広告

posted by fanblog

うつ嫁と暮らす僕が体調不良になると

体調不良



僕は年に1回か2回、平均して寝込むことがあります。
我が家は全員、平均して風邪などで寝込む率はおそらくかなり低いと思われます。子どもらなんて、もうどのくらい寝込むほどの病気をしていないんだろう?あまり記憶にないくらいです。

子どもらだったら、僕か嫁が面倒を見ればいいです。が、嫁は、子どもらに病気されるとそれだけでオチるので、できればあまり寝込んで欲しくないものです。


僕が寝込んでしまったときの嫁の様子


普段の僕は、季節の変わり目に風邪を引きやすい以外には特に病気することもありません。
が、上述のとおり年に1回程度、やらかしてしまうときがあります。
謎の高熱が最も多く、ついでインフルエンザやノロウイルスなど季節性のものに引っかかります。謎の高熱は、原因がよくわからないから謎の高熱なのです。

こうなってしまうと、さすがに僕でも動くことができません。よって、普段僕が担当している家事などの大半がストップしてしまいます。かといって嫁に全部やらせるわけにもいきませんので、放置。なので、僕が動けない間は家がかなり大変なことになってしまっています。

それより、嫁です。そのときの調子にもよるのですが、僕が寝込む事態になるとガン落ちします。重症なときには頑張って病院に連れて行ってくれたりするのですが、相当精神的に疲れるようです。なので、嫁に厄介になるのは最低限を心がけています。

どういうわけか、僕が高熱などでくたばっているとき、嫁は大抵調子の悪いときなのです。最後にこうなったのは、確かノロウイルス(らしきもの)にやられたときです。
あれは確か、真冬でしたか。日中普段どおり仕事して、帰宅する頃に何だかだるい。寝ていたら熱がみるみる上昇し、こりゃインフルエンザか?ということになって、夜中に嫁に、夜間対応の病院まで乗せていってもらいました。後日の診断でノロウイルスであろうということがうっすらわかった程度ですが、終始嫁は気持ちが落ちていました。申し訳ないと思いつつ、だけど動けないのでウーウー唸っているしかない僕でした。


ということで、僕が寝込んだら嫁に相当負担がかかります。なので、家事などは諦めて放置することにしています。あまり嫁に心配をかけて精神的に参らせても仕方ないので、もっといい対策はないかと考えています。が、僕自身が動けなくなってしまってはどうにもならないので、なかなかいい策が見つかりません。困ったなあ。

そろそろ冬を迎える支度が始まる時期です。一番は、病気しないことなので、基本の嗽手洗いと予防接種だけは受けておこうと思います。




トラックバック

この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://fanblogs.jp/tb/2805785

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。