2020年08月09日

トマトの摘果&摘葉作業

今日は、トマトの摘果と、摘葉(葉かき)をしました。
トマトの実がつき始めてきたので、実を充実させるための摘果、日当たりと風通しを良くするための摘葉を同時に行いました。
トマトの摘果・摘葉方法

大玉トマトの場合、実を充実させるために摘果を行います。
1房につく実の数を4〜5個ほど残して、小さい実や、形の悪い実を中心に摘み取ります。
DSC_5459.JPG

実への日当たりを良くするために摘葉を行います。
房を覆っていてる葉を摘み取って、房に日が当たるようにします。
摘葉を行うことで、房に日光が当たりやすくなるほか、風通しを良くする効果もあります。
DSC_5458.JPG

摘果と摘葉のほかに、脇芽欠きと摘芯も行いました。
茎が支柱の上まで伸びてしまっていたので、先端を切り取りました。
摘芯することで、茎が伸びるのを止めることができ、必要な養分が株全体にまわるようになります。
自分の背丈よりも草丈が伸びている状態だったので、思いっきり先端を切り取りました。
脇芽欠きの方も、定期的に摘み取ってはいたものの、すぐに次の脇芽が出てきてしまい、気づいたら、脇芽が太くなっている状態でした・・・

全体的に、トマトの実が青い状態が中心ですが、なかには、赤く色づいているものもありました。
完熟になっているものもあったので、それらを収穫しました。
摘葉をした株を中心に、実が赤く色付いている状態でした。
DSC_5456.JPG

先週は、実が青い状態だったのですが、摘葉をしてから、あっという間に赤く色付き始めてきたので、摘葉した効果が見られた気がしました。

これから、どんどん実が色付いてくるので、トマトを毎日収穫できる状態になりそうです。
去年よりは本数を減らしましたが、それでもたくさん収穫できそうです。
暑い時期は、収穫したトマトを、水で冷やして、そのままかぶりついて食べたいと思います。
これが、私なりの贅沢なトマトの食べ方です!

おすすめのトマトの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10106703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索