2019年12月30日

【FX業界の闇がエグすぎる件】デモ口座とリアル口座の違い。実は〇〇!?


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神ツールも大絶賛いただいています。)

yami.jpg



世の中には様々なトレードシステムが溢れていて、

トレーダーにしても、ストラテジーサイトにしても、

あるいは商材屋にしても、

皆さんこぞってフォワード実績を打ち出している訳ですけれど、

その公開実績が果たして、

デモ口座なのか? リアル口座なのか?

という部分は、

多くのトレーダーが重要視しているポイントかと思います。





実際のところ、

掲示板やらQ&Aコーナーやらで、

この不毛な遣り取りは必ず見受けられます。

「本当にリアルですか?デモじゃないんですか?(-.-)」

みたいな遣り取りですねwww





残念かもしれませんが、

まず結論から言ってしまうと・・・・

「リアルなら信憑性が高まる」と短絡的に考えている時点で、

それがもう既に、負組入り確定というか、

相場のリアル(実態)を知らなすぎと言わざるを得ません。





多くのトレーダーは、

リアル口座の実績であれば安心感が持てるから、

そういう質問を繰り返しているんですよね?

ストラテジーランキングサイトなんかでも、

フォワード成績の口座種別がデモなのかリアルなのかは、

必ず表示項目の中に含まれています。





一般ユーザーがデモかリアルかを気にしているのだから、

一応は口座種別を明示しているのでしょうけれど、

この現状がまさに、9割以上が負組であることを物語っています。





ウザがられるの覚悟で繰り返しますが、

「リアル口座なら信憑性が高まる」と考えている時点で、

その発想が既に負組一直線です。





「本当にリアルですか?デモじゃないんですか?(-.-)」

みたいな遣り取りは、

あなたも一度は目撃したことがあると思います。

デモか、リアルか。という論点が低レベルすぎて、

傍から見ていて悲しいくらいです・・・・。

トレーダーの9割以上が負組であることがよく解ります。

質問者も、回答者も、どちらも負組なんだろうな・・・。

と思ってしまわざるを得ません。





僕からしてみれば、

デモだから何? という感じですし、

リアルだから何? という感じです。

別にどっちでもいい話というか、どうでもいい話というか・・・

両者に違いなんてありません。





こんなことを言うと、

「いやいや、リアル口座だと業者の作為が介入してくるだろ!」

と反論してくる輩もいるに違いありませんが、

そんなトレーダーは中途半端に相場を齧っているプレイヤーで、

やはり負組であることに変わりありません。





僕が話しているのはあくまで、

実態としての相場であり、リアルな相場です。

僕の周りにはブローカーオーナーをはじめ、

あらゆる金融のプロが犇めいているので、

ここに書けない話ばかりが耳に届くと言うか・・・・・

書けない話しかないので、正直なところ何も書けませんwww





業者の裏側、その実態を知れば知るほどに、

普通にやっても勝てない世界であることを突きつけられます。

聖杯さえ手にすれば勝組入りできると信じている無知なトレーダーは、

壮大な夢を抱ける分、ある意味で幸せかもしれません。

ちなみに僕の自作EAは公開してまだ数ヶ月ですが、

コピートレードに関しては1年以上に渡る実績を公開しています。





1年以上の取引履歴を動画で示せるのは、

おそらく僕ぐらいじゃないかなと思います。

少なくとも僕は僕以外に知りません。

もちろん出金実績もあるので当然リアル口座です。





しかし正直なところ、

デモかリアルかというのはどうでもいい話です。

どうせ負組トレーダーはそういう部分を気にするだろうから、

あえてリアル口座を載せているというだけの話です。





デモもリアルも同じです。

なぜなら、リアルはデモだからです。

これだけでピンとくる方は、

既にかなりの利益を出されているプレイヤーに違いありません。

リアル口座がデモということは、全てがデモ口座ということになります。

これが、リアル(実態)ということです。





つまり業者の裏側、真実です。

書いても差し支えない範囲で書いていますが、

これだけでも衝撃を受ける方もいらっしゃるかもしれませんし、

リアル口座さえもデモと言われても、

きっと多くの人は信じられないでしょうが、

別に信じてもらう必要はありませんし、

信じてもらうために事実を書き連ねるつもりもありません。





リアル口座がリアルだと思っている方は、

それをリアルだと思ってトレードすればいいだけの話なので。

そういう枠組みの中でトレードしている限り、

たいした利益なんて出せませんよという話です。





それから、

AブックかBブックか? という論点も、

デモかリアルか? の議論と同じレベルで低級です。

AかBかを気にするトレーダーは多いようですが、

これもやはり、

中途半端に相場を齧っている無知なトレーダーが気にしている部分です。

相場において、中途半端な知識ほど危ないものはありません。





そもそも真のAというのは運用資金最低1億円〜です。

中には500万円から相手にしてくれるPBもありますが、

それはかなり例外というか、強力なコネが必要になります。

なので基本的には1億〜です。

運用資金数十万とか数百万のレベルで、

AかBかを気にしている時点で笑えますwww





Aと公言しているブローカーも、

実体としてはBと思っておいたほうが無難です。

一般トレーダーのデスクに表示されるレートは、

真のレートから5重ほど手数料が上乗せされています。

真にLPを介さない環境は極々一部のPBのみです。





デモ口座とリアル口座の違いについて、

いちおう一般論的な話も書いておこうと思います。





デモ口座で裁量トレードをやって勝てる人は、

リアル口座でやっても勝てませんが、

デモ口座でEAトレードをやって勝てる人は、

リアル口座でも勝てる可能性があります。





ウザすぎますが、

ここ大事なのでもう1度書かせてください。





デモ口座で裁量トレードをやって勝てる人は、

リアル口座でやっても勝てませんが、

デモ口座でEAトレードをやって勝てる人は、

リアル口座でも勝てる可能性があります。





ここまで書いてピンとこない人は、

裁量でも勝てないし、EAでも勝てない人です。

もしくは、裁量で爆益更新し続けている億トレーダーです。





そもそも相場は、自分の感情との闘いでしかありません。

恐くなって損切したり、恐すぎて損切できなかったり、

チキン利食いしてしまったりwww

プロフィットファクターが感情に振り回されているのなら、

もはやシステムもロジックもクソもありません。





ロジックに優位性があるのは大前提として、

如何にロジックのままにトレードできるか?

その忠実性、再現性の勝負だったりもします。





過去検証によってどれだけパーフェクトな必勝法を見出せたところで、

それ自体には別に大した意味はありません。

デモ口座は仮想マネーですから、何の痛みも感じません。

痛みが無いということは、そこには恐怖も無く、

つまり感情起伏がなく、

感情と無縁のデモ口座上でどれだけ裁量の腕を磨いたところで、

殆ど無意味というか、逆に鈍ってしまう可能性すらあります。





裁量の腕を磨いてデモ口座で勝ちまくって、

リアル口座へ移行した途端にパフォーマンスが著しく低下し、

歳月をかけて育て上げたロジックを捨てるのがオチです。





一方でEAにトレードを任せる自動売買は、

もともと人間の感情が介入する余地はなく、

感情とは無縁にトレードを重ねられることが最大の強みです。

この場合、デモ口座とリアル口座との間に大した違いはありません。

業者の悪質な作為すらも上回る期待値があれば、

ハウスエッジを超えられる可能性は十分にあります。

唯一、EAに人間の感情が入る可能性があるとすれば、

ロット設定であったり、オンオフ管理などの手動操作です。





オーバートレードで資金を溶かしたり、

危険な相場でも欲を張って稼働させてしまったり、

ちらちらスマホを気にして、意味不明なところで裁量を加えたりwww

結局は人間の感情によって、ロボットをダメにするパターンですね。





結局のところ実現損益としてのパフォーマンスは、

それを動かすヒューマンを含めたトータルパフォーマンスなので、

システムそのもののパフォーマンスは大して重要ではありません。





実際、

優秀なシステムを台無しにしてしまうトレーダーもいれば、

しょぼいシステムで爆益を出し続けているトレーダーもいて、

僕はその両者を見続けてきました。





しかし多くのトレーダーは、

システムそのもののパフォーマンスばかりを追って、

それを第一に気にしているのではないでしょうか?

それがもう、負組一直線ということです。





それでも尚、

裁量のデモ結果に比べれば、

EAのデモ結果のほうが望みは有ります。

と、ここまでがリアル・デモをめぐる一般論なんですが、

ここから先は、

プロトレーダーの視点から少しだけリアルを書いておきます。





先にも書いたとおり、リアル口座は全てデモです。

いやいやそんなバカな・・・・  と思われるかもしれませんが、

あなたがもし本気で億トレーダーを目指している場合、

嫌でもその壁に突き当たる時が来るんじゃないかなと思います。

逆に言うとこういう話って・・・・

既に億単位で稼いでいるプレイヤーにしか伝わらないので、

書いても仕方ないのかもしれません。





ちょっと脱線しますが、

あなたの銀行口座はもちろんリアルですし、

あなたの入出金操作に応じて口座残高も動くと思いますが、

それは別に、リアルマネーが実際に動いている訳ではありません。

そこに映し出されている数字が変化しているだけです。

実際、億単位の現金を速攻で出金させてくれる銀行は少ないです。





数字遊びをしているだけで、

現金は必要最低限にしか持ち合わせてないんですね。

あなたの口座に表示される残高が動いたとしても、

現金は1円も動いていません。

完全に数字の世界です。





これってつまり、デモです。





出金する段階になって初めて、リアルマネーが重い腰を上げます。

物理的にリアルマネーを流動させることは完全に非効率ですし、

電子的に流通させたほうが遥かに流動性は上がります。





更に脱線すると、

Aさんが銀行からお金を借り入れた場合、

銀行は利息で儲かり、その儲かった分を更に別のBさんへ貸付できます。

銀行は更にBさんからも利息が入り、加速度的にCさんへ貸付けます。

Aさんは銀行にお金を返済しているように見えますが、

実際にはBさんへ貸し、

あるいは間接的にCさんへ貸しているようなものです。

もうこうなると、銀行は有って無いようなものですね。





初回貸付の種銭こそ必要ですが、

その後は数字遊びだけでどんどん膨らませることができます。

銀行は銀行でありながらリアルマネーを必要としていません。

数字遊びでお金は殖えていきます。





後は焦げ付かないように、フライパンに目を見張るだけです。

ティ〇ールの焦げ付かないフライパンみたいなのは最強ですwww

焦げ付く心配もなく、いつでも綺麗な目玉焼きを味わえる訳です。

万が一焦げ付いたとしても、

その時はUber〇atsが美味しい目玉焼きを運んできてくれる担保付です。

ということで、負けようがありません。





脱線しまくりですが、

要は利益を上げ続けている過程の中で、

リアルマネーは殆ど動いていないということです。

おまけにAさんはBさんのために働いています。

そうして最終的に銀行サイドには、

莫大な数字が利益として積み上がっています。

市場効率は常に最大化されているようです。





メダルゲームともよく似ています。

メダルが増えることで、

まるでリアルマネーが殖える快楽を得られるのか、

子供に限らず大人にも人気のようです。

それをリアルマネー版に置き換えたのが、

カジノ、スロット、パチンコでしょうか。

しかし場内で動いているものは、

チップも、メダルも、パチンコ玉も、全て仮想。

つまりデモ、ただの数字です。





換金窓口で初めて、リアルマネーは動きます。

どれだけチップを蓄えたところで、

リアルマネーとして出金完了しない限り、

利益確定できているとは言えません。

たとえばカジノでボロ儲けしたところで、

換金窓口では対応できない金額で別室へ案内されたかと思えば、

そこで袋叩きにされて虫の息で帰宅するのがオチです。





つまり場内でどれだけ爆益上げようが、関係ないんです。

最終的に換金窓口で一元的に取り締まれるので。

これをブローカーに喩えれば、

無知な一般トレーダーは、

リアル口座という名のデモ水槽で泳がされているということです。

さんざんデモで泳がせておいて、

万が一、爆益を出したトレーダーがいれば、

出金時に出し渋って、そこで潰すというプロセスです。





プレイヤーの損失がブローカーの利益となる場合、

リアルといいつつ、提供しているのはデモなのだから、

プレイヤーがどれだけ爆益を上げたところで、

ブローカーのリアルマネーは無傷ですし、

一切リスクに晒されることはありません。





ここから先が更にグロテスクなんですが・・・・

これ以上書くとマズいのでここまでにしときます。





繰り返しますが、

リアルは、デモです。

つまり、全てデモです。

リアルかデモかに論点を当てる時点で終わってます。





多くのトレーダーは、

デモ(仮想)か、リアル(現実)かを気にしていると思います。





しかし僕は、

一般に与えられるものが全てデモであることを知っているので、

リアル(現実)よりもリアル(実態)を気にし、

実態の中でトレードを重ねています。





相場の実態。


業界の実態。


トレードの実態。


ブローカーの実態。





それらはおそらく、

あなたが想像しているよりも遥かに、遥かに残酷なものです。





「本当にリアルですか?デモじゃないんですか?(-.-)」

この遣り取り、不毛に見えませんか?





リアルだったら信憑性が上がる?

リアルもデモですよwww というお話でした。





わざわざリアルマネーを動かす理由なんて、どこにもありません。

それを知った上で、どう仕掛けていくかです。





世の中には知らないほうが幸せなことも多々あります。

自分がトレードしているリアル口座がリアルだと信じている内は、

幸せなトレーダーです。





デモ口座とリアル口座の違い。実は〇〇!?

〇〇に入るものは、無い。それが答えです。

なぜならリアル口座というものが存在しないからです。

違いの生まれようがありません。





たとえば、

デモ口座では起こらないスリップや約定拒否が、

リアル口座では日常的に起こりますが、

それはリアルをリアル然と見せているパフォーマンスに過ぎず、

リアルがデモであることに変わりありません。




2019年も爆益で締め括ることができました。

2020年も一緒に数字ゲームを攻略していきましょう!!

今年もたいへん多くの方々にお読みいただき、心から感謝いたします。

新年も皆様にとってより良い1年となりますように☆





今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

まずはEA3で僕の実力をお試しください。

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






2019年12月24日

素人の塩漬けと、プロの損切り。


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神ツールも大絶賛いただいています。)

tower.jpg



なんとなく気持ちが高鳴るクリスマス。

皆さんは如何お過ごしでしょうか?

街中が人混みで溢れるシーズンは、僕は決して外に出ません。

職業は引篭もりニート、24時間自宅警備員です。





社会全体の構造は、

人と同じ行動をとれば必ず損するようにできています。

なので僕は、人がいない時間帯だけに外出します。

待たされることなど皆無、

店員さんらにも余裕があるので手厚いサービスも受けられたり、

店員さんと楽しく会話が弾んだりと、

いいことだらけ、得しかありません。





もちろん同じ時間帯に同じ場所に集うお客さん達は、

皆さん品格のある方々ばかりなので、お互いに心地良いです。





完全にストレスとは無縁の日々を如何に送るか?

完全にストレスとは無縁のトレード環境を如何に構築するか?

そんなことばかり考えながら日々を過ごしています。





さてさて、これからクリスマスにお正月と、

危険な相場を迎えるのでEAのほうは完全停止させました。

流動性が著しく低下する隙を狙って、

海外ファンドが仕手戦を持ちかけてくるので要注意です。

瞬間的な暴騰暴落に振り回されて、

文字通り死亡する一般トレーダーも多いのではないでしょうか。

まったく予測できないシーズンは、やらないに尽きます。





休も相場というより、休むことこそ相場です。

まったく予測できないという意味では、

1年365日、全く予測できないのですが・・・・。

予測できない相場に輪をかけて予測できないのが年末年始です。





非公開EAのほうは公開後4ヶ月でプラス1000万を超えました。

利回りにして200%超なので、

ちょうど月利50%前後で推移し続けている感じです。


ea2.jpg



ea1.jpg




僕はこういった口座を無数に走らせているので、

ポートフォリオ全体では今年の獲得利益も余裕で億超えです。





今年も既に十分過ぎる利益を積み上げてきているので、

クリスマスや正月にまで、

無理にトレードを仕掛けていく必要がありません。

こんなシーズンにも忙しくトレードしなければならないのは、

よほどのポジポジ病患者、完全なる負組トレーダーです。





億トレーダーのコピートレードも稼働停止していますね。

こちらも好調なラストスパートで締め括って、

参加者の皆様は来年の展開に胸を高鳴らせながら、

気持ちよく年末年始を迎えていただけるかと思います。

何が違うって、余裕が違っているはずです。





参考までに、

コピトレに御参加いただいているユーザーさんの損益推移です。


mam2.jpg



mam1.jpg




2回ほど損切していますが、

後から振り返ってみればどうってことないはずです。

こうしてグラフを遡ることで、損切の重要性は一目瞭然です。

損切しないことによって助かる可能性のほうが高いでしょうが、

万が一、含み損が膨らみ続けた場合には資金が吹き飛びます。

「万が一」に賭けないというのが、本物のプロの遣り方です。

常に長期的視点から裁量介入を行っています。





素人は「万が一」は起こらないと思っているので、

ずるずると損失を引き延ばし、いつまで経っても損切できません。

含み損が膨らむほど、損切は難しくなってきます。

ある一線を超えた時点で、開き直り、塩漬けを決め込む。

といった感じではないでしょうか?





「万が一」は、必ずいつの日かやってきます。





そこで損切できていないトレーダーは単純に、死あるのみですが、

死んでから損切の重要性に気付いても遅いですよね・・・。





コピートレードでは2回の損切を行っていますが、

このレベルの損切でもトレードを辞める方はいらっしゃいます。

これは僕的には信じられない行動パターンというか・・・・

勝組トレーダーが9割に満たないのも頷けます。

せっかく本物のシステムに巡り合っていながら、

本当に勿体ないことをしているなと感じてしまいますが、

僕はあえて口を挟みません。





本人自ら気付いてもらわない限り、

負組トレーダーの人生は抜け出せないからです。





損益推移を振り返ったとき、

全く大したことのない損切で意志が折れてしまうトレーダーは、

どんなシステムを使ったところで、同じことの繰り返しです。

ちょっとしたドローダウンで、また別のシステムへ浮気する。

そして新たなシステムもまた、同じように捨てる。

といった感じで、地獄の漂流の始まりです。





どこかで「信じ通す」覚悟を決めない限り、

トレードに一貫性は生まれないので、人生は何ひとつ変わりません。

巷には粗悪なコピートレードが氾濫していますが、

損切も何もしない、

完全にほったらかしのギャンブルトレードばかりです。

数日で資金を溶かした経験のある方も多いのではないでしょうか。





逆に言えば、

きちんと人の眼を入れて損切介入していくというのは、

それが本物である証です。





巷のコピートレードが損切しないのは単純に、ウケがいいからです。

しかし万人ウケするシステムは、最終的に負けるシステムです。

損切は万人ウケしません。

万人というのは、大衆を指しています。

大衆に属すということは、トレードの世界では負組入りを意味します。

本当に勝てるシステムというのは、万人ウケしません。





実際、僕がご案内しているコピトレでも、

ちょっとした損切でリタイアされたトレーダーさんもいらっしゃいますが、

これは僕からすれば信じられない行動パターンです。

よほど短期的な視点からしか相場を見れていないのかもしれません。

ほんの数m先しか見えていない、濃霧の中を彷徨っている状態です。

目先の損益結果に振り回されながら行動している限り、

勝ち続けるトレーダーになることは諦めたほうが無難です。





損切が苦痛でしかないプレイヤーには、

初めからトレードをやらないという選択こそが最善です。





損切はたしかに苦痛かもしれません。

含み損を現実のものとして確定させることになるので・・・・。

これを苦痛と感じるか否かが、勝敗の分かれ道です。

勝ち続けているトレーダーの視界に、霧がかかることはありません。

常に先の先まで鮮明に見えています。

逆に、霧中での損切は不安でしかないはずです。

「本当に勝てるのか?」という不安が襲い掛かるに違いありません。





こうして、

自分自身で生み出した疑心によって、

多くのトレーダーは市場撤退していきます。





損切の意義を、

本当に理解しているトレーダーがどれほどいるのかといえば、

それは間違いなく1割以下です。

数え切れないトレーダーを見てきて、そう確信できます。

損切が苦痛である(損切したくない)場合、

それは裏を返せば、毎日勝ちたいということです。





毎日勝つシステムはありますが、

毎日勝ち続けられるシステムはありません。

裏技は別ですが・・・。





当然、素人は毎日勝てるシステムを好みます。

いわゆるコツコツドカン系です。

トラリピやループイフダンの類もそうですね。

たとえ小さな利益であっても、

毎日チャリンチャリンとお小遣いが入ってくるのは快楽です。

苦痛を避けて、快楽を選びたくなる気持ちも解ります。

しかし彼らの結末は既に見えています。

何年もかけて積み上げてきた利益を1日で吹き飛ばすなんてザラです。





お金を無駄にしている以前に、時間を無駄にしています。

時間の損失は、お金のそれとは比べ物になりません。

結局それが、快楽を選んだ代償です。

時間の価値を知っているプレイヤーは、

苦痛を選び、苦痛を苦痛と思っていません。

それは損切の意味(必要性)を理解しているからです。

「トータルで勝てばいい」というのはよくある話で、

どんな教科書でも書かれているはずです。





極端に言えば、

1勝9敗のシステムでもトータルプラスになれば優秀といえます。

しかしこれは、万人ウケしません。

素人ほど、高勝率を好む傾向にあります。

9勝1敗どころか、10勝0敗のシステムを求め彷徨っているようです。

1回の損切にも耐えられないプレイヤーは、

10勝0敗のシステムしか受け入れられないタイプなので、

1敗する度にシステムを転々とします。

浮気に浮気を重ねて、いつまで経っても資金は殖えません。





僕はトータルで勝ちにいくことを徹底しているので、

何が起ころうとポートフォリオ全体では負けようがありませんし、

口座が1つ吹っ飛んだところで痛くもかゆくもありません。

そのためのポートフォリオです。

中にはレバ1倍で大きな資金を動かしている口座もあります。

というか、資金の大部分はこういう運用に回しています。

レバ1倍ですが勝率100%の必勝法なので重宝しています。

月利3%程度しか拾えませんが、

そもそも資金が大きければ3%でも十二分に鬼です。





トレーダーであれば誰しも、

優秀なシステムを求めていることは間違いありませんが、

「優秀」の定義は人によって違っているようです。





僕にとってトレードは、

最終結果こそが全てなので、途中結果(経過)はどうだっていいし、

途中経過(目先の短期的な損益)を気にしたことがありません。





しかし驚くべきことに、

大多数のトレーダーは途中結果が全てだと思い込み、

実際、途中結果に振り回されて、

一時的な損益結果に一喜一憂を繰り返しています。





日常的な快楽の果てに、最終的な苦痛を味わうか、

日常的な苦痛の果てに、最終的に快楽を味わうか。





この選択によって勝敗がハッキリしますが、

大多数のトレーダーは前者を選びます。

最後に泣くか、最後に笑うかです。





僕は我儘で、

いつも笑っていたいタイプなので、

そういうポートフォリオを構築しています。

今年も爆益でしたが来年は更に爆益になることが、

既に見えています。

霧が無いので視界良好です。





取るに足らない損切でリタイアされる方がいらっしゃる一方で、

時を同じくして、

ガンガンに資金を追加投入される方も数多くいらっしゃいます。

それだけ本物のポテンシャルを感じ取っていただけている証拠だと思います。





「損切」の解釈の仕方によって、

全く逆の行動パターンが形成されるのは本当に興味深いです。





トレードで勝とうと思った場合、

どこかで大きな勝負に出ない限り、大して勝てません。

ちまちまやったところで、いつまでもラットレーサーです。

僕は資金が少なかった時代に大きく勝負を仕掛けてきたので、

だからこそ今があります。

今になって思えば、それらはギャンブルそのもので、

とてもトレードとは言えないようなトレードでしたが・・・・。

そういった経験もまた大きな資産になっています。





最後に泣くか、最後に笑うか。





あなたなら、どちらを選び、

どういったポートフォリオを編成しますか?

今年も最高の形でトレードを締め括ることができました。

来年もまた、一緒に頑張っていきましょう!!!!!





損切せずにホールドしておけば爆益だった・・・・・

とか、後付けでは何とでも言えます。

結果論で物事を捉えることを止めたとき、

常勝トレーダーへの道は必ず拓けます。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

まずはEA3で僕の実力をお試しください。

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






2019年12月15日

【朗報】スマホ版MT4の動作環境を劇的に改善する方法


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神ツールも大絶賛いただいています。)

lion.jpg




MT4のスマホアプリは、

多くのトレーダーにとて強い味方だと思います。

特にサラリーマントレーダーにとっては手放せないアプリかもしれません。

ネット環境さえあれば、

何時でも何処でも不測の事態に対応できるという、

その安心感を携帯しているようなものです。





僕の場合は専業トレーダーで、

裁量は殆どやっていませんし、

ほぼほぼ自動売買に任せているので、

スマホアプリは不要といえば不要なんですが・・・・

実はPC版MT4よりもスマホ版MT4のほうが、

機能的に優れている箇所がいくつかあって、

スマホ版MT4も愛用しています。





ちなみに僕は、

MT4口座だけでも数十口座をポートフォリオ管理しているので、

日常的にアカウント切替を頻繁に行っています。

これもスマホアプリであれば1タップでできてしまうので、

便利と言えば便利なんですが、唯一のネックが・・・

アカウント切替直後、

アカウント情報が反映されるまでに時間が掛かり過ぎるということです。





残高やポジション、各通貨ペアの現在レートなどなど、

通信速度環境に関わらず、

諸々の情報がリフレッシュされるまでに随分と時間が掛かります。

といっても、せいぜい数秒の話なんですが・・・

場合によっては1分以上要することもあり、

この些細なストレスが日に何度も積み重なると、

それなりの疲労をもたらします。





トレードは、あらゆる面で、

いかにストレスフリーな環境を構築できるかの勝負でもあるので、

どんなに些細なストレス材料も見逃せません。





もちろんこれは、

複数口座をスマホ版MT4に登録しているヘビーユーザーに限る話ですが、

もしかすると、1口座しか使っていない場合にも、

アプリ起動時に同じ症状が現れているかもしれません。

口座情報が更新表示されるまでにやたらと時間を要する症状です。

気配値メニューを表示させても、

表示直後はレートが前回最終表示のまま硬直しているはずです。





そもそもPC版と違って、

必要最低限の機能しか実装していないスマホ版で、

何故ここまで動作が遅いのかずっと不思議だったんですが、

今更ながら、ようやく原因に気付きました。

スマホ版MT4の初期動作を劇的に改善する方法が1つあります。

拍子抜けするほど単純な話なんですが、

気配値に表示している通貨ペアを、非表示にしてみてください。

できれば全て非表示、何も表示していない状態が理想です。

スマホで発注しないのであればレート表示は不要のはずですし、

そもそもチャート上でタップすれば発注メニューに飛べます。





気配値を消す。

ただこれだけで動作環境が劇的に改善されます。

どうやらアカウント切替直後はまず、

レートダウンロードからバックグラウンド処理されているようです。

この処理が完了するまで、表示内容が更新されないみたいです。

気配値の最小化による負荷軽減は、

PC版であれば皆さん当たり前に実践されている工夫だと思いますが、

実はスマホ版でも超有効だったというのは盲点でした。

特にヘビーユーザーの方はぜひ実践してみてください☆





サラリーマントイレーダーの方にとっても朗報かもしれません。

トイレに駆け込んだはいいものの、

情報更新が遅ければいつまで経ってもトイレ―ドできず、

個室滞在時間も長くなってしまいますしねwww





ちなみに、

ポジション保有中の通貨ペアは非表示にすることはできません。

強制的に表示されます。

つまり、ノーポジションの時にいったん全て完全非表示にしてしまえば、

後は自動的に、必要最低限の通貨ペアだけが表示される仕組みです。





余談ですが、PC版MT4については最低限、

以下の負荷軽減策はやっておいたほうが良いかもしれません。

これだけでもだいぶ軽くなるかと思います。



・音声オフ
・ニュース受信停止
・ヒストリーバー本数の最小化
・気配値ボードの非表示




ヒストリーバーは、

特殊なEAでない限り2000本もあれば十分です。

VPSなどでMT4を複数起動させておく場合、

各チャートも最小化させ、

更にMT4そのものも最小化させてタスクバーに収めておいて、

デスクトップには何も表示されていない状態にしておくとより効果的です。

とにかくメモリ・CPUに負担が掛かることのないよう、

バックグラウンド処理にまで気を配ってあげる必要があります。





言うまでもありませんが、

不要なインジケーターはどんどん消してください。

勝っているトレーダーほど、画面がシンプルです。

負けているトレーダーほど、画面がグチャグチャです。

あれこれインジケーターを詰め込んで、

バリバリにトレードやってる感を出したところで、

勝たせてくれるような甘い世界ではありませんので、

要らないものはどんどん消していくのをオススメします。





そういえば先日、

ある十億トレーダーさんの取引プラットフォームを見せてもらったんですが、

チャートが何一つ表示されていないことに驚かされました。

もちろんティックデータもありません。

何が表示されていたかというと、気配値のみです。

プライスボードだけが整然と並んでいました。





インジケーターも要らないどころか、

ローソク足すら不要な情報でしかないと言うのです・・・・。

そして実際にトレードもリアルタイムに見せてもらったんですが、

1日でサラリーマンの年収程の利益を出していました。

何を見ていたかというと、やはり気配値のみです。

点滅の間合い、リズム、飛び方、各通貨の連動性、

それらの呼吸と、自分の呼吸とを合わせているようでした。

呼吸だけで勝負しているトレーダーも実在しているということです。





僕には彼が、鹿に狙いを定めて、

茂みで息を潜めているライオンのようにも見えました。

いや、というよりライオンそのものでした。

そして実際に気配値のみで勝てているのだから、

確かに彼からしてみれば、

気配値以外の情報は不要であることは間違いありません。

逆にいえば、

MT4画面に不要な情報が溢れているトレーダーほど、

ライオンの餌食にされるということです。





またまた余談ですが、

冒頭で「MT4口座だけでも」という表現をしたんですが、

「FXってぜんぶMT4じゃないの?」と思われた方も、

もしかすると中にはいらっしゃるかもしれません。

一般的には多くのトレーダーはMT4で取引していますが、

MT4というのは極一部の取引プラットフォームに過ぎませんし、

MT4はあまりにも遅いので、ハイレベルなトレードには使えません。





遅いと言っても、普通の感覚でいえば、十分に早いはずですし、

体感できるレベルでは、何一つ不足を感じないはずです。

しかし、体感できないレベルの世界で、遅すぎます・・・・・。





たとえば僕の周りでレイテンシー取引なんかをやっている友人らでも、

MT4を使っている人間は一人もいません。

遥かに高次元なプラットフォームを自前で構築しています。

ランニングコストだけでも月に数百万とか普通に掛かります。

それに見合うリターンが担保されているから設備投資できるんですが、

そういった話を抜きにしても、

環境構築に拘ることのできないトレーダーは終わってます。





ロジックに拘る前に、

環境に拘るのが先なんじゃないかなと・・・・

負け続けているトレーダーを見ながらいつもそう思ってしまいますが、

ロジックこそが全てだと勘違いしているトレーダーには、

あえてそれ以上は何も言わないようにしています。





市場に投資する前に、

先ずは、投資する環境に投資したほうが賢明だと、

僕はいつもそう考えながら環境の隅々をメンテナンスしています。





環境投資をスキップして、

いきなり市場投資してしまっているトレーダーが多すぎるような、

そんな気がしてなりません・・・・・。





そして、

環境投資を惜しまないトレーダーらは、

自己投資も惜しまないという相関があるので、

人としても魅力的、魅惑的なプレイヤーが多いです。





それにしても、

非公開EAのほうも順調に利益を積み重ねてくれています。

年内にはプラス1000万に届きそうですね。



rireki.jpg




20191215_2.jpg





ちょうど月利50%前後を維持し続けている状況です。

多くのユーザー様から感動の声をいただき本当に嬉しいです。





あまりにも優秀すぎるので、

先週の相場もあえて稼働させっぱなしにされていた方も、

中にはいらっしゃるみたいですが・・・・

嵐の沖に船を出すのはただの自殺行為ですので、

資金管理、稼働管理はしっかりお願いしますね。笑





短期的に勝ちたいのか、

長期的に勝ち続けたいのか、

とてもシンプルな二択です。

僕は迷わず後者を選び続けてきて、今があります。





それから、

多数の個人メッセージをいただいており、

返事が追い付いておらず申し訳ございません。

全てに目は通していますが、

マナーに欠ける方や、

ブログを読めば解る内容を質問してくる方など、

勝ち目のないトレーダーは無視させていただきますので悪しからず。





およそ2件に1件しか返事しておりません。

いつもしつこく書いているんですが・・・・

トレードルールを守る以前に、

人としてのルールを守ることを優先されてください。

トレーダーになる以前に、

ヒトにもなれていないトレーダーが多すぎます。

マナーのない人間にお金は流れません。

相場の流れを見極める前に、

お金の流れを見極めたほうが遥かに有益ですし、

相場で勝とうと思ったなら、間違いなくそれが最短です。







今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。
(月10万レベルであれば超楽勝、あとはヤル気次第です。)

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






2019年12月10日

【暴露します】コピートレードでは絶対に勝てない、その理由。


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神ツールも大絶賛いただいています。)

blog0.jpg



今日はEAのほうも殆どノートレですね。

ユーザーの皆さんはノーポジに近い状態のはずですので、

このまま稼働停止させても良いかと思います。

明日はFOMCはじめ大型指標が控えていますので、

遅くとも明日11日夕方までには、

完全ノーポジションの状態にしておいたほうが無難です。

公開用の口座はあえて止めずにブン回しますけどね。笑笑

どこまで耐えられるのか、そのサンプルを採取するためです。





非公開EAはエントリーポイントそのものを厳選しているので、

全くエントリーしない局面も多々ありますが、

そもそもエントリー回数は全く重要ではありませんし、

勝つ時だけ入るというのが、勝ち続けていく上での絶対条件です。

ポジションを取らないことに耐えられないという方は、

トレードで飯を食っていくのは諦めたほうが良いかもしれません。





ポジションを取ることよりも、

ポジションを取らないことのほうが大事なので・・・。

本物のシステムってそんなもんです。





とはいえ、

EA2やEA3の利回りは既にご体感いただいているとおり、

少ないトレード回数でありながらも、

驚異的なパフォーマンスを示し続けているはずです。

「勝ち続ける」というのがどういうことなのか、

僕のEAを通じて身体に染み込ませてもらえたら嬉しいです。





それにしても最近は、

どのSNSをみてもコピートレードばかりですね・・・・。

皆こぞって実績アピールしてますが、

1年以上の取引履歴を動画で出せてる人って見たことありますか?

しかも、出金実績のあるリアル口座で。





それをリアルタイムに実現できているのは、

おそらく僕だけなんじゃないかと思います。





理由は超単純で・・・・

どんなコピートレードも長くてせいぜい数ヶ月、

下手すると数日で溶けてしまう粗悪なものが大半だからです。

勝っている週だけ取引画像載せてる輩ばかりですよね。笑

1年以上の連続的な動画として出せるトレーダーはそういません。





それで、

最近のトレード業界の傾向はどうかというと、

本物のコピートレードを更にコピーして、

それをあたかも原本であるかのように、

末端ユーザーへ提供する連中が氾濫してきているようです。





下手すると、

コピトレをコピーしたものを更にコピーしている業者もいます。

2重スパイ、3重尾行みたいな世界ですが、

本物と偽物は、素人には見分けが付きません。





超高速ミラーリングなので、

実際、全く同じシステムに見えます。

約定時間も秒単位まで同じなので。





ただ、

コンマ秒以下の世界で実は誤差が生じています。

それを月に数千回と繰り返すと、

明確なパフォーマンスの違いとなって露呈します。

もちろん、ブローカー環境も違っていれば尚更です。





原本からコピーされたトレードは、確実に劣化します。

ユーザーにとって不利側へブレるということです。

有利側へブレることは絶対にありません。

完璧に右肩上がりのシステムがあったとしても、

トレード環境が0.5pips違えば、

完璧に右肩下がりのシステムに化けてしまう世界です。





そんな中でコピー品が氾濫しているというのは、

かなり恐ろしいというか・・・・

素人トレーダーには見分けようがないので、

ほとんどギャンブルとしか言いようがありません。

見た目は、全く同じです。

しかしパフォーマンスには雲泥の差が出ます。

本家本元のコピートレードしか使い物になりませんが、

3重コピー、4重コピーが平気で出回っているので、

本当に気を付けてくださいね・・・・。





高校や大学では、

テスト前になると過去問が出回ったり、

優秀な生徒の授業ノートのコピーが出回ったりしますが、

その拡散速度は尋常じゃありません。

たった1部でもコピーが出回れば、

1瞬にしてクラス全員の手に渡ります。

直接渡した覚えのない人間が、何故か既に持っている。

みたいな状況ですね。笑





それで、よーく見てみると、

人それぞれ、コピー原稿の解像度が違っています。

もちろん一番きれいなものは、

本人だけが持っている原本そのものですが、

ソースから遠のけば遠のくほど、文字が劣化します。

コピーされた文字を更にコピーすれば、

文字はどんどん潰れてしまい、

最終的には解読不可能なレベルまで劣化します。





相場もこれと同じで、

超劣化したコピートレードが出回りまくっています。

それも、本家然として・・・・。





結局、相場で勝ち続けるということは、

本物の情報源(ソース)と、

どれだけ近い場所にいれるかの勝負だったりします。





コピーの恐ろしさは何と言っても、

その拡散力、拡散速度、劣化度で・・・・

瞬く間に、粗悪品で溢れ返ってしまいます。

それで本家は埋もれるので、情弱は粗悪品の餌食になります。





ちなみに、

もし僕にご興味いただける方がいらっしゃれば、

先ずはEA3をお使いいただいて、

僕の実力をお試しいただければと思います。

巷に氾濫しているシステムと一味違う部分を、

きっと肌身で感じ取っていただけるかと思います。





ここ最近は本当に多くのお問い合わせをいただいており、

ご返信差し上げるまでにお時間をいただいております。

予めご了承いただけますと幸いです。

対応時間だけで膨大なタスクになってしまうので、

礼節に欠けるトレーダーは無視しますので悪しからず。

だいたい2人に1人はシャットアウトしています。

自らチャンスを逃していることに気付かれてください。





トレーダーになる以前に、

「まっとうな人間」になることを優先したほうが近道です。





僕の勝手な経験則ですが、

勝っている人ほど礼節に厳しく、

そういう部分を何よりも大切にされています。

トレードルールを固めるよりも先に、

人としてのルールを固めることをお勧めします。





結果的に、

それが本物の情報へとつながっていくので。





バイナリーオプションのインジケーターもご好評いただき、

本当にありがとうございます。

想像以上の大反響で驚いています。

まだ10日程度ですが・・・・

ある特殊な資金管理方法と組み合わせて、

30万を100万まで殖やされた方や、

200万を500万にしてしまった方もいらっしゃるようです。

くれぐれも欲は張らず、資金管理は徹底されてくださいね。笑


blog2.jpg



blog1.jpg





非公開EAのほうも間もなく1000万円達成です!!!

利回りでいうと+200%になります。

これはユーザーの皆さんとリアルタイムに共有してきた、

公開後のフォワード実績であって、動かぬ事実です。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。
(月10万レベルであれば超楽勝、あとはヤル気次第です。)

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






2019年12月02日

【暴露します】" 個人 " 投資家でも " 機関 " 投資家を出し抜ける!?


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神インジも大絶賛いただいています。)

dubai2.jpg



最近は割と普通に、

個人でも時速300kmほどで飛べるみたいです。


Jetman Dubai
http://nextchapter.jetman.com/


もはや何でもアリの時代になりつつあります。

イギリスの百貨店では普通にジェットスーツが売られています。

飛び方の解説動画付きでwww





個人が飛んでいる空と、

旅客機が飛んでいる空は、同じ空です。

個人投資家がトレードしている市場と、

機関投資家がトレードしている市場も、

やはり同じ市場です。





当たり前すぎる話なんですが、とんでもない事実です。

ジャンボジェットに衝突すれば、個人は木端微塵に消滅します。

そんなトレードが目まぐるしく交錯し、

実際、多くの個人トレーダーは死んでいます。

相場は、戦場でしかありません。





戦場であることと、戦場でしかないことは、

似ているようで違います。

後者のほうが遥かに厳しい環境です。

戦場ではなくて、

戦場でしかないので、

1歩でも入った瞬間に命を狙われるということです。

これは比喩ではなくて、実際にそれが事実です。





どこまで武装しても十分過ぎることはないので、

十分に十分を重ね、

徹底的に武装した上で相場へ乗り込むのが大前提ですが、

裸で戦車にケンカを売りにいくトレーダーが後を絶ちません。

前に倣え状態です。





資金力も、情報量も、ハード環境も、頭脳も、

全ての面で機関投資家が上手です。

どれも1万倍ほど上手なので、比較対象にすらなりません。

単純に、どの角度からみても勝ち目がありません。

戦車はそういうふうに作られています。

ほとんど絶望的です。





そこで気の狂った個人投資家らは、

竹ヤリで戦車を突きにいって消え去ります。

資金に乏しいが故の、オーバートレードです。

なぜ、勝てないと解っていながら体当たりを挑もうとするのか・・・・

人間の不可解な行動パターンのひとつです。

下手すると、勝てると勘違いしているきらいすらあります。





たしかに、

難攻不落を思わせる戦車にも弱点はあります。

しかしその弱点を完璧に理解しているのは、

やはり全トレーダーの1%に満たないようです。





ヘッジファンドの仕事は、

トレードで利益を出すことはもちろんですが、

トレードすることそれ自体が仕事です。

ディーリングがなければディーラーの仕事は成り立ちません。

顧客から手数料をとろうと思えば、

絶対的にトレード頻度そのものを上げる必要があります。

トレードの中身は関係ありません。

そこが機関投資家の最大の強みであると同時に、

最大の弱点です。





常にポジっていく必要があり、

たとえ入る局面がなかったとしても、入らなければなりません。

このことがまさに、唯一の弱点です。





そこに「トレードしない」という選択肢はありません。

上司からは「早くポジション建てろ」と急き立てられます。

したくなくても、しなければならない。

これはほとんど拷問に近いものがあります。

ひとえに、手数料を積み上げるためです。





一方で個人には、

「トレードしない」という選択肢が与えられています。

ポジるかどうかは完全に個人の自由です。

つまり個人投資家は、

無闇にポジションを建てる必要がありませんが、

ディーラーにはその自由がありません。





このことが、

個人の持ち合わせている唯一にして最大の武器です。





個人の武装手段は、

残念ながらこれだけですが、これで十分です。

見送るべき局面では、見送ることも許されます。

このアドバンテージは計り知れません。

個人は待てるということです。



dubai1.jpg





待てないトレーダーは、市場の養分になって終わりです。

トレードの本質は、我慢比べです。

バイナリーオプションなんか特にそうです。

待って、待って、ひたすら待って、

どこまで自分が得意とする間合いまで、

チャートを引き寄せられるかです。

我慢できないトレーダーはどんどん脱落していきます。

待てないということは、

個人のアドバンテージを理解していないということです。





ポジることが大切なのか、

利益を出すことが大切なのかです。

資金力に欠けるトレーダーは、

利益に飢えているので、

利益を取るためにポジションを取りにいきます。

オーバートレードで、しかもフライングで。

目も当てられません。





利益は取るものではなく、残すものです。

取った利益は奪われるので、コツコツドカンで終了です。





常勝トレーダーは、

「待つ」という選択肢が、

個人の持てる唯一のアドバンテージであることを知っているので、

利益を取りにいくことなく、利益を残すことを優先できます。

利益は、積み上げていくものではありません。

残していくものです。





この違いを理解していないトレーダーは、

不要なトレードによって積み上げた利益を飛ばします。

長い時間をかけて積み上げた利益を一瞬で消し去り、

また振り出しに戻るということの繰り返しです。

コツコツドカンであればトントンなので、

別にお金は無駄にはなっていませんが、

そこに費やした時間を無駄にしています。





命はいつまでも続かないという事実が、

腑に落ちていないトレーダーは、

何時まで経っても行ったり来たりを繰り返しています。

時間が有限であることを知らないようです。





死ぬ頃になって、

トレードで利益を出しても遅すぎます。

お金は遣うためにあるので。





焦れば焦るほど、その分だけ必ず遠回りになります。

自分の命の有限性を悟った瞬間、

ポジりたいという欲求は消えるはずです。





長期的な視点で運用できないトレーダーほど、

何時でも何処でもポジりたがりますし、

数量を増やしたがります。

利益を取りにいこうとしている証拠です。





利益は取りにいくものではなく、

積み上げていくものでもなく、

残していくものです。





利益をしっかり残せたトレーダーだけが、

更に武装するための資金力を手にします。

とても単純な、戦場です。





今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。
(月10万レベルであれば超楽勝、あとはヤル気次第です。)

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ


非公開仕様のEA2も順調に伸びています!!!

公開後のトレード履歴です。

20191202.jpg







2019年12月01日

【かなり控えめに言ってネ申!?】バイナリーオプションインジケーターを " プロ " が作るとこうなる。


kami.jpg


先日ツイッターで少しBOインジを公開したんですが、

反応が凄まじすぎてビビりました。汗

何よりも、

バイナリーオプションの人気がまだまだ衰えていないと言う、

その根強さに驚きです・・・・





ある意味、

大衆トレーダーの資金事情が垣間見えたような気もします。

僕がBOをやっていたのは10年以上も昔の話です。

今は全くやっていません。





当時はそれこそ、

日本では「バイナリー」という単語すら聞かれない時代でしたが、

キプロス島にオフィスを構える某カジノ会社が、

同じ並びでオプション取引環境を提供していました。

キプロスっていう時点で半端なく怪しいですよね。笑





当時はそもそも資金と呼べる資金もなかったので、

短期的に稼げるチャンスを世界中から拾い集めていました。

そして当時はバイナリー自体が完全に未成熟だったので、

業者側もまだまだ、ハウスエッジを調整している最中でした。

サービス環境そのものが穴だらけだったのです。






ということで、

キプロスの某ブローカーも、

信じられない好環境を提供してくれていて、

トレーダーにとっては完全にフィーバー状態でした。

月に数百倍が当たり前という状態がしばらく続きました。

ほとんどバグに近いレベルです。

もちろん速攻で追い出されましたが、

そのブローカーも今は改悪されて使い物になりません。





その後5年ほどかけて、

海外ブローカーが次々とBO参入してきましたが、

ほとんどクソですね。

強いていえばハイローオーストラリアぐらいでしょうか。

ここもクソですが、他社に比べればマシですし、

数百万〜数千万のスケールであれば余裕で稼げます。





ただ冒頭にも書いたとおり、

僕はいまバイナリーは全くやっていません。

たま〜に遊びでやるぐらいです。

アホみたいに稼げる情報と、世間大衆の情報は、

だいたい10年ほどのタイムラグがあります。





そういう意味で、

未だにBOトレーダーが多いという現実をみて、

正直なところ驚きを隠せませんでした。





なぜ僕がBOをやっていないのかというと、

あまりにも流動性に乏しく、

ブローカーの器が小さすぎるからです・・・・。

1名義あたりせいぜい1千万ほどしか稼がせてくれません。

たとえばハイローで1千万稼いでロックされた場合、

半分を税金で納めて500万が残りますが、

更にその半分を名義人へ報酬として支払うと、

トレーダーの手元には200万ちょっとしか残りませんし、

最近は1千万に到達する前に潰されることも多々あります。

同じデスクから複数のアカウントを操作する場合、

IP環境の構築なんかもけっこう面倒臭かったりします。

これ以上はここでは伏せますが・・・・





そんなこんなで、全ての手間暇と純利益を総合すると、

全く割に合わない重労働なので、僕はやっていません。

それがもう10年以上も前の話です。

そこで膨らませた資金を種銭として、今はFXをメインでやっています。

バイナリーで必死こいて1アカ200万あげたとしても、

その間にもFXの自動売買が、

それを遥かに上回る利益を生み出してくれます。

しかも完全自動で・・・。





なので、

僕からすればBOには何の価値も魅力もありません。

ただ、それは今だからこそ言える話であって、

ゼロから資金を作らなければならなかった当時の自分にとっては、

BOはまさしく最高に魅力的な投機対象でした。





BOが重労働なら、

BOも自動化すればいいじゃんっていう話になりますし、

BOを自動化することも簡単です。

ただ、BOでは1秒の遅延が勝敗を隔てます。

サイン判定処理、執行処理、リトライ処理・・・・

などなど考えると、到底、ロボットには任せられません。

1%の勝率の違いが天国と地獄を分かつ世界の中で、

エントリーを自動化させるのは完全に自殺行為で、

お金をドブに捨てるも同然、ただのギャンブルです。





ということで、

BOは基本的に手動トレードが大前提となり、

となるとやはりそれは僕にとって重労働です。

投資の醍醐味はお金に働いてもらう部分にこそ妙があるので、

BOはトレードであって、投資とは言えません。





一方、

FXは僕にとっては投資なので、やる価値があります。

とはいえ、

本物の投資をやろうと思った場合、

最低でも1000万、

できれば5000万、

もっといえば1億は最低ラインとして必要です。





よく数十万でFXやって、

資金溶かしたみたいなこと言ってるトレーダーがいますが、

そもそも数十万というスケールは、資金とは呼びません。

1億を手堅く回そうと思った場合には月利1%でも十分ですし、

月利3〜5%を確実に出していく手法はいくらでもあります。





ちなみに、

「確実」というレベルで月利1%超を維持するのは神です。

別に1億を月1%で回しても月益100万にはなるので、

贅沢をしなければそれだけでも暮らせます。

さすがに港区では暮らせないかもしれませんが・・・・。

それで大衆の多くはそもそも資金力が乏しいので、

どうしても高利回りを狙ってしまいがちです。

要するに「焦り」で自滅していくんですが、

その「焦り」の元凶はやはり、根本的な資金の乏しさです。





そこで、

僕が使っていたBOインジを少し公開してみたんですが、

公開直後から応募が殺到してしまい、

あっと言う間に受付を締め切らせていただきました。

締め切り後にご連絡いただいた方は申し訳ありません。

今日は日曜日で相場もクローズしていますが、

にも関わらず、未だに爆益メッセージが届き続けています。





それだけ皆さん、

本物のインジと出逢われたのが初めてなのかもしれません。

多くの方が、

感動を超えて「気持ち悪い」とおっしゃっていて、

「なぜここで天井になるのか解らない」とか、

「ピンポイント過ぎて不気味」といったメッセージが大半です。

天井や底なんて、解らないのが当然ですし、解る必要もありません。

相場は常に正しく、目の前で起こっている事実としての相場が全てです。

別に反転理由が解ったところで、真実なんて誰にも解りません。

世界の誰か1人が爆買いすればそこで上がります。

そういった普遍的な視点から自作したインジになります。





既に受付は終了していますが、

再公開依頼があまりにも多い上、

毎回毎回ご連絡をいただいてお断りさせていただくのも、

双方にとって時間の浪費になってしまうので、

限定的に再公開させていただくことにしました。





億単位の資金レベルになってくるとBOはやる価値ゼロですが、

貯金が1000万も無いような人にとっては、

これ以上にない魅力を備えたマーケットです。

まずはBOでサクッと数百万、数千万ほど作っていただいて、

どんどんFXのほうへ回していけば良いんじゃないかなと思います。

ちなみに先週金曜日のトレードはこんな感じです。


USDJPY.jpg


GBPAUD.jpg


EURUSD.jpg


EURUSD2.jpg


EURAUD.jpg





言うまでもありませんが・・・  これらのトレードは、

別に勝っているところだけを抜き出している訳ではありません。

既にインジをお使いいただいているユーザーの皆様と、

リアルタイムにトレードをシェアした結果で、

ただの事実に過ぎません。

その辺に溢れているアホなインジとは訳が違うので。笑





「かなり控えめに言って神」というのは、

僕が勝手に付けたフレーズではなくて、

実際のユーザー様からいただいたお言葉です。

嬉しかったので、タイトルにそのまま使わせてもらってます。笑





いちおう仕様をご紹介しておきます。

パラメータ―は、何もありません。笑

シンプルです。

何もいじる必要がありません。

サイン矢印の色と大きさだけ調整してください。笑

詐欺インジによくありがちなリペイントも一切しません。

ダラダラと二言を続けるトレーダーは勝てない世界なので。

サイン条件を満たしている場合、

10秒間隔(自由に変更可)でアラート音が鳴り、

ポップアップウィンドウにも表示されます。

ここでどの通貨ペアが鳴っているのかを瞬時に判断できます。

マルチタスクのPCユーザーにも対応してくれます。

サイン確定時にはスマホへメール送信することも可能です。


alart.jpg





つまり事実上、

チャートに貼り付く必要がありませんし、

チャートを見る必要もありません。

サラリーマンでも職場でトレードできてしまいます。

かなり痒い所に手が届く仕様にしています。





実際に稼働していただければお判りいただけるかと思いますが、

このインジの使い方、応用方法は無数にあるので、

無限のポテンシャルを秘めています。

インジは所詮、トレード「補助」という位置付けです。

単なるサポーターで、ひとつの食材に過ぎません。

食材を生かすも殺すも、全てトレーダーの腕次第です。

僕は少なくとも、これを超えるインジを知りません。

僕の知る限り、最強です。





これを使っても勝てない場合、

そもそもそれがインジというジャンルの限界地点なので、

インジだけで勝つということ自体を諦めたほうが無難です。

いつまでも聖杯インジを求めて彷徨っている限り、

永遠と同じ失敗を繰り返すことになります。

そういう人は、とっとと裁量を極めてください。

どう考えても裁量トレードが最強です。

EAやインジは所詮、言語の塊に過ぎないので。





もちろん既に裁量をやっているトレーダーにとっても、

このインジは手放せないツールになってくるかと思います。

反転が迫った時点で知らせてくれるので、

チャートに貼り付く必要がなくなります。





インジが示すサインに、

ご自身の裁量を足し合わせていただくことで、

控えめに言って神トレードを連発していただけるはずです。

もちろん、FXにお使いいただくことも可能です。





1週間の無料版をご用意させていただきますので、

先ずは試しに使用感をご確認ください。

無料の試食を提供できるのは、

それだけに自信があるということです。

他のインジと比べてみてください。

比べ物にならないはずです。

それは単純に、僕がプロだからです。





本インジのお申込みは、

EA3(無料)をご利用いただいている方のみに限定させていただきます。

動作条件としてEA3の稼働状況を読み込みますので、

EA3の稼働を確認できない場合には本インジも正常動作しません。

まだEA3を未導入の方におかれましては、

コチラの記事よりEA3のお申込みをお願いいたします。

EA3の稼働を開始された段階で、

下記よりインジケーターをお申込みください。


indiform.jpg

※EA3未導入の方はお申込みいただけません。





ラインナップは下記のとおりご用意させていただきます。

クレジットカード決済もご利用可能です(手数料3.6%)。


1週間版:無料

1ヶ月版:2万円

3ヶ月版:5万円

1年版:15万円

永久版:20万円




1週間版は使用感をご確認いただくための体験版ですので、

お一人様1回までのご利用とさせていただきます。

また、FXに比べBOは流動性が非常に厳しいので、

ユーザーの皆様の実稼働状況を見ながら、

本インジに関しては予告なく公開終了させていただきます。

締切後の再公開は一切行いませんのでご了承ください。




また、永久版を御購入いただいた方に限り、下記2点の特典をお付けします。

【特典1】
バイナリーにはエントリー厳禁の時間帯がいくつかあります。
この時間帯を回避するだけで勝率が飛躍的に向上しますので、
この時間帯をお伝えさせていただきます。


【特典2】
1ヶ月で資金を数十倍〜数百倍にしてしまう、
実際に僕が使っていた資金管理方法をお伝えさせていただきます。
世間でよく言われている方法と酷似していますが、
ほんのひと工夫加えるだけで天と地の差が出てしまうのが相場です。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。
(月10万レベルであれば超楽勝、あとはヤル気次第です。)

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






EAE8A9B3E7B4B0E381AFE38193E381A1E382893-8297e.jpg


よく読まれている記事
  1. 1. 【非公開EA】限定プレゼント企画
  2. 2. ここに書けない案件
  3. 3. 【かなり控えめに言ってネ申!?】バイナリーオプションインジケーターを " プロ " が作るとこうなる。
  4. 4. ゴミEAが氾濫するトレード業界の " 裏側 " を暴露
  5. 5. 【勝組トレーダー必見】高級鮨屋で絶対に言ってはいけないNGワード
  6. 6. シェアリング中のシステム一覧
  7. 7. 非公開EAの解放について
  8. 8. 自作EAのシェアリングについて
  9. 9. 【兼業トレーダー必見】9割のトレーダーが見落としている、致命的な判断材料。
  10. 10. 業者と、聖杯。
プロフィール
プロトレーダー Kenさんの画像
プロトレーダー Ken
プロフィール
最新記事
tool.jpg
FX計算ツール



検索


mail.jpg
ご質問、ご相談、お仕事のご依頼はこちらまで、お気軽にどうぞ♪♪