広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年05月11日

川越城跡本丸御殿と城の遺構を訪ねる

川越城の遺構を訪ねる。

川越城は1457年に太田道真・道灌父子によって築城され、上杉氏、北条氏の持城だった。

江戸時代になって松平信綱が城を拡大し、徳川家の親藩、譜代の大名の居城として有名になった。

明治維新後、堀は埋められ土塁は壊されて、現在ではごく1部が残るのみとなった。

その川越城の遺構を訪ねて歩いてみた。


西武新宿と本川越を結ぶ西武の特急レッドアロー小江戸号。早くて快適。
レッド

西武新宿線の終点、本川越駅。
本川越

本川越駅前の通りを北へ進む。一番街の蔵造りの町並みを見ながら進み、札の辻の交差点を右に曲がる。
一番

人力車もあるので興味のある人は乗ってみると面白いかも。
人力

ゆっくり歩いても30分以内で川越市役所前に着く。
市役所

市役所の一角に川越城を築城した太田道灌の像がある。
太田

大手門跡の碑。
大手門

市役所前の道をさらに東へ進むと、中ノ門堀跡がある。
中ノ門

昔は城の周りに堀がめぐらされていた。
地図

仲ノ門堀は敵が西から城内に侵入するのを防ぐために作られた。明治時代以降、川越城の多くの施設・建物が取り壊される中、旧城内に残る唯一の堀跡となった。
堀

川越市立博物館。
博物

川越市立美術館。
美術

博物館・美術館前の道を右に曲がると本丸御殿がある。内部を見学することができる。
本丸

部屋

廊下

庭

昔の様子が目に浮かぶ。
武士

兜

本丸御殿前の道を南に進み右に曲がってしばらく進むと、右手に木が生い茂った高台がある。ここが富士見櫓跡。富士見櫓は城内で最も高いところに位置し、天守閣を持たない川越城にとって、天守閣の代わりの役目を持っていたという。
富士見

富士見櫓跡からさらに西に進むと川越第一小学校の校門前に突き当たる。このあたりが南大手門跡。
南

川越第一小学校の南、中央公民館の近くには永島家住宅(旧武家屋敷)がある。毎月第3土曜日に庭園が一般公開される。
屋敷


なかなか興味深いコース。歩いてみると、かなり大きな城であったことがわかる。
歩かないで回りたい人は「小江戸巡回バス」や「小江戸名所めぐりバス」を利用するとよい。



小江戸川越の楽しすぎる歩き方



CASIO EXILIM デジタルカメラ 1,600万画素 ビビットピンク EX-ZR1100VP

タグ:川越城跡
posted by 荒川太郎 at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 川越
ファン
検索
最新コメント
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
荒川太郎さんの画像
荒川太郎
近頃急激に体重が増加しました。これ以上重くならないようにくい止めたいと思っている今日この頃です。Jリーグ、日本代表、海外サッカーなど、サッカー観戦が好きです。
ブログ
プロフィール
月別アーカイブ
こちらもご覧ください
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。