2020年07月19日

ニンジンの土寄せ作業

今日は、ニンジン(人参)の土寄せをしました。
間引きを行ってから、草丈が伸びて、畑全体がニンジンの葉でいっぱいになりました!
発芽率も良かったこともあり、ニンジンの数も多めです。
DSC_5404.JPG

ニンジンの土寄せ方法

2回目の間引きで、最終株間である(10〜15cm)の間隔にした後に、土寄せと追肥を行います。
土寄せの際に、株元の周りの雑草を取り除きつつ、除草をかねて中耕、土寄せを行います。
土寄せと中耕すを行うことで、土の中に空気が送り込まれ、排水性も良くなり、生育が促されるそうです。
無施肥で栽培開始した場合や、生育が悪い場合は、条間に追肥します。

土の表面に、ニンジンの頭の部分が出てきた場合は、根首(ニンジンの頭)が隠れるように土寄せをします。
根首(ニンジンの頭)部分が土から出ている状態だと、光が当たって光合成してしまい、緑化してしまいます。
DSC_5399.JPG

生育が良く、ニンジンの頭が出てきているものもあったので、土寄せして根首を隠してあげました。
雑草も生えていたので、雑草を取り除きながら中耕も行いました。
前文にも書きましたが、今年はニンジンの発芽率が高く、たくさんニンジンができました。
2回目の間引きをして、最終株間にした状態ですが、それでもたくさんニンジンができている状態です。
土の中の様子を確かめることができませんが、大きなニンジンができていると良いです。

現時点では、病害虫被害に遭うことなく順調に育っているので、今年は、去年よりもたくさんニンジンが収穫できると良いです!

おすすめのニンジンの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索