2020年07月05日

ニンニクの収穫作業

今日は、ニンニク(にんにく)の収穫作業の手伝いをしました。
収穫自体は、6月下旬頃から開始し、今日は、畑に残っている全てのニンニクの収穫をしました。
本来であれば、晴天の日に収穫するのが望ましいのですが、このまま畑に置いたままにしておくと、球が割れてしまう恐れがあるため、急遽、収穫することにしました。
ニンニクの収穫方法

6月頃になって、葉の全体の8割ほどが枯れ始めてきたら収穫時期です。
株元の茎を手で握り、真上に引き抜いて収穫します。
土が湿っている状態で収穫すると、球が傷みやすくなるので、晴天の日に収穫するようにします。
収穫後は、日の当たらない涼しく風通しの良い場所に置いて乾燥させます。
乾燥後に、根と葉を切り落とし、風通しの良い軒先などに吊るしておくと、長期保存できるそうです。

収穫したニンニクです。コンテナ20箱以上のニンニクを畑から収穫してきました。
全体的に、球が小さめですが、なかには、球が大きなものも混ざっていました。
DSC_5358.JPG

ニンニクの球は小さめですが、立派な形になってくれました!
DSC_5360.JPG

収穫後の作業として、ニンニクの根と茎を切る作業を行いました。
稲刈り用のカマを、板に取り付けた自作の装置をを使用して、根と茎を切りました。
根と茎を切るだけの単純な作業ですが、私はコツコツとしたした作業が得意なこともあり、1時間で、コンテナ4箱分のニンニクの根と茎を切りました。

本日中で、ニンニクの収穫と、根切りの作業が終了したので、ニンニクを乾燥させる作業が終了するまで、ニンニクに関する作業はひと段落しました。
去年は、植え付けた数が多く、全て終わるのに、かなりの日数を要しましたが、今年は、本数を減らしたこともあり、昨年よりも早く終わりました。
次の作業として、乾燥させたニンニクを、加工用として出荷するための作業を行う予定です。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索