2019年11月19日

" トレーダー " を名乗る " ギャンブラー " が絶えない理由



このブログをお読みくださっている方の大多数は、

トレーダーもしくは投資家の方だと思います。

そして今まさにこの瞬間において、

何らかのポジションをお持ちのトレーダーも多いと思います。





中にはナンピンしまくって、

お願いだから上げてくれとか、

頼むから下げてくれとか・・・・

完全に神頼み状態で、

チャートに祈っているトレーダーも少なくないはずです。





自己都合を相場に押し付けたところで、

相場は一個人の意思など気にも留めていません。





今この瞬間に何らかのポジションをお持ちの方に質問です。

それはどの通貨ペアで、数量はどのくらいで、

約定レートはいくらでしょうか?

きっと多くのトレーダーは、ポジション内容を即答できるはずです。

少なくとも、エントリーしている通貨ペアと、

そのエントリー方向ぐらいは把握しているに違いありません。





ちなみに僕は、

同じ質問を投げかけられたとしても、全く答えられません。

自分が持っているポジションをいちいち気にしていないし、

ポジション内容に興味もないし、別に知ろうとも思いません。

あまりに多くの口座数を走らせていて、

ポジション数が膨大過ぎるため、

1つ1つのポジションの面倒を見切れないというのも理由の1つですが、





ポジション内容を把握していない最大の理由は・・・・





ただただ純粋に、

ポジション損益、チャート動向に興味がないからです。

興味を無くしている理由は言うまでもなく、

ポートフォリオ全体でプラス推移していくことが、

やる前から解り切っているからです。

だから、チャートの動きには興味がありませんし、

ドル円がいまどのくらいのレートなのかも知りません。





最終的に勝てることが、

予め判り切っているゲーム環境を構築できた場合、

もうその時点で、途中経過には興味が無くなりますし、

結果が見えている結果を見ても面白くなくなります。





チャートを見る暇があるのなら、

別のことをやっていたほうがマシですし、

そもそも、

そういった「暇」を生み出すためにやるのが投資です。





自分がいま建てているポジションを正確に把握していることは、

それはそれでトレーダーとしては素晴らしいことかもしれませんが、

投資家としては疑問符が浮かびます。





お金がない人ほど、

時間がないと嘆いていますが、

有り余る時間、

十分という枠を超える「暇」を与えられると、

逆に困り果ててしまうのが人間ではないでしょうか。

途端に有り余るお金を与えられた人間が、

下品な遣い方しかできないこととよく似ています。





お金と時間のない人が、

お金と時間の遣い方を知らないというのも、

当たり前といえば当たり前かもしれません・・・。

しかし皮肉にも、勝てないトレーダー達は、

相場に対してお金と時間を求めているように見えます。





投資によって得られるものは、「暇」です。

有り余る時間です。

自分が働く代わりに、お金に働いてもらいます。

お金によって時間を提供してもらい、

お金で時間を買っているとも言えます。





チャートを見る時間が取れないからという理由で、

自動売買を始めるトレーダーも多いかもしれませんが、

そういったEAトレーダーですら、頻繁にチャートを見ています。

ポジションが気になって気になって、

職場でも頻繁にスマホをチェックしているのではないでしょうか。

トイレーダーという言葉もあるほどです。

含み損を抱えている場合には仕事も手につかないはずです。





トレードをシステムに任せておきながら、

自分でもチャートを見ているのであれば、

それは結局・・・

自分が働いていることと何ら変わらず、

つまり投資でも何でもありません。

ただの労働です。





そういうトレーダーが圧倒的多数を占めているのが、

相場界の実情ではないでしょうか。

時間を得るために始めたはずの相場から、

逆に時間を奪われるというのは何とも皮肉です。





チャートが気になるということは、

それだけ、

使っているシステムやロジックに自信がないということです。

自分のポジションをいちいち覚えている場合にも、

やはり同じことが言えます。





本当の投資と言えるのは、

自分が建てているポジションを忘れた瞬間から始まります。

もっと言えば、

自分がトレードしていることも忘れ、

トレーダーであることすら忘れてしまった瞬間から、

投資家としての投資が始まります。





ポジションを、覚えているかどうか。

チャートが、気になるかどうか。

それが、トレーダーと投資家の境界線です。

僕は自分が持っているポジションを知りませんし、

別に知ろうとも思いませんし、

下手するとトレードしていること自体を忘れています。

無数の口座からなるポートフォリオ全体でみれば、

トータルでプラス推移することは判り切っているからです。





個々のシステムによって、

注ぐ資金量やリスク許容度は全く異なります。

手堅いものから、リスキーなものまで、

あらゆるバリエーションの組み合わせによって、

確固たるポートフォリオを構成するという流れです。





少なくとも僕の場合は、

相場に対してお金と時間しか求めていないので、

チャート動向など全く興味ありませんし、

相場に時間を費やすということもありません。

ですからチャートも殆ど見ていません。

見るだけ時間の無駄だからです。





逆に、

チャートが気になって仕方がないというトレーダーは、

かまってちゃん、遊んでちゃんです。

スリルであったり、興奮であったり・・・

チャートに利益以外の何かを求めてしまっている状態です。

相場に構ってもらいたいだけです。





もうそうなってくると、

投資家と呼べないどころか、トレーダーとも呼べません。

ただのスリラー、ギャンブラーです。

刻々と動いているポジション損益、

チャート動向がどれだけ気になっているかで、

ギャンブラーなのか、トレーダーなのか、投資家なのかが解ります。





ポジションを忘れて初めて、投資家です。





どんなポジションを持っているか、

あなたの周りにいる人間に聞いてみてください。

トレーダーであれば全員が回答できるはずですが、

投資家は答えに窮するに違いありません。

ポジションをどれだけ意識しているかによって、

自分の属性が鮮明に見えてくるはずです。



AUDCAD.jpg





今こうしてキーボードを打っている間にも、

自動売買システムが素晴らしいトレードを重ねてくれています。

僕は全面的にシステムを信頼しているので、

自分でトレードしているという意識が全くありません。

トレードは忘れるぐらいが丁度いいのだと、僕は常々そう考えています。





ポジションを忘れ

ポジションを知らないという境地に入って初めて、

お金は殖えていきます。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事でシェアリングしています。

非公開EAの限定プレゼント企画も実施中です☆

ぜひ、本物の実力をご体感ください。



今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9435332
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
EAE8A9B3E7B4B0E381AFE38193E381A1E382893-8297e.jpg


よく読まれている記事
  1. 1. 【非公開EA】限定プレゼント企画
  2. 2. ここに書けない案件
  3. 3. 【かなり控えめに言ってネ申!?】バイナリーオプションインジケーターを " プロ " が作るとこうなる。
  4. 4. ゴミEAが氾濫するトレード業界の " 裏側 " を暴露
  5. 5. 【勝組トレーダー必見】高級鮨屋で絶対に言ってはいけないNGワード
  6. 6. シェアリング中のシステム一覧
  7. 7. 非公開EAの解放について
  8. 8. 自作EAのシェアリングについて
  9. 9. 【兼業トレーダー必見】9割のトレーダーが見落としている、致命的な判断材料。
  10. 10. 業者と、聖杯。
プロフィール
プロトレーダー Kenさんの画像
プロトレーダー Ken
プロフィール
最新記事
tool.jpg
FX計算ツール



検索


mail.jpg
ご質問、ご相談、お仕事のご依頼はこちらまで、お気軽にどうぞ♪♪