ファン
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年12月31日

而今 純米吟醸 愛山 火入れ

今年の六十本目。

+++ 而今 純米吟醸 愛山 火入れ +++

IMG_4802.jpg


今年を締めくくるラストはこれで!

最早説明不要な而今。そして一番愛する愛山。

購入してからいつ呑もうか悩んでいたところ

いっそ締めくくりまで引っ張りました。

今年は而今に始まり而今で終わりましたねー。

来年もそうなったら良いなと思いながら

しみじみいただきました。

空けた瞬間の小気味いい、シュポッという

多少寝かせていたにもかかわずしっかりとした

ガス感がテンションを駆り立ててくれました。

そして口に含んだ時のベリー系のジューシーさは

アッパレの一言です。かつくどくない。

文句無しに今年のNo.1 に君臨しました。

山形正宗 純米吟醸 東条山田錦

今年の五十九本目。

+++ 山形正宗 純米吟醸 東条秋津産 山田錦 +++

IMG_4732.jpg


山形県水戸都酒造が醸す山形正宗。

お初です。


なんとなく呑んでいなかった銘柄でしたが、

とある人にオススメいただき、購入。

一言で言うと「あ、これおかわりだわ」と

確信させるほど美味い!

あまり期待していなかっただけにびっくりしました。

間違いなく今年呑んできた中でトップ3に入ります。

マンゴー系?の香りと、口に含んだ時のボリューム感。

微かな苦味とバランスがベスト。

これはほんと美味い。

プレミアがついていないのが不思議なぐらいレベル高い逸品でした。

冩楽 純米大吟醸 雄町

今年の五十八本目。

+++ 冩楽 純米大吟醸 雄町 +++

IMG_4721.jpg


福島県宮泉酒造が醸す冩楽。

冩楽の純米大吟醸はこの雄町と山田を使った

しずく もしくは 二割二分 だけです。

味わいは、

さほどフルーティさもなく穏やかで想像よりも

控えめでした。

若干渋みがあったかなという印象です。

寫樂もここ最近プレミアがついてきましたが、

現在、日本酒は約20,000種類あると言われて

います。プレミアを追うよりも

自分に合う日本酒を見つける方が有意義だと

この一年で気付かされました。

原料米:岡山県産 赤磐雄町
精米歩合:40%
アルコール分:16%

寫樂(写楽) 純米大吟醸 赤盤雄町  720ml【宮泉銘醸】【福島県 日本酒】

価格:14,040円
(2018/1/6 15:01時点)
感想(0件)


飛露喜 純米吟醸 黒ラベル

今年の五十七本目。

+++ 飛露喜 純米吟醸 黒ラベル +++

IMG_4720.jpg


福島県 廣木酒造が醸す飛露喜。

今回、いつもお世話になっております酒屋さんに

無理を言って譲っていただきました。

飛露喜はどのシリーズもキレが良く、

酸味の少ない沁みる味わいですが、

黒ラベルはその中でも特にフルーツ香が強く、

穏やかな味わいの逸品です。

今年手に入ったのが奇跡のようなレア度です。

そしてさっぱりとしたフィッシュはさすが飛露喜。

理屈抜きで美味いです。

原料米:山田錦、五百万石
精米歩合:50%、50%
アルコール分:16,1%

飛露喜 純米吟醸 黒ラベル 1800ml (廣木酒造) (福島県) 2017年8月詰

価格:12,500円
(2018/1/6 13:30時点)
感想(0件)


小左衛門 純米吟醸 山田 生酒

今年の五十六本目。

+++ 小左衛門 純米吟醸 山田 生酒 +++

IMG_2645.jpg



我が地元の中島醸造が醸す小左衛門(こざえもん)。

去年は米が無く作れなかった山田の生酒が

売っていたので購入してみました。

小左衛門の山田錦は、山田さんの山田。

というのは、

本流」山田さん作の山田錦を使用した純吟山田。

「酒米の王様」山田錦の生みの親、山田勢三郎翁の

後継者で5代目の山田正壽さんに特別に分けて頂いた

お米を使用した贅沢なお酒なのです。

とろっとした旨みがありますが、

口に含んだあと飲み込むときに広がる

感じでしょうか。

地元の蔵なので今後も頑張って欲しいです。


日本酒度  +4
酸度  1.8
使用米 兵庫県多可郡多可町(播州)山田勢三郎五代目山田正壽作 特等100%
精米歩合  60%
アルコール度数  17.5度

黒牛 純米吟醸

今年の五十五本目。

+++ 黒牛 純米吟醸 +++

IMG_4714.jpg


和歌山県の名手酒造が醸す黒牛。

以前居酒屋で頂いて、好みの味わいだったため

改めて購入。

**黒牛の由来**
今から1200年前の万葉の昔、名手酒造のある和歌山県海南市黒江の周囲は美しい入江で、多数の岩が波に見え隠れしていました。その黒く大きな岩が黒い牛のように見えた為、当時はこの周囲は黒牛潟と呼ばれていました。
その後、長い年月とともに海は干上がり「黒牛」を名の由来とする現在の「黒江」の街となり、戦国時代から塗り物の街として栄える事になります。
黒牛という酒銘はこの地名の由来から、また、万葉の昔を偲べる味わいを目指そうという目標から命名されました。・・・
*********

酒米にはほぼ兵庫県産の山田錦を使っております。

その為か、お米のが非常に良くでており、

力強く、濃い味わいが特徴。

居酒屋で呑んだのは黒牛の純米酒でしたが、

今回呑んだのは純米吟醸。

力強さはそのままに華やかさが加わり中々の出来でした。

冷でも常温でも燗でも美味いと評判で、個人的には純米酒の

方がオススメです。

■甘辛:やや辛口
■原料米:兵庫県産山田錦
■精米歩合:50% 
■アルコール度数:16.5度
■日本酒度:+4.0
■酸度:1.4



2017年12月30日

高砂 純米大吟醸 松喰鶴

今年の五十四本目。

+++ 高砂 純米大吟醸 松喰鶴+++

IMG_4609.JPG


三重県 木屋正酒造 而今の杜氏大西さんの

チャレンジ酒手「高砂 松喰鶴」

今年販売の「高砂」は14号酵母単体で仕込み、

イソアミル系酵母によるやや甘さを控えた造りだそうです。

呑んでみたところ、

うーん、而今。

而今が好きなので 美味いには変わりはありません

が、敢えて別ブランドで出した程の違いを感じ

られませんでした。強いていうなら、

而今と比べてちょっとガス感が弱いかな?といった

印象でした。

原料米 三重県産山田錦
精米歩合 45%
アルコール度数 16度

【2017年9月最新!!】高砂 純米大吟醸 松喰鶴 720ml【木屋正酒造】【三重県 日本酒】

価格:7,560円
(2017/12/29 23:50時点)
感想(0件)


2017年12月29日

大那 純米吟醸 東条山田錦

今年の五十三本目。

+++ 大那 純米吟醸 東条山田錦 +++

IMG_4592.JPG


栃木県菊の里酒造が醸す 大那。

あの、坂上忍が絶賛した銘酒です。

ちなみに「大那」というお酒の名前は

<大いなる那須の大地が育んだ豊穣な

バックグラウンドを大切にし、それを日本酒という形で伝えたい>

という思いから付けられたそうです。

今年の大那は当たり年なのか、色々呑みましたが

ほんとハズレがありませんでした。

この東条山田も抜群で、

定価で買えることのほうが不思議なくらい

高級酒と並ぶ品の良さがありました。

口当たりはやわらかく、

甘みも自然、ほんの少しだけ苦味。

珍しくおかわりしたくなる一本でした。


酒米 山田錦(東条産)
精米歩合 50%
日本酒度 +1
酸度 1.7
アルコール度数 16.6度

2017年12月21日

醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に 雄町

今年の五十二本目。

+++ 醸し人九平次 純米吟醸 火と月の間に 雄町 +++

IMG_4589.JPG



愛知県名古屋市緑区、萬乗醸造の銘酒。

昨年は、山田錦 を使用した火と月の間に を呑みましたが、

今回は初の雄町バージョン。

このシリーズは冷やで呑んでも結構いけるのですが、

やはり燗で本領発揮しますね。

冷やを呑んだ後にぬる燗(40度)で呑むと

変化がとても面白いです。

個人的には山田よりも雄町の方が燗で呑んだときの

旨味は感じやすかったですね。

毎年これを呑むと、冬の訪れを感じます。

++蔵のコメント++
燗という字を眺めていると 「寒さの厳しい月の輝く冬の夜、あまりの冷たさに思わずお酒を温めてしまった」 そんな情景が目に浮かんできます。
温度を上げるたびに、雄町という品種特有の、酸と旨みが増していくのがわかります。
酸を際立たせるか、旨みを引き出すか、甘みとバランスをとるか。

原材料 米(国産),米麹(国産米)
アルコール度数 15〜16度未満
使用米 雄町
精米歩合 50
日本酒度 非公開
酸度 非公開

醸し人九平次 雄町ヴァージョン 火と月の間に 1800ml − 萬乗醸造

価格:3,930円
(2017/12/21 18:58時点)
感想(6件)


2017年12月14日

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 しぼりたて 生

今年の五十一本目。
+++ 尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 しぼりたて 生 +++

尾瀬.jpg


群馬県龍神酒造が醸す尾瀬の雪どけ。

初呑みです。

〜蔵元のコメントより〜
リンゴの蜜を想わせる含み香とジューシーな甘み。しぼりたての新酒ですが綺麗さとキレの良い後口で、純米大吟醸らしい品格をハッキリと感じられます。


酸味と甘みが心地よく、女性に好まれそうな

上品なお酒ですね。正にリンゴ酒です。

甘さがくどくないので、これは飲みすぎてしまう

お酒です。どちらかというとリキュールっぽいです。

使用米 非公開
精米歩合 50%
アルコール 15度
日本酒度 非公開
酸度 非公開

<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
日別アーカイブ
検索
sim.gif



1095.gif
yuki.gif
みんなでつなごう相互リンクの輪

ブログランキング・にほんブログ村へ
新宿駅ホテルならShinjuku-Stay.com
相互リンクSEO対策サーチ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。