2019年05月25日

サニーレタスの間引き

今日は、プランターで育てている、サニーレタスの間引きをしました。
サニーレタスの葉が大きくなるに連れて、葉同士が干渉してきたので、込み合っている箇所を中心に間引きました。
このままだと日当たりや風通しが悪くなり、生育に影響が出てしまいます。
s_DSC_4022.JPG

間引き方法として、株間3〜5cmほど間隔を取り、株の大きさに合わせて定期的に間引きをしていきます。
最終的には、株間10cmほどになるように間引きます。
間引き後の様子です。葉同士の干渉がなくなり、全体的にすっきりしました。
s_DSC_4023.JPG

間引いたサニーレタスで比較的状態が良いものは、小松菜、チンゲンサイ畑に移植しました。
サニーレタスをはじめとしたレタスは、アブラナ科の小松菜、チンゲンサイと相性が良く、コンパニオンプランツとして近くに植えると、害虫が寄ってきにくくなるそうです。
また、ベリーリーフとしてサラダに入れて食べることもできるので、捨てずに使うことをおすすめします。

間引き後に軽く土寄せをして、液体肥料をあげました。
気温が高い日が続いて、水が乾きやすくなってしまいますが、高温になる日中の水やりを控えて、朝と夕方に水やりをするようにしています。
毎日観察をしていると、サニーレタス独特の茶色っぽい模様が出始めてきました。
今後も、夏が近づくに連れて暑い日が続いてくると思われるので、毎日水やりをして、枯らさないように育てたいと思います。

サニーレタスは、写真のような、ハーブ栽培用の小さなプランターでも栽培可能ということもあり、ベランダや窓際などの、ちょっとしたスペースでも栽培できます。
初心者にも育てやすい野菜なので、記事を読んで興味を持たれた方は、サニーレタスを育ててみてはいかがですか?

おすすめのサニーレタスの種はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!






posted by ばさわ at 13:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
自宅で農園は楽しそうですね。
私もレタスをベランダで育てましたが、虫にほとんど食べられていました。
Posted by masa at 2019年05月25日 22:28
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8834595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索