2018年08月24日

【オーディオ・アクセサリー・レビュー】電源ケーブル OYAIDE オヤイデ L/i15 EMX V2

記事一覧TOP > ハードリスト > 【オーディオ・アクセサリー・レビュー】電源ケーブル OYAIDE オヤイデ L/i15 EMX V2

久しぶりの更新になります。
10日に1回か2週間に1回のペースです。

管理人が転職したりして色々あって、なかなかアップできませんでした。
元ネタはしたためてあるのですが、ブログ記事形式にしたりする環境が以前より少なくなったため、ペースダウンしています。
もうしばらくはこういうペースになりそうです。


コピーライトマーク 2005-2018 Oyaide.com,inc. All rights Reserved.




製品概要


■オーディオグレードのメガネ型プラグ電源ケーブル
TV、TVデバイス(Apple TVなど)、ゲーム(PS4など)、Blu-ray機器、ミニコンポ、などに採用されることも多いメガネ型電源ケーブルを、手軽にグレードアップ。より良い音で楽しめます。

■オヤイデ電気開発の”102 SSC”導体
上位機種のTUNAMI V2シリーズやBLACAKMAMBA V2シリーズと同じ、精密導体”102 SSC”を使用しています。実質サイズは1.5sqとコンパクトですが、上位機種にも引けを取らないスペックです。

■スターカッド構造
ケーブルの構造はL/iシリーズ同様、4芯スターカッド構造。自己ノイズキャンセル効果があり、磁界ノイズに強いことが特徴です。

■使いやすさと高品質を両立したプラグ部
電極部は研磨後に、シルバー(2μ)+ ロジウム(0.3μ)メッキの2層メッキ仕上げ。Pb Free PVCモールドの電極部はコンパクトなAV機器にも使いやすいサイズにまとめられています。

■ケーブルは柔らかく、取り回しが良好
絶縁材が柔らかいシリコン製、シースも柔らかいテトロン繊維、外装には高性能フィラメントをプラス。柔軟性も確保しつつ、低誘電率を確保しています。


種別


メガネ型プラグ電源ケーブル


製品詳細



発売日


2017年

サイズ


ケーブル外径:7.5mm

販売


2018年8月現在、現行品です。

メーカー希望小売価格


希望小売価格:
1.3m:9,280円/本/税込
1.8m:10,324円/本/税込
3.0m:12,916円/本/税込

仕様


詳しい内容は、オヤイデのWebサイトを参照下さい。
External_Link_15px.png オヤイデ





クオリティ・レビュー総評



本電源ケーブルは、数少ないメガネ型の電源ケーブルです。
家電に分類されるオーディオ機器ではかなり採用されていますが、交換式のメガネケーブルはほとんど発売されていません。
これは電源ケーブルを製造販売しているメーカーがこの領域を気にしていないのか、売れないのか、儲からないからなのか、ほぼ全滅状態で、選択肢はほとんどありません。

管理人は、この手のメガネ電源ケーブルを使うようになったのは、ブルーレイ・レコーダーの最上位を購入した時に、初めて購入しました。
それ以前は、レーザーディスクプレイヤーやD-VHSなども所有していたので、ずっと電源ケーブルを交換したかったのですが、実現しませんでした。
正確には、某Aテクニカ社の交換ケーブルを電気店でおまけでもらっていたのですが、付属品と違いが全くわかりませんでした。
その関係で、この手のケーブルはやはり安いものがメインでクオリティもその程度なのだと思っていました。

その結果、このケーブルの前モデルでL/i15 EMXを購入したのが最初です。
この前モデルはどこまで表現して良いかわからないのですが、購入して良かったと思っています。
あまり大げさに書くと誤解されるかもしれませんので、控えめに書きますが、音は良くなりました。
その時のブルーレイレコーダーは、PanasonicのDMR-BW970です。
その後、ハイエンドのDMR-BZT9600にしましたが、それは3Pプラグなので、オーディオグレードの電源ケーブルにしています。
Panasonicは、ブルーレイ機器に関しては、とにかく映像が綺麗で、再生時にはHDDを停止するくらい凝っているのが好きです。
ただし、音は2018年の最新機種でさえ、良くありません。
4K Ultra-HD対応のDMR-UBZ1でさえ、高音質とはいえ、オーディオグレードにようやく到達している程度です。
そのため、音を何とか向上させようと購入したのが、前モデルのメガネ電源ケーブルです。
細くて情報量の少ない音から、かなり向上しました。
まず取り替えてわかるのは、ボリュームが上がります。
これは音の情報量がかなり増えるためです。
低音域の量感が増えることが要因かと思います。
また音に芯が出て中域が前に出てきます。

そのようなわけで、ブルーレイレコーダーには効果があることがわかりました。
ただし、ブルーレイレコーダーのグレードがちょっと上がる程度の向上であり、音が激変するわけではありませんので、ご注意ください。
こういうちょっとした改善ではありますが、それまでのまったりとした抑揚に欠ける音からメリハリの効いたちょっとドンシャリ気味ですが、分厚い音になり、パワー感が増す音に変化しますので、無駄にはならないと思います。

その後、CATVチューナーとかブルーレイプレイヤーなどを購入したため、このシリーズでいくことになった次第です。

問題は、1点だけです。
ケーブルの世界は、5年から10年の間に、線材が変わってしまうことです。
これがとにかく困ります。
特に良かった線材から新しい線材への変更は、音が大きく変わることが多いのです。
これが好みなのか、嫌いな音なのか、とても重要です。
また、その音を確認できるところが普通はありません。
ヘッドホンなどは、視聴出来る量販店もふえてきましたが、ことケーブルになるとほぼありません。
少なくともケーブル視聴比較が普通に出来るお店は皆無です。
仲良くなったオーディオ店とかにお願いすれば、取り寄せてもらうことも可能なケースもありますし、メーカーにお願いして自宅視聴が可能なケースもあります。
ただ、それは確実に何かを買う前提でしょうし、そうでない場合で借りるのは、躊躇してしまいます。
そもそも問い合わせをするだけでもかなりの精神的負担と、時間の余裕が必要です。
少なくとも管理人はそうです。

ということで、今回のケーブルは、PCOCC-Aから102 SSCに変わっています。
PCOCC-AはRCAラインケーブルなどでその音の良さを知っていたので、突き詰めれば良い音のする線材なのだとわかっていました。
ところが、今回は、オヤイデ電気オリジナルの線材です。
元々、線材屋さんなので、多分大丈夫だとは思っていましたが、初物はどうなるかわかりません。
まあ、後継品が前モデルよりもそんなに劣るとは思えませんでしたので、必要に迫られて購入しました。

前置きが長くなりましたが、付属品から変えてみた結果、そして前モデルに比べて、どうだったかといいますと、悪くありませんでした。

なお、付属品に比べ、前モデル同様、音は変わります。
確実に変わります。

付属のものとの比較は下記のほうでレビューします。
これは好みの世界のお話なので、いやいや、PCOCC-Aのほうが音が良い、メガネ電源ケーブルは音が良いはずがないという人もいると思います。
そこは好みのお話なので、ご容赦ください。
管理人が感じたことのお話です。


付属のメガネ型電源ケーブルとの違い


オーディオアクセサリー関連記事を見ている方で、きっと気になっているのは、どれほど音が変わるの?ということではないでしょうか?
また、それは購入するほど?という点かと思います。

管理人が言えることは、しょぼいメガネ型インレットが付いている家電系のオーディオ機器で、少しでも音を向上させたいと考えている方には、お薦めです。
TVの音がミニコンポのレベルまでは変わるイメージです。
やっと音が楽しめるレベルに引き上がります。
まあ、それだけ、元の音が良くないということがあります。


前モデルとの違い


なかなか難しいところです。
前モデルと取っ替え引っ換え比較していないのですが、違う機器で繋いだ時の大枠の印象です。
まず、オヤイデ電気のケーブルは会社の好みというか傾向として、低域が厚くなります。
これは昔からそうですね。
大抵のしょぼい機器は低域が不足しているので、これだけでも大きく改善する点かと思います。
オーディオグレードの機器であれば、余計な低域が出るようになったと思うケースも往々にしてありますが、このメガネ型電源ケーブルが付く機器に関しては、この低域が出るのは大抵の人は歓迎すると思います。
また、膨らむ低域ではなく、芯を伴いパンチが効いているので、厚ぼったくならないのが良いです。

そして今回のケーブルは、やはり高域と中域に違いがあると思います。
高域が映画の世界で言いますと、SDオーディオ(非可逆圧縮)から、HDオーディオ(可逆圧縮)風になった感じです。
情報量はHDオーディオの世界ほど大幅に増える印象はありませんが、1音1音に厚みが増します。
キラキラしているのですが、キン付くような高域ではなく、キレイな高域です。
ちなみに汚い高域というのは、駅のホームとかで工事をしていると流れている音声をイメージすると良いかと思います。

前モデルも良い高域でしたが、比べると前モデルがまろやかなアナログ風の高域に感じます。
ただし、どちらもそんなに高域が伸びる印象はありません。
そこはオーディオグレードを求めるのは、難しいところだと思います。
中域に関しては、前モデルがマイルドながら前に出てくる印象で音楽もののソースが楽しくなる印象です。
本モデルは、薄めの中域に感じますが、情報量が映画のHDオーディオ風に増えますので、繊細な印象です。

トータルでみると、前モデルが付属ケーブルより情報量がかなり増え、マイルドで低域が厚い芯のある音に感じます。
本モデルは情報量がさらに増えてニュアンスも感じられるレベルまで引き上げられます。
そして、マイルドさよりも、繊細なキラキラ感を伴い、低域は分厚く感じます。
ただし、総じてどちらのモデルもそうですが、付属ケーブルよりは格段に向上しますが、使う機器がちゃんとしていればいるほど、クオリティの向上は少なくなります。
使う機器の音が元々良いためです。

なお、CATVのチューナーに使うと、明らかに音のレベルがアップします。
音楽チャンネルの番組の音が立体感を伴い、厚くドッシリします。
映画チャンネルのAAC5.1chの音は、レンジ感が広がり、瞬発力が出てきます。
ブルーレイレコーダーにも効果はあります。
前作同様、ボリューム自体が数メモリ分上がります。


向いている機器


メガネ型プラグの電源ケーブル全般とほぼ言えると思います。
やはり変化が大きいのは、
・ブルーレイ・レコーダー
・DVDレコーダー
・CATV/スカパー・チューナー
・レーザーディスクプレイヤー
このあたりかと思います。
ブルーレイ・プレイヤーやCDプレイヤーの廉価版はよくわかりませんが、高級機は2Pメガネ型ではないことがほとんどですので、本ケーブルは該当しません。


画質について


CDプレイヤーを除いて、ほとんどが映像も再生する機器が多いため、念のため映像のレビューも入れておきます。
まず一見してわかることが、音声と同様にあります。
それは、映像の輝度です。
正確には輝度だけではありませんが、輝度とダイナミックレンジのような奥行きが明らかに変わります。
輝度だけではないと書いたのは、ただ明るくなるという意味ではありません。
明暗差がより深く、ハイライトと暗部が良く伸びています。
映像全体が明るくなったのですが、ハイライトが飛ぶというより、高域の階調も残しながら明るくなっているので、ガンマや輝度が高域寄りになったというわけではないわけです。
また暗部も伸びます。
暗部階調が残っていますし、暗部の色が薄くなるわけではなく、むしろ、少し色が描き分けられています。
映像に関しては、こういう伸びが特筆すべき点かと思います。
TVなどの映像調整では、こういう表現にはできないです。
TVの輝度を上げても下げても、同じような映像にはならないです。

そういう意味では、色乗りや色数は増えます。
恐らく、これは接続した機器の本来の色が表現できているというのが正しく、追加されたものではないということです。

上記2点以外で、その他の映像面での変化はあまり感じません。
付属のケーブルと本ケーブルを比べれば、まあ大抵の人で違いが判ると思います。
比べないと、違いが難しいかもしれませんが、少なくとも悪くなることはないと個人的には感じています。


【使いこなし】


特に特筆すべき点はありませんが、ケーブルの外形は付属のケーブルよりは太いものの、大抵の3Pの交換ケーブルよりは細いため、取り回しは意識する必要はないと思います。
管理人の所有する大抵のケーブルの中でも一番細い部類です。

またケーブルそのものはつやつやした素材を編み込んだ感じで、メッシュ風の手触りです。
曲げ方向に対しては、全く硬さは感じません。
むしろグニャグニャ曲がるといえます。
癖が付かない曲がり方ですので、取り回しは良いです。

使いこなしではありませんが、もう少しプラグなどに高級感があると、満足度が上がると思います。
ただ、その見た目よりは、クオリティはアップしますので、ちょっとマニア向けの製品かもしれません。
この高級感があまりない(安っぽさ)ことで購入を躊躇する人もいるのではないかと思います。
なお、ケーブルそのものは、高級RCAケーブル風のちゃんとした作りで、そこには問題は感じないと思います。
プラグだけちょっと残念という感じです。


クオリティ・レビュー詳細2

 

【管理人独断レビュー】
 ※スマホで見る場合は、画面を横にしてください。(行ずれしてしまいます)


音声評点



・ダイナミックレンジ感
   広い   ○●●●○○ 狭い
・ボーカル解像感・精細感
   精細   ○○●●○○ 柔らかい
・楽器解像感・精細感
   精細   ○○●●○○ 柔らかい
・バランス
   低域   ○○●●○○ 高域
・楽器再現度
   正確   ○○●●○○ 甘め
・分離感
   少ない  ○○●●●○ 多い
・コストパフォーマンス
   高い   ●●●○○○ 低い
・満足度
   高い   ○●●○○○ 低い




※表の見方
○:非該当
●:該当
まるの数:3つが最大、2つが標準、1つはなし
まるの数は点数ではなく、どちらに寄っているかという指標





商品紹介


オヤイデ 2P-メガネ型プラグ用電源ケーブル (1.3m)OYAIDE L/i15 EMX V2 1.3
by カエレバ

Yamada_icon.gif ヤマダウェブコムで調べる
Yamada_icon.gif ヤマダモールで調べる
nojima_icon.gif ノジマオンラインで調べる




関連記事



オヤイデSPYT_150px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
Yラグ端子 

オヤイデ電気 
SPYT


コピーライトマーク 2005-2016 Oyaide.com,Inc. All Rights Reserved.


シリコンパワーUSB_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
USBメモリー 

シリコンパワー
J80


コピーライトマーク 2016 Silicon Power Computer & Communications Inc. All Right Reserved



SUPRA HD-5_100px.jpg【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
HDMIケーブル
 
SUPRA HD-5
(4K対応)
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.


SAEC RONDO4_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
スピーカーケーブル 

スープラ / SUPRA
Rondo4×4.0

コピーライトマーク2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SAEC SH-820_100px.jpgHDMIケーブル
 
サエク / SAEC
SAEC SH-820
(4K対応)
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SL-1801_150px.jpgサエク / SAEC

SAEC SL-1801
RCAラインケーブル
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SL-1980_150px.jpgサエク / SAEC

SAEC SL-1980
RCAラインケーブル
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.


MTC-U1_100.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
壁/天井用ユニバーサルブラケット

JBL
MTC-U1


コピーライトマーク Harman International Japan Co.,Ltd. All rights reserved.


ZONOTONE 6NSP-G-7700a_100px.jpg
スピーカーケーブル

ゾノトーン / Zonotone
6NSP-Granster 7700α



コピーライトマーク 2011 Maezono Sound Labs. Corp. 株式会社前園サウンドラボ


ZONOTONE 6NSP Granster 5500a_100px.jpgスピーカーケーブル

ゾノトーン / Zonotone
6NSP-Granster 5500α



コピーライトマーク 2011 Maezono Sound Labs. Corp. 株式会社前園サウンドラボ


G51_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
スペーサー

fo.Q / フォック
G-51



コピーライトマーク 2012 fo.Q All Rights Reserved.


TA-32_100px.jpg
チューニング・テープ

fo.Q / フォック
TA-32
(制振テープ)
コピーライトマーク 2012 fo.Q All Rights Reserved.
















【JBL】



【プリメインアンプ】



【パワーアンプ】


検索
最新記事
カテゴリー / サイトマップ
記事ランキング(2018年7月版)
「7月もサウンドバーとスピーカーが人気でした。最近、記事の更新ができていませんが、近いうちに再開できるよう考えています。」
  1. 1. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー JBL BAR STUDIO
  2. 2. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4312M II BK
  3. 3. 【ホームシアター】イマーシブオーディオについて考える
  4. 4. 【オーディオ・アクセサリー】USBメモリとハイレゾとオーディオの関係について考える
  5. 5. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4429
  6. 6. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー JBL CINEMA SB450
  7. 7. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー SONY HT-ST5000
  8. 8. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL STUDIO 220 BRN
  9. 9. 【アンプレビュー】ROTEL RB-1582 MK2
  10. 10. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL Project K2 S9900
  11. 11. 【ご紹介】4K Ultra HDプレーヤー Panasonic DP-UB9000 発表
  12. 12. 【プロジェクター・レビュー】プロジェクター SONY VPL-VW245
  13. 13. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL S4700BG / S4700
  14. 14. 【オーディオ・アクセサリー・レビュー】スピーカーケーブル ゾノトーン / Zonotone:6NSP-Granster 5500α
プロフィール
オーディオとシアターの管理人さんの画像
オーディオとシアターの管理人
オーディオとホームシアターが三度の飯より好きなアラフィフ管理人です。どちらかと言えばホームシアターのほうがオーディオより好きです。映画ソフトはかなりたくさん観てきましたので、機器だけではなくソフトのクオリティ・レビューも気ままにしていきたいと考えてます。機材検討やソフト購入検討のお役に立てれば幸いです。
プロフィール
日別アーカイブ
にほんブログ村 にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

人気ブログランキング
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
【他のサイトのブログを見るなら】
QRコード
RSS取得
プライバシーポリシー