検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却済)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年09月08日

ブラックアウト。。。

おはようございます、アントレです!

北海道の大地震。連日の報道がありますが、ようやく電力の復旧に目途が付いたそうですね。
2年前のちょうど今頃。当方は北海道を自転車で走っておりました。あの雄大な大地が一部崩壊しているという、なんとも痛ましい画像が届いてきます。

今回の地震でお亡くなりになられた方も多く、心からご冥福をお祈りいたします。

さて、今回の地震では、電力会社としては史上初の、ブラックアウトが発生しましたw
北海道電力の電力網、つまり、北海道という島全体が停電するという、前代未聞の事象と思います。
DSC_1600.jpg
DSC_1599.jpg
DSC_1601.jpg

電力というモノは経済活動の基本の基ですからね。医療機関への人的影響、生活インフラ、金融インフラ、交通インフラのマヒ等々、その影響は計り知れません。

今回のブラックアウトについて、アントレなりに私見を纏めてみましたw

ブラックアウトとは?
全ての発電所が一斉に停止し、広域で停電が発生する事象です。電気を供給することをメイン業務としている電力会社としては一番やってはいけないヤツですw

なぜ起きたか?
北海道の電力はその約半分を北海道最大の火力発電所である、苫東厚真(とまとうあつま)発電所に頼っていました。今回の地震はその発電所近くが震源となっており、地震の直撃を受け、停止してしまったのが最大の原因となります。ただ、他の半分の発電所があるじゃない?と、普通は思ってしまいますが、電力は需要と供給のバランスが大事で、電力会社は毎時、その状況を元に逐次電力を調整しているのですが、一気に半分の電力供給が無くなると、他の発電所や変電所の安全装置が作動してしまうようで、それぞれの発電所が連鎖的に停止して、ブラックアウトに繋がった、と言う事のようですw

想定できなかったのか?
ただ、先の福島の原発事故を受け、経産省主導で、電力網の効率化や広域融通する仕組みを作って来たのではなかったでしたっけ?北海道と本州は海底ケーブルで繋がってますよね。こういう時のために融通する施策だったのでは?という疑問が出てしまいます。また、北海道電力内でも、地域間で電力を瞬時にコントロールして、島の半分は停電しているけど、半分は通常に電気を使えている、という状況にできなかったのでしょうか?日本版コネクトアンドマネージは機能したのでしょうか?システムの問題なのか、体制の問題なのか、一体何なのかw BCPに対してしっかり取り組んでいたのでしょうか?インフラ企業にとって災害発生を想定した訓練をどのくらいしてきているか、は、本当に重要な要素だなと改めて感じましたw

根本原因は何か?
さて、ここからはアントレの独断と偏見になります。何故、ブラックアウトが起きたのか?アントレが思うにそれは原発の再稼働を優先させる体制のために、他のインフラ、例えば電力網であったりとか、変電所のバックアップ体制であっりとか、BCP訓練であったりとかが、本来電力会社というインフラ企業が、最優先でやらないといけない取り組みがおろそかになっていたのでは?と感じてしまいます。モチロン当方なりの根拠はありまして、以下日経抜粋のブログの記事の通り、電力会社は見事に足並みをそろえて原発再稼働に投資してきた背景がありますw

大手電力8社、「脱原発」提案すべて否決 株主総会
九州電力の株主総会を覗いてみた!
電力10社、社債1.8兆円発行(ほぼすべて原発再稼働に使用)

最後の記事が如実ですね。北海道電力については以下の記載がありますw

■北海道電力
過去最高の1600億円を発行。LNG火力発電所の建設や泊原子力発電所の再稼働に使用。


こんなことばっかやっているから、ブラックアウトしちゃうんじゃないですかぁ。北海道電力の志の有る皆さん、何とかしてくださいよ。ホントw

今度の流れはどうなるか?
今回の事象で北海道の皆さんがとても苦労され、電気のありがたさを痛感されたことと思います。ただ、くれぐれも注意したいのは、今回の事象を受けて、原発再稼働の機運が高まっては、決していけません。アントレの予想ですが、昨今、弱体化傾向にあった原子力ムラの村人たちが、今回の地震を機に息を吹き返しそうな気がしてなりません。モチロン安倍政権も思いっきり世論操作してくる可能性は十分考えられます。皆さん、変な風説には惑わされないようにしましょうね。原発とか言う、超絶にリスクの高いモノは、放射能汚染とブラックアウト狙いといった、テロや第三国にとっては格好の餌食になってしまいます。今回の地震は火力発電所に直撃したのですが、原発でも同様の事象、イヤ、それ以上の事象は確実に起きます。クリーンな分散型再エネ発電網、もはやコレしか解は無いのですw 誤解を恐れず敢えて書きますが、こんな稚拙な会社経営でブラックアウトを起こしてしまう電力会社が、原発を正しくマネジメントできると思いますか?小学生でも答えはNoと思います。北電が所有する泊原発ですが、これを機に、寧ろ秒速で完全廃炉でお願いしますw

太陽光発電家として出来ることは?
今日の日経に書いてありましたが、北海道の再エネで現時点で電力網に繋がっているのは電力が復旧した地域の家庭用発電所だけ、ということです。え?事業用の太陽光や風力発電は系統のスイッチを切られているとの事。えーーー!まあ、確かに電力供給のボラティリティが激しいのは事実ですが、スマホの充電に長蛇の列が出来ている一方で、日中限定ですがパネルからジュウジュウ発電された太陽電気や、夜でもガンガン回っている風力電気を捨てているのですか????緊急事態のはずですよね??コレ、超絶にイケてませんw 水に例えるとすると究極の水不足があって、脱水寸前の住民の方がいるその隣で、飲水可能な真水を下水にジャブジャブ流し捨てている、と言う事ですよね?電力会社の皆さん、原発などより、こういう部分の無駄をどうするか、もっとまじめに考えませんか?

非常用電源設置という考え方
っと、電力会社に投げかけても、ソレ自体が無駄という説もあるので、我々発電家として自ら何か出来ることは無いのでしょうか?一つの答えがあるとすると、、、

非常用電源設置


コレはどういうことかというと、いわゆる野立ての太陽光発電所に、電源設備を設置して、AC100Vコンセントが使えるようにしつつ、災害時に地域開放する仕組みを構築するというお話になります。もう少し詳しく言いますと、パワコンは常時は電気で動いているのですが、パワコンには自立運転モードというのがあり、自らのパネルで発電した電気を元に運転するモードがございますw 皆さんの発電所は偶然にも災害避難所にもなっている場所もあるやもしれません。この仕組み、日本全国の再エネ発電所の必須装置にしませんか?出力抑制装置の装着に躍起になっている某、電力会社がおりますが、そんなもん、ク〇の足しにもなりませんw
作業的には簡単なケーブル工事だけなので、発電家の皆さん、施工業者に是非ご相談ください。忙しいからダメとか言われたら(それもどうかと思いますが)、検討できる方は是非ともお願いします〜!

また、蓄電池も有効ですよね。昼に貯めた電気を地域住民の方に夜間開放したり、災害対応する車両への充電に用いる等、どれだけ喜ばれることでしょうかw

被災された方にとっては「あの時、あの発電所に助けられた」と、一生感じてもらえる気がしてなりませんw

パネルの反射や、森林開拓の問題、賦課金の高騰と、国民の皆さんにとって、太陽光発電家は実はあまり良いイメージが無い部分もあるのですが、こー言った、リアルに社会に貢献できる取り組みを、積極的に取り入れて、我々発電家も日々精進して行きたいですね!

我々太陽光発電家にとって、利回り以上の何かが、ソコにあるはずですw

※応援クリックよろしくお願いします〜
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
この記事へのコメント
飯島さん、コメントありがとうございます!確かに気になる点ですよね。コレは恐らくですが、買取不可という状況になってしまっていると思います。ただ、記事にも書きましたが、地震が起因とはいえ、電力会社側のフォルトで系統遮断となった模様である点を鑑みるに、今後、訴訟等の話に発展する可能性はあると思います。また、普通に考えるに、発電設備は正常でしっかり発電していたのに、買い取ってもらえない(=発電家の不利益)、電気はあるのに使えない(=被災者の不利益)というダブルパンチってありえませんよね。私なら北電と戦いますw ただし、今は緊急状態で彼らも被災者ですので、落ち着いたら、で。
Posted by antre at 2018年09月09日 10:21
いつも楽しく拝見させていただいております。
電力網に繋がっていないということは、北海道物件を持っている発電家さんはこういった場合どうなるのでしょうか?
北電は停電中は買い取ってくれないのでしょうか?
Posted by 飯島 at 2018年09月09日 10:07
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8075086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック