ファン
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年08月27日

赤ちゃんの水分補給と脱水症

TSU93_awakuhakanai_TP_V1.jpg
赤ちゃんは汗腺の密度が高く体重に占める水分の割合が多いため、汗をかきやすく、水分を失いやすくなっています。

赤ちゃんは水分排泄量に加え、細胞の増殖や成長に水分が多く必要となるため、水分必要量は水分排泄量を上回り、十分な水分補給がなされないと脱水症になるリスクがあります。

水分排出で最も多くを占めるのは尿です。
尿は血液中の老廃物を体外に排出する役割を持ってますが、その排泄に必要な量は腎臓の機能に左右されます。

腎臓は、体液を必要以上に失われないよう水分や電解質を再吸収し、尿を濃縮する働きがあります。
赤ちゃんの腎臓は未発達なので、老廃物を排出するのに必要な水分量が大人よりも多くなります。

赤ちゃんはのどの渇きを訴えたり、自分で飲むなどの対処ができません。
赤ちゃんは脱水症になりやすいと意識することでこまめに水分補給をするようにしましょう。

汗腺の数が大人と赤ちゃんは同じなんですね。

だから身体の小さい赤ちゃんがいっぱい汗をかいてるように見えるのも納得できると思います。

一度に与える水分量は、水分でお腹がいっぱいで母乳やミルクが飲めなくならない程度の量にしましょうね。






人気ブログランキング

ママの大切な栄養、亜鉛をしっかり摂らないといけない理由とは

TTAIMGL4299_TP_V1.jpg
こんにちは!

亜鉛って聞いたことありますか?
身体に必要な栄養素の一つです。

鉄が身体に大切な栄養というのは、よく知られています。
足りないと貧血になりますよね。

亜鉛は鉄の次に身体の中に多い元素なんです。

亜鉛は細胞を活性化してくれるため、妊娠中のママには、お腹の赤ちゃんの成長に必要です。

他に、亜鉛が足りないと味覚障害や皮膚炎などが起こります。

妊娠中、味覚が変わった経験ありませんか?

亜鉛は味を感じる器官である味蕾にたくさんあります。
妊娠中に赤ちゃんに亜鉛を受け渡すため、ママ自身は亜鉛が身体の中から減少して亜鉛不足になるからです。

また、産後にしっかり亜鉛を摂取することによって、妊娠中にできたしみ、そばかす、また抜け毛などの治す力を高めてくれます。

亜鉛は魚介類や肉類、乳製品、豆類、ナッツ類に含まれています。
動物性のタンパク質やビタミンCは亜鉛の吸収率を高めるといわれています。

亜鉛を摂り入れたバランスのよい食事を心がけましょう。






人気ブログランキング
posted by まみい at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ママ
検索
プロフィール
まみいさんの画像
まみい
管理栄養士で赤ちゃんの育児栄養相談の仕事をしています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。