情報,商品,浅五商店,スピーカ

メインカラムフリースペース

ここはメインカラムフリースペースです

記事一覧

2016-06-16日記
昨日、バイクに掛けてあったフォロー用のカバーを久しぶりに取ってみた。取ろうと思えば、いつでもできたはずだがバイクに跨ぐ機会もないまま1年が過ぎ去った。飽き易す…

記事を読む

2016-03-24日記
久しぶりの更新になってしまいました。自分のやったことを記録に残すというこまめさと言うか、習慣を持たない私の唯一の記録でもあるこのブログ・・・やはり、ブログのや…

記事を読む

2016-02-20日記
男らしくない題ですみません (^_^;)ラジオを聴きながらブログを書くことが多いのですがそのせいか、ブログを書いてる途中でラジオの話題に引き込まれて、手が止まる・・…

記事を読む

2016-01-19日記
今朝(1/19)、目を覚ますとなんだか外が明るい。寝ぼけまなこを擦って、もう一度みるとやはり間違いない・・・・明るい、いや白い。白いと言うわりに暗いですが手前に網…

記事を読む

2015-12-28日記
先週、会社で同僚と話をしていて彼の奥様が子供を連れて、奥様友達数人で1泊の旅行に出かけるのだと言っていました。この年末の忙しい時に優雅なものだ・・・と思いまし…

記事を読む

2015-12-14アフィリエイト
いよいよ年末も押し迫ってきて気のせいか、なんだか周りも動きが慌ただしく感じられるように思います。この時期はクリスマスがあって、にわかクリスチャンになったかと思…

記事を読む

2015-11-28日記
ケベツ祭・・・大分県国東半島で毎年10月に行われる奇祭のひとつです。Wikiさんで検索されても、お分かりになると思いますが祭りの起源とかなぜケベツなのか、その語源は…

記事を読む

2015-11-19日記
「テッパン」小学生の低学年のころ、母親の実家によく、行かされていた。行かされていた・・・というのは、自発的ではなくて当時幼かったのだが、なんとなく強制的な母親…

記事を読む

2015-11-02日記
先週 土曜日に長年付き合ってきた後輩の歓送会でした。たった、3人での歓送会でした。気が合ってた3人かどうかは分かりませんがそれでも、何かしてやりたい・・・と思…

記事を読む

2015-10-27日記
私はパートタイマーとして定年後も、もと勤務していた会社に勤めています。私のような者でも応援して欲しいと云う後輩が声を掛けてくれたので有難い話だと応じました。も…

記事を読む

思い出は遠くの日々

  •  投稿日:2016-06-16
  •  カテゴリ:日記
昨日、バイクに掛けてあったフォロー用のカバーを

久しぶりに取ってみた。



取ろうと思えば、いつでもできたはずだが

バイクに跨ぐ機会もないまま1年が過ぎ去った。



飽き易すの惚れ易す(あきやすのほれやす)



じつはカバーを取ってみたのは、明日

車検でバイクを販売店が取りに来るような手筈に

なっているから・・・



一年ほったらかしにされていた

カバーの中のバイクは錆びて、ぼろぼろでは?

自分が買わなければ、もっとお前はだいじにされたかもな・・

などと、思いながら

カバーを エイッ とはぐる。



多少の埃は被っていたが、おおむね見た目は良かった。

チェーンが錆びていなかったのは助かった。

キーを差し込んで、イグニッション オン


やっぱりというか、当然掛からないエンジン

バッテリーあがり・・・・



これで、2回目のバッテリーあがり





5年前、このバイクで北海道を走ってた。

本州の西の端のナンバーを付けてるバイクが

珍しかったのか?

北海道のいろいろなところで

「山口から ?」と

言われた。



あの頃は、バイクに熱くなっていた。

今は完全に熱が覚めている。


飽き易すの惚れ易す(あきやすのほれやす)



北海道を走った時の情景がときどき頭をよぎるが

なぜか、出てくるのは宗谷丘陵でもなければ

長い長い果てしない直線道でもなく、

富良野のラベンダー畑でもない。


知床横断道を走っていた時に、出会った

道端に佇んでいた

鹿の哀しそうな目である。

鹿.png

やがて、記憶のかなたに北海道のことも

鹿の哀しそうな目も出てこなくなるかもしれない。



そう、

みんな、思い出は遠くの日々にうつろう。




※久々の投稿で、えらくウェットな気分・・・
 そぼ降る雨のせいか?







思い出は遠くの日々・・・ 

このシルエットはだれが書いたんだろう?
気持ちが惹かれます・・・



いつか来た道

  •  投稿日:2016-03-24
  •  カテゴリ:日記
久しぶりの更新になってしまいました。

自分のやったことを記録に残すという

こまめさと言うか、習慣を持たない私の唯一の

記録でもあるこのブログ・・・


やはり、ブログのやり始めもここだったので

ある意味、自分の原点がここにあると思いますし、

570近い記事(日記?)を書いてきたところはないのです。





娘結婚式.png



ところで、先週の日曜日は娘の結婚式でした。

ここのところ、雨がよく降るので、天候にはハラハラして

いましたが、これ以上望むのは無理だと言うくらいの快晴。


花嫁の父親をうまく熟せたかどうかはわかりません。
たぶん、大泣きするのが定番であるらしいですから、
ブログ仲間によれば、「普通、花嫁の父親って泣き通しよ」って
ことですから、うまくは熟せなかったようです(^_^;)

なんせ、男は大衆の前で泣くな・・という
いつの時代の話しか・・というような教育で育った人間ですから
親が死のうが、娘が嫁に行こうが泣いてはならぬのです。


正直言うと、娘が最後に親に読む手紙には
涙腺が崩壊しそうになりましたが、持ちこたえました。


このブログを書きはじめたころは娘は何をしてたろうか?
どこに住んでいたっけな・・・
など脈絡のないことを考えています。


そして、思いは四十数年前に結婚した自分のことに・・・

自分にも、娘くらいの年代の時があり

あのころ何を考えて、何をしてきたろうか?

随分、無茶もした記憶があるが、危なっかしそうに見える

娘夫婦が実は40数年前の自分たちであったろう。

いつか来た道なのに、すでに記憶のかなたとなりつつある。


娘たちも、やがては40年前の自分たちを二人で振り返るのだろうか?




娘が披露宴で「お父さん、お母さん・・・」と言った
時に流れてきたバックミュージックはこの曲でした。
涙腺が崩壊しそうになったのは、このせいかもです。

The Rose
 カテゴリ
 タグ

行かないで

  •  投稿日:2016-02-20
  •  カテゴリ:日記
男らしくない題ですみません (^_^;)


ラジオを聴きながらブログを書くことが多いのですが
そのせいか、ブログを書いてる途中で

ラジオの話題に引き込まれて、手が止まる・・・
心はココに有らず・・・状態になります。

こんなので、アフィリエイト記事書いたって
碌なものには、なりゃあしないですよね。


今朝は、そのラジオから珍しい局が流れてきました。
朝から、こんな曲ってどういうセンス??

今回のテーマである「行かないで」という
玉置浩二さんの曲です。

正確には、作曲はあの山口淑子さんという話です。
そう、李香蘭の日本名です。

山口淑子.png


いや、日本人なので中国名 李香蘭というべきでした。

歌手、女優、政治家でもあった、いろんな顔を持つ彼女。

戦争という大きな波に翻弄され、売国奴呼ばわりされた
数奇な運命を持つ彼女にピッタリの曲です。


玉置浩二さんの圧倒的な歌唱力が光ります。

それにしても、すごい美女がいたものです。

山口淑子さんは戦争に翻弄されたかも知れませんが
彼女に翻弄された男は何人いたのか???


追)以前、誰かが言っていました。
  こんど、この世に生まれ変わって来るとしたら
  類まれな容姿で生まれたいと・・・
  女はそれだけで次元の違う人生になると・・・

  でも、その類まれな容姿ゆえに時代や人に利用され
  翻弄されることもあるのだと思いました。


  ♪ 別走   玉置浩二さん
 カテゴリ
 タグ

白い朝

  •  投稿日:2016-01-19
  •  カテゴリ:日記
今朝(1/19)、目を覚ますとなんだか外が明るい。

寝ぼけまなこを擦って、もう一度みるとやはり

間違いない・・・・明るい、いや白い。

IMG_20160119_100858.jpg
白いと言うわりに暗いですが手前に網戸があるためです(^_^;)



それに道を通る車の走行音が全く聞こえない。


これは、あの日の特徴ですね。
そう、積雪があった朝。

白い朝です。



階下から「可燃物を出す日です」・・という

奥さんの声に押されて、着替えをして

ゴミステーションに白い袋をぶら下げていく。


道路はすでに雪が解けて、ベチャベチャ状態。

しかし、雪に不慣れなこの土地では1センチの積雪が

渋滞につながる。


隣のアパートの方に轍の跡が・・・

みれば、なんとこんな日に引っ越しの準備らしい

○○運輸のトラックが着いている。

わざわざ、こんな時を選ぶわけはないので

運がわるかったというべきでありましょう。

それにしても、この時期の部屋探しや引っ越しって

たいへん。


背中がいやに冷たく感じる。

齢を取ったなと思い知る白い朝でありました。



まだまだ、冬はこれからが本番だぞ・・と
自然が教えている朝でした。

風邪など惹かれませんように!!

寒かろうと、どか雪が降ろうが仕事をしないわけに
いかないあなたをお助けします。
  ⇒充電式電熱ヒーター付き防寒シリーズ【ベスト/ブルゾン/手袋/靴下】






.

 カテゴリ
 タグ

チャイルドシートは罰金除けのため?

  •  投稿日:2015-12-28
  •  カテゴリ:日記
先週、会社で同僚と話をしていて

彼の奥様が子供を連れて、奥様友達数人で

1泊の旅行に出かけるのだと言っていました。



この年末の忙しい時に優雅なものだ・・・と

思いましたが、人それぞれで私には関係のない話で

あります。


車で子供連れでワイワイと賑やかで、これはこれで

楽しい旅になるのでしょうが、大きなワゴン車を持つ

同僚の奥様が未だにチャイルドシートを買っていないとの

ことなのです?


子供は3歳になると言っていましたから

3年間は子供をどうして車に載せていたのだろうか?・・と・・

正確にいうと、新生児と言われる時期に車のシートに

どうやって、固定していたのだろうと・・・?

思いました。



「子供のことを考えたらチャイルドシートを

普通、買うよな?」

それは、子供の父親であるお前の責任でもあると

つい強い口調で言ってしまいました。


同僚曰く「チャイルドシートやらずに子供を

載せていたら違反なんですよね? 罰金も取られるし・・」




そんな問題ではないだろうが・・・

この同僚はなにか大きな勘違いをしているようです。

それとも、本物の馬鹿か(笑)


もう、話をする気がなくなったので、私から退散しました。

今時は、子供の安全とかよりも、罰金払うことが気になる

親がいるんだ。

ちょっとしたら、この夫婦がチャイルドシートを買わなかったのは

お金を惜しんだのか???

ヒエ〜〜〜!!





この話をした夜、家でチャイルドシート装備時とそうでないときの

死亡事故(乳児・幼児)を調べてみました。

チャイルドシート.png国土交通省資料



ダミーの人形で衝突時のチャイルドシート未着用の乳幼児が
どうなるのか動画がありましたが、ご想像通り悲惨の一言です。

彼らは、この動画をみてもチャイルドシートを買わないでしょうか?



こんなママにおすすめ.png
7歳まで使えるチャイルドシート
 カテゴリ
 タグ

年末まで仕事で正月に訪問客があるお宅、おせちどうする?

いよいよ年末も押し迫ってきて

気のせいか、なんだか周りも動きが慌ただしく

感じられるように思います。

クリスマス.png初詣.png

この時期はクリスマスがあって、にわかクリスチャンに

なったかと思えば、1週間後には神社とかお寺に

初詣と日本人らしい?忙しさがあります(笑)



昨日も、おせちなんて作ってられないよな!と

我が家では言っております。

この年末は、私がずっと仕事があり奥様の料理の

お手伝いができない(邪魔になるという話もあります)ことに

くわえて、奥様も年末まで仕事続きで夜しか

おせちに掛ける時間がない・・・

でも、翌日も仕事なので、あまり長時間は睡眠不足になり

無理はしたくないし、齢なので、できない・・・・




それに、今年結婚した娘たちがおそらく相次いで

あいさつに来る予定なので、おせちが無いってのも

できないね・・・・と言う状態なのです。



それで、今年はもう、雑煮を自前で作るだけで

あとはいっさい、なにもしない。

おせちは購入するということにしたのです。



で、アフィリエイトしてるので取り寄せおせちを

探すのなんて簡単!



と思って、楽天市場を覗くと・・

なんと、これでもかというほどのおせちのオンパレードです。



こういう時は、売り上げランキング上位のものとか

レビューで叩かれていない、かと言って自作自演の

褒めちぎりの評価ばかり(笑)のところのものでは

ないところを選択するのですね。



で、結局 一度だけですが頼んで「う〜〜ん、これはいい」と

思ったココに決めました。


博多久松の絶品おせち





これで、今年のおせちもなんとかなりそうです。


しかし、年末まで仕事とかで

作る時間がなくっても、来訪客があって

おせちの手配は必要なお宅って相当な数でしょうが、

皆さんはどうされているのでしょうか?




,
 カテゴリ
 タグ

ケベツ祭

  •  投稿日:2015-11-28
  •  カテゴリ:日記
ケベツ祭・・・

大分県国東半島で毎年10月に行われる
奇祭のひとつです。

Wikiさんで検索されても、お分かりになると思いますが
祭りの起源とか
なぜケベツなのか、その語源はなになのか?
いっさいが不明なのであります。


実は昨年の10月初旬に国東半島に参りました。
たまには、奥様を連れてどこかに行かないと
ジジイになっても離婚を切り出す奥様方が多いのだと
友人に言われた(脅かされた)からでございます。

今更、離婚がこわいのか?
怖くはないのですが、面倒です、やっぱ
いろいろ考えてみますと・・・

自己の都合しか考えぬ身勝手なところにも
嫌われる遠因があろうかとは推測できるのですが
まあ、プライベートなんで、どうでもいいことです。



ケベツ祭 1.png

話をもどして
そのケベツ祭と書かれた幟をたくさん見ました。
いったい、ケベツ祭ってなんだろうか?
とその時は思ったのですが・・・

火の粉が舞い散るのでジーンズとか燃えにくい服装で
来てください  とあったのです。
白装束をまとった奇奇怪怪なお面をつけた
人たちが火を争う??
ますます怪奇で一度この目で、その祭りを
と思って今年行きかけたのですが
突発な用事ができて、出かけることが出来ませんでした。

ケベツ祭 2.png  
私は嫌いでも行きたくならないでください

山口に住んでいる私が大分のことを話して
CMうっても何の得にもならないのですが
以前、ブログ上でコメントなどやり取りしていた方が
確か大分だったなと、急に思い出して
ケベツ祭のことを書いてみました。

バイクで、この大分の国東半島をぐるっと
廻ったことがありますが、とても大きな半島で
奇妙にデジャブというか、既視感があるのです?
来ている筈もないところなのに
何故か妙に以前、ここに居たような感覚を覚える・・
あれです。


とても、気持ちが惹かれる場所で、見どころも
多いところです。
フェリー(山口〜大分)料金が高いけど
来年と言わず、12月中に行ってみたいと思っています。




何故か
「j」 門倉有希さん





.
 カテゴリ
 タグ

テッパン

  •  投稿日:2015-11-19
  •  カテゴリ:日記
「テッパン」

小学生の低学年のころ、母親の実家に
よく、行かされていた。

行かされていた・・・
というのは、自発的ではなくて
当時幼かったのだが、なんとなく強制的な母親の
意図をうすうす感じており
子供心にそこが嫌だった。

もちろん、じっちゃん・ばっちゃんがいる。

可愛がってくれた。私が初孫である。
それこそ、眼に入れても痛くなかっただろう。
うれしくない筈はなかった。
居心地が悪いはずなど、有る筈がなかった。

この年になって、ようやく目に入れて痛くない・・
気持ちが
解ってきたのだ。

無題.png

その、場所は「大踏  おおぶみ」と言われる地名である。
じっちゃん・ばっちゃんの家から100メートルほど西に
道なりにいくと
大きなカーブの先に「テッパン」と通称言われている
会社があった。

当時、なぜ「テッパン」なのか?
ぜんぜん分からなかったし、由来などに関心もなかった。


ところが、先日法事があり、母親の実家に行った際
ふと、この「テッパン」のことが話題にあがった。

いい歳になればなるほど、人に聞けない、
今更聞けない・・・
こんなことが多くあるものである。


その場で聞けないまま、何日かが経過した。

じつは最近は
疑問に思ったことでも、時間の経過とともに
すぐに流れるようになった、
何が分からなかったのかも
忘れるようになったので、そのまま「テッパン」は
なぜ「テッパン」なのか放置状態であった。


で、再び「テッパン」を思い出したのが
玉置浩二さんの歌を聴いていたときである。

「カリント工場の煙突の上に」という失礼ながら
わけの分からん題のついた
歌に小学生時代に「テッパン」の上にあった月を
よく眺めていたことをふと思い出した。


自分の故郷は「テッパン」があるところではなくて
8キロ離れた隣町である。
「カリント工場の煙突の上に」は故郷のことを思いながら
作った曲であるらしい。

なにか、あの頃につながるものを感じたのでしょうね?


ちなみに「テッパン」というのは
現在の日新製鋼ホールディングス(株)の研究所・工場でした。
統合を繰り返して成長したこの会社の前身に日本鐵板(株)と
いう名前が付いていたことが解り納得しましたよ、「テッパン」。


これも、すぐに書いておかないと
一週間もすれば、頭の片隅から消えて行ってしまいそう。


つまらぬ忘備録にお付き合い、恐れ入ります。




カリント工場の煙突の上に  玉置浩二さん   
 カテゴリ
 タグ

一生懸命

  •  投稿日:2015-11-02
  •  カテゴリ:日記
先週 土曜日に長年付き合ってきた後輩の
歓送会でした。


無題.png



たった、3人での歓送会でした。
気が合ってた3人かどうかは分かりませんが
それでも、何かしてやりたい・・・と
思う人間が集まったのだと思います。
たった、3人でしたが・・・

会社でのお決まり?送別会は2週間前にあったとのこと。




彼も定年を迎えて、今からは自分のやりたいことを
するんだ・・・と言っていました。



彼は超が付くくらい、クソまじめで
お前、もう少し手が抜けるところは抜かないと
潰れるぞ・・・と自分も人に言えるほど
要領はよくないのに、そんな自分が手を抜けと
云うほど何事にも手を抜くことをしない人間でした。

毎日、誰よりも早く現場に出向いて前日の仕事の
確認をするような奴です。
それを彼は会社にいた間、ずっとやり抜きました。
40年間、病気以外は毎日。


ひょっとしたら、
誰でも、やろうとすればできたことだったかも
知れません。
でも、誰でも出来ることを誰よりもやり通す・・・と
云うことは、彼にしか出来なかったように思います。

世間で云われる立身出世には程遠いところはありました。
学歴が同じ、自分より若い要領よさが取り柄の
人間が上司になって悔しくないのか・・
と、他人事ながら腹が立ったこともありました。

あいつの上司はあいつにどういう評価をしてんだ・・・と。

内心、忸怩たるものを抱えていたかも知れませんが
そんなもの微塵も外に見せない彼でした。


そんな彼が定年です。
知らん顔は男が廃るというものです。
それで、3人で歓送会・・・です。
要らぬことは一切言わぬ歓送会でひたすら
飲みました。
散々、酔いました。

お疲れ様、今からは奥様を大切にして
思う存分、自分の道を邁進してください。


一生懸命ということを教えてくれた君に。






歓送の歌   小椋 佳さん


.
 カテゴリ
 タグ

判定E

  •  投稿日:2015-10-27
  •  カテゴリ:日記
私はパートタイマーとして
定年後も、
もと勤務していた会社に
勤めています。

私のような者でも応援して欲しいと
云う後輩が声を掛けてくれたので
有難い話だと応じました。

もう、三年目になろうとしていますが、
やはり、歳には抗えず今までは
どうと云うことはなかった筈の
仕事にえらく疲労感を覚えるように
なりました。

ところで、会社で半年に一度
健康診断がありますが、パートの
私にも検診を受けさせてくれます。

最近は再検査、つまり数値結果に異常値が
出ることが多くなりました。
これも歳のせいでしょうか?

IMG_20151025_013455.jpg

結果判定欄がA〜Fまでランク分けが
あり、今回は腎機能等のクレアチニンと
いう箇所にEがついていました。

再検査に行った先の掛かり付けの
内科医は腎臓も60年以上働けば
疲れて機能はだんだん低下してくる。
数値が急激に変化している訳では
ないので、神経質にならないで
高血圧を押さえる努力をしましょう

と言われました。血圧が高いのも
すべからず、影響があり復元が望めぬ
腎臓よりも他の臓器にも影響力がある
血圧を改善しようと顔1(うれしいカオ)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、このクレアチニンという
値は1.00がマックスでこれを越えると
再検査となるようです。

ちなみに私は1.36でした。
腎臓機能が低下してくると
人工透析をしなくては
ならなくなるので、侮れません。

今後、判定EやFを貰わぬように
少しは運動や体を動かすことを
心掛けたいと思う朝でした。
 カテゴリ
 タグ
最新記事
自由形式
お墓の掃除・墓参りの代行(山口県東部に限定)
Copyright © 浅五商店(お手回り品から電化製品まで展示販売) All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます