2017年08月17日

天賀井さんは案外ふつう

今回はスクウェア・エニックスから発売されている『天賀井さんは案外ふつう』全4巻です。
まず、なぜこの漫画を買うことにしたのか。
それは城平京先生と水野英多先生のコンビで描きあげている作品だからです!!
ご存知のかたもいるでしょう。
昔連載されていた『スパイラル〜推理の絆〜』と同じコンビなんですね!
私の大好きな作品です(*´∀`)
いつかこのお話についても語りたいと思いますが、今回は天賀井さんの方を書きます。


以下感想。


まず、私はこの絵柄が好きです。
見てるとスパイラルを思い出します(笑)

お話の内容としては、やっぱり城平京先生、って感じですね。
ミステリーなんだけど、コミカルにギャグが入っていたりちょっとズレているキャラごいたり、シュールだったり。
今回はコメディとして描いているそうです。
確かに笑いのポイントや突っ込みのポイントは多々ありました。

そもそもヒロインから骨が出てきちゃだめでしょう?(笑)
それはかろうじて理解してもお兄さんがロボットって、どういうこと?
もう人ですらなくなっている……
登場してきたときのインパクトは半端なく大きいです。
1番普通そうなのが、メイン?の真木君。
しかーし。
実は真木君こそが1番変だったのだ!
年をとっていないことも、あらゆることを受け入れてることも。
でもあの図太い感じがいい。

こうなってくると、ヒロインの方が1番普通なんですね。実は。
タイトル通り天賀井さんは案外ふつうなのです。

全4巻という、それほど長くない巻数なので、あまり物語も脱線することなく。
いや、脱線しまっくっているのかもしれないが。
変に引っ張ることなく、あっさりと核心へ進んでいくので、やきもきすることはありません。

この辺はスパイラルとは違うなあと思います(笑)

……どうしてもスパイラルと比較してしまう自分がいるんでね。
困った……(-_-)

あえていうなら、ラスト!
きちんと最後まで描かれていてよかったです。
それぞれの未来がどうなったのか、私は最終回で描いてくれると嬉しい派です。
まあ、結末としては、えー?!、って感じなんですけどね。

……はい。
ぶっちゃけます。
真木君それでいいの?って感じです。

てっきり天賀井さんといい感じになるのかなーとぼんやり思っていたら、そんな雰囲気になることは一切なく!
最終的に天賀井さんの孫になってしまってますからね。
予想外すぎてびっくりですよ。
え、もしかして本当に西陣先生の孫と……?

まあ、これはこれでいいですけど、ちょこっともやっとしました(笑)

どういうこと?と思った方は一度試しに読んでみて下さい。


余談ですが、私は完結している漫画なんかは電子書籍がオススメですよ。
かさばらないし(笑)
私愛用してます。





買うなら楽天が便利!



【このカテゴリーの最新記事】
posted by ひの at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画

2017年08月14日

梅衣堂ひよと旦那様の野望

こんばんは。
さて、今回はガンガンコミック、米山シオ先生の『梅衣堂ひよと旦那様の野望』1、2巻について感想を書きたいと思います。
ちなみに最近新刊が出たわけでは、ありません。
とりあえず順番に選んでレビューしたいと思います。



以下感想。


出だしからぶっ飛んでいる感じです(笑)
ひとり世界観から浮いてるヒロインこと梅衣堂ひよ。
そもそも名前がこの世界に合ってない。
銃を乱射するメイド。
見た目は可愛らしいのに、なにかが違う。

え、萌えオムライスですか?
まるでメイド喫茶ですよね?
え、現代からやってきたんですか?
今流行り?のチートってやつらしいです?

え、でも自分で言っちゃうんですね(笑)

なかなか謎の多いメイドですが、旦那様も負けてません。
出世することを野望とし、貪欲でありながら、実は女性が苦手。
なかなかちょっと可愛そうな一面もありますが、そこもいい。

だってメイドを受け入れていますから(笑)

しかし現代の武器やら道具を持ち込んでいるのはどうやらメイドだけではない様子……
他にもいるらしい。
なにやら影で陰謀があるような。

メイドにもなにやら秘密があるようで。

謎だらけ、でも愉快。

その他にも個性的なキャラクターが登場し楽しめます。
一瞬シリアスになるかと思いきや、ギャグ炸裂!
なんでもありの世界です。

この物語の終わりが想像できない……(^-^;

とりあえずまだ謎だらけなので、3巻を待ちます!










posted by ひの at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画

2017年08月12日

砂漠のハレム 6

今日も暑いですね。
こんにちは。

今回はLaLaコミック、夢木みつる先生の『砂漠のハレム』6巻です。


以下感想。

ミーシェを賭けて勝負をするカルムとメフライル。
大人しく守られるタイプではないミーシェは、やはり体を張って止めに入ります。

その行動が王妃に少し認めてもらえたのでしょうか?
一歩前進ってとこですかね。

しかーし。
そんな波乱が終わったと思ったら、今度は茶会にミーシェが呼ばれたことを不服とする者から嫌がらせが!!
相変わらず忙しい娘だねぇ……

しけし嫌がらせの内容は、幼稚というか、単純に気持ち悪いというか……(笑)

でもそこはミーシェ!
持ち前の根性で、嫌がらせも弾き飛ばし、和解することに成功しました!
流石ですね(^^)

しかしミーシェのピンチを救うのに、カルム王子はまさかの象で登場ですか(笑)
まあ、舞台は砂漠だからね。仕方がないかな(笑)

そんなこんなで、次はメフライル王子の妃、茶会で出会ったハルカに会いに行くことに。

道中で、カルム王子との仲が接近(*´ω`*)
よかったねー♪

そしてハルカのお願いもあって宴に出ることに。
理由は父上と話したいから、勇気がほしいと。
目も合わせられないって……(笑)
しかもハルカって実は……

まあ、引き受けたはいいけど、平穏に過ごせるはずもなく、誰かの陰謀に巻き込まれることに!
どこか見知らぬ所に拐われてしまったミーシェとハルカ。
二人の運命はどうなってしまうのでしょう……?!


とても気になるところで終わってしまいました!
次巻が楽しみです\(^^)/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

砂漠のハレム 6 (花とゆめコミックス) [ 夢木みつる ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/8/12時点)



posted by ひの at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画

2017年08月10日

ブラッククローバー 12

こんにちはー!
今日はジャンプコミック、田畠裕基先生の『ブラッククローバー』12巻です。


以下感想。


バネッサと魔女王の話は決着。
魔女王からアスタの剣についての情報が。

……なんだか凄い話になってきましたよ?

まあ、そのへんは置いといて。
マルスとファナのラブラブも置いといて。

騎士団に戻ったアスタたち。
アスタの腕は無事に復活しました。
騎士団の仲間達もそれぞれアスタの腕の治療方法を探しに行っていたようで……帰ってきたらなんかキャラめちゃくちゃ変わっていたり(笑)

誰よあんたたちー!

みんなキャラ濃いぜ!(笑)


そしてそして騎士団の功績競って発表する星果祭が始まります。
楽しいお祭りに、カホノのキアトも登場!
まさかの魔女王の魔法で二人の足と声が治るっていう奇跡ね!

よかったねー(^^)

治ったと思ったら次はWデート(*´ー`*)
やだ、楽しいー♪
ノエルの恋はどうなるのでしょう♪
アスタにとってノエルはどんな存在かって聞かれてましたねー

「好きっちゃ好きみてー」

……って、わかって言ってるの!(笑)

ちなみに私はノエル好きです!
ツンデレ感がいいね(笑)

そしてまさかの碧の野薔薇の団長が令嬢姿で登場(*´ω`*)
美しい〜
強くて美しいそんな彼女もヤミ団長の前では乙女みたいになっちゃうんですね!
今回の話で一気に好きになっちゃいましたー!

最後に祭のメイン、順位発表。
一位はやっぱり金色の夜明け。
ユノ登場〜
相変わらずカッコいいね!

二位はまさかの黒の暴牛。
みんな驚き!
アスタも舞台に上がり、ライバル同士が揃ったね。

おまけみたいな、メインの国王が登場し(笑)
魔法帝が一番エライと思ってたんですけど(笑)

なにやら国王様が選抜隊を結成するとか仰って、話はまた変わりそうです。

そんなこんなで祭も終わる頃、なぜか温泉合宿に行くこに。
展開が早いなあ〜

メレオレオナ登場でさらにヒートアップ!
火山地帯での合宿はいかに?!



ますます楽しくなってきましたね!
そういえば、どうやらブラッククローバーはアニメ化されるようです(^^)
買い始めたときから、この作品はアニメ化するなあ〜って思ってました!
見事的中ですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラッククローバー 12 (ジャンプコミックス) [ 田畠 裕基 ]
価格:432円(税込、送料無料) (2017/8/10時点)




posted by ひの at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 少年漫画

2017年08月09日

おはよう、いばら姫 6

こんばんは〜
今日はデザートコミック、森野萌先生の『おはよう、いばら姫』6巻です。
この巻で完結です。ちょっぴり感動しました。



以下感想。


いつまでも一緒にいられない。
みんなそれを悟っていたんでしょうね。
どんどん本来の志津が溢れてきて、憑依できる時間も減ってきて。

そんなか、ハルさんの娘さんが登場!
志津にとっての初めての女友達。
ハルさんの過去が辛い、というか、悲しい。

消えるってどういう気持ち……?

忘れない、といってもやはり寂しいものですよね。

ハルさんだけじゃなくて、今まで一緒にいたみんな、消えてしまうんだね。
ずっと一緒にいたみんながいなくなると寂しいよね。

でも、志津は哲に出会って、一人じゃないから。
さあ、おはよう。

歩き出す二人を見守ってほしいと思います。

それぞれのエピローグ。
幸せそうな二人。
そしてみれいさんの正体。

出来れば、二人の見た夢が、現実となっていますように。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おはよう、いばら姫(6)<完> (KC デザート) [ 森野 萌 ]
価格:540円(税込、送料無料) (2017/8/9時点)


posted by ひの at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画

2017年08月08日

未完成ピアニスト 1

晴れある最初のレビューを何にしようかと考えたところ、とりあえず一番最近買った漫画にすることにしました!
と、いうわけで、花とゆめコミック、筒井美雪先生の『未完成ピアニスト』1巻です。



ふと本屋で見つけた一冊。おびに『のだめカンタビーレ』の先生太鼓判みたいなことを書いてあったので、ちらっとあらすじを確認。

ピアノ王子とダメ天才少女

……うん。なんか面白そう。
そう直感し、即購入いたしました(笑)


まず絵が可愛くて好きです。
少女漫画〜って絵ですが、綺麗で読みやすい。
よく花夢系の絵ともいえますが(^^;

内容としては王道をいきそうな感じ。

ピアノの皇帝と呼ばれる少年とあがり症の天才少女。
簡単にいうと、皇帝が少女の素質を見抜き、一人前になるように面倒をみるってことですかね。
その間にライバルとの友情やほんわか恋が芽生えるかも?といった雰囲気です。
今のところ、特別嫌〜な感じのキャラもいません。
音楽学校での話なので、当然音楽の内容は出てきますが、難しい話しは出てこないのですんなりと頭に入ります。
……そういう意味では本格的な音楽の話をメインに読みたい人は、物足りないかもしれませんが。

まあ、二人のお話し中心で、意外性があるわけではないですが、全体的に安心して読める作品です。
少女漫画好き、あと音楽系を好きなら、一度読んでみてもいいのではないでしょうか?


LaLaで連載中みたいなので、続きが出るのを待ちましょう。
まだまだ始まったばかりなので、この先どう展開されるか、楽しみですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未完成ピアニスト 1 (花とゆめコミックス) [ 筒井美雪 ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/8/8時点)


posted by ひの at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 少女漫画

2017年08月05日

初めての方へ

はじめまして!
ひの、と申します。
ここでは私のおすすめの漫画や小説等を紹介していきます。
私が学生の頃〜現在に至るまで読んできた本は数知れず(笑)
順番に紹介していきますので、気になった作品があれば是非一度読んでみて下さい!
ファン
検索
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
ひのさんの画像
ひの
はじめまして! 子育てしながらブログを書いてます。 息抜きは漫画を読むこと、スイーツを食べること(^^) ファンタジーからミステリーまで幅広く好みます♪
プロフィール

にほんブログ村

人気ブログランキング