2017年10月10日

【DVD映画ソフトレビュー】モール・コップ / PAUL BLART: MALL COP (動画付)

記事一覧TOP > 映画DVDリスト > 【DVD映画ソフトレビュー】モール・コップ / PAUL BLART: MALL COP



モールコップ.JPG【DVD映画ソフトレビュー】

モール・コップ

PAUL BLART: MALL COP







posted with カエレバ

コピーライトマーク 2009 Columbia Pictures Industries, Inc. and Beverly Blvd LLC. All Rights Reserved.











ソフト情報



■リリース:
 発売    :ハピネット・ピクチャーズ
        ※旧発売は、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
 時間    :91 min
 レーティング:PG /日本:G
 制作    :2009年
 発売日   :2016年7月2日
        ※旧発売日は、2009年10月7日

■映像:
 コーデック : MPEG-2
 解像度   : 480p
 アスペクト : 1.85:1(ビスタ)

■オーディオ:
 英語    : Dolby Digital 5.1ch 48khz
 日本語   : Dolby Digital 5.1ch 48khz

■字幕:
 日本語、英語

■ディスク:
 DVD Disc
 片面2層 (2 DVD-8.5GB)

■リージョン:
 Region 2

■最大ビットレート(おおよそ)(MPEG-2上限:10.08Mbps):
 4.7Mbps

■平均ビットレート(おおよそ):
 2.4Mbps程度

■映画映像マスタ:
 素材:HDCAM SR (1080p/24) (2K)
 マスタ:Digital Intermediate (2K)
 
■映画マスタリング(DI(Digital Intermediate)、マスタリング):
 Technicolor

■映画音響:
 DTS、Dolby Digital、SDDS

■映画音響スタジオ(Sound Mix)(サウンドトラック除く):
 表記なし

■制作背景
・制作予算:約26億円/100円換算
・世界興行収入:178億円/100円換算 
 (低予算の大ヒット作品と言えるでしょう)
・撮影:アメリカ(マサチューセッツ)

■各種映画賞
1つの受賞と3つのノミネート



予告編


『モール・コップ』公式予告編(英語)







キャスト情報



■監督:スティーヴ・カー


■出演者:

ケヴィン・ジェームス / Kevin James External_Link_15px.png

キーア・オドネル / Keir O'Donnell External_Link_15px.png

ジェイマ・メイズ / Jayma Mays External_Link_15px.png




映像クオリティ・レビュー総評



本DVDは元々ソニー・ピクチャーズからBDとDVDがリリースされていましたが、2016年に版権が代わり、ハピネット・ピクチャーズからDVDだけの販売になっています。
管理人が購入したタイミングでは、すでにDVDしかない状態でしたので、DVDを購入しました。
ソニー発売のBDソフト(2017年現在、絶版)が手に入るようでしたら、BDのほうが米国では評判が良いので、お勧めです。
日本未公開作品ですが、続編もあり、そちらはソニー・ピクチャーズからBDとDVDがリリースされています。
DVD版は転送レートが平均して2.4Mbpsと低めです。
映像は高品位ですが、音声は液晶TV風です。
全てのクオリティ(予算)を映像に持って行ったかのようなソフトです。




 【画質】4KアップコンバートとSONYリアリティクリエイションで観ると高品位


■映像マスタ:
素材は2KのHDCAMによる簡易的なものですが、しっかりしています。
Digital Intermediate (2K)マスタは、Deluxe社ともTechnicolor社とも情報があり、良く分かりません。
恐らくですが、上映用DIがDeLuxe社で、BDとDVD用のDIがTechnicolor社だと思います。
フィルムグレインはなく、プログレッシブによる映画らしい表現をします。
マスタとなるDIの品位は良いと思われ、DVDでもその良さが活かされている印象です。
DVDは、2Kからダウンコンバートしたマスタが使用されています。

■映像総評:
BDとは違い、本DVDは120インチの大画面ではピンボケしている感じになります。
※DVDの場合、規格上、120インチ画面ではほぼそうなりますが・・・。
解像感以外は、DVDソフトの中でも上位にくる高画質ソフトです。
4KアップコンバートとSONYリアリティクリエイションによるSONYの120インチプロジェクタ映像では相性が良いので、高品位です。


・解像感:
本DVDの映像は、規格上、ピンボケ風です。
DVDの限界かと思います。
線は細目で、DVDの悪い特徴である輪郭強調などは感じられません。

・ノイズ感:
フィルムグレインはなくキメが細かく、顔の毛穴や起伏まで描写出来ていますが精細感を感じるほどではありません。
暗部ノイズなどのDVDの悪いノイズ系はほぼ皆無です。
ブロックノイズなどもなく、シーンによる差もありません。

・鮮度感:
古い感じやビデオっぽさもなく、現代的な鮮度です。
上映映画を見ている感じです。

・階調性:
自然です。
夜間での屋外駐車場のシーンなどがありますが、自然な階調と良く沈む黒が心地よいです。
奥行も立体感を伴います。
DVDとしては満点です。

・カラー:
ほぼ全編が夜の屋内シーンですが、気になる点はありません。
照明も気を遣っている撮影の為、蛍光灯のかぶりや白熱灯の色などに寄ることはほぼありません。
実録調の自然な色調ですが、鮮やかな色でもありません。
元が2KHDのためか、DVDの色域いっぱい使っていると思われます。




音声クオリティ・レビュー総評



 【音質】液晶TV風



■音響マスタ:
元のマスタリング時点であまり情報量の多いサラウンドにはしていないようです。
ショッピングモールの音はそれなりにありますが、情報量は多くはありません。
Dolby Digital 5.1ch音声については、レンジ感がかなり削がれている印象です。
日本語音声はさらに残念な音声です。
そのまま、TVやCS放送用のマスタにしていると思われます。

■音響総評:
DVDの音声は、元から情報量が少ない上、ダイナミックレンジがかなり狭いため、TV音声レベルです。
一部のサウンドトラック(曲)ではサラウンドの分離感と包囲感を伴う場面があります。
切れや芯はほぼありません。


・ダイナミックレンジ(広さと偏り):
液晶TV風のため、ほぼレンジ感はありません。
かなりレンジ感のない音声です。
バランスは気になる点はありません。

・瞬発力・量感(チャンネルと音域):
瞬発力や量感は全く無縁で、TVで観ているのと変わりません。

・情報量(台詞、SE音、音楽):
要所で音場の広いサウンドトラックが鳴り、サラウンドで包囲します。
台詞は平板で、何も特徴はありません。
効果音はショッピングモールの喧噪音が少しあるだけです。

・サウンドデザイン(音像感と音場感含む):
元のデザインの音数が少ないです。
低予算のため、こういう作りになります。

・サラウンド(移動感含む):
サウンドトラックの音場と包囲感が全てです。
WOWOWのAACサラウンドよりも今一つだと思います。





クオリティ・レビュー詳細




★総合クオリティ(1〜85点)(DVDお勧めレベルは75点以上):63点 / 85点満点



★映像クオリティ(1〜70点)(DVDお勧めレベルは60点以上):68点 / 70点満点
DVD映像の満点は【HD画質】(地デジ平均):70点を超えない基準

 解像感(1〜73点)              :64点
 ノイズ感(1〜65点)             :64点
 鮮度感(1〜75点)              :74点
 階調性(1〜73点)              :73点
 カラー(1〜68点)              :66点



★音声クオリティ(1〜100点)(DVDお勧めレベルは85点以上):57点

 ダイナミックレンジ
(音域バランス)   :55点
 瞬発力・量感
(キレと強さ)    :55点
 情報量
(台詞、SE音、音楽) :60点
 サウンドデザイン
           :60点
 サラウンド     :55点



レビュー基準についてはこちらInternal_Link_15px.png




商品ソフト紹介


モール・コップ [DVD]
by カエレバ


【廃盤Blu-ray】
モール・コップ [Blu-ray]
by カエレバ




関連記事



闘魂先生_100px.jpg【DVD映画ソフトレビュー】
闘魂先生 Mr.ネバーギブアップ
Here Comes The Boom


【映像は地デジ越えで音声は高バランス】
・映画DVDの頂点・最高画質
・バランスの良いお手本のようなDD5.1ch
コピーライトマーク 2012 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


pexels-photo-265672 (1)_100px.pngソフト・クオリティの法則?

今回は、映画関連ソフトのクオリティレビューをしていく中で気付いたことのお話しです。





映画DVDリスト

リストバー_400px.jpgInternal_Link_15px.png





映画DVDランキング

リストバー_400px.jpgInternal_Link_15px.png





【ハイレゾ音源を探すなら】

【ハイレゾ音源をレコード会社直営で探すなら】

【eBay:日本発送可能な安い輸入盤を探すなら】
BNNNTY_Multi_Cat_468x60.jpg
【音楽から映画まで探すなら】

【JBL公式通販サイト】



【ハイレゾ】



【サウンドバー】




この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6795059
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新記事
カテゴリー / サイトマップ
記事ランキング(2018年1月版)
「1月は上位2つのサウンドバーが飛びぬけて人気でした。」
  1. 1. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー SONY HT-ST5000
  2. 2. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー JBL CINEMA SB450
  3. 3. 【ブルーレイ映画ソフトレビュー】アルマゲドン / ARMAGEDDON
  4. 4. 【ブルーレイ映画ソフトレビュー】エンド・オブ・ホワイトハウス / Olympus Has Fallen(動画付)
  5. 5. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4312M II BK
  6. 6. 【DVD映画ソフト・レビュー】高音質のDVDソフト・ランキング(ベスト40)(レーザー・ディスクも)
  7. 7. 【ホームシアター】イマーシブオーディオについて考える
  8. 8. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL Project K2 S9900
  9. 9. 【ブルーレイ映画ソフトレビュー】エンド・オブ・キングダム / London Has Fallen(動画付)
  10. 10. 【CDソフトレビュー】メタリカ / METALLICA :メタル・マスター / Master of Puppets {(リマスター・デラックス) 2017年SHM-CD版}(動画付)
  11. 11. 【レーザーディスク映画ソフト・レビュー】高音質のレーザーディスク・ソフトランキング(ベスト15)
  12. 12. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL STUDIO 220 BRN
  13. 13. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー SONY HT-ST9
  14. 14. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4429
  15. 15. 【アンプレビュー】ROTEL RB-1582 MK2
プロフィール
オーディオとシアターの管理人さんの画像
オーディオとシアターの管理人
オーディオとホームシアターが三度の飯より好きなアラフィフ管理人です。どちらかと言えばホームシアターのほうがオーディオより好きです。映画ソフトはかなりたくさん観てきましたので、機器だけではなくソフトのクオリティ・レビューも気ままにしていきたいと考えてます。機材検討やソフト購入検討のお役に立てれば幸いです。
プロフィール
月別アーカイブ
にほんブログ村 にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

人気ブログランキング
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
【他のサイトのブログを見るなら】
QRコード
RSS取得
プライバシーポリシー