2020年05月16日

サツマイモの植え付け作業

今日は、サツマイモ(さつまいも)の植え付け作業をしました。
サツマイモの苗が手に入ったので、そちらを畑に植え付けました。
良い苗の選び方として、茎が太く、葉色が濃くて厚みのあるものを選ぶと良いそうです。
すぐに植え付けない場合は、浅く水を張ったバケツに浸けて日陰に置いておくと、1週間ほど持つそうです。

事前準備として、畑に化成肥料、苦土石灰、たい肥をまいて耕し、水はけと通気性をよくするために、幅45cm、高さ20cmほどの畝を作りました。
最後に、雑草対策のために、マルチを張りました。
サツマイモの植え付け方法


マルチに穴をあけ、深さ10cmほどの楕円形の穴を掘ります。
植穴の底に寝かせるように苗を置き、苗に土をかけて鎮圧します。
苗の3〜4節が土に埋まるように植え付けると良いそうです。
DSC_5198.JPG

苗を2株以上植え付ける場合は、株間を40cmほどあけて植え付けます。
DSC_5199.JPG

植え付け直後から数日は、苗がしおれたり、枯れたりしますが、根が張るに連れて新しい葉が出てくるので問題ありません。
DSC_5200.JPG

全部で10株ほどのサツマイモの苗を植え付けました。
植え付け直後は根が張っていない状態のため、葉がしおれた状態ですが、根が張るに連れて新しい葉が出てくると思います。
植え付け方を調べてみると、植え付け方法には、斜め植えと、垂直植えの2種類があるそうです。
斜め植えが一般的な植え方で、根は横に長く伸びるため、細長い芋になり個数が多めになるそうです。
垂直植えの場合は、根は縦に短く伸びるため、丸く短い芋になり個数は少なめになるそうです。
その代わり、栄養分の転流がスムーズになり甘みが凝縮するそうです。
垂直植えしか知らなかったので、調べてみて勉強になりました。

サツマイモは、栽培工程が少なく初心者でも簡単に栽培することができます。
秋には、たくさんサツマイモ収穫して、焼いもが楽しめるので、皆さんも機会があればサツマイモを栽培してみてはいかがですか?

おすすめのサツマイモの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索