2017年10月18日

【CDソフトレビュー】ディスターブド / DISTURBED : アサイラム / Asylum

■ソフトタイトル:
 アサイラム / Asylum

■アーティスト:
 ディスターブド / DISTURBED



輸入盤.JPG


☆本ブログのCDレビューが、女性ボーカルからヘビーメタルにシフトしています。
その乗りでもう1つ、ヘビーメタル寄りの本作のレビューをしたいと思います。

尚、今後はもう少しJAZZ、POPミュージック、ボーカルものなどのジャンルも織り交ぜていきたいと思っています。
このブログの読者の方は、少し戸惑っている感じがあり、レビューのジャンルが広すぎるせいかもしれません。
管理人の好みであるジャンルがちょっと極端なので申し訳ありませんが、しばらく同じようなジャンルのレビューをしては、また違うジャンルと、回帰するような方向で考えています。
どこかへ深く突き進む感じではありませんので、お好みのジャンルが登場しない場合は、しばらくお待ちいただくとまた違うジャンルに行っていると思います。
一応、レビューをする前は、再度レビュー用にCDを聴き直すので、その時の気分に大きく左右されるため、次はどのジャンルと言えないのが正直なところです。
辛抱強く、お付き合い頂けますと幸いです。




ソフト情報



※レビューは輸入盤になります
※ハイレゾもあります。
 ハイレゾのレビューは別途予定しています。


■リリース:
 発売:Reprise Records、WEAインターナショナル
 時間:57 min
 発売日:2010年8月31日

■オーディオ:
 CD 2.0ch 44.1kHz 16bit

■ディスク:
 CD Disc
 片面1層 (1 CD-640MB/700MB)

■ジャンル:ヘビー・メタル / ハード・ロック

■プロデューサー:
【バンドメンバーのセルフ・プロデュースです】
・Dan Donegan(ディスターブドのメンバー/ギタリスト)
・David Draiman(共同プロデューサー、ディスターブドのメンバー/ボーカル)
・Mike Wengren(共同プロデューサー、ディスターブドのメンバー/ドラマ―)

■作曲:
・ディスターブド

■編曲・アレンジ:
・-

■レコーディング / ミックス:
・Jeremy Parker(エンジニア)
・Neal Avron(ミックス)
・Ted Jensen(マスタリング)(メガデス、パット・メセニー、コールド・プレイ、ポール・マッカートニーなど)

■レコーディングスタジオ:
・Groovemaster Studios(レコーディング)
・Paramount Recording Studios(ミックス)

■マスタリング:
・Sterling Sound






クオリティ・レビュー総評




本作は、2010年にアメリカのディスターブドがリリースした5作目のアルバムです。
日本ではほぼ無名かと思います。
全米では、2作目から本作まで全てチャート1位を記録しています。
アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドではゴールドディスク、イギリスではシルバーディスクを記録しています。

音楽ジャンルは難しく、どのジャンルにも属さない音楽とか、ラップメタルとか、オルタナティブメタルとか、ヘビーロックとか言われていました。
バンド自身が、本作前にヘビー・メタルと宣言したため、ヘビー・メタルのジャンルなのだと思いますが、管理人はヘビーロックがしっくりします。
楽曲の作りが、ロック寄りだと思っています。

毎度そうですが、ヘビー・メタル系のジャケットは、うーん、と考えてしまいますね。
本作も例にもれず、絶対に万人受けしない作りです。
外人は、こういう変な(失礼)キャラやイラストが好きなんでしょうか?
管理人にとっては、理解不能です。
その筋のファンの方からクレームが来そうなのでこの辺で・・・。

なお、楽曲はジャケットと違い、ちょっと普通のロックとは一線を画しています。
ボーカルは、ラップ風の気合いの入った「べしゃり」ボーカルです。
ラップとは歌唱方法が違うのですが、(デス調の歌唱でもありません)、ほぼ全編、歌が入っています。
歌がないパートは、前奏と間奏くらいで、あとはほとんどしゃべってます。(歌ってます・・・)
それとリフとリズム隊とドラムがユニゾンで同期して(揃って)います。
「ダダダン・ダン」というリフがあったとすると、全員が「ダダダン・ダン」と演奏・歌を入れて揃います。
この手法ですと、音として肝になるのは、タイトにピタッと揃う必要があり、それがこのバンドの楽曲の気持ちよさに繋がっています。

プロデューサーは、バンドのギタリストである関係か、タイトで切れ味のあるギターが特徴です。
シングルギターですが、オーバーダビングで、リードパートとリズムパートでちゃんと構成されています。
そして特筆すべき点は、ヘビーメタルのジャンルでは数少ないドラムの音がしっかりとしている点です。
共同プロデュースはボーカルとドラムであることが関係しているのだと思います。

オーディオチェックに、和太鼓のCDを使う方もいらっしゃると思いますが、本作のドラムはオーディオチェックにぴったりです。
本作のドラムが気持ちよく鳴らないオーディオは、調整が必要なくらい、かなりしっかりと音として入っています。

本作はセルフプロデュースですが、エンジニアにヒットメーカーのTed Jensenを迎え、タイトでレンジの広いハイレゾサウンドを作りだしています。
このあたりが、ただのロック、ヘビーメタルのバンドサウンドとは違う音色を作りだして、1ランク上を行っているのだと思います。


5曲目:Another Way To Die 【HD】





アーティスト情報



ディスターブド / DISTURBED

2000年に活動を開始した4人組のバンドになります。
ファーストアルバム『シックネス / The Sickness 』がいきなり300万枚以上のセールスを記録し、その後も全てのアルバムがヒットしています。
そのヒットした背景は管理人は知らないので、それ以上は記載出来ない状態です。
セカンドアルバム以降に、オリジナルメンバーのベースが脱退したので、それ以降は残りの3人がセルフプロデュースをしていると思われます。
本作リリース後、2011年に活動を休止しましたが、2015年に再開しています。




YouTube Official Channel
Official Web
myspace
Twitter
Facebook
Instagram
ワーナー・ミュージック・ジャパン




2曲目:Asylum 【HD】





クオリティ・レビュー詳細




・ダイナミックレンジ:
音圧は高めで濃密です。
ダイナミックレンジとしては、判断が難しいのですが、必要な帯域をCDの限界まで詰め込んだ感じです。
コントラスト感は高く、伸びが不足している感じはありません。
ちょっとCDの限界を感じます。


・ボーカル情報量・解像感:
ヘビーメタルのボーカルとしては、情報量も多く、変なエコーもないため、クッキリはっきりしています。
オフマイク気味で少し口が大きい表現をします。
定位感は少し微妙で、口一個分くらい向かって左に寄ってます。
ボーカルは少し斜めに向いて録音したのかもしれません。
コーラス多重の部分は、左右のスピーカーに分離して面白い表現をします。


・演奏情報量・解像感:
ツインギター(オーバーダビング)、ドラムの情報量はぴか一です。
マイクセッティングだけでなく、マスタリングが優秀なのだと思います。
非常にタイトなドラム、キレイで良く伸びるギター、弾むベースがはっきりと解像感を伴い鳴ります。
タイトな反面、倍音成分が少し弱めで、余韻は少ないです。


・バランス(帯域と楽器再現度):
音域バランスは、ど真ん中で、高域も低域もよく伸びます。
楽器の再現度も優秀で、細かい音までちゃんと鳴り分けます。
ドラムが特筆すべき再現度で、バンドサウンドとしての存在感が風圧を伴うような音圧で迫ります。
タイトで締りが良く、重低音までクッキリです。
バスドラムは締まりよく前面に出てきます。
ベースは地味かもしれませんが、そもそもそういうサウンドメイクです。


・分離感:
ボーカルと楽器との分離感が良く、このジャンルとしてはぴか一です。
逆にボーカルが常に歌っているので、うるさく感じると思いますが、音質の問題ではなく、楽曲の問題ですね。
また楽器は、ギターが左右のスピーカーにキレイに分離して鳴り分けます。
ドラムもセンター定位が良く、ボーカルと喧嘩することなく、3次元的な分離をしています。
フロントスピーカーを超えた音場を創出し、サラウンドするような鳴り方をします。


7曲目:The Animal







★ヘビーメタルのジャンルにとらわれず、オーディオのクオリティチェック用ディスクとしても使える貴重なCDです。
特にドラムの音のチェックには抜群です。
和太鼓をチェックCDとしている人には特におすすめです。
管理人は、このCDのドラムが気持ちよく聴こえるか、システムを少し変えたり動かしたりした場合は、オーディオチェックに使います。



★音声クオリティ(1〜100点)(CDお勧めレベルは85点以上):94点

 ダイナミックレンジ(広さと偏り):90点
 ボーカル情報量・解像感     :87点
 演奏情報量・解像感       :97点
 バランス(帯域と楽器再現)   :96点
 分離感             :98点




※レビュー基準についてはこちら
http://fanblogs.jp/audiotheater/archive/3/0





商品ソフト紹介







輸入盤

国内盤



DVD付き

オンライン版




輸入盤

[CD]DISTURBED ディスターブド/ASYLUM【輸入盤】

価格:1,270円
(2017/10/18 18:09時点)
感想(0件)




DVD付き

【メール便送料無料】Disturbed / Asylum (Limited Edition) (輸入盤CD) (ディスターブド)

価格:3,290円
(2017/10/18 18:10時点)






日本配送可能品(新品)
ebay.JPG








【他のブログを見るなら】
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ
RSS取得
QRコード
記事ランキング (※2017年9月版)
  1. 1. 【ご紹介】ヘイリー・ロレン / HALIE LORENのクラウド・ファンディング / Cloud Funding
  2. 2. 【ホームシアター】イマーシブオーディオについて考える
  3. 3. 【CDソフトレビュー】シャンタール・クレヴィアジック / Chantal Kreviazuk Since We Met: The Best Of 1996-2006
  4. 4. 【CDソフトレビュー】ダイアナ・クラール / Diana Krall : ラヴ・シーンズ / Love Scenes
  5. 5. 【オーディオ&ホームシアター全般】市場について考える
  6. 6. 【BD映画ソフトレビュー】オブリビオン / Oblivion
  7. 7. 【CDソフトレビュー】宇徳敬子 : 氷
  8. 8. 【CDソフトレビュー】マイルス・デイビス / Miles Davis カインド・オブ・ブルー / Kind of Blue {The Definitive Version / 20 BIT REMASTERED}
  9. 9. 【CDソフトレビュー】アイアン・メイデン / IRON MAIDEN : 第七の予言 / Seventh Son of a Seventh Son {CD-EXTRA仕様版/デジタル・リマスター版}
  10. 10. 【アンプレビュー】McIntosh C50 Pre Amplifer [その2]
プロフィール
オーディオとシアターの管理人さんの画像
オーディオとシアターの管理人
オーディオとホームシアターが三度の飯より好きなアラフィフ管理人です。どちらかと言えばホームシアターのほうがオーディオより好きです。映画ソフトはかなりたくさん観てきましたので、機器だけではなくソフトのクオリティ・レビューも気ままにしていきたいと考えてます。機材検討やソフト購入検討のお役に立てれば幸いです。
プロフィール
月別アーカイブ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

人気ブログランキング
人気ブログランキング