2020年05月18日

スナップエンドウの整枝と誘引作業

今日は、スナップエンドウの本葉が5〜6枚ほどになり、草丈も伸びてきたので、整枝と誘引をしました。
ネットの方に、ツルが向かっていけば良いのですが、ネットでない方に伸びてしまっていたので、少し早めですが、誘引することにしました。
スナップエンドウの整枝

主茎の下の方から脇芽が出てきたので、整枝も兼ねて脇芽欠きを行いました。
栄養が脇芽に行くのを防ぎ、主茎に栄養が行くほか、風通しや見通しを良くする効果があるそうです。
必要な栄養が主茎に集中するため、さらに成長を促しそうです。

脇芽欠きの方法は、以前記事で紹介したので、そちらのリンクを貼っておきます。
http://fanblogs.jp/basawanet916/archive/252/0
スナップエンドウの誘引方法


本葉が5〜6枚ほどになり、ツルが伸長する前に誘引を行います。
  1. 園芸用支柱を立てて、きゅうりネットを張ります。
  2. すずらんテープなどを用意し、支柱の端に結びつけます。
  3. テープが主茎に来るように調整しながら誘引します。
  4. ツルが伸びてきたら、30〜40cm間隔で生長に合わせて誘引します。

DSC_5207.JPG

誘引作業後の状態です。
主茎が、すずらんテープで固定され、キュウリネットの方へ誘引することができました。
誘引する際は、主茎を傷つけないように、ゆるやかに囲みます。
今後も、生長に合わせて、30cm間隔ほどになるように、定期的に誘引を行いたいと思います。
DSC_5206.JPG

定植時した時は、5cmほどの小さな苗でしたが、畑に定植後は、日を重ねるほどに草丈が伸びてきました。
生長している姿を毎日眺めているうちに、着実に育っているのを実感しています。
野菜が育つ様子を毎日観察できるのも家庭菜園の楽しさのひとつだと思います。
手をかけることで、野菜がそれに応えてくれるので、収穫まで手を抜かずに大切に育てたいと思います。

おすすめのスナップエンドウの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索