<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年02月15日

薬物依存について

何が面白いのかわかりませんが、
まゆみさんがメインにしているlive doorブログよりも
ほったらかしで更新もしていないfan blogの方がアクセス数が多いです。

普段はまゆみさん自身も存在すら忘れているのですが、
なぜかしらアクセス数が多いですね。

で、たまには更新してみようと思いました。

もともとこのブログはまゆみさんの日常のことを、日記をつづるようなつもりで始めたのですが、
やがて、不具合からlive doorに移って、放っておくのももったいないしと思い、
禁煙ブログに路線を変更したものです。

実際に完全に禁煙するまでは、ニコレットで数えきれないくらい失敗して
禁煙外来に2回通い、その後また挫折して個人輸入のチャンピックスで2回挑戦して
ようやくやめました。

今何でこの記事を書こうかと思ったのかというと
元プロ野球選手の清原和博さんの覚せい剤使用の問題が世間を賑わせているからと言っていいかもしれません。

まゆみさんは今は薬物をやってはいませんが
タバコ依存と闘っていた頃に、ちょうど酒井法子さんが覚せい剤で逮捕されました。
合法か違法かとの違いはありますが、まゆみさんは自分自身が酒井法子さんと少しも変りないと思っていました。

タバコがもしも合法でなければ自分も同じような立場で冷たい視線を浴びなければならなかったんです。
だから酒井法子さんのことを他人事とは思えませんでした。
ある人は言います。
「のりピーはやくざの娘だからそんなの当たりまえだ」

やくざの娘に生まれたくて生まれたわけじゃ無かろうに。
それじゃ何かい?
まゆみさんはやくざの嫁さんだったんだよ。

もっとたちが悪いですよね。
やくざの嫁さんになることを自分で選んでしまったわけだから。

娘の方が可哀想でしたよ。
親を選べないですからね。




清原和博さんはね〜、個人的にあんまり好きではないです。
番長と呼ばれて態度がでかくて・・
逮捕時も、いかにも極悪人のような面構えをしていましたね。

彼は彼なりに辛い野球人生を送ってきたことは間違いないですよね。
あれほど恋い焦がれたジャイアンツは相棒の方を選んで、彼は涙に暮れました。
FAで移籍してからは故障続きで良い成績を残せませんでした。

だからと言って薬物に手を出すのはいけません。
子供だってわかっていることです。

それなのに・・・?

ではタバコはどうですか?

子供に教育の一環として、タバコを吸うとどんなに恐ろしいことになるのか
ビデオなどを用いて教えられています。

そしてそのビデオを見た子供たちは
「ボクは、私は、絶対タバコなんて吸わないぞ」と
よっぽどへそ曲がりの子供出なければ思うはずです。

なのに、試してみたくなるんですよね〜
大人たちが止めれなくなるくらい美味しいものなのか・・?
自分はすぐに止めれるよ。中毒になる前に止めれるよ。

で、結局はやめられず、
「1000円になったらやめる」
「1000円になっても吸う」
「病気になったらやめる」
「病気になっても死ぬまで吸う」
などなど・・・
いろいろ言ってますね。

だったら健康な今、止めるのが一番いいんじゃないですか?

460円でセブンスターを買って吸ってるあなた、
それ、覚せい剤とおんなじですよ。
いや、覚せい剤よりももっとたちが悪いですよ。

なぜなら『合法』だから。

吸って自分や周囲の人の健康を損なっても罰せられない合法の薬物だから。









2015年10月17日

禁煙外来に行かなくても

この
「禁煙外来に行かなくても」
で始まるキーワードで、ヒットするページがあります。

http://lord-ing.com/

禁煙外来で処方される薬はチャンピックスというものです。
チャンピックスは通販でも手に入ります。

禁煙外来の敷居は案外高いものです。
喫煙歴が浅かったり、一度治療してから挫折してしまった人は保険が適用になりません。

また、仕事が忙しくて通院できないという方々も多いでしょう。

一日も早くタバコをやめたいけど、通院や費用がままならないと感じていらっしゃる方は
ぜひ、このリンクをクリックしてください。

海外からの輸入でチャンピックスが格安で手に入ります。

チャンピックスは人によっては副作用があるのが難点ですが
ニコレットやニコパッチに比べると、はるかに成功率が高いです。

止めたくても止めれない、
悩んでいる人たちはきっととても多いはず。

そういう方々の助けになると思います。









2015年10月10日

以前の記事を削除しました

最後に書いた記事がいつまでも残っていると、
読むたびに苛立つ人たちもおられると思うので削除しました。

ここへ来る方々に、穏やかな気持ちで読んで欲しいので。

過ぎた過去にとらわれず、今を、未来を見つめて前向きに過ごしていきたいものです。

苛立っておられる方たちには、平穏な気持ちで私のブログを楽しんでいただければ幸いです。





2015年08月03日

昔のバスのにおい

今の若い世代の人にはわからないだろう。
昔のバスはそれはそれは酷いにおいがした。
バスに乗るとそのにおいで気持ちが悪くなったものだ。

そのにおいの正体はタバコだったことがあとになってわかった。
今は当然バスの中は禁煙だが、昔はバスには吸殻入れが背もたれに設置してあって
自由にタバコが吸えた。
そのタバコがバスを酷いにおいにしていたのだ。

というのは、タバコを吸わなかった時期に、車を運転していて、
車検に出したときの代車があの昔のバスのにおいがしたのだ。
車屋さんに「このにおいはなんですか」と尋ねると
「ああ、これはタバコのにおいだ。前の持ち主が喫煙者だったんだ」
という答えが返ってきた。

当時はノンスモーカーだった。

その後、喫煙をするようになってしまい、
何度も何度も禁煙を試みては挫折を繰り返していたが
あのにおいはほとんど自覚しなかった。

2ヶ月くらい成功したかに見えたときに奥の部屋の衣類に
あの昔のバスのにおいが染み付いているのを感じたことがあって
ぞっとした覚えがある。

今は、喫煙者が近くにいると、常にあの頃のバスのにおいを感じる。
50代くらいのオッサンからそんなにおいがしてもまぁまぁ許せる。
20代、30代くらいの女子からあのにおいがすると、
見た目にきれいな人でもげんなりする。

自分もかつてはそんなにおいを振りまいていたのだ。
今となっては恥ずかしいと思う。
当時はたいして気にも留めなかったのに。

羞恥心が芽生えるということは良い傾向だ。
恥ずかしいことを恥ずかしいと思えないのは恥辱だ。

ノンスモーカーに対して不快なにおいを嗅がせていたなんて
自分だけの問題じゃない。

タバコは大人の嗜好品だなどと主張するスモーカーがみな、気づいて欲しいと思う。
嗜好品などではない。
公害だ。

自分は今でも口淋しいと感じることがある。
口淋しくてもタバコを吸いたいとは全く思わない。あんな臭いもの。

ガムも飴もイマイチ欲しくなく、仁丹を舐めている。
「仁丹舐めてるくらいじゃまだまだだな」と言われたが、
ガムや飴を口に入れている人とどこも変わらないじゃないか。

5月24日から吸っていないから、まだ3ヶ月も経っていないが
永遠に吸わないだろうという確固たる自信がある。

タバコを吸わなくなってから、一度もタバコを恋しいとは思ったことがない。
嫌悪感しかないのだから。

忌まわしい麻薬中毒から解放されたことは何にも変えがたい幸運であったと思う。










2015年07月23日

依存症について

うつ病の発症とともに、買い物依存になった。
あとから考えると「なんでこんなものが欲しかったんだろう?」と思うようなものばかり
どうしても買い物がやめられなかった。

アルコール依存にもなった。
朝、目が覚めると同時に酒を買いに走った。
ニコチン依存と同じで朝が一番辛い。

長時間アルコールを摂取していないからだ。

苦しかった。

借金まみれになり、それでもやめられるものではない。
借金を踏み倒した。

だって返せないんだもの。

弁護士相談に行ったら「踏み倒せ」みたいなアドバイスだった。
「あなたのように失うものが何もない人ほど強いものはないのよ。
命以外に持っていくものがないでしょう?
命までとられることはないんだから。
借金は5年で時効よ。
5年過ぎる前に裁判に持ち込まれる場合もあるけど、
それでもあと5年。
10年辛抱すれば自由の身よ。
で〜んと構えていなさい。
私なんかそうよ。
物事、なるようにしかならないんだから
私はあれこれと悩んだりしないの。
だから私は鬱になんかならないの。
私の友人の弁護士さんがね、うつ病になってね、
ベッドの中でうずくまっていて、まるで胎児のようだったわ。
あなたも私のように図太くなりなさい」


ケースワーカーさんに「どうでしたか?」と尋ねられ
「払わないでほっとけだそうです」と答えると
「いや〜凄いですね〜。 踏み倒せ〜とはね」
ケースワーカーさんにもお世話になった。
ものすごく助けられた。
たっくさん不正受給をしたことを何一つ責められはしなかった。
止むに止まれぬ事情があるのだと推察してくれた。
洞察力に優れた人だった。
「どうしてもダメなときは保健師さんに相談するといい。
プロの私でさえダメなときはお世話になっています」

そうか、こんなプロの人でもお世話になってるんだ。
そう思うと急に敷居が低く感じられた。

保健師さんにいろんなことを聞いてもらい、荷が軽くなった。
ケースワーカーさん、弁護士さん、保健師さん・・・
たくさんの人たちに支えられ、アルコール依存から立ち直った。



長かった。



辛かった。




言葉で表現できないくらい・・
どんなに言葉を尽くしてもあの地獄のような苦しみを伝えることは出来ないだろう。

本人が一番辛いのに、人から散々責められた。
わかってもらえない・・・

依存症の苦しみも、うつ病の苦しみも
わかってもらえないことが苦痛を倍増させる。
傷だらけなのに、傷口に塩を、唐辛子を、人は遠慮なく擦り付けてくれる。

悲鳴をあげると甘ったれているとさらに追い討ちをかけられる。
悲鳴をあげることすら歯を食いしばって堪えなければならない。



今は何にも依存していない。
これが当たり前のことなのだが、当たり前だと思っていてはいけないと私は思う。
自分が苦しんだのは、同じ苦しみを味わっている人を癒す手となるため、
それが自分に課された使命のように思う。







2015年07月21日

ツバメたちの受動喫煙が心配

お店の入り口に喫煙所があり、吸殻入れが置いてあります。
その上にツバメが毎年巣を作っています。

従業員の喫煙所の上にもツバメが巣を作っています。

ツバメといえば縁起のいい鳥で、糞を落とされてもちゃんと保護していますが、
受動喫煙については誰も気にも留めないようですね。

私自身も喫煙者であったときには気にも留めてませんでしたからね。

ツバメさん、もっと空気のきれいなところに巣作りしなよ。
こんなスーパーなんか見限っちゃってさ。




2015年06月26日

数えるまでもない

5月24日から禁煙をして、気づけば1ヶ月が過ぎていた。
吸わないのが当然だから、何日禁煙したと、数えるまでもないのだ。

以前は「禁煙何日目」と記録していた。
禁煙マラソンだった。
100日経った。とか・・

これでは100日我慢した、と言っているようなもので、
禁煙に終わりがないことを自覚しているかのようだ。

今は我慢をしていない。

我慢をするのは近くで喫煙者がタバコを吸っているときに
あの気持ちの悪いにおいに耐えるときだ。

タバコを吸うことを「我慢」するのではない。
喫煙者が振りまく嫌なにおいを「我慢」している。

自分はもうすでにノンスモーカーになったのだから
何を我慢することがあるというのか。

日にちを数えるまでもないのだ。





2015年06月20日

タバコ臭

私の周囲には喫煙者がほとんどいない。
職場にはちらほらいるけど喫煙所以外では吸わないので、
自分から好んで喫煙所に行かない限りはもうタバコ臭を嗅ぐことはないと思っていた。

今日は十和田チャーチル会のスケッチ旅行だった。
メンバーの中に、たったひとりだけ喫煙者がいた。

彼がタバコを吸っているとき、えずくような気持ちの悪い匂いがした。
たまらなかった・・・

あんなものを今まで私は吸っていたんだ・・・

子供の頃、母が吸う煙草のにおいがイヤだった。
あの時と同じ匂いだ。

イヤでイヤで仕方なかった、あの匂いだ。
あの匂いを旨いと思えるほうが異常だったんだ。

あの匂いに誘われて吸いたくなるなんていう日は二度と来ないだろう。
私はノンスモーカーだ。



2015年06月16日

今だからゴメンなさい。小さな命たちへ。

高校3年生で部活が終わってからタバコを覚えてしまった。
以来、やめられなかった。
娘を妊娠して禁煙したが、妊娠の初期にはタバコの害に晒させていた。
娘は身体が弱かった。
タバコの影響はあったに違いない。

二人目の子供を身ごもったときも喫煙していた。
妊娠がわかってタバコをやめたが、子供は先天性の心臓病だった。
産まれてわずか35日で大手術を受けたが死亡した。
今だからゴメンなさい。

その後、エホバと関わるようになり、きっぱりタバコをやめた。
16年間タバコを吸わなかった。
まさか再び喫煙者に舞い戻ってしまうなどとは夢にも思わなかった。
それなのに・・・

エホバと縁を切ると心に決めたそのとき、家に置いてあった母のタバコを1本だけ・・・
そう思い、吸った。
頭がくらくらした。倒れこんだ。それほどの猛毒なのに吸い続けないといられなくなってしまった。
16年間ノンスモーカーだったのに、たった1本と油断してしまい、
16年間をふいにしてしまった。

殿君を家に迎えてまだひと月のときだった。
殿君は灰皿の上をまたいで、砂をかけるしぐさをした。
イヤだったんだろうな。
4,5kgあった体重が2kgにまで落ちた。
45kgあった人間が20kgになったのと同じだ。
殿君は癌になっていた。
最期は1,48kgだった。
今だからゴメンなさい。

小さな命たちを奪ってしまったのは他でもない。
この私自身だ。
喫煙という最も愚かで恥ずべき行為によって。

今だからゴメンなさい。

たった1本。
もう二度と吸うまい。





2015年05月30日

今日も元気だ 空気が旨い

最後の1本を吸ったのは、2週間分のチャンピックス13日目。
これで吸殻をそのままにしておけば、明日の朝にはシケモクを吸うであろうことは、
経験上よ〜くわかっていた。

なので、最後の1本を吸い終わったあとの灰皿に水を注いで、吸殻を水没させた。
案の定、朝目覚めると、乾いたシケモクを探し回った。

ない!ない!どこを探しても乾いたシケモクはどこにもない!

吸殻を水没させた人間と、乾いたシケモクを探している人間が同一人物だなんて笑えない話だ。

しかし、チャンピックスのおかげで、離脱症状がかなり緩和されていたので、
もう買いに走ることもなくなった。

4週間分のチャンピックスがまだ丸々残っている。
以前にチャンピックスなしでやめれたときは3日我慢できたらもうニコレットもなしで
吸わずにいられたので、
チャンピックスが4週間分もあれば、禁煙外来に3ヶ月も通う必要もなさそうだと思った。

6000円。

以前に禁煙貯金をしようとして設定した金額が、
わかば260円を2日で吸っていたことを考えて、1日あたり200円が妥当だと思い、そう設定した。
で、禁煙外来にかかる費用もひと月に6000円ほど。

今あるチャンピックスでもう充分止められるし、次にもう6000円使うのも勿体無い。

早速使っていなかった口座に次回の病院代の6000円を入金してきた。
来月の給料が入ったらまた6000円入金しよう。

5月24日から吸っていないので、今日で8日目になる。

まだちょっと痰が出るがかなりよくなってきている。
空気が旨い。
家の中では高級なお線香を焚いて深呼吸。あ〜、んまい。
外へ出るとアカシアの花の香りが漂っている。あ〜、んまい。

ずっと悩んでいた疲労感もかなり軽減されてきていて、
ドリンク剤もあまり飲まなくなったことで二重、三重に経済的にいいことが増えている。
お金を使って美容と健康を失うなんて
喫煙ってなんて不条理なんだろう。

禁煙を通り越して、もう卒煙だな〜と、思っている今日この頃である。
まだ8日目だというのにね。



プロフィール
まゆみさんさんの画像
まゆみさん
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
二度目の禁煙外来 by まゆみさん (05/14)
二度目の禁煙外来 by 通りすがり@上北郡 (05/14)
二度目の禁煙外来 by まゆみさん (05/14)
二度目の禁煙外来 by まゆみさん (05/12)
二度目の禁煙外来 by ゼットキ (05/12)
二度目の禁煙外来 by まゆみさん (05/12)
二度目の禁煙外来 by 心姫 (05/12)
二度目の禁煙外来 by まゆみさん (05/12)
二度目の禁煙外来 by yume (05/12)
マジでヤバかったですっ! by まゆみさん (03/03)
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。