2020年05月02日

原木しいたけ(椎茸)栽培キットのほだ木の保湿

昨日の午後から、ポリ袋に入れて一晩浸水させておいた、ほだ木を袋から取り出して保湿しました。
説明書には、一晩から24時間以内放置と書かれていたので、一晩たったのでポリ袋の水を捨てました。

ポリ袋から取り出した直後のほだ木の様子です。
木の表面が水で濡れているのがお分かりいただけるかと思います。また、幹の中も水で濡れていました。
よく見ると、ブヨブヨとしたものが木の表面に付着していました。
調べてみると、しいたけの菌のようでした。
DSC_5138.JPG

ほだ木の保湿作業

ほだ木をポリ袋から取り出し、キットに付属している受け皿の上に置きます。
受け皿に水が溜まりますが、そのままで問題ないそうです。
DSC_5137.JPG

ほだ木を浸水させたポリ袋の水を捨て、内側に水滴が残った状態のまま、ほだ木に被せて保湿します。
設置場所は、直射日光の当たらない場所に置きます。
水で床が濡れてしまうので、床に新聞紙を敷き、その上に設置すると良いです。
DSC_5140.JPG

ポリ袋の内側に、常に水滴がついているようにして、霧吹きを使って湿気を与えます。
おおよそ、2〜7日ほどで芽が出てくるそうです。

この栽培キットの難所が、芽を出す作業で、この作業でいつも失敗しています。
時期や温度、湿度が影響しているのかもしれませんが、ちょうど今の時期が、しいたけ栽培に適しているそうです。
.昼間15〜25℃、夜間の温度がそれより10℃以上低いような、昼夜の温度差が大きい環境できのこは発生しやすくなるそで、玄関や、廊下などが適しているようです。私も、廊下の直射日光が当たらない場所に設置しました。

しいたけの保湿が難しいので、この作業を確実に行って、しいたけの芽を出したいと思います。
今度こそ、成功することを願います!

なるきのこDXの栽培説明動画もあるので貼っておきます。


記事を読んで、しいたけ栽培に興味を持たれた方は、栽培キットを購入して栽培に挑戦してみてはいかがですか?

カネコ種苗 原木しいたけ栽培セット なるきのこデラックス

価格:3,765円
(2020/5/1 18:17時点)
感想(0件)




ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索