現在会員2名
FX手法研究会のApajiです。     そして写真はM君です。さんの画像
FX手法研究会のApajiです。     そして写真はM君です。
プロフィール
 右矢印1 何でも食べるな!
   このブログの広告です
 右矢印1 イエティはいるのか
   このブログの内容です
 右矢印1 モストアンラッキー
   このブログの謝罪です

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村


FX・オリジナル手法ランキング

1. FXは上達するのか

小さなコツをいくつか覚えたって駄目です。勝てない原因をきちんと突き止めてからやり直しましょう。FXを楽しむためには「投資期間」が必要です。すぐに始めたって勝てないことは、FXに限らず、何事であれ同じなのです。だからこそ、その期間を短縮するための「方法論」が大切なのです。

 右矢印1 1-1. FXを楽しむために
   アマチュアらしく…
 右矢印1 1-2. いつか負けないはずがない!
   上手くなるまでは短期取引です
 右矢印1 1-3. 難しさの正体って何だ
   利確と損切の理解は大切です
 右矢印1 1-4. FXは上達するのか
   取引機会を絞り込むべきです
 右矢印1 1-5. 数字で掴もう
   その機会にどう臨むかです
2. 経済指標の楽しみ方

このブログで扱う取引の理想は、経済指標発表前後の反応を着実に刈り取り、ポジション保有時間を最短化してリスクを避けることです。でも、効率良く取引するにはそれなりに予備知識が必要です。大した話は紹介できませんが、基本だけは押さえておきましょう。

 右矢印1 2-1. 大きなゾウの隠れ方
   指標取引のための予備知識です
 右矢印1 2-2. ウソは嫌いだ!
   短期取引をやるときの指針です
 右矢印1 2-3. イグアナを見分ける前に
   このブログの指標取引での成績です
 右矢印1 2-4. 小ズルくいきましょう
   いわばジンクスで勝つ方法です

3. 指標取引分析手法

このブログでは経済指標への調査・分析を定型書式で行っています。定型書式を用いることで、反省を踏まえてやり方を進歩させたり、相場環境が変わったことを見つけやすくするため、です。

 右矢印1 3-1. 指標取引の予備知識
   指標発表前後の他の時間と違い
 右矢印1 3-2. ローソク足各部の名称
   全幅・値幅・跳幅とは?
 右矢印1 3-3. 4本足チャート
   このブログで使うチャート表記
 右矢印1 3-4. 反応方向の予備知識
   指標分類と反応方向の基本
 右矢印1 3-5. 取引通貨ペアの選択
   通貨ペアによる有利不利
 右矢印1 3-6. 指標分析の方法
   定量指標分析とは?
 右矢印1 3-7. 反応分析の方法
   定量反応分析とは?
 右矢印1 3-8. 分析の成績
   事前分析的中率
 右矢印1 3-9. ブレイク対応準備
   ついでに…
4. 経済指標DB

経済指標発表前後の短時間に分析期間を絞ることによって、指標への反応に一定の再現性(傾向)があることはわかりました。各国「政策決定指標」・「経済実態指標」の項に、主要な指標についての分析結果と分析事例を纏めてあります。

 右矢印1 4-0. 各国経済・通貨の特徴
 右矢印1 4-1. 日本経済
    4-1-1. 政策決定指標
    4-1-2. 経済実態指標
     (a) GDP速報値
     (e) 国際収支
 右矢印1 4-2. 米国経済
    4-2-1. 政策決定指標
     (a1) FOMC政策変更時
     (a2) FOMC政策変更直前
     (b1) UM消信指数速報
     (b2) CB消信指数
     (b3) ISM非製景指数
     (c1) NY連銀製景指数
     (c2) Phil連銀製景指数
     (c3) ISM製景指数
     (d1) 輸入物価指数
     (d2) 生産者物価指数
     (d3) 消費者物価指数
     (d4) PCEコアデフレータ
     (e1) ADP雇用統計
     (e2) 雇用統計
    4-2-2. 経済実態指標
     (a1) GDP速報値
     (a2) GDP改定値
     (a3) GDP確定値
     (b1) 小売売上高
     (b2) 個人消費・所得
     (c1) 設備稼働率
     (c2) 耐久財受注
     (d1) 中古住宅販売件数
     (d2) 新築住宅販売件数
    4-2-3. 収支関連指標
     (a) 貿易収支
 右矢印1 4-3. 欧州経済
    4-3-1. 政策決定指標
     (a) ECB金融政策
     (c1) 独国ZEW景況感調査
     (c2) 独国Ifo業況指数
     (c3) 独国PMI速報値
     (d) 欧州HICP速報値
    4-3-2. 経済実態指標
     (a1) 独国GDP速報値
 右矢印1 4-4. 英国経済
    4-4-0. 英国経済指標反応要点
    4-4-1. 政策決定指標
     (a) BOE金融政策
     (c1) 製造業PMI
     (c2) サービス業PMI
     (d) 物価統計
     (e) 雇用統計
    4-4-2. 経済実態指標
     (a1) GDP速報値
     (a2) GDP改定値
     (a3) GDP確定値
     (b) 小売売上高指数
     (c) 鉱工業生産指数
 右矢印1 4-5. 豪州・NZ経済
    4-5-1. 政策決定指標
     (a) RBA金融政策
     (b) RBNZ金融政策
     (c) WP消費者信頼感指数
     (d1) 四半期住宅価格指数
     (d2) 四半期消費者物価指数
     (e1) ANZ広告求人件数
     (e2) 雇用統計
    4-5-2. 経済実態指標
     (a) 四半期GDP
     (b) 貿易統計
     (c) 小売売上高
     (d) 住宅ローン件数

ーーーーーーーー
【FX会社】
各社特徴があります。最初は資金にも限りがあるでしょうから1つの口座で、慣れたらいくつか口座を開いて自分が使いやすい会社を選ぶと良いでしょう。
ーーーーーーーー

DMM.com証券

FX口座数国内第1位はTVCMで有名。主要通貨のスワップポイントが高く、ドル円スプレッドも原則0.3銭と安い。2万円のキャッシュバック条件は、10万円入金+PC・スマホで3か月各500枚(週毎に各約40枚)の取引と意外に簡単!


外為ジャパン

キャッシュバック条件はDMM.comと同じ。0.1枚単位から取引可能で、ドル円中心の取引ならばスプレッドも原則0.3銭と安い。最初に口座開設したり自分で手法研究するために良いと思います。


ヒロセ通商

他社乗換ほか、キャッシュバックプログラム多数。スプレッドは、クロス円でUSD・EUR・NZDが有利、ドルストレートでEUR・GBP・AUDが有利。最小取引は1000通貨単位で初心者に優しい。スワップが良い会社です。


マトリックストレーダー

キャッシュバック条件はヒロセ通商と同じようです。特長は、スキャルピングOK公言・1日の取引上限なし・1000通貨単位取引可、といった点。


OANDA Japan

MT4業者はスプレッドが狭くても約定力が低い業者が多いなか、約定拒否なしが魅力。またHPの各種分析図表が美しく、あちこちのブログで引用されています。本ブログでは他人の著作物転載はしていないので、お見せできません。一度ご覧ください。


ライブスター証券

特徴は、スワップポイントが業界最高水準、証券口座とFX口座との間でリアルタイム資金連携。株とFXと両方やる方にお薦めです。



外為ファイネスト証券

特徴は、MT4最狭水準のスプレッド、EA利用可、指値制限なし、MT4サーバ国内設定、1000通貨取引可、です。

ファン


ランキングサイトに登録すると、やっぱりランキングは気になります。でもせっかくだから、他の人の記事もご覧ください。



2016年10月28日

1-4. FXは上達するのか

初心者だってチャート分析やテクニカル分析なんてすぐに理解できるハズです。でもきっと、そんなことがわかっても勝てません。やってみたらわかるように、そんな分析が当たっても外れても、年単位・100回単位の取引では負けるものです。それが初心者です。
ここまでに述べたように、ポジション保有時間の最短化ができてなくて、利確や損切を上手くできるようになってなければ、最終的には負ける方が自然なのです。

早く強くなるためには、早く合理的な方法論を身につけるしかありません。合理的な方法論を導き出せるスキルを身につける、といった方が良いかもしれません。問題は、何が合理的で何が不合理かの区別が難しい点にあります。そんなときは、誰も反論できないような基本や原則を見つけ出し、それに忠実に始めるしかありません。それが、投資を始めるために必要な「投資期間」なのです。

このブログは、これまで勝てなかった人(ほぼ間違いなく、自力での投資経験がない人)を読者に想定しています。だから、とにかく基本に忠実で慎重なやり方しか薦めません。
以下、その話です。

aaaa.png

そもそも銀行や証券会社や保険会社は、どうやって社員に投資をさせているのでしょう。そして、彼らが一人前になるためにやっていて、我々がやっていないこととは何でしょう。

会社には資金があっても勝手に使える訳ではありません。上司の方針と会議の決定と規則があります(きっと)。データやノウハウがあっても、皆が使いこなせる訳でも容易に伝承できる訳でもありません(きっと)。我々がイメージする完全成果報酬型のプロフェッショナル契約のトレーダーは少数派です(きっと)。雇ったプロならいざ知らず、普通の社員が相場観なんて言っても、上司は根拠を求めて話が噛み合わないはずです(きっと)。
ぜーんぶ想像で恐縮ですが。
けれども、もしそうならば彼らがやっていて個人のFX参加者が疎かにしていることは、

  • 過去の実績や根拠を示した事前分析の作成
  • その事前分析が外れたときに根拠の修正要否を示した事後分析の作成
  • その事後分析を次の事前分析に活かし続ける継続的改善の意思

ということになります(きっと)。

「んっ」とは思いませんか。なぜならこれは、何か作ったり売ったり世話をする仕事と同じことをしているからです。青い鳥はいつも意外と近くでわーわー言っていたのかもしれません。

このように、継続的改善を繰り返し行って物事をあるべき姿に近づける方法をPDCAサイクルを回すといいます。このPDCAサイクルは頭の中だけで回しても駄目です。きちんと記録を書面化しておき、それが必要なときに閲覧・参考しなければ仕組みを定着できないのです。扱うデータは必ず増えていくのに、個人投資には助けてくれるスタッフなど居ません。特化した状況でなら組織やプロと競える「仕事」をきちんとしておくのです。

でもこんなことを書くと、ブログの読者がきっと減ってしまいます。けれども、この仮説に賛同いただけるならば、まずはせめて、より早く取引が上達できる方法を紹介したいものです。

ここで思い出してもらいたいことがあります。
最初は自分の力で投資をして、資産/資金を増やそうと思ったのでしょう。そのためには運や勘や度胸に頼るのでなく、10年後や老後にだって通用する基礎をきちんと固める必要があります。お金を扱う趣味に手を出す以上、仕事で求められるぐらい緻密で丁寧で発展性(汎用性)のある自分用の分析手法が必要なのです。

そして次に、考えてもらいたいことがあります。
次が陽線か陰線かを当てるコツなど存在する訳ありません。そんなものがあれば、誰だって勝てるでしょう。むしろ「誰も勝てない」といった方が現実に近いぐらいです。それでも勝ち残る人はいます。一体、何が違うのでしょう。

学ぶべきことは、成功者が強調しがちな内面的なことじゃありません。次が陽線か陰線かを分析する方法論だけで結構です。その方法論が高度すぎて負けているのなら、自分自身で今の実力に合わせた方法論を創って、自分自身で実力に応じて継続的に進化させるしかありません。順序立てて学ばないと、結局、時間もお金も余計にかかってしまうのです



ーーー$€¥£A$ーーー

では、その一例です。

このブログでは「経済指標発表時の短期シナリオ手法」を薦めています。この手法は基本に忠実で基礎を固めやすい、という特徴があるからです。なお、以前にも断っておきましたが、このブログは怪しい教材や会費制会員を募集していません。ご安心ください。

シナリオ手法とは、

  • 自分自身で各種の状況を想定できる場面に狙いを絞り、
  • 予めその想定毎に取引のシナリオを用意しておき、
  • 狙った場面で想定通りになったときのみシナリオ通りの取引をする、

というものです。

本来ならば、高度な相場観を必要とするトレンドフォロー手法も高度なシナリオ手法の一種に過ぎません。けれども「各種の状況を想定できる場面」を「経済指標発表結果に反応(値動き)する場面」に限定すれば、ここでの話は違ってきます。

つまり、経済指標発表時の各種の反応を予め想定してシナリオを準備しておく分析力の方が、同じ分析力でも膨大な知識と経験が必要なトレンドフォロー手法の相場観よりもずっと早く身につけられる、という点がです。

そして、この手法でのルールは、

  • 狙った経済指標の発表前後にのみ取引する
    (→ 取引回数を減らす)
  • せいぜい数秒から数分以内という事前準備可能な短期シナリオに従って取引をする
    (→ 取引時間を短くする)
  • 事前の分析記録と取引結果とを対比する
    (→ 勝率を高める分析力とシナリオ通りにポジションを取る技術力を磨く)

です。このルールならば基本に忠実な取引が可能です

そして、こうした基本に忠実な取引に徹しても、まだ適切な利確・損切がわかりませんよね。当面は適切な利確・損切のpipsとして過去の平均値を用いましょう。個々に最適化できなくても、平均的に最適化して、当座の必要に間に合わせましょう。

自分で想定した場面でシナリオを組むのだから、過去の同じ場面を調べて平均値を求めることならできます。本来ならば、平均値からどれだけばらつくかがシグマで、今がばらつきのどこかを当てて「最適化」すべきなのです。
でも、数学で「ばらつき」をシグマ(σ)とギリシャ文字で表記するのは、それが神様の仕事だと考えられていたからです。だから、自分で利確や損切に適した含益・含損を決めるときは、自分で計算できる過去のデータの平均値を目安にしましょう。
そしてもし、いずれ取引が上手くなって神懸ってきたなら、そのときにはシグマ(ばらつき)も活用して、更に適切な利確や損切を目指せば良いのです。

これは相場観と言われるものの一部です(ボラティリティとその変化の把握)。
早く上手になるためには、その一部も意識しながら取引をしましょう。目指す目標の姿さえ正しく捉えていけば、若い新入社員だって自分で成長を加速していくのです。

あとひとつ、説明が必要です。
大きく動くという経済指標発表時を狙うのは意外かも知れません。でも、物事はきちんと調べてから結論を出すべきです。

ほとんどの経済指標発表前後10分間の反応(値動き)は10pipsにも達しません。20pipsも反応(値動き)する指標は少ないのです。仮に10pipsとしても、陽線になるか陰線になるかの確率は指標発表時以外のときと同じです。ならば、我々が追及すべきことは、アマチュアでも安定して高い勝率を確保しやすい場面か否か(アマチュアでも分析しやすいときはいつか)、ということに尽きるはずです。
たかが10pipsなら(20pipsでも)ゆっくり負けるか、さっさと負けるか、そんなことに誰も興味なんかありません。どうせ負けているのです。

でも負け続けないために、初心者が分析しやすい場面がいつなのかを論じています。そして、経済指標発表時のように、明らかに何らかの反応が起きるときに、集中的に場数をこなすことで分析力を磨くのです。
「センスを磨く」と一言で片づけるのではなくて、何かを新たに始めるときは、知識と場数を増やして応用力を身につける、と覚えておいた方がいい。

やり方次第でFXは上達できるのです(きっと)。



ーーー$€¥£A$ーーー

次回は数字を使って、リスクとリターンの関係を試算してみましょう。こちらの「1-5. 数字で掴もう」にどうぞ。
ここに紹介したやり方はまだ仮説に過ぎません。上達できる方法論の仮説は立てたので、事前に数字で概要を捉え、実地検証の実施是非を決めるのです。色々な疑問もあるでしょうから、ひとつずつ解決していきましょう。次は数字を挙げて考えてみましょう。

なお、この記事は「FXが上達するのか」というテーマで、その方法論や考え方を説明した続き記事です。もしよかったら通して読んでみてください。
以上

いかがでしょうか。もしこの記事が何か参考になったなら、どれか広告バナーをクリックして提携先に興味をお持ち頂けると幸いです。提携先はいずれも良心的なところを選んだつもりです。万が一、購入・登録・合意もしていないのにクリックしただけで勧誘メールが毎日来るようなったなら、こちら(※9-1-4)までご一報をお願いします。

さて、FXを始めても暫くは練習期間です。新たな方法論を試す場合にも同じです。練習期間でFXに慣れたり、いろいろなやり方を試してみるためにも、キャッシュバックはとても魅力的です。せっかくのキャッシュバックは、そういうことのために使ってくださいね。
通常、キャッシュバックを受けるためには条件があるので、詳しくは下のリンク先でご確認ください。
また、色々な取引手法を並行して試してみるためにも、複数のFX会社に口座を開設しておくと便利ですよ。
外為ジャパンは0.1枚単位での取引が可能なので、初心者や色々な取引手法を研究したい方にお勧めです。ドル円ならばスプレッドも0.3円と安いのも魅力です(※ 2017年1月23日確認)。



━━━━━━━━━━━━━
世界とつながる、未来にひろがる。
『外為ジャパン新規会員獲得プロモーション』
━━━━━━━━━━━━━

口座開設キャンペーン実施中!!
最大で20,000円キャッシュバック!

▽▼詳しくはこちら▼▽

外┃ 為┃ ジ┃ ャ┃ パ┃ ン┃ の┃ 強┃ み┃
━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛

☆─┐
│1│1000通貨取引可能!!初心者も安心!
└─┘───────────────
☆─┐
│2│業界最狭クラスのスプレッド!!
└─┘───────────────
☆─┐
│3│モバイルでも充実の取引環境!!
└─┘───────────────
☆─┐
│4│取引手数料0円!!
└─┘───────────────
その他にも魅力的なキャンペーンが目白押し!!
今すぐサイトをチェック!!
▽▼口座開設はこちら▼▽
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NX81R+46MOTU+1NB0+6UHGJ

ーーー$€¥£A$ーーー

この続きはこちらの「1-5. 数字で掴もう」からどうぞ。
ーーー$€¥£A$ーーー

追記:この記事は2016年12月20日に、一部修正・追記しています。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5630191

この記事へのトラックバック