2020年07月24日

インゲンの定植作業

今日は、インゲン(インゲン豆)の定植をしました。
連結ポットに種をまいたインゲンが発芽して、ある程度の草丈になったので定植することにしました。

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
雑草が生えるのを防止するために、ビニールマルチを張ります。
最後に、インゲンのツルを絡めるために、支柱を立てと、ネット張りを行って完了です。

インゲンの定植方法

本葉が3〜4枚ほどになったら定植時期です。
直まきの場合、本葉が2〜3枚出たところで、生長のよい苗を2本残して間引きます。
連作障害を避けるため、同じ場所での栽培を2〜3年ほどあけるようにします。
  • 苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
  • 土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
  • 根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。

DSC_5417.JPG

2株以上植え付ける場合、株間30cmほど間隔をあけて植え付けます。
DSC_5418.JPG

最初に種をまいた方は、昨年の種を使用したこともあり、発芽しなかったため、新たに種をまき直しました。
去年の種なので問題ないと思っていましたが、1週間以上たっても発芽せず、土の中を確認してみると、種が腐っている状態でした。
もったいない感じがしますが、発芽率を高めるために、新しい種を使った方が良いかもしれません。
その後は、1週間ほどで発芽し、連結ポット全体が、インゲンの苗でいっぱいになりました。
インゲンの苗は、家の前の畑と、ビニールハウスの、2か所に定植しました。自宅で食べるのには、ちょうど良い数となりました。

次の作業として、ある程度の草丈になると、ツルがネットに絡まってくるので、定期的に様子を見つつ、必要があれば、誘引作業をしたいと思います。

つるありいんげんKB 種子 たね 品番1454

価格:210円
(2020/6/19 18:51時点)
感想(0件)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索