広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
「ここにブログの名前を入れます」は更新を終了しました。記事はすべて新ブログ「Big Bang」に移転済みです。記事のタイトルをクリックすると新ブログの該当記事に移動します。そちらでお楽しみください。

カテゴリー別アーカイブ  :  

実はファンブログのコメント欄は簡単に表示できる

ファンブログのコメント欄は、これから書く方法で簡単に表示できて、コメントできます。ただし、このやり方は情報として書くだけで、やることを推奨するわけではありません。ファンブログは2013年07月19日に以下のアナウンスを出しているので、コメント欄を表示することは規約に反するかもしれません。

http://fanblogs.jp/fanbloginfo/archive/118/0より

2013年07月19日
日頃よりファンブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ファンブログでは、負荷対策の一環として一時的に、コメント・トラックバックを非表示および、機能を停止させていただいております。問題が解決しましたら、再開させていただきます。

ご利用中の会員様におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

また、次のような場合は古いコメントが復活すると同時に新しいコメントが消えるかもしれません。それは、データベースを移している場合です。もし、サーバーで下のような作業を行っている最中で、今が下の過程の3番目の場合、コメントを書いても新しいデータベースには書き込まれず、現在使用中のデータベースに書き込まれます。だから、データベースを新しい方へ切り替えたら今のデータベースに書き込んだコメントは表示されません。

  1. コメント欄を停止
  2. データベースの移動のために現在のデータをコピー
  3. 新しいデータベースにコピーしたデータを書き込み
  4. 接続先を新しいデータベースに変更
  5. コメント欄再稼働

ファンブログは「問題が解決しましたら、再開させていただきます。」と言っているので、それまで待った方が安全かもしれません。ただ、私個人の予測では、消えたコメントが復活することはないだろうと思っています。

コメント欄を再表示する方法

ファンブログの管理画面にログインして、ブログの設定->ブログ設定と進むと下の画面になります。7月19日以降は、赤枠で囲った部分「コメントの書き込みを許可する」のチェックがはずされています。これにチェックを入れて保存すれば、コメント欄は復活して、新しい書き込みが出来るようになります。

ただし、こうやってコメント欄を復活させても、7月19日以前に書き込まれたコメントは表示されません。

設定画面

この設定が出来るようになっているのはファンブログ側が忘れているからなのか、7月19日以前のコメントが表示されないのはファンブログの設定ミスなのか、どちらもわかりません。ただ、7月19日以前の沢山のコメント、トラックバックの中に表示したらまずいものがある可能性があります。ここからは、それについて書いてみます。

なぜ、コメントの書き込み中止だけではなく、古いコメントの表示まで出来ないのか?

ファンブログはなぜ、コメント欄とトラックバックを封鎖したのでしょうか。ひとつにはトラフィックの増加防止、わかりやすく言えば過剰アクセスの防止が理由だと私は思っています。現にコメント欄封鎖後は非常に軽く、アクセスが軽快になりました。それに関して、詳しくは別記事「やっぱDoS攻撃てかスパムが原因か」に書いているので、そちらをご覧ください。

しかし、スパムによる過剰アクセスを防止するだけが目的なら、コメント欄の書き込みを止めるだけでいいわけで、それまでに書き込まれたコメントは表示されてもいいはずです。なのに、どうして大事な財産でもあるコメントやトラックバックまで見られないのでしょう。もしかしたらそれを表示したら困る理由があるのかも知れません。それはおそらくGoogleの提示するガイドラインへ抵触するものです。

Google ウエブマスター向け公式ブログ: サイト運用のためのサービスは慎重に選びましょう

Google ウエブマスター向け公式ブログ: サイト運用のためのサービスは慎重に選びましょう」より引用

多くのサービス利用者によってドメインが共有されている無料サービスによくあることなのですが、そのドメインがスパムだらけになってしまっている場合があります。具体的には、検索エンジン向けの誘導ページ や 付加価値のほとんどないアフィリエイト サイト など、Google の ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) に抵触するサイトがユーザーの大半を占めている場合があります。また、サービス提供者側が意図的に、PageRank を操作する目的で 有料リンク や 隠しリンク をユーザーのページに挿入するなどのスパム行為を行っているケースも見受けられます。

このように、複数のユーザーが共有しているドメイン全体に渡ってガイドライン違反の状態が顕著に見られる場合には、そのドメイン全体がガイドライン違反と判定される可能性があります。どれほど素晴らしいサイトであっても、それがスパムの山の一部であっては、あまり魅力的に見えないかもしれません。したがって、ユーザーのスパム行為をきちんと取り締まったり、自らもガイドラインを遵守したりするような、信頼のできるサービス業者を選ぶことをお勧めします。

表示されなくなった、過去のコメントとトラックバックには、非常に多くのスパムが含まれています。ファンブログユーザーで、このブログの読者でもある一人は、先月のある一日に約3000のスパムが送られました。その人はそのスパムを手作業ですべて削除しましたが、中には削除せずに放置している人も大勢います。

ファンブログには、ブログの更新が止まった放置サイトがたくさんありますが、その中におびただしい数のスパムが書き込まれているブログもあります。

「多くのサービス利用者によってドメインが共有されている無料サービスによくあることなのですが、そのドメインがスパムだらけになってしまっている場合があります。」

「複数のユーザーが共有しているドメイン全体に渡ってガイドライン違反の状態が顕著に見られる場合には、そのドメイン全体がガイドライン違反と判定される可能性があります。」

スパムを放置したブログがたくさんある場合、Googleのガイドライン違反になる可能性があります。そして6月にファンブログ全体が一時そうなっていたかもしれません。

6月の下旬にファンブログからGoogle AdSenseが消失

技術のタマゴ「ファンブログからGoogleアドセンス広告が消失

6月25日から数日間、ファンブログ全体でGoogle AdSenseが表示されなくなりました。上の記事のコメント欄にも複数の報告が書き込まれています。

これは、幸い数日で復旧して元に戻りましたが、原因はなんだったのでしょうか。そして7月に入りファンブログから、すべてのコメントとトラックバックの表示が消えました。この二つには関係があるのでしょうか。

もしも、これまでに書き込まれ、そして放置されているスパムコメントやトラックバックが原因なら、それを表示すればファンブログから再びGoogle AdSenseは消えるでしょう。これはGoogle AdSenseを貼っている人だけの問題ではありません。なぜなら、fanblogs.jpドメインがGoogleにスパム判定されれば、ファンブログのすべての記事が検索結果に表示されなくなるからです。

送られてきたスパムは必ず削除しよう

ここまで書いたことはあくまで、私個人の想像です。しかし、もしスパムが送られてきたのなら絶対に放置せず削除しないといけません。

ブログの更新をやめる場合は、責任を持ってコメント欄とトラックバックを閉じましょう。そうしないとブログを続けている他の人に迷惑をかけることになります。それでも読者の方が連絡をとりたい場合があるかもしれません。ブログを移転したのなら移転先を、それ以外の連絡方法があるのならその方法をブログに書き残しましょう。

もしも、今までのコメントやトラックバックが見られなくなった原因がスパムにあるのなら、怒りをもってスパムに対処した方がいいでしょう。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

Windowsでファンブログの全記事バックアップスクリプト

この記事は、技術のタマゴ「ドメイン以下のURLを完全に保持しながら無料ブログから移転する方法・予告」のコメント欄へ投稿した内容と同じです。

おそらく数百記事程度なら、数分で全記事のバックアップが取れると思います。


WSH(Windows Script Host)というWindowsの過去の遺産があって、それを使ってスクリプトを書いてみました。このスクリプトで、Windowsを使って、現在のファンブログから記事のバックアップが取れます。ただ、残念ながら以前もらったコメントはもう表示されてないので、取れません。

消えたコメントのサルベージに関しては、この記事の後半に書いてあります。

ソースコードと使い方

var name='ayzfqir5';
var min=1;
var max=20;

for(var i=min;i<=max;i++){
	var xhr=WScript.CreateObject('Msxml2.XMLHTTP');
	var fd=WScript.CreateObject('Adodb.Stream');

	xhr.Open('GET','http://fanblogs.jp/'+name+'/archive/'+i+'/0',false);

	xhr.SetRequestHeader('Pragma','no-cache');
	xhr.SetRequestHeader('Cache-Control','no-cache');
	xhr.SetRequestHeader('If-Modified-Since','Thu, 01 Jan 1970 00:00:00 GMT');

	xhr.Send();

	fd.Type=1;
	fd.Open();
	fd.Write(xhr.responseBody);
	fd.Savetofile(i+'.html',2);
	fd.Close();
}

WScript.Echo('finish');

まず、fanblogというフォルダを作ります。

次に、上のスクリプトをメモ帳にコピーして、fanblogフォルダの中にbackup.jseという名前で保存します。

この時に使うのはメモ帳です。WORD(ワード)を使ってはいけません。

保存した、backup.jseの1行目
var name='ayzfqir5';
のayzfqir5を自分のブログのhttp://fanblogs.jp/xxxxxx/のxxxxxxに変更します。

2行目の
var min=1;
の数字を読み込みたい記事の最小値に変更します。(通常は1でよい)
http://fanblogs.jp/xxxxxx/archive/123/0の123の部分のこと

3行目の
var max=20;
を最新記事の数字に変更します。
http://fanblogs.jp/xxxxxx/archive/123/0の123の部分のこと

たとえば、http://fanblogs.jp/parthaken/の1番目の記事から10番目の記事まで取得したい場合は下のようになります。

var name='parthaken';
var min=1;
var max=10;

修正したらbackup.jseを上書き保存。
そして、backup.jseをダブルクリックすると、記事の取得を開始します。

取得が終わると、finishと表示されるので、それまで待ちます。1000記事くらいなら10分以内に終わると思います。finishと表示されたらOKを押して終了です。これで、fanblogフォルダに記事がページごとに保存されています。

ただし、記事がない欠番ページも普通に取得します。これは404を返さないファンブログの仕様です。ファイルを開いて記事がなければ存在しない欠番記事ということです。

同じページの再取得

同じページを2回取得すると、重複した別ファイルを作らずに上書きします。記事を書き直したりしたときは再取得(上書き)してください。

もし、ファンブログがコメント欄を復活させて、以前のコメントが表示されるようになったらコメントも取得できます。その時は再取得して(コメントのないページに)上書きしてください。

追加取得の方法

記事を追加した時は追加取得できます。たとえば前回取得した記事が1〜100までで、その後、2記事増えた場合は

var min=101;
var max=102;

とすれば、http://fanblogs.jp/xxxxxx/101/0からhttp://fanblogs.jp/xxxxxx/102/0までを追加取得します。

1ページだけ取得したい場合

追加した記事が1つだけの場合、minとmaxに同じ数字を書いてください。

var min=101;
var max=101;

なら、http://fanblogs.jp/xxxxxx/101/0の1ページだけを取得します。

コメントのサルベージ

上記の方法で記事は取得できますが、これまでにもらったコメントは表示されないので、取得できません。

先日「消えたコメントはInternet Archiveを探せ!」という記事を書きましたが、確かめて見たら、Internet ArchiveよりGoogleのキャッシュの方がコメント保存率は高いことがわかりました。

Google検索で
site:fanblogs.jp/xxxxxx/archive
と打ち込めば一覧が表示されます。(/archiveまでつける)

xxxxxxは、自分のブログのhttp://fanblogs.jp/xxxxxx/の部分に書き換えてください。

検索結果の記事タイトルの下にURLが出ますが
fanblogs.jp/ayzfqir5/archive/13/‎ ▼
のように▼マークが出た記事は▼をクリックすればコメントも含めてキャッシュが読めます。


上のスクリプトで取得した「天女のはごろも」全データです。
http://api.dwm.me/fanblog/fanblog_nachi410247.zip

ZIP圧縮済です。解凍するとfanblogというフォルダに全記事が入っています。

ファイルは1.htmlから388.htmlまでありますが、上に書いたように欠番記事もファイルになっています。1.htmlから11.htmlまでは欠番なので、開いても記事はありません。

最初の記事は12.htmlの「自転車がぬすまれた!保険金でるの?」
最新の記事は388.htmlの「【FXブログ】人気コラムとご挨拶」

今、ファンブログで見られるものをそのまま落としているので、残念ながら、コメントは一切ないです。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

消えたコメントはInternet Archiveを探せ!

関連記事:Windowsでファンブログの全記事バックアップスクリプト
追記:この記事で紹介しているInternet Archiveより、上の関連記事中で説明しているGoogleのキャッシュの方がコメント保存率が高いです。

ファンブログのコメントとトラックバックが削除されましたが、もう戻ることはないでしょう、多分。本当に復旧すると思って待っている人は、諦めた方がいいのではないかと思います。

自分としては、別の記事「消えたコメントのことは嘆かない奴ら」にも書きましたが、この状態は大歓迎。今後は何でもいいから書いてありさえすればコメントしに人が来るということはありません。コメントをする仲良しではなく、記事を読む読者を増やさないと、誰も来なくなるでしょう。

とはいえ、コメント出来ないのはともかく、今までのコメントが戻らないのは辛いです。新しいコメントとトラックバックは不要ですが、すでにもらったコメントは消さないで欲しかった。自分はバックアップを取れているから、本気で怒っていませんが、がっかりしている人もいるかもしれません。

でも、いろいろな人の意見を読んだけど、コメント出来ないことに腹を立てている人ばかりで、消えたコメントの事を悲しんでいる人って見つからなかったんだけどね。それについては上の記事で書いたから、ここでは触れない事にします。

「新しいコメントとトラックバックは不要ですが」と書きましたが、コメント欄をつけたければ自分でつければいいと思います。参考記事:ファンブログのコメント欄に「DISQUS」を設置

Internet Archiveにデータを探す

場合によっては、失ったコメントを読めるかもしれません。その場所はInternet Archiveです。

例えばマスクドライダー17号さんの場合なら、2013年01月17日の18:38:25の時点でのログが保存されています。

サイドバーの最新コメントをクリックすると、「マスクドライダー17号|2013年01月18日(金) 00:58」のコメントが出てきます。ログは17日18:38:25までのはずなのに、18日00:58のコメントですが、日本時間とグリニッジ標準時の時差は9時間なので、正常です。つまりInternet Archiveの時刻に9時間足したのが日本時間です。

以前、Internet Archiveの使い方は記事にしているので、それを参考にご自分のブログを探してみてください。

その他、参考になるかもしれない記事

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

消えたコメントのことは嘆かない奴ら

コメントできないなら、ファンブログから出て行く!と騒いでいる人は大勢見つかったんだけど、今までに交わしたコメントが見られないことを嘆いている人が全然いない違和感。

これからコメントをもらう手段は考えれば対処できるわけで、それよりも今までのコメントが見られなくなったことの方が、ずっと重要な問題な気がするんだけど。

幸い自分は、こないだ公開したスクリプトで、今までのコメントやトラックバックを含め、全部抽出できていたのでよかったけれど、そうでなかったらコメントが消えたのはショックだったと思う。

消えてしまったコメントのことを嘆いている人がいないのは何なんだろう。

今まで、これだけ不調だったファンブログに残り続けておきながら、コメント欄が消えたその日に大勢移転している。コメント欄が消えた日から、システムが非常に軽快、順調に動き始めたのにも関わらず。

彼らにとっては、コメントというのは会話なんだろうな。自分にとっては、コメントというのは手紙に近い感覚だ。

会話は、口から出て行くごとに消えていく。話した瞬間に過去のものになるのだから、消えて当たり前。そういう感覚なんだろうか。人のコメント欄を見るたびに、なんで毎日同じようなくだらないことばかり書き込むんだろうかと疑問に思っていたけれど、そういう感覚なのかもしれない。

手紙であれば、暑中見舞いや年賀状ならともかく、普通は用件があって送るもの。暑中見舞いや年賀状がありがたいのは年に一度だからであって、毎日来たらありがたみはない。用件もないのに、毎日毎日コメントしている彼らは何なんだろうと思っていたが、手紙という感覚ではなかったんだな。

そして、コメントできないことに腹をたて、不満だけを口にしてブログを移転する。今までの財産はこのブログで出来た出会いなわけだけど、このブログには感謝もせずに去っていく。

今回の長かったトラブルは確かに問題だったけれど、これでメンバーの人間性が、ふるいにかけられた気もする。感謝もせずに去っていく者。

正直、自分はブログと言うのは情報発信が主なものであって、コメントというコミュニケーションは付加的なものだと感じている。そうではなく、コメントという会話だけを楽しみたい者は、これからみんな去っていく。

くだらない記事でも何か書いてあれば、コメントをしに人が来るということはなくなった。記事がつまらなければ人は来ない。

自分自身は、このブログからよそへ拠点を移すつもりでいたが、トラブルがなくなり、「あしあと」めぐりやコメントまわりというわずらわしい連中も来なくなったファンブログは、天国な気がする。

移転の準備を進めていたが、さあどうしたものか。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

ファンブログのコメント欄に「DISQUS」を設置

無料のサービスで「DISQUS」というのがあります。独自のコメントサーバーを持ったコメント投稿サービスです。これを、コメント欄を閉鎖中のファンブログにつけてみました。

自分自身は「DISQUS」にアカウントを作ったのは、ずいぶん前なので登録方法などは忘れました。「DISQUS」で検索すればいくらでも情報は出てくるので調べてください。

ファンブログへの設置方法

以下は自分がやった方法です。不足していたりする手続きがあるかもしれません。わかる方は補足願います。

まず、登録した情報で「DISQUS」にログインする。

管理画面いちばん上の右側にある「Dashboard」をクリック。下の画面に変わるので、「Add」をクリック。

手続き1

すると下の画面になります。

左側の「Site URL」に自分のブログのURLを登録。「Site Name」にブログの名前を登録。「Site Shortname」はよくわからないので、適当にアルファベット入力でごまかしました。わかる人は補足してください。

手続き2

以上をこのブログに当てはめると
「Site URL」は 「http://fanblogd.jp/ayzfqir5/」
「Site Name」は「ここにブログの名前を入れます」
「Site Shortname」は「ayzfqir5」(ただしテキトー)
となります。

この3つを入力したら、右側の「Continue」をクリック。また画面が変わります。

下の画面が出たら左のいちばん上にある「Universal Code」をクリック。

手続き3

「Universal Code」をクリックすると、下の画面になるので「Place the following code where you'd like Disqus to load: 」と書かれた部分のソースだけをコピーします。

「How to display comment count」の下にもソースがあるのですが、コメント数表示用のようなので無視しました。必要な方は適宜対応してください。

手続き4

以上で、必要なソースが入手できたので、ファンブログの「スタイルの編集」->「1記事」を選んで、記事の下に貼り付ければ完了です。

このブログは自作スキンなので正確にはわかりませんが、ファンブログ純正スキンの場合
</div><!-- entry --> と <BlogEntryIfAllowPings> の間に貼り付ければいいのではないかと思います。

</BlogEntryIfAllowEntryRatings>
<div class="entryInfo">投稿者:<a href="{$BlogEntryWriterUrl$}" ...(この行長いので省略)
</div><!-- entry -->
<!--ここにDISQUSのソースを挿入-->
<BlogEntryIfAllowPings>
<h3 id="trackbackTitle">トラックバック</h3>

動作についてはこの記事のコメント欄で確認してください。

DISQUS導入後の設定については「Disqusの設定について | たなブログ WordPress入門講座」を参考にするのが、とてもわかりやすくてお薦めです。

今は時間がないので、これ以上書けませんが、試した方は情報をフィードバックしていただけると幸いです。

コメント欄がなくなった事に関して、よそのブログのコメント欄やら、自分のブログの記事やらで、くだらねー文句を言ってるんだったら、自分たちでアイデア出し合って、出来る方法を考えたほうが発展的だと思うんですが、どうですかね?

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

やっぱDoS攻撃てかスパムが原因か

ファンブログの「コメント・トラックバック機能に関するお知らせ」

http://fanblogs.jp/fanbloginfo/archive/118/0より

2013年07月19日
日頃よりファンブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ファンブログでは、負荷対策の一環として
一時的に、コメント・トラックバックを非表示および、機能を停止させていただいております。
問題が解決しましたら、再開させていただきます。

ご利用中の会員様におかれましては、大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

最近のファンブログの不調の原因はスパムの過剰アクセス

やっぱ原因はDoS攻撃か。てか、これはDos攻撃とはいわんな。スパムが原因か。

DoS攻撃 - Wikipediaより

DoSはネット上のトラフィック(通信量)を増大させ、通信を処理している回線やサーバの処理能力(リソース)を占有することによって、システムを使用困難にしたり、ダウンさせたり、過負荷によってサーバの機材そのものを誤動作させたり破壊したりする。 例えていうと、「ターゲットのもつ電話機に無言電話やいたずら電話を大量に発信して、ターゲットが正常に電話機を使用(受・発信)できないような状態にすること」であると考えると理解しやすい。

実は、昨年の暮れに、このブログの各カテゴリーの最新記事を取得して表示するというスクリプトを作ったんだけど、ちゃんと動いたんでヤバいかなと思っていた。でも、さすがにそれは書かなかった。ヤバいから。

なぜ、ヤバいかというと、そのスクリプトは各カテゴリー毎のページをそれぞれ読み込んでデータを取得するというものだった。スレッドのような手法で並列処理を行い、1秒間の間に、同じファンブログから10〜20個のページを取得させていたわけだけど、見事に動作した。つまり、1秒間に何十回アクセスしてもちゃんと返事が来るということです。

ちなみに、似たようなスクリプトをここで動かしているけど、うまくデータを取得しないことが多い。それは何度もアクセスすると拒否されるからです。

こないだ公開した「ファンブログからWordPressへデータを完全移行するスクリプト」も姐さんが使ったら15分弱で全記事、全コメント、全トラックバック、全画像を取得完了したそうな。

その総取得数、 記事 982、コメント 3332、トラックバック 23、画像数 889あって、コメントとトラックバックは1ページから複数取得する可能性があるけど、記事と画像は1個取得する度に1アクセス必要です。それが、わずか15分で完了した。

ちなみに、コメントとトラックバックは、それぞれ記事とは違うページから拾っています。

それの何がヤバいのか

本来は、アクセスがいくらあっても返事をしてくれるということは、いいことなんだけど、それをスパムに狙われるとヤバいことになる。

姐さんがスクリプトを動かした際に、ファンブログにアクセスしたのは少なく見積もって2000回以上。それだけのアクセスを15分間しつづけて拒否されなかったわけだ。

15分で2000回なんだから、1時間(3600秒)あれば8000回以上のアクセスが出来ることになる。それだけのアクセスを途中で拒否せず、受けつづけたとしたら?1日に20万アクセス近くいくことになる。

もしも10個のスパム業者がファンブログに対して、それを実行すれば1日に200万アクセスいくことになる。スパム業者が100社だったら?

おかしなアクセスは、どこかで拒否しないとアクセス過多になる。

関連記事「スパムが多いとアクセス障害が発生する

今回、ファンブログがコメントとトラックバックを封鎖したのは、アクセス過剰なスパム対策なんじゃないだろうか。というのはあくまで想像ですが。真相は闇の中。

ファンブログからWordPressへデータを完全移行するスクリプト」を初心者でも使えるようにしようと方法を考えていたんだけど、これで必要なくなったかな。スキルのある人だけが使えればいいか。

この下は、ひとりごと

ファンブログのログインIDとパスワードはA8.netと同じなんだよね。しかもA8.netのパスワード設定欄にはパスワードは何文字から何文字までにしてくださいって書いてある。もし、ログインIDとhttp://fanblogs.jp/xxxxxxxx/のxxxxxxxxを同じにしてしまっている人はヤバいかも。

たとえば、パスワードに使えるのが数字だけで5桁だときまっていたら、00000〜99999まで順番に入力すれば確実にクリアできる。入力回数が無制限で、何回失敗してもやりなおせるなら短時間で突破できるだろう。それはアルファベットが入っても、桁数が増えても、入力回数が増えるだけで同じ事。ログインIDを公表しているような状態で何回でもアタック出来たのなら。。。

A8.netのログインIDとhttp://fanblogs.jp/xxxxxxxx/のxxxxxxxxを同じにしてしまっている人は、この際、移転するなり、一旦退会して再入会した方が無難な気がする。

銀行口座を書き換えれば足がつくのでやらないでしょうが、退会ボタンを押せば報酬をゼロにすることは出来る。


数字10個、アルファベット大文字26個、小文字26個。これだけで62個。それの桁数乗。

二桁なら62x62=3844
三桁なら62x62x62=238328

実質的には無理だと思うけどね。

以上、無責任なひとりごとでした。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

コメントできんわ!伝言。

姐さんコメントできない。

中身はちゃんと抜けているよ。数があっていればOK!

記事数
982
コメント総数
3332
トラックバック総数
23
画像総数
889
最初の記事
「今日のおしな-1」
最新の記事
「カール 45周年 トマトスープ味 ♪」

記事原稿抜粋

<太>バーコードは捨てない!</太>

{左:a2l0dHk3fg.jpg}ところで、7月25日がカールの45回目のお誕生日、いま<リンク:http://www.meiji.co.jp/sweets/snack/karl/campaign/karl45/>カール45周年ありがとう</リンク>でいろいろやってます。

このトマトスープ味のパッケージにも「<太>カール×HELLO KITTY コラボキャンペーン</太>」の告知が載っています。

この中のファンブログタグを変換する。けど、今日は忙しくて出来ない。
先にそれをやらないと、内部リンクの自動差し替えが出来ないので、しばし待たれたし。

とりあえず、すべてのデータが抽出できたので、いつファンブログが消滅しても一安心。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

記事が真っ白表示な時は再保存![ファンブログトラブル]

表示が変な時は、とにかく、ログインして管理パネルからサーバーにアクセス。何でもいいから再保存!サーバーに刺激を与えれば直ることがあります。

今見たら、このブログの記事ページが真っ白に表示されていました。

ファンブログの「管理画面」にある「コンテンツ設定」の「機能選択・並び替え」ページで「保存ボタン」を押したら、表示されるようになりました。

管理画面

このやり方は、かこのブログ「パート派遣主婦のぐーたら(長いので以下省略)」で、サイドバーが表示されなかった時の対処法として教えてもらいました。以下省略というか、ファンブログが開けないので正式名称を確認できない。なので、記事のURLではなくメインページにリンクしています。

他にもどこかのコメント欄で、消えたサイドバーが「記事を再保存したら直った」とか、「スキンを再保存したら直った」とか、書かれていますが、探せないのでリンクは省略。

とにかく、ログインして管理パネルからサーバーにアクセスして、何でもいいから再保存!サーバーに刺激を与えれば直る可能性があります。

記事やコメントで人に知らせるときは「どこに書いてある」とか言っても、そこを開けなければおしまいなので、この記事や「パート派遣主婦の(長いので以下省略)」へのリンクや紹介はいらないから、やり方を直接書いてください。

そろそろ末期か。書いた記事のバックアップは取っておいた方がいいんじゃないかな。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

沈みゆく泥舟

沈みゆく船の上に残る決意をしたとします。

それは、個人の意志なので否定するつもりはありません。船と運命を共にするという気持ちを持つのも、ひとつの考え方です。

でもファンブログは船じゃないし。「読者がいる」ブログだし。

タクシーに乗ったとします。そうしたら運転手にこう言われたとします。

「この車、最近よく壊れるので途中で動けなくなるかもしれません」

お客は、それでもそのタクシーで出発しますか?降りませんか?そもそも、そんなタクシーで営業するなと思いませんかね。

ブログというのは「読者」というお客が来るサービスです。

お客が来てもページを開けない、読めない。

運良く開いて記事を読んでも、関連記事は開けない。リンク切れしているみたいです。実際は存在するのに開けないページはまるでリンクが切れているように思います。

コメントしてもエラーで送信できない。

読者は、それでもそのブログを読みますか?読むのやめませんか?そもそも、そんなブログで公開するなと思いませんかね。

それでも、そのブログを続けるという意志は「読者」を無視した行為

「愛着があるブログだから」調子の悪いファンブログに残るというのは、作者の都合です。なぜ愛着があるのか考えましょう。それは「読者がいるから」ではないのですか。

その読者に対して、ストレスを貯めるファンブログで更新を続けるのは「読者を無視した行為」にはならないでしょうか。

最近、ふたつの出来事がありました。

ひとつは、コメント欄。頻繁にログアウトを繰り返すファンブログで、ログインしていない状態ではコメントできない設定にしているブログがありました。「これでは、読者はコメント出来ませんね。そして、移転してファンブログを退会した読者はコメントしなくていいということですね」という趣旨の事を伝えたら、そのブログはコメント設定を直してくれました。

もうひとつはプロフィール設定。

もらったコメントの名前のリンクをクリックしても開けないページがありました。プロフィールを公開していないからです。それを伝えたら「自分は知っててそうしているので、直す意志はない」という内容の返事でした。そのブログはすでに移転済みでファンブログを残しているのは実験や被リンク効果のためのようです。

読者が開けないのを承知でそうしているそのブログは、読者にまったく感謝の気持ちがないんだと思いました。

振り返って我が身を思う

実は自分自身、ファンブログからは移転するつもりでいるし、移転後のファンブログは、ファンブログ専用記事と、人気動向調査に使えるアフィリエイト記事だけを残せばいいかと思っていました。実際、今もどんな記事に人気があるのかを調べて、それをフィードバックした別サイトを作るのにファンブログは利用しています。

ブログ移転後は、ファンブログからは一切リンクを張らないつもりでした。ファンブログの読者が来ないようにするために。

でも、それは読者を無視した行為なんだなと。

それを気づかせてくれた、今回の相手、プロフィール欄を閉じた彼には感謝しています。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む

姐さん、それちゃいますわ

姐さんのリポート「WordPress完全移行スクリプトキタ−!

スクリプトを書いた本人としては、自分で説明を書くのは大変なので、こういう記事を書いてもらえると非常に助かります。しかし現在、玉砕中とのこと。

姐さん、それちゃいますわ

姐さんへお願いがあります。正しい京ことばが分かりまへんドス。もしこの記事がお役に立ったら、校正してください。

自分はファンブログからWordPressへすべてのデータを移動する手順で、こう書いとります。

コマンドを打ってすぐにエラーが出るかもしれません。その場合は Python のライブラリに mechanize か sqlite3 がないので import 出来ないからです。もしなかったらその2つをインストールしてください。そうすれば動きます。

ただのmechanizeではなく、Pythonライブラリのmechanize関連モジュールを入れんといけません。

apt-getでPythonのライブラリを探す

aptで入れるものを探すときは、apt-cacheにsearchオプションを入れて実行します。ちなみにapt-cacheはスーパーユーザーでなくても実行出来るのでsudoはなくても構いません。

試しにpython関連のものをapt-cacheで探してみます。

$apt-cache search python

これを実行すると死ぬほど出てきます。嫌になるほど出てきます。これでは探しようがありませんがな。

そこで、この実行結果をパイプに通して、grepコマンドでmechanizeという文字列を含む行を抽出します。

$apt-cache search python | grep mechanize

実行結果には次の1行だけが出てきました。

python-mechanize - stateful programmatic web browsing

探していたのはこれです。これをapt-get installで入れればよろし。今度はsudoが必要です。

$sudo apt-get install python-mechanize

これで「Python のライブラリに mechanize か sqlite3 がないので import 出来ないからです。もしなかったらその2つをインストールしてください。」のひとつはクリアしました。

次にsqlite3のpythonモジュールも、同じやり方で探してみます。

$apt-cache search python | grep sqlite3

表示された結果を見ると、それらしいのがない。そこでsqlite3の3を取って、ただのsqliteで再実行してみます。

$apt-cache search python | grep sqlite
libghc6-hsql-sqlite3-dev - SQLite driver of the HSQL library for GHC6
libghc6-hsql-sqlite3-doc - API documentation of the hsql-sqlite3 library for Haskell
libghc6-hsql-sqlite3-prof - SQLite driver of the HSQL profiling library for GHC6
python-pysqlite1.1-dbg - python interface to SQLite 3 (debug extension)
python-pysqlite2 - Python interface to SQLite 3
python-pysqlite2-dbg - Python interface to SQLite 3 (debug extension)
python-pysqlite2-doc - Documentation for python-pysqlite2
python-sqlite - python interface to SQLite 2
python-sqlite-dbg - python interface to SQLite 2 (debug extension)
python-sqlitecachec - A fast metadata parser for YUM

10個も見つかりましたが、欲しいのは"Python interface to SQLite 3"です。(開発しないのでdebug版は不要です)

aptの困るのは、こういう風に"Sqlite 3"みたいなdescriptionを書かれたときです。大文字使ったり、スペース開けたり、こっちは"sqlite3"で探してんだから、その通り書け、ふざけんな!と。ほんと名前が分からないのがaptでインストールする時の悩みです。だったら自分の記事にも詳しく書いておけって?すいません。

これもインストールします。

$sudo apt-get install python-pysqlite2

これで、スクリプトが動くようになりました。後は姐さんのリポート「WordPress完全移行スクリプトキタ−!」を詳しくお読みください。

ところで姐さんの画像認証は壊れてない?

何度やっても送れないコメント(送れないのでだんだん文面が長くなった)

>ただでさえ先週階段から転落して満身創痍なのにふざけんな、
そういう面白いことをなぜ記事にしないかな。こういう難しい記事にさりげなく書くから
誰にも「お大事に」と言ってもらえず、ご愁傷様です。

とりあえず沈みゆく泥舟からデータの救出しておくといいね。
ファンブログの独自タグの問題はデータさえあれば、どうにでもなる。

ただでさえコメント出来ない状況で認証エラーはイラつきますな。

新ブログ「Big Bang」で続きを読む