広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年01月08日

りんごに含まれる腸の働きを良くする栄養素「ペクチン」の効果・効能について

1月8日放送の、テレビ朝日系「林修の今でしょ!講座」で、医学的に正しいリンゴの食べ方について特集されていたので紹介します。

そのなかでも最も気になったのが、便通を良くする栄養素「ペクチン」がリンゴに含まれていることが紹介されていたので、便秘で悩まれている方のお役に立てるかもしれないので、記事にまとめました。
7543cb333f7eb68cf797f81b29c01492_t.jpeg

ペクチンとは

ペクチンとは、果物や、野菜などの植物の細胞壁に含まれる天然の多糖類だそうです。
リンゴやミカン類に多く、砂糖や酸を加えるとゼリー状になるそうです。
身近なものとして、ジャムの製造に用いられているそうです。
ペクチンの効果・効能

ペクチンの効果・効能として、整腸作用があり、下痢や便秘を予防する効果があります。
また、血液中のコレステロールや、悪玉と呼ばれているLDLを下げる働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病にも良い効果を上げると注目を集めているそうです。
食物繊維があり、腸の働きを良くするという点では、便秘が解消する効果が期待できるそうです。
私も、リンゴを食後のデザートに食べていることもあり、便通が良く感じます。
ペクチンが最も含まれているリンゴの品種

番組内で、ペクチンが最も含まれているリンゴの品種が取り上げられていました。
  • ふじ
  • 陸奥
  • 王林
  • 紅玉

のなかで最もペクチンが含まれている品種は、
王林です。
737559_6151-300x300.jpg
りんご娘ではなく、こちらです!
kind_13_img_main.jpg

ペクチンの含有量は、王林が多いそうです。
「王林以外には含まれていないの?」と思われるかもしれませんが、ほかの品種にもペクチンが含まれているため、問題ないそうです。(王林がペクチンの含有量がほかのリンゴよりも多いだけ)
ペクチンを効率良く摂取する方法

ペクチンを効率よく摂取する方法は「焼きリンゴ」にして食べることだそうです。
リンゴは、そのままでも栄養満点ですが、焼くことで、リンゴの持つ本来の力を発揮することができるそうです。
焼くことで、リンゴに含まれるオリゴ糖が増加し、オリゴ糖をエサとする善玉菌が増殖して整腸作用を整え、便通を良くするそうです。
さらに、リンゴの果皮に含まれるポリフェノールが、熱を加えることで、体内に吸収されやすくなってこう酸化作用を高めるそうです。

焼きリンゴのレシピを貼っておきます!
https://www.kurashiru.com/search?source=yahoo&query=%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B4%20%E3%83%AC%E3%82%B7%E3%83%94&search_type=next&bucket=ranking
最後に

リンゴに含まれる栄養素「ペクチン」について紹介しましたがいかがでしたか?
テレビではざっくり紹介されていたので、さらに知識を得るために、ネットで検索して調べてみましたが、ペクチンについて詳しく書かれているサイトが多くあり、とても役立ちました。
リンゴを食べると、便通が良くなるのは、日々の生活で感じていましたが、栄養素や効果・効能まで知識として得ることができたので、良い勉強になりました。
何より、自分が住んでいる青森県がリンゴの産地なので、自分の県の特産品が、テレビで紹介されたことが嬉しいです。

冬の時期は、リンゴを食べる機会が増えるので、便秘でお困りの方は、食物繊維のある、リンゴを食べてみてはいかがですか?
おすすめのリンゴの詰め合わせはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2019年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。