2018年11月26日

家庭菜園初心者向け!ビニールトンネルの効果と作り方(張り方)

気温が10℃を下回る日が続いてきました。
皆さんのご家庭の野菜は、しっかり防寒対策できていますか?
今回は、初心者でも簡単に作れる、ビニールトンネルの作り方を紹介します。
s_DSC_2928[1].JPG

ビニールトンネルの効果

ビニールトンネルの効果として下記のメリットが上げられます。
  • 保温効果
  • 防虫・防風効果

気温が下がった時期には、保温効果があり、冬でも、トンネル内の温度を一定に保つことができます。
ビニールの表面に、水滴が付いていることから、トンネル内の温度が高いことが、写真を見てお分かりいただけるかと思います。
s_DSC_2932[1].JPG

デメリットとしては、ビニールの特性上、水を通さないため、日中は温度が上がりすぎて葉焼けを起こしてしまう危険があるため注意します。
そのため、適度に換気と、水やりをしてあげるようにします。

ビニールトンネルの作り方

1.トンネル用の支柱を畝の周りに、ある程度間隔(50センチほど)を開けて立てます。
支柱が大きい場合は、支柱をクロスにして立てると良いです。
s_DSC_2918[1].JPG

2.ビニールを張ります。
張る際に、足でビニールの端を踏んで、ビニールの両方に土が乗るほどの隙間を作ります。
s_DSC_2929[1].JPG

3.最後に、ビニールの余分な部分をカッターで切り、ビニールの端に土をかけて完成です。
ビニールトンネル3.JPG

完成したビニールトンネルです。
s_DSC_2926[1].JPG

これで、野菜の防寒対策が完了しました。
皆さんもこちらを参考にして、冬の寒さから大事な野菜を守りましょう。

初心者さんは、ビニールトンネルに必要な資材が分かりにくいと思うので、必要な資材が揃った、ビニールトンネルセットの購入をおすすめします。

ビニールトンネルセットのリンクを貼っておきます。
おすすめのビニールトンネルセットはこちら【楽天】


ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8329757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[PR]
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン
検索