2019年07月12日

う〜ん、勿体ない。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★格安国内旅行をお探しの方必見★
・超お得なツアーを多数掲載中!                 
・沖縄・北海道への格安ツアーはおまかせください!
・いつでも、どこでも!24時間ご予約受付中!

JALで行く、格安国内旅行ならニーズツアー!
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JKSG+BOC1V6+AD2+2BDBUB
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ブログを始めるにあたり、今みたいに自分の内面をさらけ出す記事も書くとは思うが、正直それでは集客が難しい。

そこで北関東に住み始めた2005年位から温泉巡りを始めたので、温泉と観光地グルメの記事をアップしようかと思っていたのだがその頃のSDカードが見付からない。

当時のガラケーの画素だし綺麗とは言えないかも知れないけど2005年から2013年位の画像が有ると無しではネタ数に相当の差が出てしまう。

まぁそんな昔の回顧録をアップするより旬の話題をアップしないといけないとは思いますけどね。


手軽に撮れるだけに撮りっぱなしになる事って多いよね。


今有るデータは大事にしないとと思ったのでした。

JALで行く、格安国内旅行なら【ニーズツアー】!

2019年07月11日

変化





つい数日前まで1日が長くて辛かった。殆どベッドの上で後悔ばかりを繰り返し、夕方には夕食を済ませて睡眠薬を飲んでいた。
タブレットで何度も何度も同じページを見てはグルグル思考を繰り返すばかりだった。

それがネットで何とか人生挽回出来るんじゃ無いかと思い始めてから自分でも驚くくらい気分が変わった。
過去の2回の休職では一旦責任の軽い立場になることで立ち直れたが、今回は仕事が直接の原因では無く両親の介護問題なので、立ち直りの切っ掛けは無いかも知れないと絶望していた。

それが今朝は5時半に起きてゴミを出しパソコンに向かって作業開始。7時半には朝食を食べに行き帰ってきてから一心不乱にパソコンに向かう。

昼に髪を切って昼食を食べてから18時までパソコンと格闘。で、今やっとブログを書いている


ただ少しパソコンをしってる人なら5分の1以下の時間で終わっているだろうという作業量だけど。
□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『とにかく早い者勝ちっ!』  
  ドメイン取るならお名前.com  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JJ7B+AOM1KI+50+2HEVMR   
□□□□□□□□□□□□□□□□□

先ずワードプレスの書式が教材と違って居ることに慌ててしまい、プラグインでクラシックエディターを入れれば済むだけなのに一旦ワードプレスを削除してしまい、それまで入れていたプラグインをまた入れ直して設定をし直すのに3〜4時間。

ウェブマスターのセッティングに4時間程。

普通にパソコンを使える人なら「アホだろ。」と思うだろうけど自分にとっては物凄い実のある時間だった。

全くチンプンカンプンなのに途中で投げ出さなかった事。

ネット上では色々調べたものの知人に電話して助けて貰おうとは思わなかった事。これは依存心の強い自分にとっては大きな成長なのです。


たまたま夕方に会社の産業医との電話面談があったのだけど自分の変化に驚いていらした。自分が驚くくらいの変化なので無理も無いと思う。
前回の電話面談で翌日からの出勤をストップされた位なので。


今苦手なパソコンはじめITに向き合えているのはそれだけ自分が追い込まれていたからだと思う。だからこそ形を残したい。

ほんの少しでも。




2019年07月10日

意外や意外





自分は恥ずかしながらPCはおろかモバイル含めて本当に疎いのです。



70代、いや下手すると80代の方々より分かって無いかも知れない。未だに携帯はガラケーだし。



その私がですよ、レンタルサーバー借りて独自ドメインを取得してですよ、HPなんてものに取り掛かったんだから人間追い込まれると凄いもんです。



正直、ネットビジネスのやり方も、アフェリでの儲け方も全く分かっちゃいないです。

今までだったら何もしないで諦めていたでしょうね。



でも何もしないで思ったような没落人生は歩みたくないんですよ。正直もう接客業には戻りたくないし。



正直言えば職場に行きたくないっていう後ろ向きな理由でアフェリに興味を持ったんだけど、今日苦手なPCに向き合って10時間以上。別に嫌々やっている訳じゃない。



多くの人が成功者の話を聞いて挑戦しているのは分かってるし、自分よりPCスキルの高い人達が月に数千円の利益を上げるのに凄い努力をしているのも分かってる。



ただ25歳が自分の人生のピークでしたと言って死ぬのが嫌なだけ。

後悔だけの人生を過ごすのが嫌なだけ。



分からないなりにPCと格闘していたら欝々した気持ちが少し、いや結構軽くなってきているのに気が付いた。





ほんの少しの『希望』が此処まで人間の気持ちを変えるんだと気付いたら本当に意外だった。



今はたとえ1円でもいいからネットで収益を得たいという気持ちが強い。少し前までこの世から消えたかったけど、今は形を残すまで見届けたいと思っているのです。




貧乏は遺伝する






貧乏は遺伝すると思っている。中には子供時代貧乏だったからこそハングリー精神でその分野の頂点を目指して成功した人もいるのですが。。。

やはり子供は親の背中を見て育つのです。

どんなに口やかましく親が勉強しろと言ったところで、子供がドリルやってる時間に母親が昼寝してたり、子供が受験勉強してるのに親爺が下らないテレビ見て酔っぱらって近所中響き渡る大声で騒いでいるようじゃ子供がまともに育つわけないって。

うちの事なんだけどね。


先ず成功してる人って子供頃から自己肯定感を親に育んでもらってるよね。

昔TV見てたらまだボーダフォンを買収をする前のソフトバンクの孫正義氏が「子供の頃からお前は素晴らしいとずっと父親に言われて育った。」と言っていたけど、自分という存在自身に自信がなければ成功なんてできないと思う。

うちは両親とも毒親なんだけど母親は徹底的に自分に従わせようとしていた。時に叩き、時に大声で暴言を吐き、時にネグレストをして間違っていようが何であろうが自分に跪かせたい女だった。
母親の両親も物で叩く、理屈に合わない事で恫喝するというオカシナ人達で、母自身嫌っていたのにいざ自分が親になると我が子に同じ事をしていた。それが教育だと信じていたというが根底にあるのは自信の無さでしかない。
母親は何かというと「親に向かって」と逆転しようの無い立場を振りかざしていたが、頼んで産んでもらったわけじゃないし出来婚のくせに偉そうなっこと言うんじゃないと思う。

それでこっちの言い分なんて聞くつもりもないのに「思っている事を言いなさい。」等という。
で、思っている事を言えばキレまくる。
本当に意味が分からない。

しょうがないから黙っているとまた怒る。なので母親が何を求めているのか考えるように癖付いた。

親爺は親爺で自分が一番でないと気が済まない。でも品性下劣で頭は母より遥かに悪い。そのくせ父親ぜんとしたいらしく子供に対しても自分の方が上であるとマウンティングしてくる。
親爺は周りを馬鹿にすることで自分を上にしたい、やはり自信のない男だった。

夫婦揃ってこれでは私や弟がまともな人間に育つわけがない。(弟は20年前に事故死したがパニック障害だった)。


こうして毒両親から筋金入りのアダルトチルドレンに育て上げられたのだが問題はこれだけではない。


社会人としての手本が家に居ないのだ。

「子供は親の背中を見て育つ。」というが親爺は貧乏俳優で電車の中で網棚から漫画や夕刊紙拾ってきてゴシップ記事やエロ記事しか読まず、家では酔っぱらってテレビ見て笑って、地方巡業行けば現地に女がいて。。。

お袋も家の外では偉そうなことを言っていたようだが親爺と似た者夫婦で自信のない自分を大きく見せようとしていたが、なんだかんだ理由をつけてはパチンコに行き、居間でタバコを吸うなと言っても嘘ついてタバコを吸い、ばれれば逆切れ。
金もないのに余所にいい顔して大盤振る舞いした挙句介護どころか老後の費用も一切残していないという無計画ぶり。




こんな親を持ってどうして人並みの人間になれるっていうんだよ。。。


とは言え不幸自慢したところで金になる訳でもないのでせめてこいつ等を踏み台にして這い上がってやろうっていうところです。





続・後悔

人生に躓くとそれまでの選択が間違っていたのでは無いかと何度も何度も後悔してきた。

今のその真っ只中ではあるが。



最大の後悔というかずっと自分を苦しめ続けている後悔は新卒3年目の異動先への自己申告を間違った事だ。

当時は何もかも間違ったように思えた。入学した大学から間違えたんじゃないかと思ったし、自分以外の職業全てが羨ましく思った。



だけどその新卒で入った会社は直近の10年連続赤字決算で、売上は自分の居た頃の3分の1。社員数は5分の3。それでも財務体質が良いので今の自分の境遇からしたら羨ましい。



だがあの時運良く上手くやり過ごせて居たとしてその会社に居続けていたとしても、何故もっと早く転職しなかったんだろうと後悔している可能性はかなり高い。



自分の生きなかった人生は悪い事など何も起きないパーフェクトな人生だから。想像上でしかないけど。



なので人生が上手くいっていない限り必ず後悔はする。



後悔したくなければ成功して幸せになるしかない。



勝手なもので自分が幸せを感じられている時は失敗でさえも今の幸せの為に必然的な物だったなんて思うてしまうから。



後悔している時間自体無駄である事は間違いない。どんなに悔やんでも過去をやり直すことは出来ないのだから。(ぶっちゃけ新卒で入った会社が倒産でもしてくれればスッキリするんだけどね。)



なのでこの先いくらかでもマシな人生になるような時間の使い方をした方がずっと良いと思うようにしたい。




2019年07月09日

濁り湯

IMG_20180905_064441.jpg

最近温泉に行くゆとりなど全く無いがかつて宇都宮、前橋、佐野と北関東に住んでいたので温泉には良く行った。



さて写真の浴槽ですが向かって左が濁り湯で右は左に比べて透明度が高いですね。

何故でしょう?



源泉自体が違う?いいえ同じです。



湯の投入量の違いなんですね。



何故濁り湯になるかというメカニズムは完全には分かっていないそうだけどどの濁り湯の湧出直後は透明で、空気に触れるつまり酸化する事で濁っていくのだとか。



なので濁り湯って逆に言うと鮮度が落ちた湯なんですね。

ちなみに向かって右側の浴槽は激熱でそのままでは入れませんでした。



ただこの寺の湯も入れる適温の時でも透明な時が有ります。

それでも濁ったお湯を有り難がる人は多いから昔の白骨温泉の入浴剤偽装問題なんてものが起こっちゃうんですよね。



温泉は色じゃないです。









プライド

私は新卒で入った会社を3年で逃げるように辞めた訳だが、辞める事のなった部署に異動するまでその会社にいられる事を誇りに思っていた。

1〜2年目にやっていた仕事なんて今思えばバイトでも出来る仕事だった。それでも流通業の中ではそこそこの給与、ボーナスを貰えていたし、会社の知名度もそこそこだったのである意味調子に乗っていた。

自分は何も出来ないのにその会社にいる事で大事にされていた事を自分の能力とまではいかないまでも傲りがあったと今は思う。

たった3年で辞めてスキルも何も無いくせにプライドだけはあったので第2新卒で入った会社では同期の中で浮いていた。なんか偉そうな雰囲気があったそうな。


過去形で話してはいるが今自分を苦しめているのもそんな安いプライドだ。

等身大の自分を客観的に捉えれば楽になれるのに、かつて大企業で将来を嘱望されていた人間なんだというプライドと現実とのギャップが自分を苦しめている。

実際のしょぼい自分をあのまま出世している自分が見下し自分の分身に自分が馬鹿にされているのだ。

自分が絶えず自分を攻撃する事ほど辛い事はない。


ありのままの自分を認められる自分になりたい。




心境の変化

□□□□□□□□□□□□□□□□□
  『とにかく早い者勝ちっ!』  
  ドメイン取るならお名前.com  
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JJ7B+AOM1KI+50+2HEVMR   
□□□□□□□□□□□□□□□□□


実は休職は3度目になる。

前回鬱状態から抜ける切っ掛けとなったのは趣味のボウリングを再開してからだった。
もっとも前回の鬱の原因は職場でのオーバーワークと自信の無さから来る背負いきれない責任による物だったので、ポジションを変えてもらうだけで復帰する事が出来た。

今回の原因は親の介護費用諸々の事なのでおいそれと解決する物では無い。

だが遅々として進まぬもののブログで収益を上げる事を考え始め、実際に動き始めてから気分的に楽になりつつある。

もしもプロのブロガーで多くの収入が得られるようになれば鬱とはおさらばできるだろう。

絶望しかなかった自分の心にほんのちょっとの希望が気持ちを大きく変えたのだと思う。

ConoHa WING(コノハウィング)

2019年07月08日

温泉の話

IMG_20150624_102705.jpg

突然ですが私今は諸般の事情で行けていませんが温泉が趣味なのです。それも出来るだけ人の手が加えられていない自然のままの湯が好きなのです。

IMG_20151021_102358.jpg
 
昔は硫黄の香り漂う濁り湯が好きでした。やはりそういう方が温泉ぽいですよね。

IMG_20170126_094309.jpg

でも段々透明な単純泉の良さに目覚めたのです。

効能の高い霊泉と言われるような温泉には実は無色透明な単純泉が多いのです。意外ですよね。

IMG_20180905_064441.jpg
 
その中でも温い湯が好きなのです、温めの湯にゆっくり浸かるとリラックス効果もあり、また体の芯まで温泉成分が染み渡るのです。

IMG_20180927_133746.jpg
 
もしアフェリで利益が出るようになったら温泉ブロガーになりたいというのが夢です。

ConoHa WING(コノハウィング)

仕事と遊び

昔CMで「仕事と遊びが一緒になれば良い。」なんて台詞があった。そんな仕事に就けたら幸せな一生だと思う。

でも自分の親父がそうだった。

親父はメジャーとは程遠いが、といって全く名も知れていない程でも無い俳優だった。
子供ながらに大変だとは思えなかった。

だが不安定な収入を遣り繰りしているお袋を見て、自分には同じ真似は出来ないと思った。自分には精神的に無理だと子供の頃から思っていた。

だが親父はどっしり構えていたわけでは無く、仕事が無い時は母親に依存していただけだった。
話が反れたが仕事というのは大変だという意識を持たぬまま社会人になった。

新卒で入った会社は大手のアパレル商社だったが、新卒2年目まで残業は殆ど無く、ノルマも責任も全く無い職場で、遊びに行っているような物だった。体力的には楽では無かったが、楽しかったからパフォーマンスは上がった。

だが3年目に異動してから状況は一変した。

以前のブログにも書いた通り、自分が異動した途端その部署から退職者や異動が立て続けに出て、それらの担当商品が全て自分の担当になり、しかもフロア全体の雑用が全て自分に回ってきた。いや、異動仕立ての一番下だという事で無理矢理押し付けられた。

自分は仕事が嫌いな自分が許せなかった。そもそも仕事は楽しい物だという考えだったのでこんな辛い仕事は自分に合ってないから辞めるしかないと思った。

これが仕事とは辛い思いをして金銭を得る物だという観念があったならその後の人生も変わっていたのだと思う。

仕事に限らず人生は楽しい物だと思っていた。でも今は生きるのが苦しい。

もしもアフィリエイトで生計が立てられるようになったら、遊びと仕事が一緒になるのにと思っている。

好きな事なら夢中になれる。夢中になれればパフォーマンスも上がる。パフォーマンスが上がれば成果も上がる。成果が上がれば夢中になれる。

こんな日が来ることを切に願っている。




ファン
検索
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
たかしさんの画像
たかし
幼少時代のトラウマが未だに抜けきれないアラフィフのおっさんです。それでもなお人生諦めずにもがいております。メインはhttp://takashiapr22.comです。
プロフィール