2020年06月07日

ジャガイモの芽欠き&土寄せ作業

今日は、ジャガイモの芽欠きと、土寄せをしました。
種イモから伸びた芽が、30cmほど伸びてきたので、芽欠きを行うことにしました。
芽欠きを行うことで、大きなジャガイモができ、逆に芽欠きを行わないと、小さなジャガイモができます。
大きなジャガイモを収穫したい場合は、芽欠きを行うことをおすすめします。
ジャガイモの芽欠き方法

ジャガイモの芽が10cmほどになったら、数本出ている芽のうち、元気そうな芽を2本残して根元から折って欠き取ります。

写真のように、芽が太く伸びているものを2本残すのが良いと思います。
DSC_5286.JPG

芽欠きが終わったら、株元に肥料を施して追肥し、鍬を使って株元に土を寄せます。
以上で、芽欠きと追肥、土寄せの作業が完了です。

芽欠き、土寄せの詳しい方法は、以前記事で紹介したので、そちらのリンクを貼っておきます。
http://fanblogs.jp/basawanet916/archive/266/0?1591534107

しばらく、ジャガイモ畑に手を加えていなかったこともあり、畑全体が草で覆われてしまいました。
ジャガイモの周りも草だらけになっていたので、ジャガイモが草に負けないように、草取りをしました。
株元の周りの草を取り除いたので、ジャガイモが草に負けて生育に影響が出るのを防ぐことができました。
草取りに、かなりの時間を要したので、定期的に行うべきでした。
これから梅雨の時期に入り、雨が降って草が再び生えてくるので、定期的に草取りをしたいと思います。

ジャガイモ栽培の作業のひとつである、芽欠きと追肥・土寄せが完了しました。
収穫までの残りの作業として、2回目の土寄せと、花摘みがあり、これらをしっかり行わないと生育に影響が出るようなので、着実に作業を行いたいと思います。

おすすめのジャガイモの種イモはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索