最新記事
-Blog Hacks- 完全サポート付きブログ講座
カテゴリーアーカイブ
Hulu
プロフィール
Digital Nomadさんの画像
Digital Nomad
プロフィール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マイクロソフト オフィス Microsoft Office Home &...
価格:48980円(税込、送料無料) (2019/1/29時点)


アクセストレード パートナーサイト募集



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FJX-00031 Surface Pro マイクロソフト【送料無料】【新品】
価格:118500円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)


広告

posted by fanblog

2019年01月24日

Surface ProとiPad Pro比較レポート ー2019年にあなたが手に入れるべきデバイスはどれ?

bricks-2181920.jpg


今回は、Microsoftの「Surface Pro」とAppleの「iPad Pro」を比較をしてみました。

どれを購入しようか迷ってる人は参考にしてくださいね。

それではいきましょう!

MicrosoftのSurfaceとAppleのiPadは、どちらもタブレットPCとして優れた魅力を有している競合製品です。
厳密にいえば、前者はタブレット型PCで、後者は純粋なタブレットという位置づけに分類されます。

仕様面の比較を行うとSurfaceのProはWindows10搭載で、第8世代のIntel製CPUを採用するなど意欲的です。
メインメモリは最大16GBで、パソコンとして見ても十分に通用するスペックです。

内蔵ストレージはSSDで最大1TBですが、最低でも128GBを搭載しているのが印象的だといえます。

外部メモリにMicoroSDを採用していますし、13時間以上の動画再生に対応するなど、かなり攻めていることが分かります。
画面は12.3インチと絶妙で、ワイドな比率が横持ちの動画鑑賞や縦持ちのWebサーフィンを楽しませてくれます。

価格は最安の構成だと119,800円で、着脱可能なキーボードが使えたり、4096段階の筆圧を感知するSurfaceペンといった機能が楽しめます。

対するiPadのProはOSがiOS10で、圧倒的な性能を誇るA12XCPUや、4GBと6GBのメインメモリを搭載するモデルがラインナップに並びます。
ストレージはSurfaceと同じく最大1TBのSSDですが、最小64GBという点に違いがあります。
また、バッテリーはWiFIモデルだと最大10時間で、3G・LTEモデルなら9時間となります。

iPhoneと同様に、外部メモリの機能はありませんから、ストレージの拡張性に関してはないです。

しかし、クラウドストレージが使えるので、特に問題となることもないでしょう。
画面は12.9インチとやや大きく、正方形に近い4対3の比率を採用しているのが特徴的です。
上位モデルはApple自慢のRetinaディスプレイ搭載ですが、下位モデルはIPSタイプの液晶ディスプレイです。
機能的には、LTEモデルが各種のSIMに対応していたり、3D顔認証やGPSも搭載している充実具合です。
最低価格は64GBの111,800円ですから、こちらも手頃で選ぶのに迷ってしまうほど魅力的です。

-Blog Hacks- 完全サポート付きブログ講座




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8498363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。