【速報版】18/06/24(日)もアバック新宿本店「ホームシアター大商談会 2018 SUMMER」に参加してみた

    18/06/24(日)も予定通り「ホームシアター大商談会 2018 SUMMER」に参加してきた。4つのイベントに参加したので、今夜は速報版としてレポートしようと思う。記憶とメモを頼りに私が見聞きした内容を書き起こしているので間違いがあったらその時は勘弁して頂きたい。(敬称略)

     11:30〜12:30 YAMAHA最新一体型AVアンプ「RX-A3080」先行試聴イベント
     「SURROUND:AI」は0.2秒で音の内容を判断し2秒の間にフェードアウトとフェードイン処理を同時に行い、DSPモードを切り替えている。AIは万能ではなく音楽ライブソフトに使うとコンサート会場のサイズは決まっているのに拍手のシーンで急に会場が広くなった様な音場になってしまう。映画用途のモードとなるとの説明があった。

    AIをオンオフして『ブレードランナー』を比較視聴した。静かな場面で突然の発砲といった音で驚かせるシーンではAIが音場を切り替えようとするので迫力が失われる様な気がした。意外やホラー映画もAIの苦手なジャンルかもしれない。

    RX-A3080と現行モデルのRX-A3070ではHDMI音声の音質差は小さい。音楽ライブソフトをメインで視聴するのであれば価格のこなれているA3070もお勧めだ。ただしA3080はネットワークモジュールを一新して大きく音質が向上しているので、この用途であれば2か月待って欲しいと説明があった。

     13:00〜14:00 DENON最新AVアンプ「AVC-X8500H」Auro-3D対応記念イベント
     最初にAuro-3Dデモディスクを再生してレイヤー構造とその効果を確認してから視聴が始まった。今後Auro-3Dソフトは増えていくのでデノンとしてAuro-3Dを訴求していくと語っていた。正式発表はまだだがAVアンプ購入者にAuro-3DクラシックBDソフトプレゼントキャンペーンを行う予定との話だ。

    デノンはAuro-3D推しだが、オンキヨーは対応していないと言っていたし、パイオニアとヤマハも静観している。この差は何なのだろう?

     14:30〜15:30 人気エントリークラス4Kプロジェクター比較視聴イベント
     昨日同様4KプロジェクターJVC LX-UH1、EPSON EH-TW8300、BENQ HT2550を比較視聴した。何故か『マリアンヌ』だけがHDRと認識されないトラブルが発生したが印象は昨日と変わらない。コントラストを気にするとEH-TW8300も良いが、スカパー4Kのサッカー中継の様な暗いシーンの無い映像はDLPプロジェクターにハマるジャンルだ。

    我が家で4K HDRを楽しむにはプロジェクターの買い換えが必要なのだが、LX-UH1を視聴したらこの機種を4K HDR用に買い増ししてVW500ESは2K&3D用に残しておいてもいいなと思うようになった。コンパクトでレンズシフト機能搭載なので設置が楽なので最適だ。

     15:55〜17:20 SONY「VPL-VW745」ネイティブ4Kパネルとレーザー光源の実力
     ソニー専門スタッフが、VW745はVW1100ESの後継機として税別170万円という価格設定がなされその中で最新機能を搭載した。コストダウンのため外側のレンズ1枚をプラスチック製としたが周辺部分のピントが少し甘くなる位しかデメリットはない。レンズは材料ではなく何枚レンズを使用しているかが重要だと説明した。

    VW745にVW1100ESと同等のレンズを搭載したら100万円は値上がりして300万円位の値付けになるだろう。会社にはこの上位モデルの製品化を提案しているが、米国の市場次第だろう。米国では税別800万円のVPL-VW5000が月10台は売れておりこの企画が通るか不明だ。

    プロジェクターはレンズだけではなく電気回路も画質を左右する重要なポイントだ。VW745はVW5000と同じ回路を搭載している。今回は行えないがVW245と比較投影すれば、その情報量の差が分かるだろうと語っていた。

    メーカー営業の生の声を聞くことが出来て本日のイベントは貴重で面白かった。

    【速報版】18/06/23 (土)のアバック新宿本店「ホームシアター大商談会 2018 SUMMER」に参加してみた

    18/06/23 (土)は予定通り「ホームシアター大商談会 2018 SUMMER」に参加してきた。アバック新宿本店はファーストリアルタワー新宿3Fに店舗を構えているが、右端の扉から入りエレベーターで3Fに行ける。階段もある。

    4つのイベントに参加したので、今夜は速報版としてレポートしようと思う。記憶とメモを頼りに私が見聞きした内容を書き起こしているので間違いがあったらその時は勘弁して頂きたい。(敬称略)

    11:30〜12:30 Pioneer・NewミドルクラスAVアンプ「VSX-LX503」試聴イベント

     パイオニア専門スタッフの説明から、パワーアンプを9chに増設し11.2chプリアウト端子を備え税別194,000円という価格設定にするコスト的な理由からアナログパワーアンプに変更したようだ。

    「AVアンプ試聴ルーム」の天井埋め込みスピーカーを使用した5.1.4ch構成で視聴した。デジタルアンプでないのでカタログ等では”同時ハイパワー”という表記になっているそうだが、デモではもう少し音量を上げても良いと思った。

    13:00〜14:00 JVC4Kプロジェクター「DLA-X990R」「DLA-X590R」禁断の比較視聴

     アバックからの提案でメーカーとしてはやりたくない自社モデル同士の比較視聴を行うことになったと挨拶があった。新開発「4K e-shift5」は8K e-shiftのアルゴリズムを導入して精細感が向上したと言う。

    従来X5xxRシリーズは上位モデルに比べ色域が狭いという制限があったが、X590RはHDR対応もありDCIの色域93%をカバーしてX990Rに近い発色を得たと説明していた。実際比較しても大きく差は感じられない。

    輝度はX990R が2,000lm 、X590Rが 1,800lmとなっているがX990Rはカラーフィルターが入るので明るさもほぼ同等とのこと。JVCとしてX590Rは大きくテコ入れしたモデルと語っていた。この点はライバル機ソニーVPL-VW245の存在が大きいのだろう。

    14:30〜15:30 人気エントリークラス4Kプロジェクター比較視聴イベント

     4KプロジェクターJVC LX-UH1、EPSON EH-TW8300、BENQ HT2550を比較視聴した。HT2550は完全にデータプロジェクター並みの画質。色も薄くプラスチックレンズで精細感も欠けている。それに対しLX-UH1はJVCらしい発色が楽しめガラスレンズで4Kらしい精細感が味わえる。アバックスタッフがこの価格でこの作り込みではJVCの利益は出ないと語っていたが納得するコストパフォーマンスの高さだ。

    EH-TW8300は2016年8月発売のモデルなためHDR対応ノウハウ不足と近づくとピクセルシフト方式でも格子が見える点がマイナスと説明されていた。LX-UH1はDMDのカラーブレイキングが見えず、高コントラストに拘らず、3D非対応で問題なければ買いと言える完成度の高さだ。

    16:00〜17:00 Integra最新AVアンプ「DRX-R1.1」試聴イベント

     カスタムインストール向け機能としてHD Base Tを搭載し、HDMI信号をLAN信号に変換してLANケーブルで長い距離伝送できるとの説明があった。これにより高価な長尺HDMIケーブルを使わずに済み同期トラブルにも悩まされなくなるとは便利過ぎる。引き続きパイオニアの「ハイブリット・ハイカレントデジタルアンプ」11ch分を搭載しているから、今後発表されるSC-LX903(仮称)でも搭載されるだろう。

    6/9(土)にオープンしたばかりで防音視聴室が3部屋あり良く考えられた間取りだが、防音化の弊害か段差が多いのが気になった。場所は新宿に移ったが数名立ち見が出る程に集客はあった。

    カクテルオーディオX50Dでインターネットラジオは録音出来る?DAC非搭載は不便かも…

    昨夜カクテルオーディオX45、X45 Pro、X50Dの仕様を比較検討した結果、X50Dが良いのではないかと考えた。

    今夜再確認にと18/06/10(日)『アナログオーディオフェア2018』405トライオードのイベントのメモも見直して大切なことを思い出した。

    デモでは山崎順一社長からCocktail Audioはインターネットラジオにも対応しておりそのまま録音も可能との説明があった。タイマー機能はなく現状では留守録音が出来ない。設定した時間に電源を入れることは可能なので韓国・NOVATRON社には留守録に対応してくれるよう要望を出していると話していた。

    デモ終了後、社員の方に質問したところ、多分無料版のradiko.jpに対応しておりプロテクトが掛かっていなければ録音出来るとの答えが返って来た。

    X50DのカタログにはInternet Radioに対応と記載されているがDACが無いので録音出来ない可能性が高い。勿論Analog Inputが無いのでアナログレコードをそのままハイレゾ音源化することも出来ない。インターネットラジオを録音出来ないのでは魅力半減なのでX45、X45 Proいずれかを選ぶしかない。

    もう1つバックアップ方法について質問した。X50DはTwo Storage Decks内蔵なのでRAID 1のミラーリングを構成できる。X45、X45 Proは外部USB HDDへバックップする機能があるとの話だった。購入時は記録媒体と同容量の外付けUSB HDDも忘れず購入することにしよう。

    X45 Proが気になるが、Cocktail AudioがLINNの様にアルミシャーシをそのまま活かしてハードウェアアップデートするか不明だし、OPPOの様にファームウェアアップデートで息の長い製品サポートをするかも分からない。そう考えると80万円はかなりの人柱金額だ。まずはX45(税抜38万円)でこのブランドのサポート方針を確認した方が良さそうだ。

    アバックでも取り扱っている様なので「ホームシアター大商談会 2018 SUMMER」で色々と話を聞いて来よう。

    カクテルオーディオX45、X45 Pro、X50Dの仕様を比較検討してみた

    18/06/10(日)『アナログオーディオフェア2018』のトライオードブースでカクテルオーディオX45とX45 Proを試聴し「マルチメディアプレーヤー」としてその多機能さと使い勝手の良さに感心した。勿論音質も良く久々に購入意欲がわくAV機器に巡り合った。

    Cocktail Audio X45(税抜38万円)とX45 Pro(税抜80万円)の2機種が紹介されたが、機能的には同等で音質的にもX45で十分満足出来るものだ。

    X45はES9018K2M搭載でPCM 384kHz、DSD 11.2MHzまでの対応となるが、X45 Proは最新D/AコンバーターESS SABRE PRO ES9038PRO搭載でPCM 768kHz、DSD 512MHzに対応する。このDACの性能差に2.1倍の価格価値を見出せるかが機種選定の鍵となる。

    2モデルのデモを見ていて7インチ液晶ディスプレイに表示されるアルバムカバーアートの表示速度に結構差があり、X45 Proの方が快適に操作出来るように思えた。

    カタログの仕様を見ると、X45はDual Core ARM Cortex A9(1.0GHz)、X45 ProはQuad Core ARM Cortex A9(1.0GHz)となっている。メモリ容量は同じなのでコア数が倍になっている効果が大きい様だ。

    X45 Proは13mm厚手のアルミケースとなりX45に比べ音質的に有利だ。ケースであればX50D(税抜38万円)も12mmと厚手フロントパネルを備えている。X50DはDAC非搭載ではあるが高性能化が早いパーツなだけに外部DACを使うというのも一つの見識だ。私の場合はCX-A5100やBDP-105D JAPAN LIMITEDの内蔵DACと組み合わせて使うことになる。

    カクテルオーディオには記録媒体は付属していないので別途購入する必要がある。ウエスタンデジタルのNAS用HDD「WD Red」の評判が良く3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpmだと12,000円程で買える。SSD だとSLCタイプが音質的に有利との話があるが価格的にはかなり高価だ。

    こうして考え始めるとカクテルオーディオX45/X45 Pro/X50Dのどれを選び、記録媒体はHDD/SSDのどちらを搭載するかで迷ってしまう。この時が一番楽しいとも言えるが、さてどの組合せがベストだろうか?

    パズドラ:メインとサブで「ジューンブライドガチャ」を2回ずつ廻してみた

    18/06/11(月)00:00から06/24(日)23:59までパズル&ドラゴンズで「ジューンブライドガチャ」が行われている。

    参考:『ウエディング仕様の特別モンスターたちが期間限定で登場!』
     https://pad.gungho.jp/member/seasonal/junebride/180608_junebride.html


    正直に言って「きららファンタジア」で18/06/13(水)17:00から行われている「創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚」ガチャの方が楽しみだったりするが、メインとサブで「魔法石1個+ジューンブライドガチャ」セット120円を購入して、無料の「開催記念!コラボガチャ」と合わせて2回ずつ引いて運試しをした。

    【メイン】
    180621m.jpg

    開催記念!コラボガチャ:18/06/11(月) No.2958 純真な花嫁・ソティスLv.5[★4:15.6%]
    コラボガチャセット:18/06/11(月) No.2956 白無垢の花嫁・カノ Lv.5[★5:14.6%]

    【サブ】
    180621s.jpg

    開催記念!コラボガチャ:18/06/11(月) No.2952 可憐な花嫁・バステト Lv.4[★6:7.5%]
    コラボガチャセット:18/06/11(月) No.2955 聖洋の新婦・ルカ Lv.5[★5:14.6%]

    ダブリはないし、どのイラストも可愛いので当りだ。コレクションとして保管することにしてこのガチャはおしまい。

    こんなガチャ運の私の「パズル&ドラゴンズ」メインはランク:591、スタミナ:312、総コスト:686、フレンド枠:80/80、モンスターBOX:1230、モンスターポイント:1,173,811、課金累計8,940円、
    サブはランク:461、スタミナ:247、総コスト:556、フレンド枠:50/50、モンスターBOX:660、モンスターポイント:564,748、課金累計7,280円だ。

    イングレス:青いシン・ゴジラ上陸?勤務先の緑エリアは一面焼け野原!

    5月で仕事は一段落して6月からだいたい定時で帰ることが出来るようになった。雨さえ降っていなければ毎日会社から駅までイングレスをプレイしながら歩いている。お陰でCOKE ONの週間ノルマの4.9万歩は5日で達成してしまうほどヌルイ目標になってしまった。

    毎晩1時間半程で駅に着くようプレイ時間を抑え、敵ポータルを2、3破壊してコントロールフィールド(CF)を広げていったのに敵は忙しいのかなかなか反撃してくれないものだからどんどん遠回りする必要が出てくるしポータルへのリチャージも一層大仕事になっている。

    18/06/07(木)に購入したスマートホルダーを左右のベルトに付けて仕事をしているとスマホの振動が腰の骨に伝わりくすぐったい。特にiPhoneはイングレスのCOMM/通知の敵攻撃で振動するものだからブルっときたら敵の攻撃があったと分かる。まあ仕事中に分かっても意味はないのだが…。(^_^;;

    6/19(火)は8:47に最初の振動があってからから10:26まで途切れなく振動するものだからムズムズして笑いたくなった。休憩時間に通知を確認すればMtさん(LV.16)が勤務先の緑のエリアを綺麗に焼き払っていった。その跡はまるでシン・ゴジラが移動したかのようだ。天気は良かったから炎天下暑かっただろうにご苦労様だ。

    18時半に退社してIntel Mapで被害状況を確認して修復方法を検討した。敵は低LVレゾ2本しか挿していないので奪還と修復は簡単だが、最近こんな大がかりな焼打ちはなかったのでL8レゾは20本しかなく修復出来るのは20か所前後となる。しかもレゾ2本挿しだとXMがポータル周囲に出現せず補給はパワーキューブ必須だ。敵は落ちたキーを回収していて手持ちのキー在庫が頼みとなる。

    まずは生き残ったポータルへのリンクを張りCFを広げることを優先しよう。結局16か所奪還してCFを修復していたら駅に着いたのは21時前だった。朝も少々歩いてポータル1か所奪還したので今日は17,116歩14.17km歩いていてくたびれてしまった。

    これでもまだ18か所青いままなのでまた明日からのんびり修復して行こう。

    きらファン:サブで「創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚」ガチャを10連×6セット廻してみた

    きららファンタジアで18/06/13(水)17:00から06/25(月)13:59まで「創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚」ガチャが行われている。

    待望の『こみっくがーるず』のキャラクター達が参戦するので06/13(水)は定時で帰宅しWi-Fiでアプリのアップデートとデータダウンロードを行いサブでも「萌田薫子 土 僧侶[★5:1.00%]」を狙い初回10連を含む10連ガチャを6セット、6/13(水)夜、6/14(木)朝、6/14(木)昼と3回に分けて引いてみた。

    出た60体をリストアップするのは大変なので星4以上だけを記録しておく。

    180619s.jpg


     1-1.池野 楓(桜Trick) 陽 アルケミスト[★4:0.8055%]
     2-1.勝木 翼(こみっくがーるず) 水 戦士[★4:13.0667%]
     3-1.相川 千穂(ゆゆ式) 風 僧侶[★4:0.0986%]
     3-2.松本 頼子(ゆゆ式) 土 アルケミスト[★4:0.0986%]
     3-3.雪見 小梅(うらら迷路帖) 月 魔法使い[★5:0.0385%]
     4-1.ミホ(Aチャンネル) 水 戦士[★4:13.0667%]
     5-1.ユー子(Aチャンネル) 土 魔法使い[★4:0.0986%]  -> 魔法使いの果実
     5-2.ソーニャ(キルミーベイベー) 土 戦士[★5:0.0385%]
     6-1.大宮 忍(きんいろモザイク) 炎 僧侶[★5:0.0385%]

    星4以上確定1枠がある10連を6セットなので最低6体集まる計算だ。3回目に3体出たが5回目がダブリ最終的に9体になった。サブで星5かおすちゃんは出なかったが他の星5が3体出るとは大当たりだろう。6回目のガチャの演出を見て僧侶の金だからかおすちゃんキター!と期待したら忍ちゃんというオチは嬉しいやら悲しいやら…。(^_^;;

    メインで星5かおすちゃんが出たのでサブは諦めることにしよう。その副産物としてサブは星5キャラが7体となった。メインはたったの2体だから中の人が同じとは思えないガチャ運の良さだ。

    イベントボーナス効果持ちの星5小梅が出たお陰で毎日サポート報酬としてきららポイントを稼いで来てくれる。これまでの最高記録は670だ。フレンドリクエストも次々送られて来るのだから、同キャラ制限でサーチされない星5かおすちゃんに比べ大人気だ。

    こんなガチャ運の私の「きららファンタジア」サブはランク:59、スタミナ:84、総コスト:94、フレンド枠:5378、無償星彩石:3,470、有償星彩石:40、課金累計480円だ。

    【速報版】18/06/17(日)もOTOTENのイベント7つを梯子してきた

    2018/06/17(日)『OTOTEN〜AUDIO・VISUAL FESTIVAL2018〜』が「東京国際フォーラム」で10:00〜16:00と開催された。ちょっと遅れて10:05に会場へ着いたが入場受付の待ち行列はなかった。10:11にG610前へ行ったが整理券配布は終了していた。

    今夜は速報版としてレポートしようと思う。記憶とメモを頼りに私が見聞きした内容を書き起こしているので間違いがあったらその時は勘弁して頂きたい。(敬称略)

    18/06/17(日)10:15〜11:00 ガラス棟5F「G501」富士フィルム:φ(ファイ)体験試聴会
     昨日も待機列が出来ていてアクシア以来の富士フィルム参加とは何事かと思ったら独自開発のフィルムを使ったスピーカーの発表だった。クリアで切れの良い音はQUAD ESL2912を思い出させる。全方向音場スピーカーをイクリプスTD725SWMK2の上に乗せているものだから音が頭の上から降って来て教会音楽に最適だった。(^_^)

    180618a.jpg

    18/06/17(日)10:15〜11:15 ガラス棟7F「G701」MQAセミナー:「今明かすMQAのすべて!」“MQAの最新情報を知り、MQAを聴く”
     昨日は最後の20分間を聴かずホールD5へ移動したので今日はじっくり後半のCD比較試聴を体験することが出来た。最後に参加者へのアンケートが挙手で行われた。20人前後が既にMQA再生環境を持っているとはさすが音展参加者だ。

    18/06/17(日)11:45〜12:00 ガラス棟4F「G407」ソニー:4KHDRレーザープロジェクターVPL-VW745のご紹介とデモ
    18/06/17(日)12:00〜12:15 ガラス棟4F「G407」ソニー:STR-DH790とイネーブルドスピーカーCC-CSEを使ったDolby ATMOSデモ
     ソニーは若者向けにローコストなAV機器を揃えるマーケット戦略を取り続けるようだ。アンプもスピーカーも安価なモデルばかりでロマンを感じさせてくれないのは寂しい限り。この構成でVW745を視聴するバランスの悪さはある意味凄い。(^_^;;

    18/06/17(日)12:15〜12:45 ガラス棟5F「G504」Pioneer:VSX-LX503によるマルチチャンネル体験会
     冒頭の説明を聞き損ね前機種SC-LX502から503は何故アナログパワーアンプに戻したのか分からなかった。今後発表されるLX902のデジタルパワーアンプが一新されたため時期的にもコスト的にも搭載出来ないのではないかと想像するが果たして実際は?

    18/06/17(日)13:15〜14:00 ガラス棟5F「G504」e-onkyo music presents:SHANTIさんトークショー
     20分前から待機列に並んで入室した。野村ケンジさんのナビゲートでSHANTIさんのハイレゾ楽曲を交えてのトークショーが行われた。SHANTIさんはマスター制作にも立ち会うほど音質に拘っているエピソードが紹介されたので、丁度昨日紹介されたアリス=紗良・オットさんと真逆のタイプの様だ。

    18/06/17(日)14:15〜15:00 ガラス棟5F「G502」NHK: 8Kスーパーハイビジョン22.2マルチチャンネル音響デモ
     ジャズコンサートの映像を視聴した。22.2マルチチャンネルの臨場感は流石だが周囲をスピーカーが囲んでいる光景には苦笑してしまう。

    18/06/17(日)15:15〜18:00 ガラス棟4F「G408」B&W:新旧スピーカーによるブランドの歴史
     先代のマランツサウンドプロデューサーが説明を行った。一昨年からクラッセの新製品が出ないと思ったら親会社のB&Wが事業停止を決めたからと分かった。今回株式会社ディーアンドエムホールディングスがCLASSEを買収しこの秋には新製品の試作機を発表出来る筈だと語っていた。

    今年はタイムスケジュールを見て予定を立てず、行き当たりばったりの見学で計画性を欠いていたのが反省点だ。

    【速報版】18/06/16(土)OTOTENのイベントを7つ梯子してきた

    2018/06/16(土)『OTOTEN〜AUDIO・VISUAL FESTIVAL2018〜』が「東京国際フォーラム」で10:00〜19:00と開催された。遅刻して10:15に会場へ着くと入場受付の待ち行列が出来ていた。

    今夜は速報版としてレポートしようと思う。記憶とメモを頼りに私が見聞きした内容を書き起こしているので間違いがあったらその時は勘弁して頂きたい。(敬称略)

    参考:『セミナー・イベント情報一覧』
     http://www.oto10.jp/event

    18/06/16(土)10:30〜11:30 ガラス棟5F「G505」ヤマハ:「AVアンプ新製品RX-A3080デモ」
     整理券24をもらい入場した。「SURROUND:AI」ON/OFFの比較試聴があったが120インチスクリーン上だとAIアイコンが大きく完全に視覚ノイズになってしまうのには笑った。AI処理による音質劣化や音の遅延は認知出来ず、自動で適切なサラウンド音場を作ってくれる優秀な機能だけに、他のCINE-DSPプログラムキラーになってしまいそうだ。(^_^;;

    18/06/16(土)11:15〜11:45 ガラス棟5F「G504」ONKYO:「TX-RZ830によるマルチチャンネル体験会」
     アリス=紗良・オットの8月発売ニューアルバムの楽曲を試聴した。オンキヨーのAVアンプは全ての音を綺麗に聴かせるのではなく、原音の個性を生かす音作りなので好き嫌いが出ても仕方ないと話していた。

    パイオニアUHD BDプレーヤーUDP-LX500が参考出展されていたが、型番から予想される通りエントリーモデルで、ハイエンドはLX900と想像出来る。2機種とも年内発売を予定していると話していた。

    180617a.jpg

    18/06/16(土)12:45〜14:45 ガラス棟7F「G701」MQAセミナー:「今明かすMQAのすべて!」“MQAの最新情報を知り、MQAを聴く”
     MQA Ltd. 会長・最高技術責任者のBob Stuart氏のMQAに関する説明、配信デモ、麻倉怜士氏によるMQA CDの比較試聴と3部構成で行われた。MQA CDサンプラーの比較試聴では音質差は明らかでこれは自宅のシステムでも確認したくなる。麻倉先生が折り紙を使ってMQAの原理を説明してくれたが、「ハイレゾデータを折り畳んでCDに収めました」と言いながら折り紙をCDケースに収める動作が受けていた。

    18/06/16(土)14:30〜16:00 D棟5F ホールD5「高品位レコーディング化が進むアニソンをハイレゾで聴く!」
     出演は野村 ケンジ氏でゲストの中村繪里子さんとイヤホンやポータブルDAPの濃い話で盛り上がった90分間だった。タイトルからじっくりハイレゾアニソンを聴けると思ったら1番でフェードアウトするというトーク中心のイベントで聴き足りなかったが、内容は面白かった。

    途中アナログを2枚掛けたが1枚は予想通り『メイド・イン・アビス』のOSTで、「To the Abyss!」が掛かった。JBL EVEREST DD67000で楽曲を聴いた中村さんの感想が「度し難い音」というのは実に分かっている台詞だ。(^_^)

    18/06/16(土)16:00〜17:00ガラス棟6F「G605」【Dynaudioハイレゾ・アクティブスピーカー’Focus 30XD’で、スマホから最強の音を引き出す!】 土方久明氏
     DYNAUDIOの税別ペア120万円のアクティブスピーカーFocus 30XDを聴いた。小柄なフロアスタンドスピーカーとは思えないパワフルでワイドレンジな音を聴かせてくれて、見た目からは想像出来ないこの値段にも納得してしまった。

    18/06/16(土)17:00〜18:00 ガラス棟5F「G508」ロック試聴会 小原由夫氏
     かかる音楽はロックのみ、機材の説明もしないという面白い試聴会だった。

    18/06/16(土)18:00〜19:00 ガラス棟4F「G408」DALI35周年&KIMBERKABLE40周年記念イベント
     DALIとKIMBERKABLE誕生の話が聞けてなかなか面白いイベントだった。

    『アナログオーディオフェア2018』に比べて見るブースが多く明日も頑張って梯子して来よう。

    きらファン:メインで「創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚」ガチャ10連の5回目を廻してみた

    きららファンタジアで18/06/13(水)17:00から06/25(月)13:59まで「創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚」ガチャが行われている。

    「萌田薫子 土 僧侶[★5:1.00%]」を狙い、昨夜はメインにて10連ガチャを4セット廻したが星4が4体出ただけだった。夜だけにガチャ運がナイト判断して中断。気分一新、翌朝起きてすぐに廻してみた。

    180616m.jpg

    【18/06/14(木):創刊!コミックエトワリアピックアップ召喚】10連×5セット目 星4以上
     5-1.萌田薫子(こみっくがーるず) 土 僧侶[★5:1.00%]
     5-2.星川 麻冬(ブレンド・S) 水 僧侶[★4:0.0986%]
     5-3.勝木 翼(こみっくがーるず) 水 戦士[★4:1.60%] -> 戦士の果実

    星4以上確定1枠がある10連ガチャだが、その枠が何回目になるのか分からない。ガチャの演出でまずジョブのシンボルマークが表示され、続いて召喚魔法陣の色が青に変われば星4、金に変われば星5となる。

    この演出を見て期待して待てばかおすちゃんが登場して大喜び!他に星4が2体も出て大当りだ。ただウィング・V先生ばかり3体目とは『こみっくがーるず』の恋塚小夢と色川琉姫はお留守なのだろうか?

    まずメインは50回で目的を達成することが出来た。星5の2人目がかおすちゃんとはMate 10 Proはやれば出来る子だ。v(^_^)

    こんなガチャ運の私の「きららファンタジア」メインはランク:57、スタミナ:82、総コスト:93、フレンド枠:26/76、無償星彩石:2,990、有償星彩石:40、課金累計480円だ。
        >>次へ
    プロフィール

    バンブーヤン
    音楽と映像を日々楽しんでいる私が気になった音楽や映像ソフトを紹介していきます。興味を持って頂けたら嬉しいです。もちろんソフトの魅力を伝えるハードも取り上げていきます。
    http://fanblogs.jp/bambooyan/index1_0.rdf
    最新記事
    カテゴリアーカイブ
    << 2018年06月 >>
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ