2018年11月30日

家庭菜園初心者向け!野菜の防寒(霜・雪)対策の方法

季節は冬になりました。気温が低い日が続いてきて、野菜の生育にも影響が出始めてきます。
今回は、野菜を霜や雪の寒さから守る防寒対策について紹介します。
s_DSC_2910[1].JPG
防寒対策に使う資材

野菜を冬の寒さから守るために、以下の資材を使用します。
  • 黒マルチ
  • 不織布
  • 寒冷紗


黒マルチシート
s_DSC_2815[1].JPG

マルチシートは、地温を上げる効果があり、畑の表面を覆うために使用します。
冬は、畑の地温を上げるために、黒マルチを使用します。
地温が上がりやすく、雑草の発生を抑える効果のあります。

不織布
s_DSC_2909[1].JPG

保温効果や、霜よけ効果があり、透光性も高いので、冬季は葉野菜や、根菜栽培などのベタかけや、トンネルがけなどに使用できます。
不織布は、素材が軽いので、野菜の上に直接かぶせて使用できるのが特徴です。
野菜の防寒対策方法

野菜の防寒対策方法として、畑の表面に黒マルチを敷いて、不織布または、ビニールシートをかけて、トンネルを作ります。
トンネルを作ることで、黒マルチで地温を上げ、その熱をトンネル内に閉じ込めることができるので、保温効果を高めることができます。
s_DSC_2928[1].JPG

キャベツや白菜など、結球するのに温度が必要な野菜は、トンネルにして温度を上げる必要があります。
s_DSC_2911[1].JPG

ビニールトンネルの作り方については、以前記事にて紹介したので、リンクを貼っておきます。
http://fanblogs.jp/basawanet916/archive/418/0
最後に

野菜の防寒対策について紹介しましたが、いかがでしたか?
畑の場合、黒マルチとトンネルを作るだけで簡単に防寒対策することができます。
トンネルの支柱は、100均でも購入することができます。
また、プランターの場合も、プランター専用のトンネルセットが販売されています。
大事な野菜を寒さから守るためにも、必要に応じて防寒対策をしてあげましょう。

野菜の防寒資材のリンクを貼っておきます。
おすすめの防寒資材はこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8343232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索