広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月23日

インフルエンザ予防としても注目される納豆の効果と効能について

1月14日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!」で、医師が選ぶ体にいい食材をランキング形式で紹介していました。
そのなかで、最も体に良い食材として納豆が取り上げられていました。
a94f677d0b30e947a6e63aab2cef7288_t.jpeg

今の時期に流行するインフルエンザの予防に注目されていることが紹介されていたので、納豆の栄養や効果について色々調べてみたので紹介します。
納豆の栄養

納豆には、健康を維持するために必要不可欠な栄養素である5大栄養素がすべて含まれているそうです。

含まれている栄養素は下記の通りです。
  • たんぱく質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 食物繊維

これらの栄養素を摂取できることで、バランスのとれた食生活を送る手助けになるそうです。

納豆の効果・効能

納豆の効果・効能として、原料となる大豆には食物繊維が豊富に含まれているため、便秘の予防になるそうです。
そのほか、良質なカルシウムとタンパク質もたっぷりと含まれているため、骨粗しょう症の予防になったり、血中コレステロールの値を抑える効果があり、動脈硬化の予防にも役立つそうです。

なかでも、納豆を発酵させる過程で作られる、たんぱく質分解酵素「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かして分解しやすくする働きがあり、血栓を予防する効果があるとして注目されているそうです。
効果的に摂取できる時間帯として、深夜から早朝にかけて血栓ができやすいそうなので、夕食後や、寝る前に摂取するのが良いそうです。
http://j-nattokinase.org/nattokinase/

納豆を食べることで、現代人に多い生活習慣病の予防につながるそうです。

調べていて驚いたのが、納豆がインフルエンザ予防としても注目されていることです。
上記にも書きましたが、納豆には食物繊維が豊富に含まれていて便秘の予防になることを紹介しましたが、
便秘の予防につながるのは、納豆が腸内環境を整えているからだそうです。
腸内環境を整える成分のなかに「S-903納豆菌」があり、その納豆菌が免疫を高めることで、インフルエンザの予防につながるのではないかと注目を集めているそうです。
https://4yuuu.com/articles/view/313162

最後に

納豆について色々調べてみましたが、普段何気なく食べているものが、健康を維持するために必要不可欠な栄養素を含んでいて、それらを簡単に摂取できることを知りました。
また、今の時期に流行するインフルエンザの予防になったり、コレステロールや、動脈硬化の予防といった生活習慣病の予防にもつながるので、健康維持のために納豆を食べるようにしていきたいと思いました。
皆さんも、健康維持のために日頃から納豆を食べてみてはいかがですか?
おすすめの納豆はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!




posted by ばさわ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。