2019年09月29日

インゲンの収穫

今日は、インゲンの収穫をしました。
2週間ほど前からサヤが付き始め、やがて大きくなって収穫の時期を迎えました。
インゲンの収穫時期と収穫方法

収穫時期は、種をまいてから、つるなしインゲンは、40〜50日程度。つるありインゲンは、65〜70日程度で収穫できます。
花が咲いてから約2週間後で、実のふくらみが見えてきたら収穫適期です。
インゲンの収穫期間は比較的長めで、約1ヶ月ほど収穫可能です。

s_DSC_4787.JPG

収穫方法は、枝を傷めないようにハサミで切り取るか、指で収穫します。
指で収穫する際は、枝を引っ張らないように注意しながら優しく収穫します。
採り遅れると固くなってしまうので、早めに収穫するようにします。

サヤがふっくら太った、長さ5cmほどのインゲンができあがりました!
s_DSC_4790.JPG

収穫したインゲンは、味噌汁に入れたり、胡麻和えにして美味しくいただきたいと思います。
特にインゲンの味噌汁が好きで、我が家では昔から食べられています。
こちらの方言で、インゲンを「ササギ」と呼んでおり、「ササギ汁」という呼称で食べられています。

定植が遅くなったため、収穫まで栽培できるか心配でしたが、心配をよそに生育スピードが速く、あっという間に収穫時期を迎えました。
栽培は小学校の授業以来でしたが、栽培管理も面倒ではなく、比較的簡単に栽培することができました。

我が家では、今がインゲンの収穫の全盛期なので、たくさん収穫して味わいたいと思います。
皆さんのご家庭のインゲンは、たくさん収穫できましたか?

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



2019年09月23日

カリフラワーの定植

今日は、カリフラワーの苗を畑に定植(植え付け)しました。
定植の時期である、本葉が5〜6枚ほどになり、根が張って、ポリポットが窮屈になってきたので定植しました。
畑の準備

定植の2週間前に畑作りをします。
2週間前に、苦土石灰を畑全体に施し、1週間前に、たい肥と化成肥料を施して耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
水はけの悪い畑の場合は、20〜25cmほど畝を高くします。
畝を立て終わったら、畑に黒色のビニールマルチを張ります。
カリフラワーの定植方法

連作障害を避けるため、同じ場所での栽培を2〜3年ほどあけるようにします。

定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
1.ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
2.土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
3.根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。
s_DSC_4765.JPG

2株以上植える場合は、 株間45cmほど間隔をあけて植え付けます。
s_DSC_4766.JPG

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をあげます。
以上で、カリフラワーの定植が完了です。

定植後は、害虫に葉を食べられないように、防虫ネットをかけたり、コンパニオンプランツである、サニーレタスを近くに植えて対策をします。

本葉が少なく、小さい苗も一緒に定植しました。
小さい苗も畑に定植したことで、根張りが良くなり、生長が早くなると思います。
夏と比較して、害虫の数は減ってきましたが、まだ油断できないので、しっかり害虫体悪を行いたいと思います。
害虫のほかに、生育に影響を及ぼす可能性がある原因のひとつに気温低下が上げられます。
先週から気温が低い日が続いているため、生育にも影響が出そうです。
天気予報によると、来週から気温が上がってくるようなのですが、こればかりは自然現象でどうすることもできないので、必要があれば、防寒対策といった、自分ができる対策を実践したいと思います。

せっかく定植した苗が育たないのはショックなので、気温が上がって生育が良くなることを期待したいと思います。

おすすめのカリフラワーの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



2019年09月14日

カリフラワーの鉢上げ

今日は、連結ポットで栽培している、カリフラワーの鉢上げをしました。
本葉が1〜2枚ほどになり、根が張って連結ポットが窮屈になったので、ポリポットに移植しました。
カリフラワーの鉢上げ方法

事前準備として、ポリポットに培養土を入れ、土表面に根が入る程度の穴をあけておきます。
次に、連結ポット内にあるカリフラワーの苗から、生育の良さそうな苗を選んで1本に間引きます。

1.連結ポットから苗を取り出します。
根が張っている土を落とさないように注意します。
苗を取り出しにくい場合は、連結ポットの底を軽く押してあげると、取れやすくなります。

2.ポリポットに入れた培養土の表面にあけた穴に苗を入れます。
軽く根の部分を押し、周りから土を株元に寄せます。

3.最後に根に浸透するまでたっぷり水をかけて完了です。
目安として、ポリポットの下から水が流れ出るほど水をあげるようにします。
s_DSC_4763.JPG

全部で3つのカリフラワーを鉢上げしました。
モンシロチョウの幼虫に、葉の芯を食べられてしまい3つだけになってしまいました・・・・
気温が高くなったり低くなったりと、温度差が出た影響で、 生育が遅れたりと鉢上げまで日数を要してしまいました。
s_DSC_4764.JPG

鉢上げの時期が遅かったこともあり、今年中に収穫できるか心配です。
ビニールハウス内で栽培していることもあり、ある程度の温度を保つことはできますが、今年中に収穫できるかは野菜次第です。
育苗中は、害虫に葉を食べられないように、防虫ネットをかけて対策をしたいと思います。
収穫が遅れるようであれば、ホームセンターから苗を購入するかもしれません。
今の時期は、苗を購入して畑に定植した方が良いかもしれません。

ひとまず本葉が3〜4本ほど出てくるまで、ビニールハウス内で育苗したいと思います。

おすすめのカリフラワーの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



2019年09月01日

インゲンの支柱立てとネット張り

今日は、インゲンの支柱立てとネット張りをしました。
インゲンの草丈が伸び、ツルも伸びてきたため、誘引のためにネットを張りました。
インゲンの支柱立てと誘引方法

事前準備として、支柱と、きゅうりネットを用意します。
1.畑の両端に 支柱を立てます。
2.両端に立てた支柱が柱にして、きゅうりネットを張ります。
3.ネットを張り終えたら、支柱とネットを紐で結んで固定します。
4.ネットを張り終えたら、インゲンのツルをネットに誘引します。
ツルが切れないように優しく作業します。

写真のように誘引できれば、インゲンの支柱立てと誘引が完了です。
s_DSC_4657.JPG

一部のインゲンは、ツルが伸びて、ネットの上の方まできていました!
s_DSC_4659.JPG

思っていたよりもインゲンの生育が早く、ツルが伸びて隣のインゲン同士絡まってしまっていたので、ツルを傷つけないようにネットに誘引するのが大変でした。
作業に時間がかかりましたが、着実に行うことができました。

今後の生育状態として、ツルが伸びて葉が茂り、やがて花が咲いてくると思います。
インゲンのツルが、ネットに絡まり葉が茂ってくると、グリーンカーテンができそうです。
植え付けの時期が遅れたこともあり、収穫時期が遅れ気味になっていますが、10月中には収穫できると良いです。
たくさんインゲンが収穫できることを期待しています。

ほとんどの地域では既に作業済みと思われるため、あまり参考にならないと思いますが、インゲンの支柱立てと誘引を行う際は、こちらを参考にしていただけたら嬉しいです。

おすすめの支柱とネットはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!





2019年08月01日

カリフラワーの種まき

今日は、カリフラワーの種まきをしました。
知人から、カリフラワーの種をいただいたので、そちらを連結ポットにまきました。
s_DSC_4382.JPG

カリフラワーの種まき時期

  • 寒冷地:3月中旬〜4月上旬
  • 中間地:2月中旬〜3月下旬。7月中旬〜8月中旬
  • 暖地:2月中。7月下旬〜8月中旬

※種まき時期は、あくまで目安となります。詳細は、種袋裏面の種まき時期を確認してください。
カリフラワーの種のまき方

事前準備として、連結ポットに培養土を入れ、水をたっぷりかけて、土全体を湿らせておきます。

事前準備が完了したら、カリフラワーの種をまきます。
1.土の表面に指を使って、1マスに2〜3個ほど窪みを作ります。
2.先ほど作った窪みの中に、発芽率を上げるために、種を2〜3粒ほどまきます。
3.種をまき終えたら、土を軽くかぶせ(1cm程度)水をたっぷりあげて完了です。

設置場所は、ビニール温室や、ビニールハウスなど、温度を保てる場所に置いて育苗します。
発芽したら段階的に間引いて1本立ちにし、本葉5〜6枚になるまで育苗します。

種まき自体は、ほかの野菜と変わらないので比較的スムーズにできました。
育苗作業についても、ビニールハウス内で育苗する予定なので、温度の心配はありませんが、発芽後に、害虫に葉を食べられる心配があるため、防虫ネットをかけるなどして対策したいと思います。

カリフラワーの栽培は初めてですが、育て方は、ブロッコリーと基本同じようなので、ブロッコリーを現在栽培していることもあり、知識も比較的身に付いているので、問題なく育てられそうです。

種の種類にもよりますが、今の時期が、カリフラワーの種まき時期や植え付け時期となるので、秋の収穫にむけて、皆さんも、カリフラワーを育ててみてはいかがですか?

おすすめのカリフラワーの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!




2019年07月28日

インゲンの定植

今日は、インゲンの苗を畑に定植しました。
プランターで育てていましたが、畑に植えた方が根張りが良くなり、生育が良くなるとのことだったので、プランターから畑に定植しました。
畑の準備

定植の1週間前に畑作りをします。
たい肥、苦土石灰、化成肥料を入れて耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
インゲンの定植方法

畑の土の表面に根が入るほどの穴をあけます。
根についている土を落とさないように注意しながら苗を取り出します。
土の表面にあけた穴に苗を置き、株元に周りから土を寄せます。
最後に、水をたっぷりあげて完成です。
2株以上植え付ける場合は、株間を10〜20cmほど間隔をあけて植え付けます。
s_DSC_4399.JPG

プランターで栽培している、インゲン計5本を畑に定植しました。
なかには、虫に葉を食べられてしまっているものもありました。
s_DSC_4398.JPG

寒冷地の定植時期の目安から少し遅れての栽培になってしまいましたが、30℃を超える気温が続いているため、温度で生育が良くなるかもしれません。
収穫まで栽培できるか不安はありますが、こればかりはやってみないと分からないので、まずは栽培してみたいと思います。
ある程度の草丈になってきたら、支柱とネットを張ってあげたいと思います。

ほとんどの地域では、今の時期は定植し終えてるため、参考にならないかもしれませんが、インゲンの定植をする機会が訪れた際は、こちらを参考にしていただけたら嬉しいです。

余談ですが、私が小学校のときは、インゲンの観察を学校でしていて、夏休みに家に持ち帰って栽培してましたが、最近は、学校の授業で、インゲンの栽培をしているのか気になります。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



2019年07月13日

インゲンの種まき

今日は、先日購入した、インゲンの種をプランターにまきました。
100均の種ということもあり、量は少なめですが、プランターで育てる分にはちょうど良い量でした。
インゲンの種まき時期

  • 寒冷地:4〜5月
  • 中間地:4月下旬〜6月上旬
  • 暖地:4月上旬〜6月中旬

※あくまで、参考にする時期なので、詳細は、種袋裏面の種まき時期を確認してください。
インゲンの種のまき方

事前準備として、プランターに培養土を入れ、水をたっぷりかけて、土全体を湿らせておきます。
土の量の目安は、プランターの上から5cmほど下くらいまで土を入れます。

事前準備が完了したら、インゲンの種をまきます。
1.底が丸い容器などを使って、土の表面に窪みを作ります。
2.先ほど作った窪みの中に、発芽率を上げるために、種を2〜3粒ほどまきます。
s_DSC_4347.JPG

3.種をまき終えたら、土を軽くかぶせ(1cm程度)水をたっぷりあげて完了です。
s_DSC_4351.JPG

気温や天気にもよりますが、おおよそ3日〜5日ほどで発芽すると思います。

寒冷地の種まき時期を過ぎてしまいましたが、私が住んでいる地域では、今の時期に種をまいています。
山間の地域ということもあり、気候が関連しているのかもしれません。

写真を見てお気づきの方もおられるかもしれませんが、プランターに入れている土は、培養土ではなく、畑の土を入れています。
苦土石灰、たい肥、化成肥料が入れられている土なので、そのままプランターに入れました。
ブレンド方法など、初心者には少し難しいところもあるため、元肥入りの培養土を購入された方が良いかと思います。

前回の記事でも書きましたが、インゲンの栽培は小学校の授業以来なので、とても新鮮な気分で種まきしました。
比較的簡単に育てられる野菜でもあるので、お子様と一緒に育ててみても良いかもしれません。
プランターでも栽培することができるので、皆さんも機会があれば、インゲンを育ててみてはいかがですか?

おすすめのインゲンの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



2018年12月25日

ブロッコリーの収穫

9月に苗を定植した、ブロッコリーの収穫をしました。
12月下旬と収穫が遅いですが、ビニールトンネル内で栽培していたこともあり、一定の温度を保てたこともあり、冬でも何とか収穫することができました。
s_DSC_2933[1].JPG

ブロッコリーの収穫時期と収穫方法

株の頂点にできた「つぼみ(頂花蕾)」が、10〜15cmになると収穫時期です。
頂花蕾の下を切り取って収穫します。
切り取った後にも、わき芽が再び伸びてきて、つぼみ(頂花蕾)が出てくるので、1つの株から何度も収穫が可能です。
s_DSC_2934[1].JPG

収穫が遅れると、つぼみが膨らんで弾力がなくなり、味も食感も低下します。さらに遅れると、花が咲いてしまうので注意します。

ブロッコリーのつぼみ(頂花蕾)が紫色に変色する原因

ブロッコリーが寒さに当たると、つぼみ(頂花蕾)が紫色に変色する場合があります。
紫色になる原因として、ブロッコリーが寒さから身を守るために「アントシアニン」という成分(ポリフェノールの一種)を作るために起こる現象だそうです。
自然現象なので食べても問題はなく、茹でれば緑色に戻ります。むしろ、寒さから身を守るために糖度が高まるので、甘くて美味しくなるそうです。

冬の時期まで栽培したため、収穫はできないかと心配していましたが、ビニールトンネルを張って防寒対策をしたこともあり、収穫することができました。
しかし、温度が一定の時期と比べて生育が良くはありませんでした。
ブロッコリーの定植を、早めに行った方が良かったように思いました。
来年は、今回の課題を踏まえて、早めに定植したいと思います。
農業は日々勉強の積み重ねです。

皆さんも、機会があれば、ブロッコリーを栽培してみてはいかがですか?
ブロッコリーの苗を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年11月25日

すみれカブの収穫

9月に種をまいた、すみれカブ(蕪)の収穫をしました。
s_DSC_2872[1].JPG
カブの収穫時期と収穫方法

種まきから約45〜60日ほどになったら収穫時期です。
収穫の目安として、カブの直径が5cmほどになったものから順に収穫します。
s_DSC_2875[1].JPG

収穫方法は、手で葉をまとめて、株元を持って、まっすぐ抜きます。
s_DSC_2874[1].JPG

収穫適期を過ぎると、玉が割れたり、スが入ってしまうので注意します。
s_DSC_2930[1].JPG


収穫した状態です。
直径が5cmほどの、大きなカブになりました。
さらに、色艶の良い綺麗なすみれ色になりました!
s_DSC_2865[1].JPG

収穫したカブは、サラダに入れたり、漬物にしたりして美味しくいただきたいと思います。
初めてカブの栽培に挑戦しましたが、育て方が大根に似ていて、栽培が比較的簡単に感じました。
皆さんも機会があれば、すみれカブを栽培してみてはいかがですか?

かぶの種を探す【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!

2018年11月19日

ハクサイ(白菜)が結球しない原因と結球させる方法

読者のみなさんのなかで、ハクサイ(白菜)が結球しなくてお困りになられている方もおられるのではないでしょうか?
今回は、ハクサイ(白菜)が結球しない原因と解消法について紹介します。
s_DSC_2878[1].JPG

ハクサイ(白菜)が結球する時期

ハクサイ(白菜)の結球は、種まき後40〜45日ほどで、外葉が15枚ほどになると結球し始めます。
この時期から、水分要求量が増えるので、雨が降らない時は水やりをしておきます。
しかし、秋まきの時期が早過ぎると病害虫が発生しやすく、逆に、遅すぎると結球しないので、種まきの時期が重要になります。

ハクサイ(白菜)が結球しない原因

結球しない原因として、定植時期が遅かったか、肥料不足が考えられます。
そのため、外葉が15枚以下になる前に寒くなったり、肥料不足で生育が悪くなった可能性があります。
結球する時期までに、適期に定植、元肥をしっかり与え、生育に合わせて追肥を行って、葉を大きくしておく必要があります。
葉をある程度大きな状態にしておけば、その後は、放っておいても自然に結球し始めてきます。

ハクサイ(白菜)が結球しない場合の対処法

結球する時期までに、病害虫の被害や、気温の影響等で、株の生育遅れて結球しなかった場合の対処法を紹介します。
時期が遅れて結球せずに困っている方は、ビニールトンネルを設置して、内部を保温することで生育を遅れを取り戻すことができるそうです。

私の菜園でも、親戚からもらったハクサイ(白菜)の苗の生育が遅れて、結球しない事態が発生しましたが、ビニールトンネルで保温した結果、結球し始めました。
s_DSC_2879[1].JPG

最後に

ハクサイ(白菜)が結球しない原因と対処法を紹介しましたが、いかがでしたか?
結球しない場合は、こちらの記事を参考に実践してみてください。

保温効果のあるビニールトンネルについて、記事内で紹介しましたが、ハクサイ(白菜)に限らず、ほかの野菜でも使用することができ、寒さから野菜を守ることが可能です。
冬が近づいてくる今の時期から、トンネルで防寒対策をして、大切な野菜を寒さから守りましょう。

ビニールトンネルはこちら【楽天】



ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索