ファン
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月06日

赤ちゃんの体重や便秘、どうしたらいいのか知りたいママへ

TSU86_shizukugahakanaku_TP_V.jpg

欲しがるだけ母乳を与えていたり、母乳だけでは足りないかと思いミルクを足していたら、気がつけば体重が増えすぎていて、保健師さんやお医者さんから注意されたことありませんか?


まず、ミルクについてですが、ミルクの場合授乳間隔を3時間くらいあけないといけないと思っていませんか?


赤ちゃん用のミルクはちゃんと赤ちゃんの身体の消化吸収に合わせて加工されていて、母乳と同じように赤ちゃんが欲しがったときに与えて大丈夫なんですよ!


でも、そうしていたらいつの間にかぽっちゃりしてきたみたいで、母乳やミルクの量を減らした方がいいですか?との相談を受けます。


赤ちゃんはいつまでも今のペースで母乳やミルクを飲むとは限りません。


はいはいできるようになり、つかまり立ちできるようになり、歩くようになったら、身体の成長とともに脳の成長も著しい赤ちゃんは、興味がどんどんでてきます。


飲まなくなることも多いです。
この頃は離乳食も始めてると思うので、食べなくなったりもしますね。


なので、今はたくさん栄養を蓄えておくと思って下さい。


もちろん、あきらかに飲みすぎで吐いてしまうときは、飲ませる量を見極めてね。


飲ませすぎとアドバイスされ母乳やミルクの量を減らしたら、おしっこの量が減ったり、便秘になってしまっという相談もありました。


こういった場合、やはり減らしたことはよくなかったですよね。


ミルクを赤ちゃんの飲ませる量は、ミルクの缶や箱に書いてある月齢に合わせた1回に飲む量を守って下さい。


この量は月齢に合わせた赤ちゃんに飲ませても消化吸収が大丈夫な最大限の量になります。


また、母乳の赤ちゃんが便秘になったとき、ママの食生活を見直してみたりすることも大切ですよ。

【現役産婦人科医が考えた授乳期サプリ】







ママと赤ちゃんの健康のために【葉酸サプリ 鉄・カルシウム+】







葉酸+DHAサプリ







ミルクにはお腹にやさしい成分が入っているので、飲ませてみるとお通じがよくなることもあります。


離乳食が始まってる赤ちゃんにならば、離乳食のメニューにミルクを加えるだけで、お腹か整うこともあります。




うんちが3日に1回でも自力で出れば、心配ないですよ!


赤ちゃんにの様子に合わせながら、子育てしてみてくださいね!


人気ブログランキングへ

2018年04月12日

赤ちゃんの便秘






nattouIMGL3773_TP_V.jpg


赤ちゃんの便秘の症状と改善方法を見てみましょう。



母乳やミルクの飲みが悪くなる


お腹にいっぱいたまっているので、お腹がすかないので、あまり飲まなくなります。



 機嫌が悪い


すっきりしないので、ぐずぐずしています。



完全母乳だったが、ミルクも与え始めた


お腹の中の環境が変わるので、出なくなることもあります。



離乳食を始めた


今までは、母乳やミルクの消化しやすかったお腹に、固形物が入り、出にくくなることもあります。



水分量が足りない


うんちが固くて出にくくなってる状態なので、お茶やお白湯など水分を与えましょう。

水分補給で気をつけなければならないことは、糖分が入っているアルカリ飲料や果汁を与え過ぎないことです。

高熱が出たり、脱水症状で、とにかく水分補給が必要な場合以外は、お茶やお白湯を与えるようにして下さい。



低月齢だと、まだ腹筋が弱い


首がすわっていない、寝返りがまだの赤ちゃんは腹筋がなく、踏ん張る力が弱いので、月齢が上がるに従って改善されることも多いです。


赤ちゃんの便秘は、体質によることも多いので、3日に一度でも自然なお通じがあれば心配ありません。



改善方法



お腹、おへその回りを「の」の字にマッサージする。


肛門をベビーオイルをつけた綿棒で刺激してあげる。




習慣的な便秘で、ママが気になるようなら、お医者さんに相談してみて下さい。




逆に離乳食が始まったり、完全母乳だったのがミルクを足したりしたことで、便秘が改善されることもあります。


ミルクは母乳と近い成分でつくられていますが、メーカーによって、配合されている成分はさまざまなので、赤ちゃんの体質にあったミルクを見つけることも改善方法の一つです。




離乳食が始まっている赤ちゃんなら、発酵食品(ヨーグルト、納豆など)やスープなどをメニューに加えてみるのもいいでしょう。


お腹の腸内環境を整えてあげるためには、ビフィズス菌などの善玉菌を増やしてあげることが大切です。


そのためには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖がしっかり腸に届いて腸の環境を整えてくれます。


自然なお通じが一番です。
無理なく、赤ちゃんのお腹の調子を整えて、スムーズなお通じをさせましょう。


赤ちゃんのお腹の調子を整えるオリゴ糖はこちら






人気ブログランキングへ

2017年12月27日

赤ちゃんの便秘にはオリゴ糖ですっきり!

おもちゃ・ベビー用品の専門店、 トイザらス・ベビーザらス オンラインストア。




離乳食を始めたら、便秘になったということはありませんか?
新しいもの(食材)がお腹に入ると、びっくりしてお腹の具合が変わることがあります。
便秘になる赤ちゃんもいれば、ウンチゆるくなる赤ちゃんもいます。
お腹がだんだん慣れて来て、しばらくすると落ち着いてきます。
でも、あまりに水のようなウンチが続くときなどは、病気の可能性もあるので、小児科の先生に相談して下さい。

母乳には赤ちゃんの腸内環境を保つオリゴ糖が入ってます。
母乳の赤ちゃんは柔らかくてあまり臭くないいいウンチです。
お腹の具合がちょっとだけ変わってしまった赤ちゃんに、離乳食にオリゴ糖を加えてみてはどうですか?
ほんのりした甘さで、離乳食に使っても味はほとんど変わらないです。
ママの便秘解消にももちろん大丈夫です!
ちょっと一息するときのママの飲み物に入れるだけで、すっきりできます。
親子で使えるので、忙しいママにもすぐれものですよ!







検索
プロフィール
まみいさんの画像
まみい
管理栄養士で赤ちゃんの育児栄養相談の仕事をしています。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。