2018年04月16日

水はけの悪い畑の改善方法と対策

はじめに

家庭菜園に必要な畑ですが、畑を耕した際に、水たまりができやすかったり、なかなか土が乾燥せず泥っぽい状態になった経験はありませんか?
今回は水はけの悪い畑の改善方法と対策を紹介します。
s_DSC_0806.JPG

水はけの悪い畑の特徴

  • 水たまりができる
  • 雨が降ってから数日経っても土が泥っぽい

上記の症状がある場合は対策が必要です。

水はけが悪い畑の原因

  • 水が排水されず、土の中に水分が残ってしまう。

このため土が乾燥せず、水分を含んで濡れたままになってしまいます。

水はけを良くする方法

  • たい肥、くん炭を土と混ぜて耕し、畝を高くする
  • 土がふわっとしていなければ良く耕す
  • 水たまりができないように水路を作る

3番目の水路を作るは、我が家の畑に大きな水たまりができて、畑が冠水する恐れがあるので行っています。

私の畑では、畝を高くして水はけを良くする対策をしました。
また、雨が降った際に排水するための水路の役も兼ねています。
s_DSC_0812.JPG
最後に

水はけの悪い畑の改善と対策について紹介しました。
水はけが悪い畑で野菜を育てると、根腐れを起こしたり、枯れてしまったりと野菜の生育に影響が出るので対策が必要になります。
逆に、水はけの悪い畑でも育つ野菜として、枝豆、ナス、ショウガなどがあります。
土壌改良はちょっと・・・という方は、水はけが悪くても育つ野菜を育ててみてはいかがですか?
また、私が行っている方法なのですが、黒い農業用ビニールを畑にかけると、温度で水を乾かすことができます。
水はけの悪い畑は対策が必要なので、お近くの農家さんなど、詳しい方に相談してみると良いかと思います。

ブログランキングに参加しています。
もしよろしければポチッ!お願いします!
posted by ばさわ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑作り
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7556364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ばさわさんの画像
ばさわ
自宅で家庭菜園をしています。夏はトマト、秋は大根など、年中野菜を育てています。ネットショップを経営するのが夢です。ブログを通して、農業、野菜づくりに興味・関心を持っていただけたら嬉しいです。
プロフィール
最新記事
写真ギャラリー
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
ファン
検索