検索
プロフィール
アントレさんの画像
アントレ
初めまして、アントレです〜!太陽光、不動産、節税にて2016年3月末でサラリーマンを卒業しちゃいました。卒業して3年、1馬力で個人法人合わせて年収1億超まで漕ぎ着けました。借金10億ありますが(笑) このノウハウをコンサルという形でガンガン展開していきたいと思ってますので、よろしくお願いします〜!!

当方のコンサルメニューはココw

Twitterやってます↓フォローお願いします〜!!

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
プロフィール

【所有発電所】
@茨城県潮来市  79.8Kw 40円 2014/4〜
A茨城県鹿嶋市   90Kw 32円 2015/8〜
B茨城県水戸市   67Kw 32円 2016/1〜
C鹿児島県薩摩   40Kw 36円 2016/3〜
D茨城県霞ケ浦   50Kw 36円 2016/5〜
E茨城県鉾田市   44Kw 32円 2016/5〜
F群馬県安中市   77Kw 27円 2020/3末まで
G群馬県安中市   60Kw 27円 2020/2/28〜
H横浜屋根     12kw 27円 2020/3末まで
I群馬県前橋市   268Kw 24円 2020/3末まで
J栃木県日光市   80Kw 24円 2020/3/30〜
K栃木県那須郡   50Kw 21円 2022/3末まで
L茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
M茨城県常陸大宮 150Kw 21円 2022/3末まで
N茨城県常陸大宮  56Kw 21円 2022/3末まで
O茨城県常陸太田  80Kw 21円 2019/7〜
P茨城県那珂市   90Kw 21円 2022/3末まで
Q栃木県那須郡   90Kw 21円 2022/3末まで
R栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
S栃木県日光市   80Kw 14円 2024/3末まで
合計       1700Kw(目標2M) 

【所有不動産】
@港区 タワマン 89u→40万/月(表面8.2%)
A港区 タワマン 32u→14万/月(表面6.9%)
B港区 低層区分 51u→14.5万/月(表面4.8%)
C港区 低層区分 37u→20万/月(表面7.9%)
D港区 タワマン 84u→40万/月(表面7.6%)
E港区 タワマン 48u→25万/月(表面6.8%)
F目黒区タワマン 30u→15万/月(表面6.5%)
G渋谷区低層区分 49u→35万/月(表面7.1%)
H横浜市RC一棟 600u→120万/月(表面8%)
合計家賃収入      約300万/月

【その他不労所得】
@アフィリエイト    実施中
A自販機        実施中
B米国株        実施中
Cコインランドリー   検討中
D宮古島投資      検討中
E共同出資Bar      検討中(共同出資者募集中)

最新コメント
最新記事
カテゴリアーカイブ
ファン

2018年04月02日

ご質問に回答しますw

おはようございます、アントレです!

今日もお天気いいですね〜w
さて、本日は2018年度の最初の営業日ですね。

皆さん、今年度もよろしくお願いします〜!

さて、今回の記事はサポート生(検討中の方含む)からのご質問にお答えするシリーズですw
毎日平均20通くらいのメールを頂いておりまして、日々受け答えさせていただいておるのですが、回答を適宜共有させていただくことで、皆さんのナレッジの深耕の一助となりましたら幸いです。

1 今現在、アントレさんが紹介された物件も含め、購入時の想定利回りは確保できていますか?
大幅に利回りを下回った場合なども存在しますか?もしあれば、その原因は何ですか?

→はい。想定利回りと言いますか、発電所によっては116%の上振れを記録しております。肌感としては平均で5〜10%は上振れで進んでしまう印象です。
【参考記事】2017年発電シミュ比較

2 想定利回りからメンテナンス代などの経費を引いた後の実際の利回りはどのくらいですか?
→7〜8%といったところです。

3 アントレさんが始められた4年前に比べて売電価格が半分以下になっていて、多くの事業者が撤退していますが、今から始めても本当に利益は出せるのでしょうか?
→撤退しているのは事業遂行能力の低い施工業者の方でして、発電家は日々増えている傾向にあると思います。FIT固定買取制度は設備価格の下落に応じて事業者の利回りを担保する形で進めていく政策ですので、4年前と比して現時点での利益はそれほど変わっておりません。
【参考記事】太陽光 18円で旨みは減ったの?

4 売電価格が下がっているのに利回り10%あるような案件は、土地が安いからでしょうか?ほかの要因もありますか?
→上述の3の回答と同じお話と思います。

5 土地の場所が僻地になると土地代は安いでしょうが、20年後に事業から撤退しようとしたときに、土地が売れないであろうと思われますが、他にデメリットは存在しますか?
→太陽光は土地が田舎であろうと僻地であろうと、日射量が良い土地が優良な土地、となります。20年後の出口についてはよく質問を受けるのですが、当方で出ません。つまり、出口は考えてません。発電所の運営はある意味権利ビジネスと捉えてまして、銀行業や保険業の権利と同等ととらまえております。つまり、20年間の固定買取期間が終わったら、ハイ、試合終了というのではなく、引き続き電力会社と交渉して売電を進めていくことを予定しております。とはいえ、20年で手放したいのです!という方がいらっしゃいましたら当方がその発電所を無償で(笑)引き取りますので、ご連絡をお願いします。
【参考記事】パネルの廃棄費用積立

以上よろしくお願いします〜!

今年度よりブログランキングを以下に引っ越しました〜!
変わらぬ応援クリック、よろしくお願いしまーす!



にほんブログ村 小遣いブログ 不労所得へ
この記事へのコメント
ワンモアさん、コメントありがとうございます! はい。確かに気になりますよね。基本的には負担金が増加傾向にあるように、後続参入者に不利益が生じてきてますので、それを既存の発電家みんなで負担しましょうという発想かなと思ってますが、低圧1基あたりに落とし込んでどーなりそうか?はちょっとまだインプットが足りなすぎますね。個人的には過去のFIT電源は対象外になるでしょ?と考えてます。とはいえ、気になっているので整い次第記事にしたいと思います〜!
Posted by Antre at 2018年04月03日 12:39
低圧1基あたりの託送料金の読みがあれば発信いただけると幸いです。
Posted by ワンモア at 2018年04月03日 12:19
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7504923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック