2018年08月08日

【オーディオ・アクセサリー・レビュー】インシュレーター TAOC PTS-A

記事一覧TOP > ハードリスト > 【オーディオ・アクセサリー・レビュー】インシュレーター TAOC PTS-A



コピーライトマーク 2009 AISIN TAKAOKA CO.,LTD. All rights Reserved.




製品概要




種別


スパイク用インシュレーター



製品詳細



発売日


2007年(たぶん)

サイズ


φ50×H・12mm
 重量:155g/1個

販売


2018年8月現在、現行品です。

メーカー希望小売価格


価格:
希望小売価格:15,120円(税込み)【4個1組】




仕様


詳しい内容は、TAOCのWebサイトを参照下さい。
External_Link_15px.png TAOC





クオリティ・レビュー総評



本インシュレーターは、スパイク受けのインシュレーター/プレートです。
スパイクはありませんのでご注意ください。

管理人は、元々TAOCはスピーカースタンドを愛用していました。
とにかく重くて硬くて取り扱いには苦労するのですが、音は締り、ぐっと重心が低くなるので好んで使っていました。
JBL S4700を購入したタイミングで、付属のスパイク受けはどうも薄くて小さい(半径)ので、ちょっとTAOCを使ってみようかと思って購入した次第です。
ちなみにJBL S4700にはスパイクも付属していますが、それはそのまま取り換えてはいません。

前置きが長くなりましたが、付属品から変えてみた結果はどうだったかといいますと、好みではありませんでした。
残念。

なお、音は変わります。
確実に変わります。
それが好みではないという話です。

付属のスパイク受けプレートのほうが好みでした。
ただし、スピーカーが重くて、手伝いが必要なので、まだTAOCを使っています。
家族の手伝いは力仕事なので、引き受けてもらえない状況です。

付属のものとの比較は下記のほうでレビューします。
これは好みの世界のお話なので、いやいや、TAOCのほうが音が良い、という人もいると思います。
そこは好みのお話なので、ご容赦ください。
管理人が感じたことのお話です。




付属のスパイク受けインシュレーター/プレートとの違い


この記事を見ている方は、きっと気になっているのは、そもそもスパイクとスパイク受けで音が変わるの?という方も多いのではないでしょうか?
また、それはどのくらい違う?という点かと思います。

まずスパイクとスパイク受けそのものについてですが、これはどう考えても、音は変わります。
スピーカーの音は、スピーカーの足元に置いたもので大きく変わります。
畳、フローリング、TV台など、まず置く場所とその素材・強度・置き方によってもかなり変わります。
基本的には硬くて重い材質のものほど、音は良くなります。
その置き場所の上に置くものとして、スパイク関連がありますが、これも置き場所と同じ理屈です。
材質などによって、かなり変わります。
大きくは、木材か金属かに分かれますが、スパイクと受けは基本的に金属しかないと思います。
インシュレーター単品であれば、木材と金属の両方が同じくらいあると思います。
とにかく音は変わります。
それが好みかどうか、そこが問題なのです。

ちなみに、管理人が学生のころ、初めてオーディオセットを買った70年代に、10円玉がスピーカー受けに最適と何かの雑誌を見て試してみました。
管理人としては、この10円玉は全くお勧めしません。
全く違いを感じないだけでなく、(もし違いがあったとしても)、絶対に音が改善したりはしませんでした。
むしろ、スピーカーが不安定になって、振動で位置がずれたりしました。
これは、置いている台が木製で、多少の歪みがあり、きちんと水平を保っていないことも関係しています。
ということで、10円玉を置くくらいなら、何も置かないほうが良いケースが多いと思います。
何事も、好みの問題ですので、試してみるのが一番だと思います。

それから、付属のスパイク受けインシュレーター/プレートとの比較です。
付属のスパイク受けは、ある意味でJBL純正で、音決めにも使われただけあって、バランスが良いことがわかります。
(これは取り換えたからわかったことで、取り換えないと取り替えたい衝動に駆られるものです)
まず、特徴として、解像感がかなり良いです。
音の輪郭がしっかりしていて、くっきりと描きます。
低域は少々厚みがあって左右の広がりは広めです。
JBLのスピーカー特性同様、音が前に出てくる印象です。
総じてエッジの立った音、という感じです。

一方、本TAOCのスパイク受けインシュレーター/プレートは、取り換えてすぐにわかりました。
音がすっきりします。
人によっては、低音が締まったと感じると思いますし、実際、そうなのだと思います。
管理人としては、低域が減ったと感じました。
それと、一番がっかりしたのは、解像感が甘くなったことです。
音場は広めで、奥行きや音の厚みが増しているのですが、解像感の甘さで、もや付く感じです。
音像が前に飛び出してくる印象から、奥行き方向に若干変化した感じです。
また音域が中低域に少し下がった感じです。
その一方、低域がすっきりしています。
高域は、解像感の関係で、少し減っていると思います。

解像感の甘さによって感じたのは、中域のパンチが甘くなったことです。
これは、楽器で言いますと、バスドラムのキック音やタム、ベースの高域成分のはじける感じに影響します。
ここが少し減少します。
管理人は、この音を逆に強調したいので、全く好みと逆になってしまいました。

音場や奥行きを好む方や、高域がシャリ付くのが嫌いな方、低域が膨らんでいると感じている方には、ぴたりとはまるのかもしれません。




クオリティ・レビュー詳細1

 

※主に女性Jazzボーカル、ヘビーメタルのCDを視聴したレビューになります。


ダイナミックレンジ


レンジ感は少々狭くなります。
これは不要な音を引き締めたような感じです。
整音されたような感じです。


ボーカル情報量・解像感


ボーカルの口はほぼ変わりませんが、音の情報量が多少マスクされる印象です。
これは音場が前に飛んでくる音から、奥行き方向に展開する関係かと思います。
ただし、JBLのスピーカーの音自体が、かなり前に飛んでくるので、このTAOCによって、飛んでこなくなるわけではありません。
そういう意味で、写実的な付属インシュレーターから、アンビエントな雰囲気に変化したような印象で、ボーカルの印象がぐっと変わります。
ここはモニター調の付属品か、音場感の強い本TAOCか、好みのはっきり分かれるポイントだと思います。


演奏情報量・解像感


ボーカル同様、マイクが遠くなったように感じて、空気感を伴います。
濁りは感じませんが、音像が甘くなるので、管理人は曇った印象です。
クッキリシャッキリが好きな人には、厳しい音かと思います。


バランス(帯域と楽器再現度)


音域バランスは、付属品はバランスよく、偏りは感じません。
一方、本TAOCは、中低域にバランスが下がります。
その関係で高域は甘くなります。
人によっては、サ行が気になっていた場合は、特効薬のように感じるかもしれません。
また低域がすっきりするので、部屋の関係で低域が出過ぎている人にとっては、すっきりしてよいかと思います。
管理人のように、これと言って、問題を感じていない状態で、付属品から取り換えると、きっと好みの音にはならないのではないかと思います。


分離感


広めの音場を形成し、音に厚みが出る分、少々甘めです。
これは音域バランスの関係でもあるかと思います。




【使いこなし】


 本TAOCは、JBL S4700と4429に使ってみましたが、JBLの音を少しマスクしてしまう印象でした。
これは管理人が音像派で、くっきりしたドラムとベース、そして繊細なボーカルを好む関係です。
恐らく、音場派の方には向いているインシュレーターだと思います。

インシュレーターは、使うスピーカーや足場の関係などでかなり影響を受けます。
また好みの問題もあります。

それから、この手のハイブリッド金属を使っているインシュレーターに、木製のインシュレーターやオーディオボードを置いてしまうと、相殺する方向になるので、注意が必要です。
あえてそういう方向で音の調整をするオーディオに詳しい方なら何も問題ありませんが、手探りで調整をするような場合は、基本的には系統をそろえたほうが良いと思います。
TAOCに石英やクリスタルのスパイク受け等を使っても、かなり厳しそうな結果が待っている気がしますし、木製のものでもさらに音があいまいになりそうな気がします。

ちなみに、管理人は、このTAOCの下には特注の分厚い黒御影石を敷いていますが、それでも音のエッジが物足りなく感じます。
付属のインシュレーターのほうが、バランスが自然で、音像がくっきりしています。
このインシュレーターとの組み合わせで追い込めるのは、音像派の方ではなく、音場派の方だと思います。
音像派の方には、本TAOCはあまりお勧めできません。
特にJBLのモニターシリーズを好む方であれば、本TAOCはちょっと合わない気がします。





クオリティ・レビュー詳細2

 

【管理人独断レビュー】
 ※スマホで見る場合は、画面を横にしてください。(行ずれしてしまいます)


音声評点



・ダイナミックレンジ感
   広い   ○○●●●○ 狭い
・ボーカル解像感・精細感
   精細   ○○○●●● 柔らかい
・楽器解像感・精細感
   精細   ○○○●●● 柔らかい
・バランス
   低域   ●●●○○○ 高域
・楽器再現度
   正確   ○○●●●○ 甘め
・分離感
   少ない  〇○●●○○ 多い
・コストパフォーマンス
   高い   ○○○●●○ 低い
・満足度
   高い   ○○○○●● 低い




※表の見方
○:非該当
●:該当
まるの数:3つが最大、2つが標準、1つはなし
まるの数は点数ではなく、どちらに寄っているかという指標





商品紹介


Aisin Takaoka アイシン高丘 【TAOC】 TITEシリーズ インシュレーター(スーパーインシュレーター/スパイク用プレート)[4個1組] PTS-A
by カエレバ

Yamada_icon.gif ヤマダウェブコムで調べる
Yamada_icon.gif ヤマダモールで調べる
nojima_icon.gif ノジマオンラインで調べる




関連記事



オヤイデSPYT_150px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
Yラグ端子 

オヤイデ電気 
SPYT


コピーライトマーク 2005-2016 Oyaide.com,Inc. All Rights Reserved.


シリコンパワーUSB_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
USBメモリー 

シリコンパワー
J80


コピーライトマーク 2016 Silicon Power Computer & Communications Inc. All Right Reserved



SUPRA HD-5_100px.jpg【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
HDMIケーブル
 
SUPRA HD-5
(4K対応)
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.


SAEC RONDO4_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
スピーカーケーブル 

スープラ / SUPRA
Rondo4×4.0

コピーライトマーク2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SAEC SH-820_100px.jpgHDMIケーブル
 
サエク / SAEC
SAEC SH-820
(4K対応)
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SL-1801_150px.jpgサエク / SAEC

SAEC SL-1801
RCAラインケーブル
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.



SL-1980_150px.jpgサエク / SAEC

SAEC SL-1980
RCAラインケーブル
コピーライトマーク 2002-2009 SAEC CO.,LTD ALL Rights Reseved.


MTC-U1_100.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
壁/天井用ユニバーサルブラケット

JBL
MTC-U1


コピーライトマーク Harman International Japan Co.,Ltd. All rights reserved.


ZONOTONE 6NSP-G-7700a_100px.jpg
スピーカーケーブル

ゾノトーン / Zonotone
6NSP-Granster 7700α



コピーライトマーク 2011 Maezono Sound Labs. Corp. 株式会社前園サウンドラボ


ZONOTONE 6NSP Granster 5500a_100px.jpgスピーカーケーブル

ゾノトーン / Zonotone
6NSP-Granster 5500α



コピーライトマーク 2011 Maezono Sound Labs. Corp. 株式会社前園サウンドラボ


G51_100px.jpg
【オーディオ・アクセサリー・レビュー】
スペーサー

fo.Q / フォック
G-51



コピーライトマーク 2012 fo.Q All Rights Reserved.


TA-32_100px.jpg
チューニング・テープ

fo.Q / フォック
TA-32
(制振テープ)
コピーライトマーク 2012 fo.Q All Rights Reserved.
















【JBL】



【プリメインアンプ】



【パワーアンプ】



検索
最新記事
カテゴリー / サイトマップ
記事ランキング(2018年7月版)
「7月もサウンドバーとスピーカーが人気でした。最近、記事の更新ができていませんが、近いうちに再開できるよう考えています。」
  1. 1. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー JBL BAR STUDIO
  2. 2. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4312M II BK
  3. 3. 【ホームシアター】イマーシブオーディオについて考える
  4. 4. 【オーディオ・アクセサリー】USBメモリとハイレゾとオーディオの関係について考える
  5. 5. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL 4429
  6. 6. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー JBL CINEMA SB450
  7. 7. 【スピーカー・レビュー】サウンドバー SONY HT-ST5000
  8. 8. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL STUDIO 220 BRN
  9. 9. 【アンプレビュー】ROTEL RB-1582 MK2
  10. 10. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL Project K2 S9900
  11. 11. 【ご紹介】4K Ultra HDプレーヤー Panasonic DP-UB9000 発表
  12. 12. 【プロジェクター・レビュー】プロジェクター SONY VPL-VW245
  13. 13. 【スピーカー・レビュー】スピーカー JBL S4700BG / S4700
  14. 14. 【オーディオ・アクセサリー・レビュー】スピーカーケーブル ゾノトーン / Zonotone:6NSP-Granster 5500α
プロフィール
オーディオとシアターの管理人さんの画像
オーディオとシアターの管理人
オーディオとホームシアターが三度の飯より好きなアラフィフ管理人です。どちらかと言えばホームシアターのほうがオーディオより好きです。映画ソフトはかなりたくさん観てきましたので、機器だけではなくソフトのクオリティ・レビューも気ままにしていきたいと考えてます。機材検討やソフト購入検討のお役に立てれば幸いです。
プロフィール
にほんブログ村 にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ

人気ブログランキング
人気ブログランキング
FC2ブログランキング
【他のサイトのブログを見るなら】
QRコード
RSS取得
プライバシーポリシー