2019年08月06日

2つの派と、2つの値動き材料。


・非公開EAプレゼント実施中!! 詳細はコチラ
 (一般公開後も月利50%前後で推移し続けています。)

・その他、シェアリング中のシステム一覧はコチラ
 (バイナリーオプション神インジも大絶賛いただいています。)

ha.jpg




トレーダーは大きく分けて、

2つの "派" に分類されるかと思います。




一つは、裁量トレード派。

そしてもう一つは、EAトレード派です。

言い換えるとすれば、

手動売買と自動売買の違いでしょうか。




時間的な制約や体力の限界を感じて、

裁量トレードからEAトレードへ転身する人もいれば、

逆に、

EAにできることの限界を感じて、

EAトレードから裁量トレードへ転身する人もいたり。




或いは、

裁量トレードとEAトレードの両方を、

同時にされている方も数多くいらっしゃると思います。




はたまた、

完全自動売買プログラムの稼働タイミングを見極めて、

更には手動決済を介入させるなどして

完全自動ならぬ自動でトレードされている方もいるかと思います。




どちらにしても、

トレーダーであれば誰しもが、

「自分は裁量派」だとか、「自分はEA派」だとか、

自分がどの派に属しているのかを自覚しているはずです。




ちなみに僕は、どの派にも属していません。

というのも、僕の中には派という概念が無いからです。




裁量トレードとEAトレードを分けて考えること自体、

非常に危うい思考プロセスですが、

しかし実際のところ大多数のトレーダーは、

両者を分けて考えているように思えます。




実際には、

裁量トレードもEAトレードも、

やっていることは全く同じで、

両者には何の違いもありませんし、

どちらにも同じ技術力、同じ努力量が等しく求められます。




しかし多くのトレーダーは、

両者が別物であると錯覚しているようです。

瞬間瞬間の現象に価格が付くのは、

需要と供給がバランスした結果に過ぎませんが、

チャートを動かしている要因、

つまり値動き材料は、究極的には2つしかありません。




人間の、恐怖欲望です。




欲望があるから新規にポジションを取り、

あるいは恐怖するから新規にポジションが取れず、

欲望があるから手仕舞えず、

また或いは恐怖するから手仕舞ったりするんですね。

恐怖と欲望以外の理由は無いはずです。




全てのトレーダーの、

全ての恐怖と欲望をぶつけ合った相殺結果によって、

一瞬一瞬のチャートが描かれているに過ぎません。

指標も、要人発言も、何も関係ありません。




値を動かしている要因は全て、

それらの情報を受け取った人間の、恐怖と欲望です。




つまり僕たちトレーダーは、

チャートを相手にしているというよりは、

恐怖と欲望を相手に闘っていることになります。




このことは、

裁量トレードもEAトレードも全く同条件です。




恐怖と、欲望。




本質的には全く同じものを相手にしているという点において、

裁量トレードもEAトレードも、

やっていることは全く同じと言えます。




制すべきものは、恐怖と欲望です。




裁量で挑もうが、EAで挑もうが、

恐怖と欲望に支配されるトレーダーは必ず負けます。

そして恐怖と欲望は、

もともと相場の中に落ちている訳ではありません。




トレーダー自らが、

自分で自分の中に、勝手に生み出している幻です。




もともと、そんなものは何処にも無いんですね。




チャートがどれだけ暴落しようと、

その暴落途中には恐怖と欲望なんてありません。

ただ暴落しているという現象が中立的に存在しているだけです。




その暴落途中でトレードするかしないかは自由ですし、

トレードすることによって、

その心の中に恐怖や欲望を育むかもまた、自由です。




多くのトレーダーは、

恐怖と欲望を自分の中に生み出すことによって、

つまり、

もともと存在していない敵を自分で生み出すことによって、

その敵に滅ぼされます。




無いものを自ら生み出して、自らに滅ぼされる。

それが多くのトレーダーの実情ではないでしょうか。




チャートが敵のようで、

本当の敵は自分自身でしかありません。

チャートを支配できるかどうかではなく、

自分で自分を支配できるかどうかなんですね。




つまり恐怖と欲望をコントロールできるか、否かです。




しかし本当に勝ち続けているトレーダーには、

そもそも恐怖も欲望もないので、

それらをコントロールする必要すらありません。





なぜなら、

お金が好きなのではなくて、

お金を殖やすことそれ自体が好きだからです。




一方で、

お金が好きなトレーダーは、

チャートが敵だと勘違いして、

チャートに負けるよりも先に、恐怖と欲望に負けます。




別にこれは、

裁量だろうとEAだろうと、関係ありません。




トレードをEAに任せれば、

自身の恐怖と欲望は関係しないように思われがちですが、

実際には恐怖で稼働をストップさせたり、

欲望で設定数量を増やしたり、

プログラム内のいたるところに、

生身の人間としての恐怖と欲望が介入しています。




結局は裁量もEAも、

やっていることは何一つ変わりません。




相場という世界は、

自らの恐怖と欲望との闘いでしかありません。




そしてそれらは、

もともとそこに無く、自ら勝手に生み出している幻想です。

トレーダーは、どこまでも自分勝手です。




いまアナタがもし、

手動売買と自動売買とを分けて考えているとすれば、

それは非常に危うい先入観かもしれません。




少なくとも僕にとって、

"○○派" という概念はありません。

裁量取引するのと全く同じ感覚で、EAを走らせています。




両者が同じものである以上、

勝ち続けるためには双方に同じ努力量が求められます。




EAトレーダーの多くは、

心の奥底にラクしたい願望があるのかもしれませんが、

裁量トレードと同じレベルで努力する覚悟が決まっていない限り、

たとえEAを使ったところで、結果は見えています。




機械に任せれば、

労力を払う必要がないと、錯覚してしまう。

労力を、機械が代行してくれるものと勘違いしてしまう。

両者を分類して扱うことの危険性は、そこにあります。






今日も最後までお読みくださり、本当にありがとうございます!!

僕の自作EAはこちらの記事にまとめています。

月100万ほどの副業もご紹介できますので、ぜひチェックしてみてください。

たった1歩を踏み出すことで、確実に人生は変わります。





今日の記事がおもしろいと感じていただけましたら、

応援クリックしていただけると嬉しいです☆

にほんブログ村 為替ブログへ






この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9044394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
EAE8A9B3E7B4B0E381AFE38193E381A1E382893-8297e.jpg


よく読まれている記事
  1. 1. 【非公開EA】限定プレゼント企画
  2. 2. ここに書けない案件
  3. 3. 【かなり控えめに言ってネ申!?】バイナリーオプションインジケーターを " プロ " が作るとこうなる。
  4. 4. ゴミEAが氾濫するトレード業界の " 裏側 " を暴露
  5. 5. 【勝組トレーダー必見】高級鮨屋で絶対に言ってはいけないNGワード
  6. 6. シェアリング中のシステム一覧
  7. 7. 非公開EAの解放について
  8. 8. 自作EAのシェアリングについて
  9. 9. 【兼業トレーダー必見】9割のトレーダーが見落としている、致命的な判断材料。
  10. 10. 業者と、聖杯。
プロフィール
プロトレーダー Kenさんの画像
プロトレーダー Ken
プロフィール
最新記事
tool.jpg
FX計算ツール





mail.jpg
ご質問、ご相談、お仕事のご依頼はこちらまで、お気軽にどうぞ♪♪