検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却済)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年07月20日

皆さんの発電所がRE100に狙われています!

おはようございます、アントレです〜!

今日も暑いですね〜。明日はBBQセミナーとなっております。
暑い中、昼からガンガン飲んじゃおうと思います〜!
(参加可能な方はご連絡を!)

さて、今日の日経新聞TOPに気になる記事がw
DSC_0955.jpg
使用電力 再エネに転換
富士通など全量10〜30年で

日本企業の間で、事業に使う電力を全て再エネで賄おうとする動きが広がって来ていて、富士通や丸井など10社が10〜30年かけて段階的に再エネに切替えていく、という記事です。

RE100という取り組みに加盟して、富士通は2050年までに、丸井は2030年までに全量を再エネに切り替える方針とのことですw

いやー、中々いい動きですよね〜

あれ?ソモソモRE100ってなんだ?

ハイ、解説します。

RE100とは?
《Renewable Energy 100%》事業運営に必要な電力のすべてを再生可能エネルギーで賄うことを目標に掲げる企業が参加する国際的な取り組み。2014年に発足し、世界各国から125社が参加(2018年2月)。再生可能エネルギーの導入実績を毎年公表する。 ※デジタル大辞泉より抜粋

■公式HP→コチラ

■参加している日本企業
リコー、積水ハウス、アスクル、大和ハウス、ワタミ、イオン、城南信金、エンビブロ

いやー、本当に良い取り組みですねw
欧米ではかなり進んでいて、既にアップルやグーグルなどは再エネ100%を実現しているとの事!
グーグル先生も再エネで動いていたんですね。驚きですw

さて、このRE100ですが、我々太陽光発電家にとって、今後何が起こってくるんでしょうか?

普通に想像力を働かせれば容易に予想ができますが、ハイ、そうです。我々の発電所が狙われてくる、ということになっちゃいますw

え?狙われると具体的にどーなるの???

例えばですね、RE100に加盟する企業、若しくはRE100に電力提供しようとする新電力から、「あなたの発電所の電気を当方に売ってくれませんか?」というようなオファーが届いちゃうんですね〜w

いやいや、FITがあるじゃない?

っと思われる方もいらっしゃると思いますが、ちょっと待ってくださいw

RE100企業にとっては再エネ電気の調達はいわばプライスレス。企業価値向上のために何が何でも調達すべし、となってくる可能性が高く、FIT単価に上乗せしてでも調達したい、という感じになってくるんですね〜

フムフム、とすると、もーちょっと具体的にどーなってくるの?

例えば、5年後。18円単価でFIT残存期間が15年の発電所があったとしましょう。その発電所に対して、RE100企業から、「残存の15年間、御社の電気を当社に20円で売ってください。もちろん15年間の固定買取契約を締結させていただきます」と来るわけです。

ほほう、イイですね〜

当然、争奪戦のようになる可能性もあって、「うちは21円!」「う、うちは22円でどうでしょうか?20年契約も締結できますっ!!」っとなってくる訳ですw

そりゃそうですよね、我々含めていわゆる一般的な企業は、今時点で電力会社から25円前後で電気を調達しています。その電気の中には原子力とかいうキタナイ再生不可能エネルギーも混じっているわけで、一方、我々太陽光発電家の電気はまじりっけ無しの100%ピュア再エネとなっていますw 

ということで、そうなると何が起こるか?解説は不要ですよね。いわゆる脱FIT、FITからの卒業という感じになります。

ただ、更に話は続きますw

脱FITということはどうなるのか?そうです、以前どこかの記事で触れましたが、FITルールから外れると言いうことで、例えば後から増設や蓄電池の追加導入、隣接の土地を買ってそこに増設等が自由自在に可能、ということになってくるんですね〜

さすがにパワコンの増設は電力会社が嫌がるので難しそうですが、土地によってはパネルを倍増して蓄電池入れちゃって24時間発電を実現する、などは、電力会社のキャパシティ設計も問題ないし、RE100企業も安定原電を確保できてハッピーだし、我々投資家も収益倍増でハッピー、太陽光業者や蓄電池業者も特需に沸くという、ハッピーハッピーな状況になります。RE100企業に直売などという話になれば、賦課金というワールドからも脱退するので国民もハッピー、みんなハッピー、ハッピーハッピー、ハピハピな感じになっちゃうんですよね〜(あ、原子力ムラの住民だけ、アンハッピー(笑))

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

いやー、ムーアの法則もそうですが、太陽光発電って、こういったアップサイドのネタが満載というのもこの取り組みの醍醐味でもありますよね。しかも社会貢献、地球貢献といった要素が超絶に高い取り組みですしw

ということで、皆さん、太陽光発電、いつやるの?今でしょ!!!

※1 高単価より低単価の方が狙われやすいと思います。特に18円発電家の皆さん、チャンスですよ〜
※2 土地売買や賃貸で出口を検討されている方、20年後にあなたの発電所をアントレが無料で引き取ります。ご連絡ください。
※3 上記はアントレの勝手な予想です。一部妄想も入ってるかもですので(笑)、本当にそういう時代が来るかどうかは、皆さんのご想像にお任せいたしますw まあ、日経のTOP記事に出ている話ですので確度はそれなりと思いますがw



今年7月よりブログランキングを以下に引っ越しました〜!
変わらぬ応援クリック、よろしくお願いしまーす!



にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7910916
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック