【朗報】仕事をしたいVSうつを抱えて動きにくい嫁が得た着想

Jです。


ウチの嫁は、仕事好きです。
もともと自営業の家に生まれた嫁は
多分に「働かざる者、食うべからず」といった
そんな発想がしみついているらしく
また自分でもお金を稼がないと安心できない
そんな心境らしく、こんなことになってしまうくらい
仕事、働くことに対して執着があるようです。
私としては、嫁はそもそも保育士&幼稚園教諭の
仕事が好きでそうしているのかとおもいましたが
話を聞いてみますとどうやら金銭的な問題で
(別に我が家が困窮しているわけではありません)
働くことに執着していることが最近わかりました。

仕事とお金を稼ぐことが好きな嫁。
しかし、うつ病と統合失調症の影響で
どうにも思うように仕事をすることができない。
最近の嫁のモヤモヤの一番の原因は
このことにあるというわけです。
しかし現状は焦ってもしょうがないので
別に働かないと貧乏になるわけでもないし
当面静養中心に、と考えていました。
しかし、嫁はある着想を得て帰ってきました。

嫁の友人に割と器用な人物がおりまして。
女性ですが、彼女もうつ経験者であり
しかし器用に色々な仕事をしてきています。
彼女と話していて、どうしてそんなにも
色んな仕事を経験できるのかを聞いた模様。
仕事選び・就職に対するスタンス
別にひとつの仕事・職場にこだわらなくてもいい
そんなようなことを聞いてきたようです。
その結果、嫁は仕事探しに前向きになっています。
仕事が合わなかったりこなせなかったりしても
また次を探せばいいや、という
今までの嫁にはない着想を得たそうです。
それならそれで、前向きなら結構ということで
私も「やってみたらいい」と言いました。
何にせよ、うつ病の人間が自発的に
何かに前向きになることは非常にいいことです。
私は私で、できることをしていきます。
それは今も変わりません。
嫁がどんな仕事を見つけてくるにせよ
本人が積極的に生きる姿勢でいるということは
薬を飲むよりも大変効果的だと思っています。
これは友人に感謝しなくてはなりませんね。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/329359

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント