広告

posted by fanblog

2019年01月25日

体の老化を止める成分「ケルセチン」を含む玉ねぎの効果

1月22日放送のテレビ朝日系「たけしの家庭の医学」で、身体の老化を止める成分「ケルセチン」について取り上げられていました。
ケルセチンを多く含む野菜である「玉ねぎ」の効果について、色々調べてみたので紹介します。
38c47985ed530b85c667dcad34840e0a_t.jpeg

ケルセチンとは

ケルセチンとは、野菜や果物に含まれるポリフェノールの仲間であり、ビタミンPのひとつだそうです。
ビタミンPは、美容効果や風邪予防に効果があるビタミンCの吸収率を促進してくれるそうです。
ケルセチンが多く含まれているのが「玉ねぎ」で、そのほか、りんご、サニーレタス、ブロッコリー、モロヘイヤ、そば、パセリにも含まれているそうです。
ケルセチンの効果

ケルセチンの効果として、動脈硬化の予防ダイエット効果アレルギー症状の緩和に効果があるそうです。
特に、血圧上昇を抑えたり、コレステロール値を下げるなど、生活習慣病の予防につながる効果があるといわれています。
また、最近の研究では認知症予防にも効果が期待できるといわれているそうです。
https://vege-b.com/beauty-health/quercetin/
ケルセチンを効果的に摂取する玉ねぎの食べ方

ケルセチンを効果的に摂取する玉ねぎの食べ方として、スープにして食べるのがおすすめだそうです。
玉ねぎの皮にケルセチンが多く含まれており、皮ごと食べられれば良いですが、苦くて食べるのが大変なので、スープにして食べるのが、最も効率の良い食べ方だそうです。
「玉ねぎスープ」の作り方をレシピサイトで探してみてはいかがですか?
最後に

玉ねぎに含まれる成分や、その効果について調べてみると、生活習慣病の予防に効果がある野菜だということが分かりました。
個人的に「オニオンスープ」が好きなので、健康を維持するために、今後も積極的に食べようと思いました。
玉ねぎは血管をさらさらにする効果があることは知っていましたが、成分や、そのほかにどういった効果があるのかまでは知らなかったので、調べてみて、とても勉強になりました。
皆さんも、生活習慣病の予防のために玉ねぎを食べてみてはいかがですか?
おすすめの玉ねぎはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!



posted by ばさわ at 21:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8503195
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2021年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
ファン
検索
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。