2019年08月19日

感覚の必要性と、知識の不要性。


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神インジも大絶賛いただいています。)

soccer.jpg



相場そのものが常に変化し続けている限り、

恒常的に学ぼうとする姿勢は、

相場で勝ち続ける上で絶対不可欠です。




そう考えると、

勉強好きな努力家のほうが、

相場に向いているように思われがちですが、

勉強熱心な人間ほど、陥りやすい落とし穴があります。




たしかに勉強そのものは超重要ですが、

勉強する方向が間違ってしまうと、

その努力は永遠に報われません。




更にタチの悪いことに、

本人はこの罠にハマっている自覚が無い場合が殆どで、

お金、時間、労力を無駄に浪費し続ける羽目になります。




相場では金融デリバティブを扱いますが、

「金融」というキーワードは「経済」の中に位置付けられます。

このカテゴライズの認識が、

本人の気付かぬ内に、落とし穴へといざないます。

相場→金融→経済という流れで紐付けてしまった人間は、

経済のプロになることから勉強を始めようとします。




プロトレーダーはあくまで、相場のプロです。

経済のプロでないどころか、

むしろ経済については殆ど無知な場合が多いです。

無知というより、

情報として必要がないので無関心・・・

という表現のほうが適切かもしれません。

僕自身も経済そのものには全く興味がありません。




目の前で動いているチャートが全てです。




経済のプロといえば、

経済学者あるいは経済評論家のことを指していて、

いわゆるエコノミックアナリストはこう定義されています。


【アナリスト】
証券会社や銀行などの金融機関や投資顧問会社などに所属し、
企業の増資や新製品開発の動向、収益や経営状態、
そして国内外の全般的な経済、政治情勢など、
幅広いデータや情報を調査・分析して、
株価の評価や金融の将来予測を行うスペシャリスト。




彼らスペシャリストの予測は、

いつだってアタリますし、いつだってハズレます。

当然、立て続けに当たることもありますし、

立て続けに外れることもあります。

それ以上でも、それ以下でもありません。




如何にも専門家らしく、

難しい専門用語をダラダラと並べて予測を立てる。

それだけのことに過ぎません。

彼らは、予測を立てるプロというだけのことです。

間違っても、トレードのプロではありません。

予測のプロではなく、予測を立てるプロという部分に注意が必要です。




彼らが導き出した遅すぎる情報が、

雑誌に載っても尚、飛ぶように売れてしまうこと自体が、

大衆心理の危うさを物語っています。




ちなみに証券マンは、

ボロ株を売りつけるプロであって、

やはりトレードのプロではありません。




専門家然として、

難しい専門用語を並べるのは、

ある種の自己防衛のようなものです。




解っていないからこそ、

難しい言葉を遣っている場合が殆どですね。

対象の本質を完璧に理解している人間は、

いちいち難しい言葉を遣いません。

容易に咀嚼できるレベルにまで噛み砕いて、

誰にでも理解できる言葉で説明してくれます。

しかし多くのエコノミスト、アナリストらは、

難解な専門用語を並べることで得意な顔をしています。

単純な話、相場のプロではないということです。




しかし現実問題として、

トレーダーの多くはまず、経済の勉強から入ろうとします。

それも、真面目で勉強熱心な人ほど、その傾向にあるようです。

難解な専門用語を片っ端から頭に詰め込んで、

日々の経済動向にも感度高くアンテナを張っている状態です。




その姿勢自体は素晴らしいことかもしれませんが、

その努力の先に待っているのは、

エコノミストもしくはアナリストであって、

それは単なる経済のプロに過ぎず、

相場のプロではないということです。




例えば株を始めようと思えば、

PER、PBR、ROE、CF、BSといったところから始まり、

リスクを論理的に数式から理解しようと思えば、

デルタ、ガンマ、ベガ、セータといった要素を、

1つ1つ紐解いていくかもしれませんが・・・・




誰でも容易に調べることができて、

誰でも勉強できる内容には何の価値もありません。




一般の世界ではそういう勉強スタイルが通用したとしても、

常に何事も起こり得る相場の世界では無意味です。

もちろん、知らないよりはマシかもしれませんが、

マシ以上でもマシ以下でもなく、ただマシなだけです。




極論すれば、

学術的な専門用語の習得は、アナリストに任せておけば十分です。

相場のプロとして必要な要素は、もっと別の場所にあります。




スペシャリストというのは、

ある分野に特化して、やたらと詳しい人です。

トレードはある意味でスポーツ競技なので、

トレーダーにはアスリートとしての素養が求められます。




トレードをサッカーに喩えてみると、

サッカーを取り巻くあらゆるスペシャリストがいます。




専門家(スペシャリスト)、解説者(コメンテーター)、

実況中継者(アナウンサー)、監督(コーチ)、

審判(レフェリー)などなど・・・




選手はプレイヤーであって、スペシャリストとは限りません。




サッカーに詳しいかどうかは別問題です。

専門家には、スパイクの専門家もいれば、

ボールや芝生の専門家もいるかもしれません。




スペシャリスト、コメンテーター、アナウンサー、

コーチ、レフェリー・・・・・




いずれもサッカーの知識人であることに違いありませんが、

フィールドに立ってプレイできるかというと、甚だ疑問です。

実際に上手いサッカーができるのは、プレイヤーのみ。

そう言っても過言ではないのではないでしょうか。




もちろんサッカーのスペシャリストとして、

サッカーの経験者が多いことも事実ですが、

現役でない以上、勘が鈍っているのであればプレイ不可です。




毎日サッカーボールに触れている人間だけが、

その感覚、直感、勘を維持できるように、

実際にポジションを持っているトレーダーだけが、

相場という掴みどころのない物体を肌感覚で掴むことができます。




目の前のボールの動きはつまり、

チャートの動きそのものです。




アナリストは将来予測のスペシャリストです。

たしかにボールの動きは、

物理法則に従って、入力エネルギーを計算すれば、

その軌道を正確に予測できるかもしれません。

しかし所詮、それは予測止まりです。




どれだけ完璧にシュートできたところで、

キーパーがそれ以上に天才であれば、

つまり予想外のレスポンスを示せば、

そのシュートはあっけなく捻じ伏せされてしまいます。




そうなると、

緻密な論理的計算は殆ど意味を持たなくなってきます。

其処に費やした膨大な時間と労力が一瞬にして無に消えるんですね。

天才キーパーの存在を計算に含み忘れていたという、誤算によって。




常に何事も起こり得て、

予測が意味を成さないのが相場です。




しかし多くのトレーダーは、

予測のスペシャリストになろうとします。

机上で難解高度な論理を詰め込むよりは、

グランドに出てボールに触れていたほうが、

遥かに有意義で、かつ有益です。

逆にいえば、机上の努力は無益とも言えます。




身体とボールが一つになるために求められるものは、

論理ではなくセンス、体感ではないでしょうか。

僕はトレードもそういう風に捉えています。




もちろん勉強する姿勢は必要不可欠ですが、

机上で学ぶのではなく、

ボールに触れながら、チャートに触れながら学ぶんですね。




勉強する方向を間違ってしまうと、

お金、時間、労力の全てを無駄に浪費してしまい、

そのロスはあまりにも大きいものがあります。




相場をやる以上、目指すべき場所は・・・・




レフェリーでなければ、

スペシャリストでもなく・・・・




コメンテーターでなければ、

アナリストでもなく・・・・・




あくまで、プレイヤーです。




トレーダーは、

歴としたプレイヤーに他なりません。




そしてそのフィールドは、

間違っても「経済」ではなく、

ましてや「金融」でもなく、あくまで「相場」です。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9093701
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
EAE8A9B3E7B4B0E381AFE38193E381A1E382893-8297e.jpg


よく読まれている記事
  1. 1. 【非公開EA】限定プレゼント企画
  2. 2. ここに書けない案件
  3. 3. 【かなり控えめに言ってネ申!?】バイナリーオプションインジケーターを " プロ " が作るとこうなる。
  4. 4. ゴミEAが氾濫するトレード業界の " 裏側 " を暴露
  5. 5. 【勝組トレーダー必見】高級鮨屋で絶対に言ってはいけないNGワード
  6. 6. シェアリング中のシステム一覧
  7. 7. 非公開EAの解放について
  8. 8. 自作EAのシェアリングについて
  9. 9. 【兼業トレーダー必見】9割のトレーダーが見落としている、致命的な判断材料。
  10. 10. 業者と、聖杯。
プロフィール
プロトレーダー Kenさんの画像
プロトレーダー Ken
プロフィール
最新記事
tool.jpg
FX計算ツール



検索


mail.jpg
ご質問、ご相談、お仕事のご依頼はこちらまで、お気軽にどうぞ♪♪