検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして!2016年3月末でサラリーマンを卒業し、太陽光、不動産、節税を中心に継続活動中です〜。
ここ1,2年は太陽光が熱いです!以下の2つのサイトで勝ち組発電家達のブログを是非見てみてください〜!
にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール
卒業サポートご希望の方はココw
お勧め保険はココw
お勧め税理士さんはココw
お勧め草刈り業者さんはココw
お勧め新電力はココw
お勧め減税対応はココw

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市  90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/3末まで
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2021/3末まで
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田 80Kw  21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
合計       1535Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@東京都港区港南  タワマン区分 89u
A東京都港区港南  タワマン区分 32u
B東京都港区港南  タワマン区分 58u(売却済)
C東京都港区海岸  低層区分   51u
D東京都港区海岸  低層区分   37u
E東京都港区芝浦  タワマン区分 84u
F東京都港区白金  タワマン区分 48u
G東京都目黒区大橋 タワマン区分 30u
H東京都渋谷区鶯谷 低層区分   49u
I東京都足立区皿沼 低層区分   39u(売却済)
J神奈川県横浜市  RC一棟   600u
合計家賃収入 約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

ファン
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ
記事ランキング
  1. 1. no img ウルトラスーパー過積載(低圧) vs メガソーラー(高圧)
  2. 2. 凄いぞ!スーパー過積載!!!
  3. 3. no img 【続】ウルトラスーパー過積載!!

2018年04月25日

時代は脱FIT!!

おはようございます、アントレです!

いやー、今日は大雨ですね、大雨w
パネル洗浄ガンガンお願いします。

さて、中々面白い記事が目に飛び込んできたので、共有しますw

NTTファシリティーズ、FITを活用しない太陽光発電所の構築に着手

まあ、読んで字のごとくですが、NTTファ社が太陽光発電所の電気の直売を開始したそうです。
直売ということは、直接需要家に売電するということで、いわゆるFIT固定買取制度を使って電力会社に売電する、というお話ではない点がかなり新鮮に映りますねw

ただ、送電網については既存の電力会社の電線等を使うので、負担金や発電側基本料金は取られていくことでしょう。

さて、普通に考えると、「FITを使えばいいのに、もったいないなぁ」っと考えてしまう読者さんも多いかと思います。当方も一瞬、そう思いましたw

ただ、ちょっと待ってください!

ソモソモ我々って電気をいくらで買ってるんでしたっけ???

ということで、早速ココで調べてみましたw

簡単に言うと、

電気代 = 基本料金 + 電気料金 + 再エネ賦課金

となっているようで、分解すると、

電気代 = 基本料金 + (電気料金単価 ± 燃料費調整単価 + 再エネ賦課金単価)× 1ヵ月の電気使用量

となりますw

で、電気料金単価が契約によって変わったり、燃料費調整単価が変動したりと、ひじょーに解りずらいw

もしかして、ワザと解り辛くしてる(笑)???

ココを深堀し始めると記事が超大作になってしまいそうなので、アントレ家の実際の電気料金(平成30年3月分)を見てみることにしましたw
電気代.png
うーむ、やはり複雑だ・・・。

ただ、442kwh使って、12,323円(税込)を支払ったということはどうやら事実のようです。

ん?

ということは、支払金額を使用量で割ったら単価が出て来ますよね。コレw

ということで、計算してみましょう。

12,323円(税込)÷ 1.08 ÷ 442kwh = 25.8円(税抜)

な、なるほどぉ。アントレは東京電力から税抜で1キロワットあたり25.8円の電気を買っているんですねw

ん?

ご存知の通り、平成30年度のFITの単価っていくらかと言うと、

18円w

あれ?

鋭い方はお気づきと思いますが、

東京電力って、電気を18円で仕入れて、25.8円で売っているw

ってこと?

ハイ、正解!

こ、これはかなりおいしいビジネスですねぇw

ということで、話を戻しますw

NTTファ社は何でFITを使わなかったんでしょうか?

もうお判りですよねw

単価18円でも利回り10%程度は出ますので、例えば20円くらいで買い取ってくれる需要家がいればWIN-WINな関係になれる、と言う事ですねw

コレ、既存の送電網を使わずに本当のダイレクト販売とかにしちゃったら更にWIN-WINになれちゃいますねw

ということで、皆さん、脱FITの時代は実は我々が想像する以上の速さで到来しそうですね!

まさに、ムーアの法則!

コレは家庭用にこそインパクト大ですよね。一戸建ての皆さん、ペンチの準備はできてますか?
今すぐパネルと蓄電池を導入して電力会社との電線を切断してしまいましょう(笑)!!!

これからが楽しみですね〜

今年度よりブログランキングを以下に引っ越しました〜!
変わらぬ応援クリック、よろしくお願いしまーす!



にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7587425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック