広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog
新潟市江南区文化会館が、公益財団法人「日本デザイン振興会」が主催する2013年度のグッドデザイン賞を受賞した。新潟市の施設が同賞を受賞したのは初めて。

 同賞には今年度、家電製品やイベント活動など1212件が選ばれた。新潟県内では昨年、長岡市の市役所本庁舎などが入る複合施設「アオーレ長岡」が受賞している。

 同区によると、同文化会館は12年10月にオープン。旧亀田町の合併建設計画事業の文化会館に、既存の公民館、図書館、郷土資料館を移設した。十字路を挟んで4施設を配置し、複雑な形状のコンクリートで内部を覆うことで、視覚的なつながりを持たせた。

 審査委員は「この空間にたたずむと、気分が高揚し、特別な感覚になる。4つの施設のゾーンの連携やにぎわいが一体となるような仕掛けが素晴らしい」と高く評価した。(YOMIURI ONLINEより引用)


亀田縞の縞模様もイメージしているということです。どこまでも交わることのない直線は末永い幸せと繁栄の願いが込められているのでしょう。
(公社)東京都宅地建物取引業協会(会長:池田行雄氏)は、東京都不動産政治連盟(会長:瀬川 修氏)と連携して、宅地建物取引主任者の「宅地建物取引士」への名称変更に係る宅建業法改正実現に向けた署名活動を、12月20日までの約2ヵ月間にわたり展開する。

 宅建主任者の「宅建取引士」への名称変更は、数年前から要望がなされており、東政連でも2012年12月、全33支部から名称変更の要望書を都内各選挙区の国会議員に提出するなど要望活動を強化してきた。
 また、東政連の上位団体である全国不動産政治連盟も、13年6月の年次大会で名称変更に係る決議を行なっているほか、10月30日の自民党宅建議員連盟総会での主要な要望項目に挙げるなどしており、今回の署名活動はそれらを後押しするものとして実施するもの。
 なお、一連の要望活動は、名称変更のみに限定しており、現行制度の基本的な仕組み(資格者の設置基準、業務・責任、試験制度等)の変更は求めていない。

 同日会見した都宅協・池田会長は「宅建主任者は、不動産取引のあらゆる業務と責任を負う大変な仕事。これを士業にしたいというのは、全国の宅建業者の願いだ。そのためには、しっかりとした理論武装が必要。当協会と東政連は、賃貸居住安定化法案の廃案、東京オリンピック招致など、署名活動に実績がある。全国各地の要望活動をリードしていきたい」などと語った。

 また、東政連・瀬川会長は「会員の意思を伝えるには、署名活動が一番であると判断した。少し高いハードルだが、1会員当たり10名、合計15万名以上を目標としたい。宅建主任者は、合格率16%という難関。そこを通り抜け、業界の次代を担う若者たちのためにも、名称変更をぜひ実現したい」と抱負を語った。((公社)東京都宅地建物取引業協会、東京都不動産政治連盟より引用)


宅建業者の思いが実現することを願います。

"東京・神奈川・千葉・埼玉の賃貸店舗・賃貸オフィスをご紹介するサイバー店舗サービスでは、
飲食可・物販可・居抜き・ロードサイド・商店街・商業施設物件など様々なご要望にお応えするサービスを提供しております。"