
オクラの葉欠き方法

オクラの花が咲き、実が付き始めた頃に、実より下の葉を摘み取ります。
s_DSC_1670.JPG

葉欠きを行う際に、素手で摘み取ると、茎に負担がかかったり、葉といっしょに茎がえぐれて株を傷めてしまう可能性があるため、剪定ばさみを使って切り取ります。

葉欠き後の状態です。
下葉を摘み取ったことで、実の下の方がすっきりしました。
s_DSC_1671.JPG

葉欠きをすることで、養分を上の葉に送ることができ、たくさん実が付くので、収穫量を増やすことができます。
また、風通しが良くなって病害虫の予防にもつながります。

皆さんの、ご家庭のオクラの下葉が混み合ってきたら、葉欠きをしてあげましょう。

剪定ばさみを探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年07月22日

日本ほうれん草の種まき

空いている畑に、日本ほうれん草の種をまきました。
今回種をまいた、ほうれん草は、トーホク交配から発売されている「日本ほうれん草(やまと)」です。
http://tohokuseed.co.jp/beginame/hourensou/
東洋種の食味の良さを引き継ぎ、病気にも強く、葉の色も濃い緑色になるように品種改良されたそうです。
ホームセンターのオススメ商品になっていたので、購入してみました。

畑作りと種まきの方法は、通常のほうれん草と同じです。
1.畑は、苦土石灰、化成肥料を入れて耕し、10cmほどの畝を作りました。
s_DSC_1645.JPG

2.棒などを使って、土表面に溝を作ります。
※固まった土は取り除きます。
s_DSC_1646.JPG

3.先ほど作った溝に、「条まき(すじまき)」で種をまきます。
s_DSC_1647.JPG

4.土を軽くかぶせ(1cm程度)水をたっぷりあげて完了です。
s_DSC_1648.JPG

種まき時期が8月になっていましたが、先行して種をまいてみました。
これまで、西洋品種のほうれん草は育てたことがありましたが、日本ほうれん草は初めてなので、楽しみながら栽培してみたいと思います。
また、どんな味なのかも気になります。
8〜10月が種まき時期なので、皆さんも、日本ほうれん草をご家庭で栽培してみませんか?

日本ほうれん草の種を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索