広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
スポンサーリンク

2018年07月30日

嫌な記憶の鎖を断ち切って

どうしても消せない
嫌な記憶ってありませんか?

私は、夏になると蘇る
なんかいやーな気持ちがあります。

それを思い出さないように、と思っても
ふとしたことでその記憶が呼び覚まされます。

だから、この季節、世間では楽しそうだけど
なんとなく憂うつ・・・。


でも、心に苦い思い出として残っている
嫌な記憶を消し去る方法があるそうです。

それは・・・
過去のそれら嫌な記憶を全部ノートに書き出して
その時の自分の感情を整理すること。

過去のトラウマや記憶の奥底にしまった
嫌な出来事にまつわるすべての感情をさらけ出すのです。

そのときは、パソコンやスマホを打つのではなく
「手書き」で。

手で書くことで自分の気持ちに向き合うのだそう。

嫌な出来事で自分が感じたこと
自分はどこが悪かったのか
なぜ相手に腹がたったのか
忘れられない理由は何か

すぐには思い起こせないけど
書いているうちに思いもよらなかった感情が
産まれ・・・

そして、そのことで、つっかえていたものが
一気に落ちるとか。


これは、ネガティブで後ろ向きな考え方を
ポジティブに変える方法、でもあるそうです。


あと、頭のなかを前向きなするには
「ま、いっか」を口癖にするのもいいそうです。

私は、実を言うと10年ぐらい
うつになっていたなと思うんですが

そんな嫌な記憶の鎖を断ち切って
もっと自由に生きようと決意しました。

だから、このノートに手書きを始めようと思います。

けっこう効果的なテクも拝借して。

それは何かというと・・・
記憶をすり替えるってこと。

嫌な記憶をすり替えるんですって。

たとえば仕事での大失敗が悔やまれるときは
「そもそもの指示が曖昧だった」と書き換える。

または「ストレス耐性をつけるために、あえて失敗した」とか。

なんか、一見、自分勝手な感じですが
これって、なんかいいかも!

だって、自分の失敗が気になって落ち込んでるのは
当の自分だけですものね。

それを書き換えたって誰に迷惑かかるわけでもなし。

自分の見方が変わることで元気になれるなら
ぜひやってみようと思います!


                     
posted by みわく at 20:24 | (カテゴリなし)

2018年07月08日

脱げないフットカバー

歩いていると脱げてしまうフットカバーも
多いけど、これは、脱げない。

レース柄がまた素敵です。



↑ こちらは4足で698円=1足あたり175円。

レースだから靴を脱いだ時にもおしゃれです。

でも、それだったら、こっちの方が、もっとおしゃれな感じしませんか?

↓ 6足で1000円=1足あたり167円でーす!




                     
posted by みわく at 17:05 | (カテゴリなし)

2018年06月30日

無精子症 不妊治療という現実

妊活に励んでるのに効果が出ない場合、その原因のほぼ半数は、男性が原因にかかわるそうです。

女性ばかり責められないってことですね。

不妊治療どんなに頑張っても、パートナーの男性に精子をつくる機能がなかったら――。


これって、男の人にはとてもプライド傷つく話でしょう。
だから、男の人は自分が原因で子供ができないとは認めたくない傾向があるようです。

とあるカップルも、検査の結果、女性の体に問題はなく、妊娠しやすい時期に性交する「タイミング法」を3カ月ほど試したものの、うまくいかず、そこで男性の精液を調べることに。

だいたい、精液を採取して、検査に持ち込むっていうのが屈辱的なようですし。

でも、その精液に「精子がまったくいなかったみたい」

それを聞いて、男性はショックで頭が真っ白になったとか。
精液に精子がない「無精子症」という現実を知らなかったからです。

顕微鏡で精巣を見ながら精子を探し出す手術というのもあるんですね。

手術までの約3カ月間、精巣の温度が上がらないよう、お風呂はやめてシャワーだけにしたり、ボクサーパンツではなく、トランクスに変えたり。

精子がとれたら、顕微鏡で見ながら卵子に注入する「顕微授精」が可能だからです。

しかし・・・
「必死に探してみたんですが、だめでした」

医者からそう言われ、手術による激痛を堪えながら、男性は泣きながら謝ったそうです。

精子のもとになる細胞がない、ということらしいのです。

なんて悲惨な現実。

これでは治療法がありません。

射精した精液に精子がいない「無精子症」は、男性の100人に1人いるそうです。

精子をつくる機能に問題があるのです。

手術で精子をとれなかった人が、特殊な手術を受けて妊娠に成功した、という例もあるにはあるけれど、怪しい話のようです。

別の医療施設では、針と電気による治療で精子をつくる機能を改善させる・・・。

それを半年間、2週間に1回、費用は1時間7500円かけて試し、3ヶ月ごとに精液検査を受けても、精子はいませんでした。

不妊治療に疲れると、カップルは、離婚を考えるようになります。

そういえば、この間の深キョンのドラマの最後でもそうでしたね。
あのドラマでは、彼女は自分に原因があると思い、夫が自分と別れて別の人と結婚すれば、子供ができるだろう、と考えたのです。

この場合は、自分が他の人と子供を作ったら、と思っての、やはり辛い決断です。 
 
不妊の原因が自分だと思うと、男性も返す言葉がないでしょう。

そして、離婚。

男性はその後に再開した幼馴染と結婚し、精子提供で子供を作ろうとしているそうです。


子供もパートナーもいない私。
だけど、子作りガンバってる人たちの痛みは伝わってくる。

欲しいと思ってる人のところに、コウノトリが訪れるといいな。



                     
posted by みわく at 17:45 | (カテゴリなし)

2018年03月15日

高橋由美子 理性を欠いた時間

今度は高橋由美子が、不倫報道されています。

いやはや、この話題では標的に事欠かない「週刊文春」さん。

高橋由美子が、妻子ある一般男性と東京・歌舞伎町のホテルに
手をつないで入る姿と

相手の男性の奥様の「高橋由美子に過程を壊された」
という告白が報道されちゃいました。

当の本人は、報道を否定するのではなく
素直に認めて謝罪し。

「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです」と。

さらに、続けて

「既報のような場所へ到る行動こそが何よりの表れかと思います。
軽率過ぎた行動は非難されて然るべきであります。
悔い改めましてここにお詫び申し上げます」

これ読んで、高橋由美子、ちょっと見直しました。

斉藤由貴みたいに誤魔化そうともせず
小泉今日子みたいに居直等ともせず。

自己保身に走るのではなく
バカだった、とすぐに反省できるんですから。

そういえば、彼女、今年の元旦のテレビに出演した時
酒を飲みすぎて一時途中退席してた人です。

もとアイドルなのに、そんなやんちゃぶりを平気で見せて
無防備で飾らない人なんだなって、思いました。

番組の最後に復活、鏡開きに参加してましたが
占いでは「今年結婚できる」と出て
ゲッターズ飯田に抱きついて大喜びする場面も。

あれは本当の気持ちだったんでしょうね。

こんな人間的な魅力に溢れた元アイドルと
プライベートで親しくなったら、魅力の虜になるでしょう。

男性が有頂天になるのも当然です。

しかも「まず奥様と別れてから」と言ったとか。

そこらへんも、抑えが効いてて好感持てますが
男性がそのまま奥様にその話をして離婚話になった、という・・・。

家庭を持つ身なのに憧れのアイドルに舞い上がって
これまでの生活を簡単に捨てる思考の持ち主の男が
バカなんじゃないですか?

奥様は、高橋由美子に家庭を壊された、と言ってるけど
その程度の男だった、ということでしょ?

高橋由美子ももうそこに気づいてのコメントですよね。

「何が悪いの?」というどっぷりエロ満載の斉藤由貴や
ヤンキー気質で「文句ある?」な小泉今日子と違って
かなり聡明な女性と言えるのではないでしょうか?

正月に酔っ払ってしまった時だって
「お父さん、お母さん、本当に申し訳ありません。ベロベロですけど…」
って言ってました。

この人は、「理性を欠いた時間」という認識をしている
エロに巻かれてない人ですよね。

男性の奥さん、ある意味、高橋由美子の被害者で
悪いのは、自覚の足りないあなたの旦那ですよ。



                     
posted by みわく at 20:06 | (カテゴリなし)

2018年02月24日

エキシビジョンでは羽生選手が大トリ

1週間前の羽生結弦選手の神演技と
宇野昌磨選手の濃厚な演技、ネットで探してみまくってます。

フリーの演技はネイサン・チャンが1位だったらしいけど
羽生結弦選手のあの衣装と音楽でのあの演技は
まさしく王者の風格で異次元でした。

世界中が魅了され、圧倒されましたが
足首治ってなくて痛み止め飲んでの事だったとは!

彼って、まだ23歳の美少年だけど
どんだけメンタル強いんでしょう。

でも、25日に行われるエキシビションの
上位入賞者たちの練習風景の動画見ると

スピードスケートごっこで転んで壁激突とか
カーリングごっことか、アイスダンスごっことか
みんなでじゃれあって楽しそう。

宇野選手もどこかの選手に押してもらって
羽生選手の足の下くぐったりして遊んで。

屈託のない笑顔にほっこりしました。
フィギュアの人たちって、本当に仲がいいですね。

宇野選手のことを大物とかいう人がいますが
世界で頂点を極める人たちって、自分との戦い。

それを知ってる人たちの、あの笑顔なんだな、と思いました。

みんな、10年15年のキャリアで練習練習の毎日で。

女子金メダルのザギトワだって、15歳であの貫禄。
惜しくも銀メダルのメドベージェワだって、まだ18歳なのに
もう次のオリンピックはないみたいな雰囲気・・・。

そんな中でも、羽生選手は別格です。

あの人は、スポーツ界のみならず、世界の人を繋ぐ
そんな人物になるんじゃないでしょうか。

無邪気な美少年の顔の裏に冷静な分析能力
コントロール能力が潜んでいるから。

世界中からレスペクトされる存在ですね。

エキシビジョンでは羽生選手が大トリだそうです。

4位だった宮原知子選手は後半の4番手
銀メダルの宇野昌磨選手は前半の4番手だそうです。

オリンピックをこんなにも楽しでいる
若いアスリート達にまた夢を見させてもらいましょう!




                     
posted by みわく at 00:01 | (カテゴリなし)
恋愛・結婚 にほんブログ村 恋愛ブログ 40代の恋愛へ
にほんブログ村
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
タグクラウド
RSS取得
スポンサーリンク
ページ上に戻る
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。