2019年09月23日

カリフラワーの定植

今日は、カリフラワーの苗を畑に定植(植え付け)しました。
定植の時期である、本葉が5〜6枚ほどになり、根が張って、ポリポットが窮屈になってきたので定植しました。
畑の準備

定植の2週間前に畑作りをします。
2週間前に、苦土石灰を畑全体に施し、1週間前に、たい肥と化成肥料を施して耕し、高さ10cmほどの畝を立てます。
水はけの悪い畑の場合は、20〜25cmほど畝を高くします。
畝を立て終わったら、畑に黒色のビニールマルチを張ります。
カリフラワーの定植方法

連作障害を避けるため、同じ場所での栽培を2〜3年ほどあけるようにします。

定植前に、苗の入ったポットを水に浸して水を含ませておきます。
1.ポットから苗を取り出します。取り出しにくい場合は、ポットの底の穴を手で軽く押してあげると取り出しやすくなります。
2.土の表面に、根が入るほどの穴をあけます。
3.根鉢を崩さないように苗を穴に置き、株元に土を寄せて植え付けます。
s_DSC_4765.JPG

2株以上植える場合は、 株間45cmほど間隔をあけて植え付けます。
s_DSC_4766.JPG

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をあげます。
以上で、カリフラワーの定植が完了です。

定植後は、害虫に葉を食べられないように、防虫ネットをかけたり、コンパニオンプランツである、サニーレタスを近くに植えて対策をします。

本葉が少なく、小さい苗も一緒に定植しました。
小さい苗も畑に定植したことで、根張りが良くなり、生長が早くなると思います。
夏と比較して、害虫の数は減ってきましたが、まだ油断できないので、しっかり害虫体悪を行いたいと思います。
害虫のほかに、生育に影響を及ぼす可能性がある原因のひとつに気温低下が上げられます。
先週から気温が低い日が続いているため、生育にも影響が出そうです。
天気予報によると、来週から気温が上がってくるようなのですが、こればかりは自然現象でどうすることもできないので、必要があれば、防寒対策といった、自分ができる対策を実践したいと思います。

せっかく定植した苗が育たないのはショックなので、気温が上がって生育が良くなることを期待したいと思います。

おすすめのカリフラワーの苗はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9229444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索