検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年04月03日

ご質問に回答しますw

こんにちは、アントレです!

サポート生(検討中の方含む)からのご質問にお答えするシリーズです〜w


Q1 九州電力が太陽光発電の電力受入れを停止したことがあったと思いますが、契約後にそのような可能性はあるのでは?
→九州電力管轄の種子島で出力抑制が発生している実績があります。ただ、東京電力、関西電力、中部電力は出力抑制の制度をまだ取り入れてませんので、この3つと抑制無の契約できれば大丈夫です。逆に言うと他の電力会社の案件は抑制リスクがあるのですが、昨今、経産省が旗振りして系統という、電線のキャパシティ枠の改善の取り組み(日本版コネクト&マネージ)や伊方原発の廃炉決定、玄海原発等の原発事故等が発生しているのと、そして何より再エネを主力電源にという、国の動きもありますので抑制リスクは下がりつつあると思います。

Q2 送電がうまくできない事例があったと聞いている。結局発電できても売れないトラブルもあるのでは?
→送電が出来ず、売電が出来ない事例は当方は聞いたことないです。発電しているのに送電トラブルで売れないケースがある場合は電力会社のフォルトになるので補償されるお話と思います。そうしないと訴訟合戦に発展しちゃうので。

Q3 見込み利益ってどうやって計算してるのでしょうか?自分できちんと計算できるなら計算方法が知りたい。
NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)という、毎年日本各地の日射量を観測している研究機関があるのですが、そのデータとパネルのスペック、電気損失等を計算して算出されます。ご自身でも計算可能です。以下のサイトが分かりやすいと思うのでご参考ください。
太陽光発電の発電量はどれくらい?発電量の計算式を詳しく解説!

Q4 発電量はどう計算するの?パネルで計算?電力会社が把握してる?毎日?毎時間?毎秒?
→予想発電量はQ3をご参照ください。実績発電量は基本的には電力会社が把握しており、検針メーターの回転数をベースに月次で把握していますが、昨今、スマートメーターが導入されつつあるのでそうなれば恐らく秒単位で把握できると思います。また、発電家サイドも遠隔監視装置を導入したり、パワコンに記録装置を取り付ければ把握可能です。

Q5 太陽光に適した土地は誰から買うの?一般の土地を売りたい地主から?紹介は誰がしてるの?太陽光パネルの業者から?そんなに儲かるならなぜ業者は自分でやらないの?
→土地は基本的には地方の地主さんからの購入が殆どです。稀に太陽光業者が買い上げているケースもあります。土地の紹介は太陽光業者でして、私が業者ならもちろん自分でやりますが、そういった人々は既に人生上がっている状況です。今残っているのは太陽光の施工販売で世の中に貢献したいという業者が残っているのかな、と感じています。

以上よろしくお願いします〜!

今年度よりブログランキングを以下に引っ越しました〜!
変わらぬ応援クリック、よろしくお願いしまーす!



にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7508627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック